--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-08-29

2輪の路上教習。

先日、とある集まりで、久々にお会いしたバイク乗りの方がいらしたので、「やっと400CCの免許が取れました」とお話をした。

ほにゃらら教習所の話をすると、「そりゃまた物凄いハイレベルなコースですねえ(笑)それだったら路上に出ても十分やっていけますよ。僕の通っていたところは所内はそんな危なくて難しいコースじゃなかったですから。でも路上教習はちょっと怖かったなあ。慣れてくれば楽しかったけど」

と仰った。

路上教習って。。。4輪との合同コースの事ですよねえ???

「いえいえ、外に出るんですよ、先生と一緒に街の中を走りました。楽しかったですよ」

ええええええ!?


バイクに路上教習があるなんて初耳です!!


「それって検定受ける前の話ですか?」

「ええ。検定受ける前です」

聞けば、マンツーマンというわけではなく、先生一人と複数の生徒で街中に出て走ったとの事。殆ど車の通らない田舎道。。ではなく、それなりの街中だったとか。仮免、ということになるのかな、きちんと見極めに合格した人だけだそうですが、それにしても何と豪快な。。。足がきちんと届かないような女性教習生なんかはかなり危ないんじゃないかと思いますが、そうでなければ楽しいでしょうねえ。私はあのインパルス400で路上に出るなんて、想像するだけで鳥肌ですが(笑)生きて帰れないし。。。。

多分まだ20代の方なので、そう昔というわけでもなさそうですが、そんな教習所もあったんですね。今も2輪の路上教習しているのでしょうか。4輪のように補助ブレーキも使えないので、指導員の先生も周りの一般車も戦々恐々でしょうが、生徒にとってはいい思い出でしょうね。


ちょっとびっくりしたエピソードでした。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
スポンサーサイト

2011-08-20

練習練習と教習11時限目の回想録。

LSサベージ400。野蛮君での地道な公道練習。。やっております。

一昨日は殆ど車の通らない幹線道路で法定速度きっちりまで加速し、Uターン、の繰り返しをしました。
若干坂道になっているので、上りでUターンの時は減速がまあまあ上手くいくのですが、下りUターンの時はタイミングが難しく、怖さもあり、固くなりがちでした。帰りは交通量の多い道を通るため、スクーターと交換してもらって帰宅しました。

昨日は初の夜間走行。いつもの幹線道路グルグル教習ののち、先導してもらって空いている道を走りました。加速、減速、信号での停止、歩行者対向車。。。なかなかに神経を使いましたが、空いた道を選んでもらい、自宅まで野蛮君で戻れました。

。。。。


さて。


もう免許は手にしておりますが、400の教習日誌が10時限目で中断しておりましたので再開いたします。このブログは異種格闘技ブログ故、このように話題が頻繁に変わることも多々ありますのでご了承のほどを。


教習後に毎回書いていたメモを参照しつつ。。。

。。。。。。教習11時限目。。。。。。。

担当指導員はひこにゃん先生です。今回2回目。



ひこにゃん2

・停止時の減速チェンジが慌ただしい。バタバタ止まってからローに踏む踏みかえは極力無くせるように。
・信号その他、確認をしっかりする事。ヘルメットの動きがはっきり検定員にわかるようメリハリ。
・白線を踏まない
・カーブの時、怖くてブレーキを踏んだままトロトロまわりがちだがかえってバランスがとり難いので心持アクセルを回すくらいの気持ちで。
・停止時も減速が早すぎて不安定になるときがあるので注意。


今回は一回も転倒無し。前回ひこにゃん先生だった時は転びまくり、「公道だったら5回は骨折してますよ」と言われていたので、先生も「今日は一回も転びませんでしたね!」と笑顔で言ってくださった。


しかし足がべったり届かない教習車というのは怖い。減速停止時物凄く緊張する。


。。。。7月9日の事。。。。。。




にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2011-08-11

2度目の補習と3度目の検定。

教習日誌が途中のままですが、先日合格した3度目の検定話とその当日の自由教習の話。


当日自由教習。。。。


これがラストの教習なるか。出てきた配車券には王将先生の名前。今回はこの先生の担当が最多だと思う。車の時の学科もよく担当されていたからか、非常に理論派の先生です。


教習前、プロテクターをつけてから、苦手意識の強いクランクを何度も歩いてイメージトレーニング。クランク入口に差し掛かると左折。またすぐ左折。これが怖い。バイクの頭を突っ込みすぎるため曲がりきれないことがあるのでライン取りのイメトレを徹底。

