--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-16

佐吉の病院。

・やっと美容室に行った。この秋冬はちょっと重めのヘアスタイルが流行みたいで、前髪の分量を少し増やし、長さもあまり短くせずに大きめのカールをつけたスタイルに仕上げてくれた。YOUさんヘアをちょい短くしたような感じ。

なかなか気に入っていたのだが、帰ってきた子供達は寝起きだと思ったらしい。


・下の子が学校から返品になったので病院に連れて行った。仕事の休憩時間に携帯見たら留守電に「熱があるので迎えに来てください」と入っており(そんなの職場に電話してよ~)、迎えにいったら「給食食べに教室に上がらせました」と言われた。普通の顔をしているが、念のため、午後診の一番早い時間の病院へ。アレルギーで喉が少し腫れていて、そのせいでしょうとの事。熱は下がっていた。「ほにゃらら薬局へ行ってください」と言われたのだが、そこは駐車場が無いのでこのままついでに行けない。

「ほにゃらら薬局じゃないと駄目でしょうか」と聞くと「最初に言っていただかないと」と言われる。えええええ? そんな決まりあった? 
「すみません。今日車なので困るんです。なんじゃら薬局じゃ駄目でしょうか」と言うと「じゃ、そちらにまわしておきますね」との事。ホッとする。

なんじゃら薬局に行くと、また医師に言ったと同じ説明をする事に。この医薬分業、患者にとっては不便なだけである。病院のすぐ隣に薬局がある場合はまだいいが、とんでもなく離れていたり、近くてもクリニックビルのものをまとめて引き受けている所だと半端無く混んでいるし、クスリを貰いに行くだけで体力を消耗する。以前熱があってフラフラの時に病院に行き、薬局で散々待って、やっと順番が来たらまた問診されて、冗談抜きに倒れそうになった事がある。これで連れているのが赤ん坊だったら。。自分が体の不自由な高齢者だったら。。と思うとゾッとする。


こういう事を決めたお役人は、病気になればかかりつけ医が家にまで来て、通院するにしても黒塗りの車で送迎してもらえ、診察は教授室で入院は特別室。薬を貰うのも買い物も、全て付き人がしてくれるご身分だから、この制度でどれだけの社会的弱者が不便を被るかなんて想像もつかないんだろう。

大変なのは患者だけではない。薬剤師さんも大変だ。薬局での問診は一応は決められている事なのでしなくてはならないらしいのだが、疲れたり急いでいる患者にキレられたり、暴言を吐かれたりすることもあるという。

。。。なんてことを思いながら家に戻ると、ハムスターの佐吉(仮名・推定年齢45歳♂)が「出せ~!」とオリをかじっていた。佐吉は脱走の名人で、頭突きをして重い蓋(脱走防止に医学書を重石として乗せている)をこじ開けて飛び出たりと油断も隙もならないのだが、今日は無理だったらしい。佐吉は夏ごろからずっと、体毛が禿げている。最初に禿げたのはお腹で、治ったら口の周り、治ったら脚の付け根。アレルギーだろうとの事で定期的に通院し、薬を飲ませているんだけど治らない。今日は佐吉の病院の日なのだが、バタバタして行けなかった。見ると昨日禿げていた所に産毛が生えてきている。佐吉はもう中年である。いつ天に召されてもおかしく無い年だとドクターにも言われているので、ちょっとの事でもヒヤヒヤしてしまう。最期まで楽しく過ごして欲しいので、危険の無い範囲で脱走も多めに見ている。

ちなみに我が家で一番高い医療費を支払っているのは佐吉である。診察(といっても本人は応答しない。ピンセットで毛を抜いて調べる)を受け、人間の目薬容器の半分くらいの大きさのスポイト式の薬を処方されて2000円越え。。いつも「こんな小さいコにこんなに頂いては。。。幾らなんでも悪いので」と、少し値引きしてくださるのだが、診察は小さいからと手抜きなどもせず、真剣に親切に見てくださる良いお医者さんである。毛を抜かれた時、一度「キュウ!」だか「チイ!」だか、悲鳴を上げていた。ハムスターは普段は鳴かないので、声帯あるんだと感心した。

佐吉の薬は院内で貰える。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2009-10-14

はしかたクリーム。

久々に子どもと電車でお出かけした所、立ち寄った百貨店で何やら人だかりが。。。

「はしかた皮膚科クリニック」の表示があり、期間限定ショップとしてクリームや化粧水を販売していました。初めて見るものだったのですが、サンプルの使用感がとても良いのと、ドクターズコスメなのに1個500円! というお値段に惹かれてラインで購入してしまいました~☆ 


化粧水120m 1000円 クリーム、ジェル各35g500円 石鹸800円~1,000円。

私の肌は子どもの頃からトラブル続き。生まれつきのアレルギー体質に加え、小学生の頃からにきびが出始め、やっと治ったらば今度は酷い肌荒れ。。混合肌で、部分的にオイリーで部分的に超乾燥。しかも野外で過ごす事が多い仕事だった上に、春夏秋は登山、冬はスキーと、もう肌を酷使しまくる環境での青春時代。

