--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-22

教習車おみくじ。

地元で運転免許を取ったので、たまに卒業した自動車学校の教習車とすれ違ったり見かけたりする。

2輪の教習では指導員を指名できないため、配車券が出てくるたびに賭けにも近い気分になり、印刷されている先生の名前を見ては「やった! 大当たり!」とか「えええええ」なんて思っていた。

卒業して教習車を見ても同じような気分になるのが不思議だ。

教習車は低速で走っているし良く目立つ。

あ、教習車だ、と思うと、何とはなしに助手席を見てしまい、いい先生の場合は「当たり」特に印象の無い先生の場合は「ふーん」悪印象だった先生の場合は「見なけりゃ良かった」となる。これを私は「教習車おみくじ」と呼んでいる。

先日すれ違った教習車には大当たりの先生が乗っていた。


懐かしいが、教習車のハンドルを握るのはもう勘弁です。






にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

スポンサーサイト

2011-08-15

理想の教習車両とシモダカゲキ。

3度目の2輪検定の説明時、先生がこんなことをおっしゃってました。

「大型2輪ですが。。。申し訳ないですが、今日この気温の高さだと、整備は気を付けてますがエンスト起こしやすくなる可能性があります。うちの教習車、もう18年使ってるんですよ。もっとコンディションのいい車体を探してるんですが、もう何処も教習車両が1100や1300になっちゃってて750が無くて。。。1000超える教習車って怖いんですよ。他の教習所で死亡事故も起きてるしね。危ないんです。だから750で探してるんですけど難しくて。。」


ほにゃらら教習所の大型2輪の教習車はバンディッド。シャア専用ザク! みたいな赤い車体です。

バンディット2

400のインパルスですら乗り降りでこかすような私にしてみれば、750の教習車なんて現実味の無い話なんですが、1100とか1300となるともっと現実味がありません。

というか。

マシンに関しては完全にド素人ですが、普通に考えてそんな大きな排気量の車体で教習って危なくないんでしょうか?ベテランの指導員が、あれを教習車両にするのは危ない、怖いっていう位だからホントだと思うんですが。


色々検索してみたらば、要はメーカーが作るバイクの排気量が大きくなって、750の新しいベース車両自体が無く、部品の調達も難しくなってるんですね。で、あちこちの教習所でどんどん教習車を1100や1300に入れ替えざるを得なくなっていると。


CB1100

なんでこういうことになるんでしょうか。。。2輪業界は不調だって言いつつ、時代の流れと逆行してる気がします。教習所も、少子化で経営が難しい時代だと言われていますが、大型2輪を何台も買い替えるとなると大変な出費ですね。

私は小型ATから小型MTにステップアップし、先日普通2輪に限定解除したところですが、その一番の理由は「小型だけじゃ乗れるバイクの選択肢が無いに等しいから」です。

小型バイクは維持費も安く取り回しも扱いも女性には非常に楽ですし、高速に乗れないのと長距離が疲れるだけで、普通の街乗りなら十分流れに乗れるだけのスピードは出せるし、本当に便利な乗り物です。

しかしラインナップがあまりに少ない。

で、維持費も安い250位のものに乗ろうと思えば限定解除するしかないんですが、このクラスもかなり新車となると選択肢は狭いですね。どんどん大型化している。400クラスだと、アメリカンじゃないと私の体格では厳しいです。


こうなってくると、今の世の中の経済状況だとバイク離れは仕方ないなと思えてきます。

モノによったら中古の軽自動車より高いですからね。駐車場にも苦労しますし、学生さんなんかだと、実家住まいで親がバイク好きで。。なんて条件が揃わないと、自分のマシンを持つことなんて出来ないでしょう。


で、教習車の大型化。


XJR1300

いろんなサイトのコメントなんかを読んでみると、「危ない」という意見もあるものの、「750とさしてシート高も重量も変わらない」とか「大きな方が安定するから別に問題ないのでは」といった意見もありました。

