--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-01-30

特別な場所。

スカステで、退団者インタビューってのをやっていた。

毎日しているニュースの中の1コーナーで、今東京でやっている雪組公演の千秋楽で退団する人達を毎回一人ずつ、なのかな。

たまたまつけたらやっていて、2回連続知らない生徒さんだった。

知らない、というのはあくまでも私基準。詳しい人なら知ってるんだろう。そういう意味での知らない、だ。

一人目は、娘役さん。

研何年目って言っていたかなあ。1年とか2年とかではないけれど。。5,6年だっけか。

今回のShaii we では会社員の役だと言っていて、ショーでは舞台サイドでコーラスをしているのだけど、これが初めてで、最後の試練と思って頑張っている、と言っていた。

二人目は男役さんで、6年目、だっけ。

えりたんお披露目のベルばらの新人公演で国王役をしていたって。
いつだったかの公演で、トド様と台詞を交わす役で忘れられない公演になった、と言っていた。

名前も学年もうろ覚えで申し訳ない。本当に申し訳ないのだが、つまりはそういう事であるし、宝塚に入っても、「そういうポジション」で退団していく人の方が圧倒的に多いのだよなあと、今さらながら思った次第だ。


400人近い劇団員の中で、所謂路線や別格スターと言われる人はごく僅か。更にその中で、トップスターのポジションは、男役娘役共に各組1人。僅か5枠。

とうこちゃんやえりたんが、実力がありながらなかなかトップになれなかった。入団してから16年も17年もかかり、途中、退団を考えたこともあった。本当に苦労の連続で長い道のりだった。。
といっても、彼女達は新人公演の主役、バウホール主演、3番手、正二番手。。。と着実に実績を積み上げて来たいわばエリート。別の見方をすれば恵まれたスター街道まっしぐらに来たわけで、何がご不満? と思う人も居るだろう。

スター街道の最初の関門である新人公演の主役だって、誰もが出来るわけじゃない。主役のポジションは毎公演僅か一枠。しかもプッシュされている生徒の場合、新人公演の主役を2作3作と、立て続けに独占する場合もあるから、結局チャンスに恵まれず「その他大勢」のポジションのまま辞めていく人の方が圧倒的に多い厳しい世界だ。

毎公演あるフィナーレ。パレードでの階段下り。

大階段のセンターを、路線達がトリオで、ダブルで、そしてソロで歌い継ぎながら下りてきて(専科から特別出演の場合、専科さんが下りてくる事もあります)、最後は大羽根、ナイアガラを背負ったトップスターが下りてくる。

トップスターにはなれなくても、大劇場の本公演で、一度でいいからトリオでもダブルでもいい、大階段のセンターを歌いながら下りてみたい、というのは、宝塚に入ったからには誰もが夢見る事ではないだろうか。

だがその夢は、叶わない、叶えられない人の方が多い。

私の知らない退団していく彼女たちのインタビュー。合間合間に、今回の公演での出演場面の映像が映り、ショーの一場面。トップスター壮一帆を中心に、千秋楽で退団する人達が並んで歌うシーンがちらっと流れた。えりたんが歌いながら、優しい笑顔でみんなをくるっと見回すのね。

彼女たちにとって、トップスターと並んで舞台中央でライトを浴びて歌うっていうのは初めての事みたいで、とても嬉しい、と話していた。


私の目下のモヤモヤは、もうずっとずっと前から足踏みになっているまっつのポジションを早く上げてくれっていうのと、みっちゃんをトップにあげてくれっていうのがあるんだけど、多分、そう言う状況。。。人気も実力も申し分ない人が3番手や専科ポジションに居続けているっていう状況が客観的にモヤモヤする。。。っていうのは物凄く贅沢な話なんだろうなあ。。と、(私にとって)名前を知らないジェンヌさんの退団インタビューを見て思った次第。

