--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-05-28

オッサンの屁理屈 2の段

。。。。とまあ、前回の記事で取り上げさせて頂いたおばちゃん党のように、もうみんな、オッサン政治にはうんざりしているんだと思う。

今朝の朝刊に、橋下さんが維新のお友達と考えた「作文」(ですよね? あの「私の認識と見解」っていう文書は)の抜粋記事が載っていて、こんな風に報道されたけど真意はこうだって事が書かれていて、あーそうですかと思っていたら『テレビタックル』という討論番組で、慰安婦やら性奴隷やら女性の尊厳やらの言葉が飛び交うも、進行の阿川さん以外全員オッサンっていう場面を見て、「やっぱり世界はオッサンの理屈を中心に回っているんだな」と再認識しましたわ。

唾飛ばしながら、相手の発言も終わらぬうちに自分の意見を大声でがなりたてるオッサン連中。


こういうのがもうウンザリだっての。


前回コラムを引用させて頂いた想田さんの「オッサンの理屈とおばちゃんの実感」てのは本当に秀逸なタイトルなんだけど、私はこれはもうオッサンの『屁理屈』だと思いましたね。いや、TVタックルに出ていた誰かの意見が屁理屈だ、というのではなく、性とか女性がとか慰安婦がとか話しているんだけども、女は進行役だけで、他は全部押し出しの強いオッサンばかりっていう図がね。


だけど私は、必ずしもオッサンの理屈が男性全体を指し、おばちゃんの実感が女性全体を指すもの、とは思わない。

性犯罪の被害者に向かって、「何故抵抗しなかったのか」と言い放つ女も居れば、被害者の味わった極限の恐怖と屈辱というものを感覚として理解できる男も居る。

「理屈と実感の差」というのは性差と言うよりは人間としての感性の問題じゃないですかね。

確かに、ベストセラーになった『話を聞かない男 地図が読めない女』に書いてあったように、女性脳と男性脳の違いといったものはあるのだろうし、総じて男は理性的に考え、女は感情で動く、みたいに言われがちだけれども、どんなに悲惨な事柄に対しても、建前と理屈だけでしか考えられない人間=イメージとしての『オッサン』と、物事のありようを感覚的に心で捉える人間=イメージとしての『おばちゃん』の違いとでもいうのだろうか。


。。。。なんてことを考えていたら、橋下さんが日本外国特派員協会で会見したっていうニュースを見たんだけれども。

なんだかんだ言葉をこねくり回していたけれど、結局のところ、この一連の騒動の根底にある問題点ってのは「政治家が、その品性の無さと無教養さ、国際感覚の無さを、一個人として世界相手に露わにしちゃった事」であり、それに対して多くの人が「こんなメンタリティーを持った人間が、国を引っ張っていこうとすらしている事に対する危機感と嫌悪感を持ってしまった」って事なんじゃないのかしらん。


大変低次元でぴったりな喩をさせて頂くならば、職場の飲み会の席で、美人新入社員A子ちゃんの太ももをお触りした重役。みたいな。

で、翌朝A子ちゃんのご両親が抗議しにきたらば「いえね、そんなつもりじゃなかったんですよ、そんなつもりじゃ」とペコペコし、その様子を興味津々で覗いていた社員達の視線に気づくと「おい! 何見てるんだ!」と威嚇し、重役会議で吊し上げられたら「ですが社長、先日のパーティーではほにゃらら専務も、嫌がる秘書の肩を抱いておりました!! 私だけではございません!」と逆切れする。


みたいな。(あー長かった)


彼が何か言えば言うほど、その「メッキ感」は露わになっていくし、その「オッサンの屁理屈度」も増していく。


物凄く高価なものを身に着けて着飾って偉そうにしているのに、パンツにう○こついている、みたいな残念感と不快感。

みんなそこにもう辟易していて、「あんたはもう引っ込んでな」と言っているのに、気づかない厚かましさと鈍感さ。


風俗業活用発言に関連して、「日本の現状からすれば、貧困からそこで働かざるを得ない女性はほぼ皆無」なんて言っちゃうあたり、ホントに不勉強だし下品な人だと思いますよ。