他の教習生の担当の正宗先生が降りてきて「(前回は)非常に惜しかったです」と仰る。

検定の時補助をしていらして、私が最後の最後、完走してスタンド立てる時にバイクごと倒れたのを見ていらしたのだ。。。


教習開始。外周をウォームアップ走行したら発着点に戻って乗り降りの練習。

・ギアをニュートラルにしてエンジンを切る。
・ブレーキをしっかり握り、ハンドルを右に切る。
・お尻をずらして左足をべったり着地させる。
・後方確認をし、右膝を曲げ、踵を蹴り上げるように素早くコンパクトにシートを跨ぐ。
・スタンドをきっちりと立て、ハンドルを左に切る。

左足べったりついたら右足が浮いてしまう。倒したくないので物凄く力が入ってしまい、怖くてなかなか右足を上げられない。勢いつけすぎると車体がふらつくし、かといって力を抜くとブレーキが甘くなって前輪が動いてしまう。そっと右足を上げ、お尻を浮かすと、「ここだ」という、力を入れなくともバイクが完全に自立してくれるポイントがあるので、そこで一気に右足を上げて着地するのがポイントなんですがなかなか。。


何度も練習。腕が痛くなって倒してしまい、悔しい~!! っと引き起こそうとすると、傍に居た正宗先生がすっ飛んできて「いいからいいから。こんなので力使わなくていいから検定に力残しといて」と引き起こしてくださる。引き起こしは物凄く消耗するので正直有難い。


あとは各課題を一通り。急制動でフロントブレーキが甘いと指摘され、練習。私は一本橋もスラロームも、タイムより落ちない事、当てない事、に気を取られてタイムが緩くなるのでそこも指摘。

「一本橋とスラロームで安全策とると、どうしてもタイムの減点が出てくるから。。急制動では減点されないようにばっちり決めましょう!! フロントブレーキもほとんど使えてないのできっちり。エンストさせていいから。リアだけ強すぎるとロックしちゃうよ」


カーブで一気に3速まで上げて直線。コーン前でアクセルを戻し、コーンを過ぎたらリアブレーキを踏み、フロントをじんわり握る。オッケー。

残り時間はまた乗り降りの練習。こかさなかったけど、もう右腕が痛くて痛くて。。

何としても合格したい。。。。次の時間は一時間空いていたので、他の人の教習を見る。あれえ? 前回一緒に受けたメンズが二人、補習受けている。今日また受験なんですね私たち。お互い会釈。


検定3回目。

昼前に検定説明。今回は大型2人。普通4人(うち乙女は2人)。うち大型1人と普通3人は再受験者。(私は再々)

コース抽選の後、出走の順番きめ。これは抽選とかではなくあらかじめ排気量なんかで決まっている模様。

「えっと。。。リカさん。1番でいいですか? それとも真ん中あたりがいい?」

うっと息が詰まるが「1番でいいです」と答えました。こういう場面で「ええ~っ」とかいうのって潔くないし、ここの検定コースはまず外周、Sクランク、合同コースの順。なまじ中盤辺りにスタートして、クランクの出口でほかの人とかちあって停止する羽目になるのも嫌ですし。

「大丈夫? 1番でいい?」

大丈夫じゃないけど(笑)いいですっ!! ということで頷きました。

さて、検定方法ですが、去年小型を受けた時は、検定員の先生は監視塔の上から見ていたのですが、今回は追尾走行して採点するというお話。いつから変わったのか何故変わったのかはわかりませんが、確かに追尾する方がより正確にチェックできますよね。

説明が終わると昼休み。なので、検定コースを歩きます。しかし暑い。試験前にバテたら話にならないのでいい時間で切り上げて準備。またクランク、スラロームを歩いてイメージトレーニング。こういう低速バランスのところは「大好き大好き」「大丈夫大丈夫」と言いながら走ると上手くいくのです。

皆無言で待機。時間が来ると検定員の先生がいらっしゃいました。私の担当は4輪と小型でお世話になった事のある、美肌のツルツル剥きたてゆで卵先生。

「じゃあ始めます。自分との戦いになると思いますが、皆さん頑張ってくださいね」


自分との戦い。。。自分とバイクを信じるしかありません!!

いざスタート。後方確認してハンドル右に切って気合入れて乗車。アクセル回してスタート。

ひいいいいいいい緊張するううう!!