まっつやみっちゃんの処遇について、人気と実力がありながらトップになれないなんてどういう事!? とファンは思っても、いやいや、人気も実力も折り紙つきで、大きな劇場で主演もしている。毎公演重要な役を与えられ、階段下りもソロでセンター。舞台写真は完売。カレンダーにも毎年ポートが掲載されて、もう十分宝塚のスターさんじゃないの。何が不満なの。単独の舞台写真が販売される事がどれだけ凄い事だと思ってんの? 今のポジションがどれだけ特別な場所かわかってんの? と、言う人は言うだろう。

きっと、今目の前で見ているインタビュー。。入団してからずっと脇役で、大階段をセンタ―下りすることなく、サヨナラショーも無いまま辞めていく人。。。この状況。ついぞ特別な場所に立つことなく劇団を去っていく。これが圧倒的多数の、ごく当たり前のタカラジェンヌの姿なんだろうなあ。。。


でもだからこそ、えりたんのインタビューでの言葉が心に沁みるのよね。

「トップスターになれないまま辞めていった人達の気持ちを思うと、今自分がトップであることに責任を感じるし、頑張らなくてはと思う」
「組子一人一人の瞳が曇ることが無いように。キラキラした輝きを失って欲しくない」

えりたんの事だから、役が付かない下級生にも、スポットライトが当たることなく辞めていく人たちにも優しい言葉をかけていると思うけれど。

タカラジェンヌになる。

それだけでも凄い事だけど、その夢が一つ叶ったら、その先は本当暗くて険しい山道なんだよねきっと。

まあその山道を、特別に用意された飛行機に乗ってすうっと登っちゃう人もたまに居ますけども。。。(笑)

飛行機に乗れない人達は、自力で登るしかないわけで、でも大半の人が途中で下山って事になっちゃうわけで。

えりこは自力登山で頂上まで行ったね。時には転んで大怪我しながら。泥だらけになって頑張ったよね。

まっつも9合目。みっちゃんは頂上すっ飛ばして今は雲の上かな。

だとしたら私のようないちファンは、頂上の山小屋の売店でえりこの歌劇せんべいを食べながら、まっつとみっちゃんを待つしかないのかな。

みんながなれるわけじゃない、スターと言うポジション。

だからこそその場所は特別だし、特別であるべきだ。



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

スポンサーサイト

2013-11-05

ヅカコス写真。

ご無沙汰してますこんにちは。

ブログはサボってましたが、プライベートは充実しておりました。

昨日はミドリカワ書房のライブに行ってきたんですが、その前に(ってもう先月だけど!)楽しんできた、タカラヅカステージスタジオのレポをば。

いやー。


楽しかった!!

ご存知の方もいらっしゃると思います。宝塚大劇場内にあるコスプレ写真スタジオ(←あえてコスプレと言わせてもらう。変身ともいうが)、タカラヅカステージスタジオ。

レプリカの衣装を着て、実際に舞台で使用されていたシャンシャンなんかを持って撮影してもらえるスタジオで、連日予約で埋まっている人気スポット。


もう何年も前から体験してみたいなあと思いつつも、なかなか勢いがつかなくて。

そんな折、全く宝塚繋がりではないお友達から「是非やってみたいのだけど。。」とのお話が!

これはもう今しかないでしょ!! という天の啓示と受け止めて予約しましたよええ!!

予約無しで衣装のみを着て撮影できるプランもありますが、やはりここは本格的にヅカメイクを施していただきたいですからね。舞台メイクコースを予約しました。


さてメイクコースの予約ですが、希望日前月の1日から受け付け。

あっという間に埋まってしまいますのでご注意を。私達も一回目の希望日はあえなく撃沈でございました(笑)


当日はカウンターで衣装と写真サイズ、オプション(ステッカーやキーホルダーにもしてくれます)等選びます。

舞台メイクコースの料金は、最初の一着は衣装、メイク、撮影込みでA4サイズ12、000円。A5サイズ11,000円。
これに衣装を一着追加する毎に、A4サイズで3,675円。A5サイズで2,625円の加算になります。

ここはせっかくなので2,3着は着たい。

私もお友達も、一人写りはアントワネット(ドレスはそれぞれ別バージョンを選択。お友達はゴージャス仕様の赤金ドレス。私はリボンたっぷりの新作ドレスにしました)と、白い段々フリルのスカーレット・オハラ。

そしてここが友達と来る醍醐味。長身美人のお友達がアンドレで、私が赤軍服オスカルの、オスアン二人写りを一枚追加!! 