弱い犬程よく吠えるって諺思い出しちゃった。



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

スポンサーサイト

2013-05-26

オッサンの屁理屈。1の段。

とうとう国際問題にまで発展してしまった橋下さんの慰安婦に関する一連の発言であるが、私はこの発言に関する報道なんかを目にし、耳にするたびに、どうも、なんだか自分の感覚とピッタリな事を言ってくれる人は居ないもんかとモヤモヤしていたのであるが、先日、『日本おばちゃん党』なる、至極まっとうな意見をお持ちのFBグループの代表さんの意見(政治活動や特定の誰かを擁立するグループではなく、主張しつつもあくまでもシャレで笑い飛ばす、ユーモア感を大切にするという非常に高度なものである)や、映画作家、想田和弘さんによるコラム『オッサンの理屈とおばちゃんの実感』を読んで、ああ、これだ! この感覚だよ私が言いたかったのは!! と膝を打った次第です。


といきなりの長文ですおはようございます。


想田さんはコラムの中で、アメリカ同時多発テロの際、多くの米国人青年が軍隊に志願し、その中のロリという一人の青年の家庭に取材に行った時の事を書いておられるのだが、その際、「息子さんが戦死してしまったらどうしますか?」との問いに、父親が苦渋の表情を浮かべつつも、息子の安全を神に祈っている事、万一何かが起こったとしても、天に召されると信じている事を話したのに対し、母親はすかさず夫に対し「私たちはどうなるの? 本当にそうなったら、残された私達はどうしたら…」と問い直し、父親は黙り込んでしまう。

想田さんはその時の事を記事にしながら、「ああ、男の理屈は虚しい…」と感じたという。そして、「振り返れば、これは明らかにオッサンの理屈とおばちゃんの実感のせめぎ合いだったのだ。オッサンの理屈は戦争に行く息子の行動をキレイに正当化してしまうが、おばちゃんの実感はそれに異を唱えざるを得ない」「残念ながら、この世の中はオッサンの理屈によって支配されている」「だからこのときもおばちゃんの実感はかき消され、オッサンの理屈が優先された。ロリは結局、米軍に入隊した」と書いておられる。

さて、では冒頭に書かせて頂いた『全日本おばちゃん党』であるが、想田さんのコラムによると、これを立ち上げたのは法学者で大阪国際大学准教授の谷口真由美さんと言う方で、「オッサンくさい政治はもう飽きた。おばちゃん党でも作ったろか」とつぶやいたことから始まったという(想田和弘さん『オッサンの理屈とおばちゃんの実感』より抜粋)

つづく。。。。。。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2013-02-01

昨日の続き。

昨日の続き~。

柔道の体罰問題について。

今朝の朝刊に、ヤワラちゃんこと谷亮子 元柔道選手のコメントが載っていました。
谷さんは、件の監督に北京5輪の際指導を受けたそうで、その時の印象として、

「人間的に素晴らしい方」
「(暴力など)そういうことは一切なかった」

。。のだそうですが。

いやそれって、「貴方が世界のヤワラだから殴られなかっただけ」だから(笑)






にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2013-01-31

脳みそ筋肉人間の危険性。

ご無沙汰してます。

パソコンの調子が悪く、矯正施設預りとなっておりましたが、「異常なし」とのことで帰ってきました。

いつものことながら、こいつの外面の良さには呆れます。


。。。。

ということはさておいて。


柔道のオリンピック強化選手に対しても体罰が行われていたって。。。というか、こういうのって体罰じゃなくて単なる暴力ですよね。暴行で起訴すればいいのに。

体罰というのは本来、愛情ある指導者なり保護者が、信頼関係のもとに行う行為のはずで、それは怪我をしない程度に手の甲なりおしりなりをぴしゃっと叩く。。。位のもんだと私は認識しています。

まあ、対象年齢は小学生以下。危険なことを小さな子がやった時なんかにするもんじゃないですかね?


とはいえ私自身は子どもを叩いたことはありません。言えばわかるから。

高校生の自殺事件以降、あちこちで指導者による暴行が発覚していますが、すぐに暴力や暴言吐く指導者って。。脳みそ筋肉人間ってホントどうしようもないのね。


スポーツ選手に限らず、心身のコンディションを整えることって人間にとって本当に大切で、自分の教え子のコンディションを、常に最良の状態に維持できるようにケアし、支えるのが指導者の役目じゃないの?

体の故障や怪我が起きないように、細心の注意を払ってあげるのが仕事よね?