「一周はウォームアップです」

ゆで卵先生の声が響きます。

外周まわってコーン通り過ぎたらば

「では検定開始です」

「大丈夫大丈夫」と呟きながらS字。クリアして、次はクランク。怖いいい~大丈夫大丈夫!!

何とか抜けたらすぐ左折!(目の前が壁!)一回目の検定ではこの壁に突進し駆け上りました。

ああまたっ!!

ひいいいいっ!!(何故そうなる!?)ブオンブオンものすごい空ぶかししながら必死でクラッチ握ってハンドル切って「大丈夫大丈夫!!」と叫びながら左折。


ここを抜けたら今度は崖の上の合同コースへ。いきなり右折坂道上り坂というとんでもないコース。(小型ATの検定の時はここでゴミ袋さげたおばさんと出会ったんですよ。。。カオスな教習所です)大丈夫大丈夫。。。


上のコースも怖かったです。

教習中の車が結構沢山走ってたんですが、私の前の車がものすご~く遅い!! 

停止。。。したらダメですよね。。。ローにして低速で着いていくしか。。。しっかし怖い。。次は右折して障害物超えてすぐ交差点信号。うう。。前の車も右折。。。何とかクリアしましたが怖かったです。

教習中もなんですが、2輪が居ると気を使って邪魔にならないように回避させてくれる指導員の先生も居らっしゃるんですけどね。。そうでない教習車の後についてしまうと、ひたすら恐怖です。

合同コースは終始こんな感じでした。大型トラックが課題してて待機したりとか、とにかく緊張の連続。一本橋とスラロームで減点確実なので、絶対にこんなところで減点されるようなこと、したくない。

踏切超えたら下のコースへ。

一歩橋…クラッチを使ってタイムを。。と教わりましたが。。。。落ちたくないのでアクセル回して駆け抜けました!タイムは見るとバランス崩すので見てません(←バカ)

スラローム…スイスイ君はスイスイ走る。。当てたくないんで怖くなり減速して蛇行運転しました! 9秒台でした!(←大バカ)

急制動の開始地点へ。

多分感覚としてさっきの一本橋は4秒台。それとスラローム9秒で。。。既に25点減点!? やだもう失敗出来ない!!

急制動…何も言われない。ということはクリア。よしっ!!


さて発着点です。

ニュートラルに入れてエンジン切って、ハンドルを右に切って左足着地。

バイクから降りねばなりません。


よみがえる悪夢。

しかし練習では一回こかしただけ。大丈夫!!

でも体が動かない。

お尻ずらして左足つけたたまま動けないんです。怖くて。

ブレーキ握ってる右手はどんどん辛くなってくるし。。。なんか外周にほかの受験者戻ってきてるし。

降りないと。。。

自分とバイクを信じて。。。

右膝曲げてお尻を浮かしてみる。うん。力入れなくてもちゃんとバイクが自立してる。大丈夫!!

気合いをいれて右足着地したらまた! また倒れてきたバイクがっ!! 

「きゃあああああ大丈夫大丈夫っ!!」

多分叫んでたと思う。必死で腰をタンクに押しつけて踏ん張ってスタンド蹴っ飛ばして立てました。

待機部屋に戻ったら前回の検定でも一緒だった大型受験のメンズがお疲れさんって言ってくれた。頷いたら椅子に倒れこんじゃいました。

それから一気に水筒2本分お茶一気飲み。

ふうう疲れた。

しかしあのタイム。

合格は70点だから。。。


うう。。。かなり厳しい。。。中止事項無くて減点超過で落っこちるってのも悲惨だなあ。。。慎重になりすぎた、というかビビりすぎ。。。この性格なんとかしなくちゃなあ。。。


「では採点をしますのでロビーで待機してください」


待機していると丁度教習終わった先生方が帰っていらして、どうだった? と。。。「こけませんでしたが。。採点待ちです」というと皆さん微妙な表情。

もう泣きそう。

また補習受けてあの嫌な降車をせねばいけないのかしらん。。。


「リカさ~ん」

ゆで卵先生に呼ばれた!! ひいいいっ!!


「合格ですよ。ぎりぎりだけどね~70点です・笑」

ええええええ70点もあるのですかっ!!