カツラやシャンシャン等手持ちの小道具、背景を選び、プランが決まればいよいよメイクから。

で、ドーランの色ですが、娘役と男役ではベースの色が違い、オスカルはその中間色との事。

今回私達は、娘役とアンドレオスカルなので、ベースの色は娘役色でのメイクとなります。

アンドレオスカルなので、娘役ベースの色味でもおかしくはない(メイクさん曰く、優しい雰囲気の男役さんに仕上がりますとの事)のですが、スカピンのショーブランのようなワイルド系の男役を極めたい人は、同じ日に娘役も撮影するのは控えた方がいいかもしれません。


メイクはもう、何度途中で笑いを堪えた事か。。。

ベースの地塗りなんて、呪怨だし!

アイラインもつけ睫毛も目の際じゃなくて、瞼の上と頬骨に乗っける感じ。鏡の中の顔は。。。

もはや人外。


メイクが仕上がったらまずはスカーレットから。

私はチビなので、ドレス姿が映える様、踏み台を仕込んでくれます(笑)

スカーレットのドレスは軽いはずですが。。。素人には重い。

踏み台の上で思いきり仁王立ち!

少し顔を横に! 視線は前に! 指は少し曲げて! いや、のばして!! 上体を前に!

もうミリ単位の位置修正。一枚撮る毎にスタッフさんたちがあーでもないこーでもないこうしましょう! と、本当に親身になってベストなショットが撮れる様知恵を出し合って下さるんです。

笑顔が引きつりながらも何枚も撮っていただき、これでいいですよ! との事で、スカーレット終了。

。。。。嫌だ脱ぎたくない(爆)

お友達がアントワネットを撮っている間、私もアントワネットにお着替え。

レプリカとはいえ。。。スカーレットの2倍位重い感じ。

実際のものはもっといい生地を使っている筈だしもっと重い筈。

こんなの着て歌ったり踊ったり大階段駆け下りたり。。。。

ジェンヌって凄い!!

アントワネットの小道具は、やはり舞踏会でしょ! という事で舞踏会用の仮面を。

舞踏会の仮面ってやっぱあれ? ちょっと、腰に手を当てて、仮面を顔の横に持ってきて上体反らし気味でドヤ顔みたいな?

って、ふざけてやってみたら、お姉さんに笑顔で「手はお腹の前に降ろしてくださいね~☆胸元のモチーフが隠れますので☆」ってスルーされちゃったわよ(爆)

やはりミリ単位の修正をして頂きつつ、ちょっと余裕かました笑顔も作れちゃったりして終了。

。。。脱ぎたくない(笑)


だって楽しいんですよホント!

自分が主役とかお姫様気分とかそんな生易しいもんじゃない楽しさ!

これは体験した人にしかわかんないと思う。もうね、異次元なのよ異次元!!

ディズニーランドのアトラクション的な?
ホーンテッドマンションでクリスマスみたいな?(←もはや意味不明)
ミッキーマウスがドラム叩いてるんだけど、あれは正真正銘のネズミです! みたいな!(←わかるよね?)