それを殴る蹴る、死ねとか豚とか罵るって。。。
指導者自らが選手生命縮めるような事してどうすんの。

本当に馬鹿。卑しすぎて寒気がする。

無抵抗の相手を何十発も殴ったり罵ったりしてもなんの罪悪感も感じないって。。。異常すぎる。。。。



しかもそれを擁護する人間。

マラソンの強豪校も、被害者以外の保護者が暴力監督の続投を嘆願してるなんて言ってたけど、この人たちも自分のことしか考えてない。

チームメイトが悲惨な暴力を受けて傷ついているのに、自分の子がターゲットになってなきゃべつにいいんでしょ? この人じゃなきゃ全国に行けないとか。。どんだけ名誉欲に犯されてんの。


私はまだたかだか40数年しか人生のキャリはないけれど、今まで関わった人たちの中で、なんか違和感や不快感を感じる人って、100%暴力的で卑しい根性してたってのは断言できます。

自己顕示欲が異様に強くて成果主義。小心な癖に常に人の上に立ちたくて、自分の利益になる人間には卑屈な位ペコペコするのも彼らの特徴。大声で威嚇するとか、暴言吐くとか、そういった行動で優越感感じるタイプ。。。

で、そう言う人に限って学生時代スポーツしてましたとか言うんだわ。先輩のシゴキを受けたとか、で、また自分がそれを後輩にしてやったとか、得意げに語ったり。

もうアホかと。

暴力に訴えなければ相手が言うこときかない、というのはね。ひとえに指導力が無いからなんです。

指導力があり、信頼されている人ならば、怒鳴らなくたって生徒は言うこと聞くんです。

逆に、信頼している人から愛情を持って叱られたならば、少々大声出されたって憎しみは湧きません。

元プロ野球選手の桑田真澄さんが書いておられましたが、体罰を受けても人は成長しません。桑田さん自身、暴力を受けて「指導」されていたときは本当に辛かったといいます。

まあ、体罰反対と言いながら、件の高校の入試を中止すると言っていた某首長もしてることは同じですけどね。

校長会が反対したら、「そういう人はクビにして、どんどん公募で変えていく」なんて言っていましたね。

建設的な話し合いをせず、自身の意見に反対するものは権力を持って切り捨てると脅す。


やってること、同じじゃん。


でもなぜだか、この手の人がトップに立ってる組織って多いんですよね。

人ってパッと見のハッタリとか強気な言動にころっと騙されちゃうんでしょうね。

私はもう一目見たら顔つきと表情でわかりますけどね。


力でおさえようとする人って、根深いコンプレックスがある場合がほとんど。

本当に実力があって自信のある人は、わざわざ偉そうになんてしませんからね。

で、そういうのはどうごまかしてるつもりでもきっちり顔に出ます。

心に企みのある人間ってのは独特の目つきしてるもんですし、無抵抗の相手に暴力をふるって平気でいられる人間性というのはやはり異常で、そういうのも顔やら言動にきちんと出ます。



愛は人を生かし、成長させるが、裁きは人を殺します。

信頼関係を築くより先に、暴力で支配しようとする人間に、人の上に立つ資格はありません。


あーなんか熱く語ってしまったわ。


ほんぎゃあああああ!!(叫んでみただけ。いつもの奇行なので気にしないでください)


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2012-08-25

賢(かしこ)やけどアホな人。

「自分(あなた)、めっちゃ賢いなあ~」

なんて、名門大の学生なら大阪のおばちゃんに言われますね。

「あっこの息子さん、ほんま、かしこ(賢い)やねんで」

とか。

で、こういう子が何か非常識なことをやらかすと言われるわけです。

「あの子、かしこやけど、アホやなあ」

さて、前回記事にさせて頂いたアイセックと言う団体の取材陣への対応を見ていて浮かんだ言葉がまさにこれでした。

「かしこ やけど アホ」


スタッフは東大やら慶応早稲田といった名門大の学生みたいですが、人が一人亡くなっているのにコメントも出さず、取材陣に対してもドア越しにボソボソと誠意の無い言葉を並べるばかり。ツイッターのアカウントなんかもも消しまくって逃亡姿勢。取材にもちゃんと応じないくせに動きはきになるらしく、金網入りの曇りガラスに耳を当てて外の様子をうかがっているという。。。

ちゃんと記者を中に入れて対応しなさいっての!!

