--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-13

検定前教習第二回目。

2回目の検定日。この日も午前中1時間の自由教習を入れています。

担当は、最初の頃教わった、一番新しい(と思われる)先生。ペースが穏やかなので気楽。これでスズキ君の乗車回数は16回目です。

Sクランクを中心に、一通りおさらい。大きなミスはなく、注意されがちだった急制動もスムーズに出来ました。

教習後、待機場所に向かう途中で、前回の検定員だった、ツルツル剥き立てゆで卵を思い出してしまう美肌の先生に出会いました。

「頑張ってよ~」

お騒がせしてすみませんでした、と頭を下げて集合場所へ。

今日は前回より受験者が多い模様。ロビーに行くと、ボーイ二人とお兄さん二人が皆緊張した面持ちで待機していました。何度か一緒に教習を受けたボーイも居ます。


前回同様、検定についての説明が1時間あり、その後昼食を挟んでいよいよ検定。また気分が悪くなり、不安な気持ちで居たら、通りがかったオトメン指導員こと正宗先生が「頑張って~☆」と声をかけて下さいました。


。。。。。。


という事で、いよいよ二回目の検定。記事は5月25日に遡りまして、無事、何とか合格致しました。



体調不良や事故により、予定より2年遅れての入校。(しかも小型から)という、かなりのスローペースでのスタートとなりましたが、頑張って不調を克服した甲斐がありました。



改めまして、先生方、ありがとうございました。

そしてスズキ君。私の度重なるDVにもめげず、付き合ってくれてありがとう!!



よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
スポンサーサイト

2010-06-11

子どもは卵で産みましょう。             小型MT第一回目補習                 

検定に落ちたら補習を1時間受けねばなりません。

落ちたその日に補習1回と、検定日の自由教習を予約して帰りました。


補習の日。スズキ君に乗るのはこれで15時限目となります。


担当は、車の時にもお世話になった先生で、この先生が検定員だった4輪の検定で、私、一度落ちてるんです。
苦手な縦列駐車をやっとこさしたものの、ちょっとぎりぎりで、「まだ点数は大丈夫だから、やり直そうか」と言われ、「はい!」と元気良く返事をし、一旦出そうとアクセル踏んだ途端、ドン!! とポールに当たった。

「うわーっ! うわーっ! うわああああああっ!!!」

大声を上げる先生の横で、ぽかんとしていた私(←もう根本的に人間変えないとダメかも。。。。)


。。。。。。。。


さて、補習前、一体検定で何があったの。。と聞かれ、事故を思い出して怖い箇所だとか話したんですが、「うーん」との事。

Sクランクを中心にじっくり見ていただきましたが、時間終了してから「ちゃんと減速のタイミングも取れてるしなあ。。。何がダメだったんだろう。。。どうして落っこちたのかわかんないなあ」と首をかしげる先生。



それが私です。。。。。


度々驚かせてすみません。。。。。


「じゃあ次は検定の前に入れてるんだね。大丈夫な筈だけどなあ」とノートを返してもらう。


この時点で、このまま行くと、自分はこの教習所で「名物」とか「伝説」とか言われる存在になってしまうのではないか、という不安がよぎる。




もうこれ以上検定でネタを提供するわけにはいかない。。。。



「子どもは卵で産みたい」と言う発言が当時話題になった秋吉久美子さん。

この発言のどこがおかしいのかわからない。


だって私も心からそう思ったから。



よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2010-06-10

小型MT14時限目。                第一回検定前自由教習。

中断しておりましたが、既に取得している小型MT免許のATからの解除教習日記を突然ですが再開します。

ハムスターのmumuは今日も元気です。


教習所話、映画の話、本の話、どうでもいい話。。。と毎日何の脈絡も無くワープ致しますが、これはもう私の性分ですので何卒ご了承のほどを。


。。。。。。。。。。


検定当日。

午前中に1時限、教習予約を入れている。

これでA判定を貰って受験となる。

担当指導員が誰なのかドキドキしながら配車券を取り出す。

大当たり。

多分、この教習所内でトップクラスの指導力のある先生。車の時にも随分お世話になった、オトメン指導員こと正宗先生で、今回の教習では初めて担当してもらう。

オトメン3



あたりも柔らかだし焦らせないし、凄くよく見てくれるし、指名できるのならずっとこの先生に教わりたかった位。

バイク小屋に行くと、今日の受験者だろう、私よりも小柄なガール(何と400CCの受験。凄いなあ)と400で受験のボーイ、400AT受験のガタイのいいお兄さんも待機していた。正宗先生は私ともう一人のボーイ、二人の担当だ。