で、いよいよ最後のオスアンですが、ここでメイク直し。


メイクさんが仰るには、娘役の目元は少し離れ気味、たれ気味に可愛らしく。男役の目元は寄り気味に力強く。オスカルは女性ですが、凛々しさを強調し、眉もきりりと太めに。。。との事。口紅の色も補正します。

ベースの肌色はそのままですが、目元は随分ゴージャスになった印象。口元もきりりと引き締まりました。

オスカルの衣装。。。号数聞くの忘れたけど、13号とかそれ位かそれ以上のデカさだったなあ。。。

ドレスも結構大きくて、仁王立ちになってギューギューに後ろ絞られたんだけど、オスカルの上着なんてもう、袖が20センチ以上も長いんだわ。

肩幅も大きくてさあ。。。

パンツなんか、ただでさえ短足だから、もう殿中でござる! よ~。

ブーツも股の下までくるし!

でもそこは百戦錬磨のスタッフさん。

ブーツもパンツも余った分は中に折り込み、ダボつきはクリップ止め。「上着は撮影の時に修正しますからね」との事で、ポーズ付けながらうまい具合に折り込んだり止めたりつまんだり、まあ上手い事上手い事!!

びっくりしたのが鬘のぐちゃぐちゃさ加減。

オスカル寝起きか!? って位ぐっちゃぐっちゃで、でっかいクリップがどかんと止めてあるんだけど、写真仕上がったら消えてるし(笑)

手袋だって穴が開いてたりするんだけど、写真では真っ白だし。

ついでに私もなんだかほっぺだが削れてるし、顔のたるみもなくなってるし。

ああ。。。。

フォトショって素晴らしい!!(←こら)

しっかしまあアンドレのお友達のカッコいい事と言ったら!

彼女は美人な上に長身脚長さんなので、ドレスの中に踏み台も要らんし、アンドレの長ーいパンツもブーツも修正なしで、そらもうひっくり返るほどの男前ぶり!!

美形な人の黒髪って本当に素敵。

思わず「きゃー!! かっこいい!!」って叫んじゃった☆
ドレス姿も本当にゴージャスビューティホーで。。。。


オスアン撮影は、スタッフさんが「これで行きますか」って、月組公演のポスターを見せて下さり。

↓これ。
ベルばら月
美形過ぎるまさみり。脚長過ぎにも程があるっていう(笑)

こっちはもうガチガチなんでお任せ☆
ちなみにオスカルの剣も重いです。こんなもん振り回して踊るジェンヌって。。力持ち。。。(←ぇ)

チビ過ぎるオスカルと素敵過ぎる長身アンドレが横並びだとバランスがおかしかったのでしょう、

「あー。。。オスカルさん前に来ましょうか」と、チビカルは結構前に立ち、遠近法での撮影(爆)
パンツ姿だから踏み台仕込むわけにもいかんしな!!

マントつけてもらって良かった。

いやね。チビな人がオスカルするなら、マントは中和剤として必須アイテムだと思いますよ。

幾ら修正すると言っても実際衣装はかなり大きめですし、マント無しだと大きな肩幅に短足という、ダメダメなシルエットが更に露わになりますからね。

カタログだと、白軍服のオスカルだけにマントがついているのですが、希望すれば赤軍服にもマントをつけてもらえます。
アンドレの衣装がブルーなので、二人写りするなら断然赤がお勧めでございます。

。。。またまたミリ単位での修正。。

その際、「アンドレさんもっとこっちに」「オスカルさんこうして」って役名で声掛けして下さるんですよね。

ああ幸せ。。。☆

で、仕上がったのがこれ!

美人なお友達とのオスアンツーショット
オスアン
美形アンドレとチビカル編☆


スカーレット・オハラ
スカーレット
踏み台乗って仁王立ち☆


マリーアントワネット
アントワネット
パンが無ければケーキも無いわよ☆

オホホホホホ!!

いやー堪能した!! 