しかしこれは、体力や体格に問題が無く、ある程度ライダーとしてのキャリアを積んだ方に限定しての意見だと私は思いました。

教習所、というところには、老若男女、いろんな条件の人がやって来ます。


年齢、性別、体格、体力といった基本的なことに加えて、バイクの場合、初教習と言えどもギア付の原付に何十年も乗ってます、というオジサマも居れば、私のように原付すら乗った事のない全くの初心者も居て、皆同じコースで教習を受ける。勿論コースは貸し切りではなく、混んでいる時だと一人の指導員が二人担当し、それが3組同じ時間なんてこともあるわけです。

どれだけ原付経験や、教習を受けるより下の排気量のバイク経験があろうが、指導員以外、全員がド素人です。


するとどういうことが起こるか。

事故の確率がぐんと上がるのです。

幸い私は教習中、貰い事故も巻き込み事故もありませんでしたが、中には合同コースで走っている4輪にぶつかる人や、急制動で前輪ロックさせて放り出されて骨折なんて方も居るそうです。


バイクは4輪と違い、危険を察知した指導員が補助ブレーキを使うということが出来ません。

又、公道と違い、自分の体格に合ったバイクを選んで乗れるわけではないので、私の様に片足つま先しか届かない教習車に必死に跨っている人、というのも居るわけです。

これは私自身の経験なのですが、手が小さい女性の場合、ブレーキを握ろうとして親指が滑ってアクセルを回してしまうとか、足つきが悪いため、停止している時にバランスを崩しそうになると言ったことがよくありました。

転倒した時など、先生が起こしてくれたバイクのエンジンをかけなおしてくれて、「どうぞ乗って」と言ってくれるのですが、エンジンのかかった車両にブレーキを握って跨ろうとするとアクセルが回ってしまうので、すみません。。とエンジンを切ってから乗っていた位です。

コースアウトしてしまい、あわてて前輪ブレーキ握りしめてすっとぶ人。


ブレーキ踏めばいいのにパニックになってしまい、よろよろ壁に激突しちゃう人。


足つきには全く問題ないのに、あれ? ってところでいきなり立ちごけしちゃうお兄さん。

いろんな人が居ました。


2輪は低速よりある程度スピードを出した方が安定しますが、教習所内の4輪は異様な低速度で走っていますので、それも緊張材料でした。


こちらが停止している時に、すれ違いの大型トラックが横をゆっくりゆっくり走っている時等、「今バランス崩してトラック側に転んだら確実に死ぬな」と、生きた心地がしませんでした。トロトロ徐行運転している教習車の後ろをローギア&リアブレーキで走っていたら、いきなり止まられてびっくりして転倒したこともあったし、2速発進しちゃって右にすっとんだり。


大型2輪の教習生には、もう十分400クラスのバイクに慣れている方も居るのですが、そんな方でも、交差点で前を曲がった教習車が止まるのだかなんだかよくわからない挙動をした為にパニックになったのか、いきなりブオン! という音と同時にその場で転倒とか(目の前でやられて怖かったです)、原付で慣れてるからか、ろくに確認もせずぶんぶん走る人がいて、こっちが優先なのにいきなり右折してきてびっくりして何故か私が転倒とか(何でリカさんが転ぶの~と先生苦笑)、とにかく素人ばかりの教習所内というのは予測不可能なことが起こりがちで危ないのです。


私は小型の検定の時、いきなり外周まわってS字に突っ込んだし、400の検定の一回目も、クランク出るなり壁に激突したのですが、こういったことも、検定員の先生に言わせると決して珍しいことではないらしく、「緊張するとありがち」な事だそう。他の教習所で、大型の検定中に暴走して亡くなった方、居ましたね。大きなバイクだったら大惨事だったと思います。


750のバイクと1100や1300のバイクの違い。。というものは、私には大きさと重さしかわからないですが、小柄な人にとってはシート高が1センチ違うだけでも乗り降りに支障をきたしますし、女性にとっては30キロ車体重量が違うと、取り回しの苦労の桁が違ってきます。