一人の指導員が複数の教習生を担当する場合、一つ所に立ったままマイクで指示するだけ、みたいな悲惨な事にもなりかねないのだが、この先生に限ってはそんな事は絶対無い。

私とボーイ、それぞれが別々のコースを走っているわけだし、仕上がり方も癖も違うのに、一体どこから見ているのか、マイクを通して的確に指示が飛んでくる。口調も穏やかだし言葉の選び方が上手いので、混乱する事も無い。

2輪専用コースから、坂を上がって合同コースへ。

今日も大型トラックを含め、何台かの教習車が走っている。

白線にきっちり寄る事や、確認の仕方なと、基礎的な事をおさらい。

先生は私とボーイ、それぞれに指示を出しながら、交差点に立っていたり、ふと見ると横断歩道の所で待っていたりと、まるで瞬間移動でもしているかのようにあちこち動き回って細かな指示を出してくれる。

合同コースを走り終え、専用コースに戻ると、既に先生が立っていた。

「下のコース(専用コース)は中止につながる事の多いところなので、こっちを重点的にやりたいんだけどいいかしら」

先生の言うように、専用コースには急制動、一本橋、Sクランク(400ならスラローム、大型なら波状路も)等、ミスをしたりバイロンに当てたりすると一発中止になる項目ばかり。未だに恐怖心の取れないSクランクを何度も練習するのだが、他の教習車が前を通った時、クランクの出口で止まろうとしてよろけてスズキ君をひっくり返してしまった。

「一人で起こせる? まずスタンド出して」

いつの間に登ったのか、先生は上のコースの、以前ケロロ軍曹が引きこもっていた火の見櫓の所からこっちを見ている。

もう一人、ポリタンク指導員はすぐ傍に居たのだが、この人は絶対にこういう時手伝ってくれない。以前バカにされた事もあり絶対に頼りたくない相手なので、ここは気合一発。引き起こし審査の時にはびくともしなかったスズキ君だが、すっと起こせた。

「起こせたね。じゃあね、ちょっと止まる練習をしましょうね」

いつの間にか先生はすぐ傍に立っていた。それからはSクランクを重点的に、止まる練習。Sクランクを走っている時に、他の教習車が来て出口付近で止まるのって、凄く苦手。さらにそこからスタートさせるのって、もっと苦手だ。


あっという間に終了。

A判定を貰い、検定前の教習は終了となった。

私は他の教習車がじっと止まって居たりすると凄く不安になって、一体あの車は何をしたいのか。自分がどう動いたらいいのかと躊躇して動きが止まってしまうことが多い。先生にも「止まっている時には試験も中断しているけれど、動き出すとそこから採点が始まるのね。キョロキョロしすぎたり、ズルズル動いたりしているとそれも減点対象になっちゃうから、気をつけてね」とアドバイスを貰う。

「でもまあ大丈夫でしょう。いい教習になったと思いますよ。頑張って下さいね」と励ましのお言葉。

確かに凄くいい教習だった。

ずっとこの先生に教わりたかったな。


というか。


気持ち悪くて吐きそう。。。。(ぇ)