「一本橋が4,5。なんかアクセル回してたけど。。。あとスラロームのタイムね。それと交差点の左折の時、いい感じで曲がってたけどちょっと膨らみすぎたかなあ。でも降りる時怖かったね。ゆっくりそろっと降りればいいのに勢いよく降りるから(笑)しかしリカさんは車や小型の時から見てるけど。。よく頑張ったねえ!!」


もうひたすらありがとうございましたと頭を下げるのみでした。


今回一人のメンズが残念ながら中止となりましたが(橋から落ちたっぽい)、再受験のメンズ含め、ほかは皆合格しました。

別室に案内されて、指導員アンケートや免許の書き換えの説明など。でも私は限定解除で試験場に行く必要はなく、警察でハンコ押してもらうだけなので、他の方への説明をぼーっと座って聞いてるだけ(笑)。


終わったらちょうど教習終了の時間帯で、またまた先生方が戻っていらしたので、お世話になった先生方一人一人にお礼を言いました。


その後、スイスイ君とガクガク君とのツーショット写真を撮るべく2輪コースへ。

ちょうど教習待ちのメンズがいらしたので、「あの、教習前にすみませんが。。。」とお願いし、撮っていただきました。「合格されたんですか? おめでとうございます。僕今大型で苦労してるんですよ~」って笑いながら仰ってたです。

教習車が出払った車庫前を通ると、ちょうど朝の教習でお世話になった王将先生がいらして「やりましたね~!!」とガッツポーズ。頭を下げて校舎を後にしました。

長かったような短かったような。。


自動車学校という所は、免許取ればもう通うことは無い学校。

でも、非常に密度の濃い時間を過ごす場所ですね。

私はあちこちで派手に転んだので目立ってたんでしょうね。。。担当外の先生や、送迎バスの運転手さん(バス通学じゃないのに覚えられてる)にまでよく声をかけて頂きました。


チビでどんくさいので、転ぶたびにいろんな先生に助けてもらったし。。。ビビりで緊張しいなので教えられたことがすぐに出来ず、先生も大変だったと思いますが、怒鳴られたり嫌味を言われたり匙を投げられたり冷たくあしらわれたことは一度もありませんでした。


沢山苦労しましたが、努力して乗り越える体験というものを、この年齢になって経験できた事は素直に嬉しいです。


免許取れてホッとした反面、もう教習所で練習することが無いっていうのは寂しいなという気持ちもあります。


でもこれからが本番。

家にあるサベージ400こと野蛮君で地道に走行練習せねば。。。。


やっとスタート地点に立ったところです。

サベージ
うちの野蛮君はレッドカラー。これに乗れねば意味がない。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2011-08-09

やっと合格。

本日3度目の検定。


合格しました~!!


スイスイ君。
教習終盤で相棒となったスイスイ1号と。(プライバシーにかなり配慮しております・笑)


ガクガク君。
別れても忘れられない!? 度重なるDVに耐えてくれたガクガク2号君。


詳しいことは落ち着いてから。。(未だ興奮状態)


励まして下さった皆様、ありがとうございました!!

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2011-08-08

心と向き合う。

昨日午後は2度目の補習でした。

本当は朝補習を受けて、午後に3度目の検定の予定だったのですが、体調不良のためキャンセルしたのです。

咳は出るわふらつくわお腹は痛いわ、なんだか心身ともに絶不調。

私は過去の教習でも、酷く落ち込む事というのは無かったのですが、ここにきてちょっと弱気になってしまったのです。


元々自分がどれだけドンくさいかは自覚しているし、必死に努力してもどうも他の人とテンポがずれてるし、体力も体格も標準以下。400の教習がすんなり進むとは思っていなかったし、恐らく3か月の期限では無理だろうから、2回入校で年内にはなんとか免許が取れれば。。という気持ちで臨んでいました。


又、今通っているほにゃらら教習所は教習車がスズキのインパルス。古い学校でコースも狭く、2輪の専用コースは崖下にあり、上の合同コースに出るためには狭い坂道(しかも小回り右折)を上り、また降りてこねばならない。他の教習所の案内と見比べてみても、クランクもどう見たって直線距離が短い。おまけにスタート地点はどういうわけだか外周カーブの端っこにあり、しかもおかしな鋭角がついており、エンジンかけたらほんの少し車体を右に膨らませ、また戻してすぐに左カーブさせないといけないという初心者には大変難しいコース設計。合同コースの車道際に、ずらりと先生方のマイカーが並んでるし(柵無し)、交差点のカーブの縁石の内側に待機車両がどんと置いてあるし(転倒した時バイクと車に挟まれましたよええ)。


これから教習をうけると言った時、家にあるサベージ400(野蛮君)を購入したショップの店長さんにはっきり言われました。

「ほにゃらら教習所だけはやめときなよ。教習車がCBじゃないんだ。インパルスは小柄な女性にはかなり乗り難いよ。あとコースも狭くて走り難いし。2輪はあそこ、お勧めしないよ」