写真は撮影後、小一時間してから受け取りに行くのですが最後に嬉しい驚きが。

ポイントカード兼会員証を作って下さるのだけど、何と写真がコス写真!
会員証

期限無しってのがまた素敵☆


職場の同僚に是非見せてって言われて持参したのだけど。。。。

誰も私と分からず、好きなジェンヌの写真を持ってきたと思ったらしい。

子どもにも気づかれなかったですからね。これ誰だと思う? って見せたら「なんていう人?」って聞かれましたから。

写真の顔は私とは全く別物に仕上がっております☆


今回感心したのは、撮影の楽しさもですが、スタッフの方々のプロ根性の凄さと誠実さ。

実はこの写真、何枚も撮った中から自分ではどれっていうのは選べません。取りに行ってからのお楽しみ。

でもね、本当に、ここのスタッフさんたちは良くして下さるし、信用できます。

指先の曲がり具合にまで、細かくポーズをつけて下さり、あれこれ話し合いながらモニターで確認し、何枚も何枚も撮影し、ベストショットを選んでくださるその姿勢には本当に感激致しました。

ありがとうございました!!


で、衣装なんだけど、ちょっと思った事が。。。

アンドレの白軍服と、フェルゼンの衣装を是非作って欲しいという事。

白軍服がオスカルだけじゃ、ツーショット撮影の時、フィナーレのアレが出来ないじゃん!!


フィナーレのアレ↓
オスアンフィナーレ
まあ、馬車は無くてもいいけど(笑)



あとフェルゼンの宮廷服!!
フェルゼン

ロミジュリの衣装とか、アントワネットの新作ドレスなんかが増えたのは楽しくていいんだけど、フェルゼンが一着も無いのは何故なんだろう。。。

白アンドレは、うたかたの恋のルドルフの白軍服に、アンドレのヅラを、スタッフさんに無理言って被らせてもらう。。。とか、そういうゴリ押しはありなんだろうか? まあ、いいのならば(ダメだろうな・笑)、無理やり白アンドレが出来なくもないんだけど。。。いやあ。。。やはり無理があるしねえ。。全然違う衣装だし。

フェルゼンの宮廷服も、カサノヴァの衣装に似てなくもないんだけど、やっぱり別物だしなあ。。。

フェルゼンの衣装があれば、需要は必ずあると思いますよ。

アントワネットやオスカルとのツーショットも出来るし、アントワネット、フェルゼン、アンドレ、オスカルの、ベルばら4強集合写真なんてのも出来るし!(楽しそう! ていうか、ベルばら4強の使い方間違ってるけど)

是非是非衣装を増やすなら、白アンドレとフェルゼンの宮廷服をお願いします☆


今回の写真、周囲の反応はきっちり2分されましたね。

「ええっ!? こんなのがあるの? わたしもやりたいっ!!」って即答する人と、「へえ~!!」で終わる人と(笑)

メイクコースだとB51枚で11.000円からで、今回のように3着着ると2万円コースになりますが、これをありえないと思うか、安くは無いけどやってみたいと思うかは人それぞれ。

私は断然、またやりたい派でございます。

年に一度は撮りたいかなあ。。。

このために稼がなきゃとか、太れないとか(爆)、モチベーション保てるしね。

自分の写真に見とれる事なんて、女優さんでもない限りそうそう無いのではないかしら?

折に触れ写真を見てはにんまり。

最高の美容液になりましてよ☆

還暦になったら是非、アントワネットの赤ドレスで撮影に挑みたいと思います!!

皆様も、機会があれば是非トライしてみてください。


新しい楽しみが一つ増えましてよ☆

あ、撮影後、仕上がったお写真を見て楽しくて、そのノリで、当日券で宙組の風去り観劇しちゃいました。

贔屓の公演を早くから予約したり早朝から並んで観たり、というのもいいけれど、こんな風にふらりと観劇するのも楽しいものですね。


Tちゃんほんとうにありがとう!!

ステージスタジオ体験してみたいって声をかけてくれなければ、私、ずっとこの楽しみを知らずに過ごしていたと思います。
おかげで素敵な体験が出来て、新しい世界が開けました☆

また変身しましょうね!!