いえ、先生は良かったんですが、試験前の緊張のせいで。



あーどうなるんだろう。凄く不安。


そしてこのまま5月16日の記事へと戻るのです。

はい、試験は開始1分ほどで砂場に突っ込んで中止になりました。

自分でも何がなんだかわけがわからないまま帰途に着き、2回目の検定に向けての教習とあいなったのです。

それについては、また明日。


↓↓↓ よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2010-06-05

小型MT13時限目。                     ラストスパート。

ケロロショックから立ち直れないまま連続教習2時限目。

担当はマザーグース先生なので、「一本橋が出来なくなりました」と言う。


「じゃあ、停止線で止まらずにそのまま乗ってみようか」との事で、外周からそのまま一本橋に乗る練習をひたすらする。具体的にどの辺りで減速してシフトチェンジするのかも改めて教えてもらう。繰り返すうちにだんだん落ちなくなり、感覚が戻ってきた。

「じゃあ明日の最終でA判定貰って、そのまま続けて検定ね」

検定は明日。その前の時間に一時間教習予約を入れているので、そこで判定を貰うようにとの事。

まさかこんなところまで来ててこずるとは思わなかった。何とか橋も落ちなくなり、コースも通して走れたけれども、本当に焦った。この時間がマザーグース先生でよかった。



明日の担当は誰かまだわかんないんだけど、いい先生だったらな、と切に思う。





よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2010-06-04

小型MT12時限目。                    軍曹、わけがわからないのであります!!

今日も2時間連続教習。1時間目の担当は、ケロロ軍曹であります。



カードを差し込んだら見知らぬ名前が出てきて、誰だろうと思いつつバイク小屋に行く。学科の時にちょろっと教わった事のある先生だった。

悪い予感がする。


教習開始。

今日は、私と、400CCのボーイの合同教習である。それぞれ走るコースを指定されて、スタート。


それだけ、だった。

バイク専用コースは、斜面を削って増設したようで、4輪も走る合同コースを山の頂上だとするとそれより数メートル低い位置にあり、階段と坂で繋がっている。

専用コースからは合同コースは見えないし、逆も又然り。

なので教習が進んでくると、両方のコースを続けて走る事になるので、指導員の先生は、スクーターで後ろを走ってついて来てくれたり、両方が見渡せる、合同コースの端の柵の辺りに立ったり、検定の時に検定員の先生が使う、火の見櫓みたいな監視塔の上から見ていたりするのだが、ケロロ軍曹は、火の見櫓に篭ったきり一切外に出てこなかったし、伴走もしてくれなかった。



イメージ画像。

「じゃあ今度はこっち行って~」
「一本橋行こうかあ」

次に何をするかの指示だけが、マイクから聞こえてくる。

「急制動、ちょっとブレーキが早いかなあ」

注意されたのはこの一言だけ。後は私ももう一人のボーイも、延々軍曹のマイク越しの道順案内に従って走るだけ。

暫く走っていると、とんでもない事態になってきた。


一本橋、ことごとく失敗するようになってしまい、しかも、そのスタート地点に行くまでの減速のタイミングがわからなくなってしまった。

ここの一本橋は、専用コースの一番端にある。

外周を回って、ちょうどカーブに差し掛かった所から一本橋のスタート地点まで、大きなUターンをするような感じで走りつつ減速しなくてはいけない。

前の時間まで出来ていたそれが、出来なくなってしまった。

どこでどう減速させるのか、シフトチェンジさせるのか、何度やってもタイミングが合わない。ギクシャクしながらやっとの思いでスタート地点に着いても、スタートするなり橋から落ちる。

今日の教習でA判定が出るだろうと言われて検定の申し込みもしているのに。。。


何がなんだか自分でもわからない。何度やっても成功せず、時間切れ。

終わると、ケロロ軍曹がバイク小屋に戻ってきて、手帳にはんこを押す。

「じゃあ終わりです~」

不安になったので、「あのう。。急に一本橋が出来なくなっちゃったんです。外周から入ってくる減速のタイミングもわからなくなってしまって」と聞くと、軍曹は顔も上げず、手帳にサインをしながら一言言った。

「シュッシュッシューッと入りましょう」

それだけ言うと、じゃあ、と、帰ってしまわれた。


えええええええええええええ!?


延長教習は1回3800円である。


これで3800円!!




。。。。。キャンセルすればよかった。。。。。。


ケローン。。。。。。







よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。