排気量の大きな車体の方が安定する。。というのは理屈としては何となくわかりますが、それが「ド素人ばかりが集まる教習所で教習車両としてふさわしいかどうか」となると別では? あまりにパワーのある車体を初心者が運転する、というのは感覚的に怖いなあという気持ちが先立つのですが。。。


ピカピカの新車の教習車というのは客寄せにはいい宣伝材料ですが、1100やら1300なんて大きな車両になると女性や小柄な人、体力に自信のない人は教習を受けるのを躊躇するでしょうから、結果的に客離れに繋がるのでは? 「それなら教習車が750のうちに取りに行こう」という書き込みもありましたし。。このクラスの車両を楽に扱える初心者というのはそうそう居ないでしょうから、教習中の事故の危険性も高くなる気がします。教習所内で死亡事故だの教習生が重体だのって。。。学校のイメージダウンになってしまいますよね。


2輪業界が不調だと言いながら、お金のかかる大型車ばかり増やし、扱いやすい排気量の車体はどんどん廃盤にするというメーカーの不思議。。


それに伴い、やはり斜陽と言われる自動車学校業界が、コストをかけて新車を、しかも乗れる人が限られてくるような大型車両を導入せねばならないという理不尽。


教習生の安全を考えて、何とか750クラスの車体を用意したい。。。というプロの指導員さんの思いとはうらはらな事態になっていく、というのはどこか捻じれてる気がします。

業界が不調ならば、お得意さんである自動車学校の指導員さん達や教習生達にアンケートを取るなどして、どんな教習車が理想か、というところから生き残り作戦を立てればいいのに。

そうすれば、車両も部品もがっちり太いパイプが出来て、売れるんじゃないのかなあ。

そうそう、あとスタンド。

あれ、教習所では乗ってから足で払うとか、降りる前に足で出すの、禁止ですよね。

自分が非力でチビなせいもありますが、ああいう融通の利かなさというか。。。宇宙に行く人も居る時代。スイッチ一つでスタンドが出し入れできる機能位開発できると思いますが。えっちらおっちら重い車体を支えたり。。なんかアナログですね。

2輪の開発スタッフって、取り回しやら乗り降りに何の苦労も無い、想像力も働かない、バイク上級者の男の人ばっかりなんですかね?

バイクに乗りたいけど、体格や体力、年齢で諦めてる人って多いと思いますから、ニーズをリサーチしてマシン開発していく姿勢がこれからは必要だと思います。




ps・・・こないだ、某所でふとすれ違った人が教習所の某先生にそっくり。。というか本人!?

じっと顔見ちゃったし一瞬向こうもこっちを向いて目が合った気がしたけど、相手は全然気づかず行っちゃって、声かけそびれた。

だってシモダカゲキさんみたいな格好してたから。。。




うーん。

顔はまんま本人だったし髪型も体格も。。でも別人だったのかしらん。。。だとしたら他人の空似というか激似。

教習所では、指導員さんは皆制服姿。2輪教習の時も指定のユニフォーム姿だから、先生個人の服の趣味なんてわかんないんだけど。。。学校で見るイメージ(どちらかというと生真面目な印象)とシモダカゲキがあまりにもかけ離れていて凄い衝撃。。。

ああ気になるううう。。。。!!

また何処かで出会ったら聞いてみよう!(聞いてどうする! というか何を聞く!?)



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2010-06-14

どうすればいい? と思ったら。

バイクの免許を取りたい場合、男性なら大抵の方が普通自動二輪(400CCの教習車)のコースに入校するか、人によってはいきなり大型から、というパターンが多いのではないでしょうか。

でも女性の場合、普通自動2輪の教習で使う車両が全然普通じゃないじゃん!? と言う位、重くて大きくて扱い難いと感じる人が多い為、まずはどのクラスから入校したらいいんだろう、自分には無理なんじゃないか、私どうすればいいの? と色々悩む方も多いかと思います。


よく聞くのがまずは小型の教習を受けて、次に普通自動2輪にステップアップするパターンと、普通自動2輪のクラスに入校して、操作に慣れるまでは小型の車両を使う、というパターンです。