それでもほにゃ教にしたのは、家から通い易い所がそこしかなかったから。。。店長おすすめのA教習所とB教習所はコースも広々して教習車はピカピカのCB400。女性教習生も多いとのこと。しかし何せ遠い。往復1時間以上かかってしまい、子持ち仕事持ちには現実的じゃない。設備は整っているけど合宿もさせてるからとにかく予約が撮り難いって評判だし。

でもやはりほにゃ教の現実は厳しく(予約は取りやすいけど)、上のコースに上るとき、狭い坂道の壁のガード用のタイヤに挟まったり、コースアウトや転倒も数知れず。。。バイクから降りる時には必ず転ぶし課題が一向に進まない。


家人にも、「もうほにゃ教辞めてA教習所に入り直しなよ。コースは広い方がいいし、教習車も絶対CBの方が乗りやすいよ。初心者が専用コースからわざわざ崖の上の合同コースにカーブした坂道走って行かなきゃいけないとか、発着点がカーブの手前とか普通ありえないだろ。教習コースの車道脇に柵も無しに職員の車停めてるとかさあ。そんな狭くて危ないコースだから余計な緊張強いられるんだよ。辞めろそんな所」と何度言われたことか。


でも一度決めた以上、諦めるのは絶対嫌でした。



それで頑張ってたんですが、昨日は日曜ということもあり、コースも混んでいて、危ないなあって事もちょろちょろあったんですね。でも、他の二輪の教習生の方は両足べったりつくから、バランス崩してもどうってこと無いし、乗り降りも全く問題なし。そんな中、私は大きな教習車で乗り降りの練習して転ぶし、、クランクなんか完全に調子狂っちゃって擦るわ転ぶわとどんどん酷くなっていき。。。なんかもうダメダメのまま時間終了してしまい。

はい。心が折れました(爆)


私は普通の人とテンポがずれまくっているので、ここまできてプッツリと。(遅すぎる)




で、家に帰って泣いたんですが、話聞いてもらってわかったのは、元々警戒心が強く心配性な上に、過去の事故のトラウマなんかで、周りの車の動きなんかに動揺しやすいっていうのと、一番肝心な、「自分とバイクを信じる」事が全く出来ていなかったなと。


教習初日、10センチもバイク動かせなくて、跨るのも一人じゃ無理で。


それでも既定の3倍位かかって、今では一人で乗れるし、発着点まで押していけるし、コースも何とか走れるようになった。なのにそれに自信が持てない。あそこで失敗したら。。。ここ、苦手だな。。と、マイナス思考。

バイクもいい先生のおかげで走りやすいのに変えてもらえた(私はチビなので小さめ2号をあてがわれていたのだが、減速する度に酷い音とガクつき。動揺しやすい私のメンタリティではこれはキツイと気づいてくださったのか、正宗先生がスイスイ走る1号君に変えてみようかと言ってくれたのだ)のに、バイクを信じ切れていないから操作が不安になる。で、コースのカーブやらタイヤやらコーンやらのアイテムにいちいち緊張し、動揺し、しょーもないミスを連発しては、自分の下手くそさが身に染みる。と。


あー。


原因わかってすっきりした!!


マイペースで教習受けていた。。。つもりだったけれど、心の奥に常に自分自身とバイクへの不安と不信感があるから、必要以上に固くなってミスも誘発していたんですね。


教習ノートを見直してみる。


紙、貼り足される寸前まで、既定オーバーしている教習時間。

検定は2回中止になったけど、2回目は最後、スタンド立てる時に転んだ。でもそこまでいきついた。走り切れたんだし。

バイクもちょっと大きいけど、操作は楽な1号君になったんだし。


どんくさいチビの私がよくここまでやった!! やったんだし! と信じてみよう!! 1号君の事も!!


。。。という気持ちになれました。


なんだか気持ちがふうっと軽くなりました。


落ち込む事も時には必要ですね。自分の内面と深く向き合わず避けてきちゃってたんでしょうね。でもそんなカラ元気、すぐメッキが剥がれるわけで。。。。いい経験でした。苦労したからこそ気付ける事。ありがたい事です。


しかし私、落ち込んでも不思議と教習が辛いとか、辞めたいとは思わなかったですし思わないです。


明日は3度目の自由教習と検定です。


頑張るぞ!! というか。。非常に穏やかな気持ちです。





にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。