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2011-10-28

スタアの退団。

宝塚月組トップスター、霧矢大夢さんの退団発表がありましたね。

きりやん2

病気の事もあり、就任も遅くなり、長期は難しいだろうと思っていたけど。。。早すぎるなあ、寂しいなあと思います。キャリアが長いので大作出演経験も豊富な方ですが、やはり主演で見たかった作品も沢山あります。

前々から上手い人だとは思っていましたが、驚いたのが大劇場お披露目の『スカーレットピンパーネル』でした。

これは退団した安蘭けい(とうこちゃん)が星組でやった演目で、ナンバーの難しさもさることながら、再演というのはなかなかハンディがあるなと。。

予想通り、多くのキャストが2番煎じになりがちで、初演キャストの影がちらついてしまう中、きりやんだけは全くとうこちゃんカラーを出しておらず、「完全に霧矢大夢のパーシー像」を作り上げており、大した舞台人だと感動しました。

戦う、とか苦労、なんてことを匂わせる人ではないですが、上り調子の時に病に倒れ、本当に沢山の苦労があったはずだし、涙も一杯流してきたと思います。ここまで来るのは並大抵の精神力ではなかったはず。本当にお疲れ様。

久しく大劇場とは離れていたけれど、きりやんの退団公演は観に行きたいです。

あと、少し前に退団発表があった専科の美沙のえるさん。

のえるさん。

超の付く演技派で、舞台には欠かせない人でした。

絶妙の間の取り方、台詞回し、ユーモア。

舞台を見ることの楽しさを堪能させて下さるベテランジェンヌンさんで大好きでした。

恐らく定年だからと思われますが。。。

舞台人に定年制ってどうなの?

俳優に定年なんて必要ないですよね? あくまでも演技の質で判断されるべきで、70になろうが80になろうが、本人が元気でプロとしての実力があれば、いくらでも出番はあると思うし作品にも深みが出ると思うんですが。現に理事クラスだと定年とは無関係で、芝居や踊りをお金とって披露しているわけだし。

美沙さんの演技がそれらの人より劣っているとは到底思えませんし。むしろこれからますます輝いて、下手くそな下級生をカバーし、作品に力を与えてくれると思うのに。

どんどん骨のある舞台人が宝塚を去っていく気がします。



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2010-07-26

水夏希 大劇場千秋楽。

今日は雪組トップスター 水夏希さんの大劇場千秋楽。チケット持ってないし、ラストまでは都合がつかないので、入りのお出迎えのみしてきました。

9:30頃から退団する生徒が順番に登場。 皆白いパーカーで、打ち合わせ部分にジェンヌ名が入っていて、背中に「9」「8」と、入り順に(途中ちょろっと前後あったようですが)番号が入っていました。(凝ってるなあ)

会から「行ってらっしゃい」の挨拶を貰い、「いってきます!」と楽屋口へ入っていきます。涙ぐむ生徒も居て、ああ、今日で彼女達は大劇場の舞台に立つの、最後なんだな、と。

ラスト2番目の登場はみなこちゃん。公演途中にお父様が天国に旅立たれましたが、立派に最後まで舞台を務め上げました。

そして10時も過ぎて、キムちゃん率いる組子達が登場。首に下げてるのは夏希さんのお写真。何とテルテル坊主の格好!いや、今日は快晴だから。(笑)

なにやら打ち合わせして。。。いよいよ夏希さんが登場! やはり「水夏希」と入ったパーカーです。服は黒。いやーカッコいい!!