私は小型のAT免許を既に持っていることもあり、複数の指導員の方から、「始めは小型の教習車で練習するから大丈夫」「400ccでもシートの低い教習車があるから」「小型MTへの限定解除からは遠回りで勿体無いよ」等と、400CCでの入校を勧めて頂きました。

でも膝と腰の故障、体調不良による長期の通院という不調続きの上に事故のトラウマもあり、まずは体質改善からはじめなければならないような状況になってしまったので、教習中の怪我を防ぐ為と、何よりバイクに対する恐怖心を持ちたくなかったので、小型MTへの限定解除(審査クラス)という、一番ハードルの低い教習を受け、無事に免許が取れて気持ちも折れなかったら、普通自動2輪に限定解除しよう、と決めました。

結果、そうして良かったな、と思っています。

小柄なので小型バイクでもつま先ツンツンでしたし、どんくさいのでミッションの操作に慣れるまでにも結構時間がかかりましたが、1人で取り回せる重量の教習車だったことで、余計な体力を消耗する事も無く、怖さも克服出来たからです。


適性というのは本当に人それぞれ。「自分が一番心穏やかで居られるクラス」が自分に相応しいクラスだと思いますので、もし悩んでいる方が居られたら、「自分はどうしたいのか」「そのために、一番楽な気持ちて取り組めるのはどこか」という事を基準にされたら如何でしょうか。


次の目標は普通自動2輪への限定解除。400CCの教習車は、体格的にも体力的にもかなりのハンデがありますし、規定の教習時間を大幅に超える事は目に見えていますが、人と比べず、自分なりのペースで焦らず取り組みたいと思っています。





よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2009-06-24

2度目の免許取得。1周年!

交通安全センターから封書が届いた。鼠色の地味なもので、赤く「親展」と印刷されている。

な、何か致しましたでしょうか…。(更新忘れで2年半無免許状態で運転していた黒歴史故かなり弱気)


開けてみると、「免許を取得されてから1年が経過いたしました」との文言で始まる地味な文書と、運転記録証明書、「無事故無違反の証」と記されたSDカードが入っていた。


とうこちゃんの写真は入っていませんでしたが(笑)


私は安全運転協会に入るのをケチったために更新の通知はがきを貰えず、自分の無関心さも手伝って失効してしまったから、今回はちゃんと入ったのだ。こんなのが来るのね~(ちょっと新鮮)

「ねえねえ見て! 無事故無違反の証ですって!」と喜八郎に自慢したら、「無事故無検挙だろ」と笑われた、

「違反はしてるよー。法定速度、全然オーバーしてないなんてありえないもん。スピード違反はしてるって(笑)」

なるほど。

確かに法定速度まんまで走る事なんて危なくてしてない。昔通っていたやさぐれ教習所でも、「法定速度守ったら死ぬぞ!」って思い切りアクセル踏むように言われたし(良い子は真似しない)。

それは冗談として、2度目の免許取得だから、私はそのありがたさも怖さも十分身に沁みている。


車は便利だけど、一歩間違えば殺人マシンになる。

命を失ったり、体や心に治らない傷を追うことだってありうる乗り物で、事故を起こすということは、自分だけだなく多くの人の人生を狂わせてしまう出来事だ。

無事故無違反=無事故無検挙。

流れに乗るために、プラス10キロ15キロくらいで走ることは、確かにあるが、信号無視や歩行者やバイクに怖い思いをさせるような煽り運転、身障者専用スペースに堂々と駐車したりといった、非常識なことはこれからも絶対にしないでおこうと肝に銘じた。


そうそう、あの身障者駐車スペース。以前、石井めぐみさんが講演で仰っていたのだが、通常の駐車スペースよりも、数十センチ、幅が広く作られているそうだ。

これは、車椅子の方や体の不自由な方にとっては必要なスペースなので、この幅の無い状態での乗り降りは、とても大変なことになる。

身障者用スペースは建物の入り口近くの便利なところにあるので、非常識な輩が停めている事がたまにあるが、恥を知るべきであろう。

運転テクニックだけでなく、マナーも伴ったドライバーになりたいと思う。


とはいえ。


狭い道での対向車。明らかに向こうの道幅が広いので、ちょっと止まっててくれりゃいいものを、無理やり突っ込んでくる人(オジサンオバサンに多い)なんかには、普通の顔ですれ違いながらも、心の中で悪態をついてしまうのも事実だ。


心の中で何をつぶやいているのかですって?