ガラス越に耳だけべったり貼り付けてんのがニュースで放映されていましたがほんっとに気持ち悪かったです。

お勉強は良く出来るのでしょうが、人間としてありえない。


この団体の動きを見てみるに、国際的とか大規模とか豊富な経験とか世界にどんだけ支部があるとかアピールしていて、まあ要は坊ちゃん嬢ちゃんのプライドと自己満足を満たすにはぴったりと言うか、「かしこやけどアホ」の典型的サークルという印象です。

国立私立関係なく、名門大と言われるような大学に通っている子というのは、経済的な苦労を知らない場合が殆どで、帰国子女も多いですし、留学したり、親の長期休暇の度に海外旅行に行くような子も珍しくはありません。

この団体経由で海外に行っている学生の中で、家は貧乏で奨学金を貰っており、仕送りは無し。アルバイトにあけくれ、家賃も自分で払い、生活費も全て自力で賄っている子なんてのは居ないんじゃ。。。居たとしても数人レベルでしょうね。


裕福層でお勉強の出来る子達にとって、海外旅行やお膳立てされた留学なんてのは日常の延長でしかないので、海外でインターンと言っても、「行程は出来るだけ自分でアレンジする」「ちょっと位リスキーでもそれを乗り越える自分がかっこいい」みたいなおかしな欲求が出て来ちゃうみたいですね。

メンバーの中には、事件後、被害者のAさんが不安な胸中をツイートしていた事を小ばかにするような書き込みをしたりする輩が居ますが、その勘違いも甚だしいプライドの高さに吐き気がしました。

海外でのインターン経験は就職に有利だから、という理由で参加する学生も居るようですが、それは親のお金で買った「経験」でしかなく、どんな素晴らしい経験をしても、自分自身がそこから謙虚に学ぶ姿勢や感謝の気持ちというものを持たない限り、人間として成長する事は出来ません。

「えー、旅行行く時は自分でバイトするしい。。」っていう人も居るでしょうが、日々の衣食住から学費やら全て自力で賄って居ない人は、「単なるすねかじり」でしかありません。

先日、新聞で読んだのですが、ここ数年、東京大学はじめ、国内トップレベルと言われる大学で、「講義のノートをとる」事が出来ない学生が増えているそうです。

小さな頃から塾で完璧な教材を与えられ、授業がわからないのは全て先生のせいという価値観の中で甘やかされ、受験のテクニックのみを教え込まれて来た子達にとって、先生によっては全く黒板に何も書かずただ喋るだけだったりする大学の講義は、「どうしたらいいかわからない」らしく、話を聞きながら自分で要点をまとめたりしてノートをとっていく事が出来ず、結果、落ちこぼれていくのだそう。

酷いケースになると本人や親が学校に「あの先生の講義は、内容をちゃんと黒板に書いてくれないからわからない」と苦情を言いに来るそうです。

そして、そういった子が卒業し、社会に出ていくわけですが、そうすると、社内研修などでも当然、大事な事をメモったりして「自分のノート」を作ることが出来ない。。。。


東レの特別研究員である沖田浩さんが書かれた、「東大生もノートをとらない とれない」というコラムがあるのですが、そこにもこういった人達が企業の若年層を形成しているという事への懸念が書かれています。

企業研修をして、大切な事を話しても、ボードに書かれていることを書き写すだけで、自分でメモを取ろうとしない。

要点を取り出してメモをとったり、重要項目をきっちり上司に伝えたりする事はビジネス技術としてとても大切な事なのですが、そこがごっそりと抜け落ちているのです。

どんな名門大を出ていようが、英語が堪能で海外インターン経験があろうが、これでは現場で使い物になりません。


アイセックのスタッフをしている学生達も、運営の仕方も、正にこんな感じです。

自分の興味がある事ややりたい事は必死で頑張りますし、多少不便があってもなんとかするのですが、所詮は親のすねかじりのお子ちゃまの道楽。他人に対する思いやりや想像力、社会人としての常識と言ったものは欠如しているので、無謀な渡航行程で女性を一人でルーマニアに放り出しても平気。相手が不安を口にしても「何とかなるから」「これも経験だから」なんて所でしょう。日頃大口叩いてる割には物事の計画性といった事に対してはびっくりする程幼稚で無責任。渡航させる、という事=命を預かっているという認識はゼロ。

で、その人が渡航先で事件の被害者になった、なんて事が起きたらもう対応出来ない。日頃、グローバルとか、国際なんちゃら、とか、私がほにゃらら国に一人で行ったときはさあ。。僕がほにゃらら国に住んでいたころはねえ。。なんて偉そうな事を言っていても、イレギュラーな事態が起きたらもうお手上げ。「だってそんな事マニュアルに書いてないしい。。。」「自分の身は自分で守ってくんなきゃあ。。。」自分の事しか考えられないから、人一人亡くなったと聞いても責任転嫁して逃げる事しか頭にないわけです。本当に情けない。


親のすねかじりの学生の自慢話とか、豊富な海外経験談(笑)とかって、まともな大人が聞いたら全身蕁麻疹みたいなのが殆ど。


いい気になっとったら、「かしこやけどアホや」って言われるで~。



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。