水さん入り。1

みなこちゃんに「水さん大好き!」と傘を差し掛けられ、キムちゃんに黒のガウンを着せてもらい、会の最後尾へ。

水さん入り。2

用意された椅子に座り、帽子をかぶって入場です。


水さん入り


水さん入り。3

上手く撮れませんでしたが、後ろを傘をさしたみなこちゃん。そして、後ろ向きに霧吹きで水を撒きながら歩くキムちゃん(笑)

楽屋口に着くと、組子達が、持っていたハートの描かれた画用紙を裏返し、虹が現れました!「雨の後は虹!」の言葉に一同拍手。

「雨降ると思ってたでしょ~(笑)」と水さん。

会からの心のこもった挨拶。そして水さんからのお礼のことば。「公演を観に来て下さった方々、そして、観られなくてもお見送りに来て下さった皆様」と、暖かなご挨拶。実に爽やかな入りでした。


退団するトップさんの衣装は真っ白の方が多いですが、水さんみたいに黒のガウンもカッコいいですね。

真面目で、乙女で、優しく、でも芸に対しては厳しい水さん。

入りの時も、会の方に対してだけでなく、花の道一杯のファンに対しても手を振り、沢山の笑顔を向けてくださいました。笑顔を向けられた時には、レンズ越しなんて勿体無い事出来ないので写真は撮りません(撮れません)でした(笑)

コムちゃん(前トップ、朝海ひかる)退団公演の時、コムちゃんとのダンスの時に、一瞬感極まったのか、ん。。となって涙を堪えていたお顔を思い出しました。

エリザベートでの大劇場お披露目から、本当にあっという間でしたね。ルックスにも恵まれ、早くからスター候補ではありましたが、組替え等苦労もあり、努力努力でここまで来た人なんだな、と改めて思います。

また一人、スケールの大きな男役スターが大劇場を去りました。

まだ東京公演が残っていますが、この舞台は今日で最後。

水さん、そして退団者の皆さん。(まだ公演途中の時間ですが)お疲れ様でした。そして、沢山の夢をありがとう!!


よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2010-07-24

水夏希退団公演。 ロジェ。

宝塚歌劇雪組トップスター、水夏希さんの退団公演を当日券で観て来ました。


ロジェ

1部のお芝居(ミュージカルってなってるけど。。。お芝居、だと思う)「ロジェ」が凄くダークなカラーのもので、「これ、退団公演だよね?」とちょっとテンション下がりかけたのですが、2部のショー、「ロック・オン!」は、本当に華やかでカッコよくて、水さんの魅力全開のものでした。


この方は長身でクールな美形なので、コスチュームもスーツも良く似合います。長髪も素敵。いつも水さんのお姿を観て思うのは「脚、長い!!!!」です(笑)2階の後方席から見ても体の半分が脚。カッコ良すぎ!!



次期トップのキムちゃん(音月桂)もクール系キュートな美形で良いですね。水さんと並ぶと華奢ですが、歌もお芝居もしっかりしてる。こういう雰囲気の男役って居そうで居ないので、楽しみではありますね。


でも。。。。。


改めて思ったのは。。。。


ユミコ(彩吹真央)とハマコ(未来優希)が居ないって事。


そしてその穴がとてつもなく大きいって事。


専科から未沙のえるさん(大好き!)や美穂圭子御姉さまを投入し、引き締めてもらってましたが、申し訳ないけどスッカスカ。いくら水さんやキムちゃんが頑張ってもユミコとハマコの分まで穴埋めなんて到底むりだもん。これは水さん辞めちゃったら、キムちゃん大変だな。。。と思っていたら、帰ってから二つのお知らせを公式HPで発見。

一つ目は、花組のまっつ(未涼亜希)が雪組に組替えになるとの事。

まっつ!!

歌要員ですね(笑)春野寿美礼さんの退団公演でも大活躍だったな。本当に上手い人。キムちゃんと同期ですし、掛け合いも楽しみですね。(花組にとっては寂しいですが。。他にも誰か異動があるのかしら)

しかし二つ目。


いや、ここでは書かない。今日は水さんの事しか書きません。

水さん。他の退団者さん。

大劇場の千秋楽まであと少しですが、舞台上のあなた方は本当にキラキラと輝いて、美しい。

夢をありがとう。



よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。