ここじゃとても言えません。

↓↓↓応援クリックありがとうございます。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

2009-06-14

ほにゃ教の凄まじい学科 2            ~素朴な疑問~

ほにゃ教の凄まじい学科。前回までのあらすじ。。。。。

。。。。。。

オタク主婦リカは、学科教習にて交通事故の恐ろしさを訴える映画を見る。
ある日、免許を取り立てのヨシオがサラリーマンを撥ねて殺してしまうのだ。
その知らせを受けたヨシオの父は、手にしていた将棋の駒をショックのあまり落としてしまう。。。。

映画終了後、映画の内容について的外れ…(ゴホゴホ)な質問をしていく先生。3つ目の質問は「落とした将棋の駒は何だった?」という、意味不明のものであった。困惑する教習生達の運命や如何に!

。。。。。。





「さあ、お父さんが落としたのは何の駒だった?はい、○○さん!」
「えっと…覚えてません」

「そっかあ。じゃあ次の人!」
「え…さ、さあ(笑」

「じゃあ次の人!」

前の人から順に、次々当てていく。とうとう私の番になったがそんな事覚えてないし。。

「…すみません、わかりません」
「そっかあ。じゃあ次!」

皆だんだん不安になって来る。教科書には事故の時の対応について大切そうな記述も色々あるのに、先生はそれには全く触れない。質問の意図が全然読めないだけにスリル満点、ジュラシックパークも真っ青である。

しかしそんな凍りついた空気の中、たった一人だけ答えを出した教習生(男性。推定年齢ほぼ20代前半)が居た!

「みんな覚えてないもんだなあ…さあ、何の駒だった?」

「えっと…金…将?」

「そうだあっっっっ!!!」



先生は物凄い喜びぶりである。

「そうだよそうだよ、金将だったよなあ金将! その駒をポロッとこう、落としたよね! 金将の駒って言うのはお金って書くだろ? 一番大事な駒だろ? 事故の知らせを聞いて、正にお金というか、もう全て失いましたって事を表してんだよ! 良く出来てるね、あの映画はっ!」

一同沈黙。


どう反応すればいいのかわからない。。。。。


っていうか、将棋の駒で一番大事なのって『王将』じゃなかったっけ?(←ねえこれは言っちゃダメ? ダメなの?)


先生は、完璧なオチをつけ…たつもり(ゲホゲホ)でご満悦である。

「だから皆も気をつけような! 事故で金の駒を落とさないように! 事故したら全て失うんだぞ!」


キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン(本当にこういうチャイムが鳴ります。私は冠婚葬祭チャイムって呼ばせていただいています)


「じゃあ今日はこれで終わり! みんな、気をつけような!」(えええええ終わりぃ?)


。。。。。先生。


貴方は素晴らしい先生です。

貴方は生徒の為を一生懸命思い、どうすればわかりやすい授業になるか考えて、あの映画も何度も見て研究し、「この将棋の駒は使える!」って思ったんですよね。(ほんまかいな)



お陰で今日はとても大切な事を学びました。


事故は自分の人生も相手の人生も、そして家族の人生も全て破壊してしまいます。

本当に本当に、気をつけなくてはならないという事がよくわかりました。

人の命はお金に替えられないって事も。

亡くなった人が決して帰ってこないって事も。


先生が伝えようとした事は、みんなの心にちゃんと響きました。




ですが先生。







あと一つ、聞いてもいいですか?









私はここほにゃ教で、  無 事 に 教 習 を 終 え る 事  が出来るんでしょうか!?






ねえ、どうなの?ヨシオ君。




個人的には飛車が好き。

↓↓↓押せば貴方も学科は満点!
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。