登山とスキーを止めてから少し症状も落ち着いていたのですが、出産後、また逆戻り。体調によってにきびが出たりアトピーが出たり。何を使っても合わないので、馬湯やオリーブオイルしか使っていませんでした。が、ここ数年それすら駄目で、市販のトラブル肌用のものをジプシーした挙句、最近は病院のお世話になり、調剤ローションやヒルドイド、プロトピックといった保湿剤を使用。。それでもまだ痒い! 痛い! という状態。年齢的にもお仕事的にもノーメークと言うわけにもいかずで。。。もうどうしようってんで、今回も「もしかしたら!」との期待をこめて。。。

石鹸は、石鹸素地のみの『みんなの石鹸』、脂性肌用の『油とり石鹸』、トラブル肌用の『箸方石鹸』、美白用の『白肌石鹸』、乾燥肌用の『潤い石鹸』があり、私は箸方石鹸と油とり石鹸を購入。

ステップとしては洗顔後、化粧水、箸方クリーム(クリニックでは実際にアトピーの患者さんにも処方されているそうです)、じぇる(乳液代わり) 白肌クリーム(メイクする時に下地として使用)との事。

早速使ってみたのですが、かなりいい感じです!

石鹸も、泡立てネットが無くても十分泡立つし、おでこにはニキビ、目の周りにアトピーの痒みが出ている状態だったのですが刺激は一切無し。洗顔後もつっぱりません。よく無添加無添加と言われますが、実際には輸入ものの石鹸素地を使っているメーカーが多く、その工程の中で防腐剤が加えられる事も多いそう。ここのは国産で、防腐剤は勿論無配合です。

又、ここの石鹸には国産精製牛脂が使われているのですが、これは人間の皮脂に近い動物性素材の方が、植物性よりも肌に優しいからだとか! 植物性=優しい、というキャッチフレーズをよく聞きますが、違うんですね。目からうろこ。

ローションも、アトピーで日中痛痒かった部分にも沁みない。これは凄い事です。安定型ビタミンC誘導体配合で、このテクスチャ。これで1本1000円は安い!

ナイトケアはジェル→箸方クリームの順でしたが、どちらも驚愕の伸びと浸透力でべたつかず、35グラム500円とはとても思えません。肌がふんわりする感触なんて、本当に久しぶり。 翌朝も肌はしっとりしていて問題なし。朝のスキンケアもべたつかず浸透がいいので凄く楽です。ただ化粧下地の白肌クリームには酸化チタンの効果を優先させる為にUVカット成分が配合されていないので、UVクリームが別に必要になります。これは好みがわかれるところかも。でも一日過ごしても、普段より化粧崩れも肌の痒みもマシ。どのアイテムもかなり優秀です。

通販受付は5000円からという事ですが、どれも未開封なら3年は持つそうなので、是非まとめ買いリピート通販したいと思います。

量的には市販の物と比べて少量ですが、少量でもかなりのびるので、顔だけなら1ヶ月は余裕で持つかも。多分私、1ヶ月じゃ使い切れないわ。石鹸も、片方にアルミホイルをぺたんと貼り付けておけばドロドロにならず長持ちしますよ。箸方クリームは手やデコルテ、髪にも赤ちゃんの肌にも使えるそうで、確かに首筋も手の甲もしっとり潤いました。

全アイテム揃えたとしても、クリーム3種類と化粧水合わせて2500円。石鹸1個プラスしても3000円弱。。。どれも顔だけなら1ヶ月1個も消費しないしね。このクオリティにしては格安だし、主婦でも続けられます。特にニキビやアトピー等、深刻な肌トラブルを抱える人にとっては、このお値段で症状が改善できるのなら本当に嬉しい。肌のケアは毎日の事なので、無理なく続けられる値段というのはとても大切です。

香料も入っていないしパッケージも地味なので、正直化粧品としてのワクワク感は無し。肌トラブルの無い方にとっては面白みの無い商品かもしれませんが、ニキビやアトピー、肌荒れで悩んでいる人にとってはとてもいい商品だと思います。

全国の百貨店でちょくちょくイベント販売しているようで、サイトからチェックできたみたいなんですが、14日現在サーバー増強中につき見られるページが限られているようですし、通販も電話とFAXのみとなっています。



購入すると、レジで普段医院で使っている袋にそのまま入れてくれます。裏には電話番号とか定休日が書いてある。でも止めるシールは百貨店のなのよね。いいわあこういうの。紙袋もレトロ。

化粧品の原価って、実はとっても安いんですってね。1本何千円とか1万円越えの商品の原価も数百円位のものも多く、コストの大半が宣伝費とパッケージ料等だとか。

先日『化粧品のアウトレット』なるお店を発見し、そこには箱のデザインが変わったり、季節外れだから、といった理由でお払い箱になった商品(品質期限問題なし)が市販の半額以下で売られていましたが、ああいうのを見ると、メーカーの姿勢として「無駄使い」「ぼろ儲け」、なんて言葉がぼやーっと浮かんで来ます。

はしかたクリームの開発者の医師、横井葉子さんは、患者さんから『安くていい化粧品を』と言われた時に答える事が出来ず、『医師としてこれでいいのか』と思って一念発起されたそう。 このクオリティなら、一つ数千円~1万円越えでも十分売れると思いますが、儲けより患者第一。男前な姿勢ですね。1個500円の高品質クリームに人気が集まるのは当然の事ですよね。

シャンプーも開発中とのことで、これからも楽しみ。アレルギーが酷くなると、頭皮から出血(!) するんだもん。ここのシャンプーなら使ってみたいな。

正真正銘のシンプルイズベストに出会いました。


PS・箸方クリームは、実際に医院でアトピーの患者さんにも処方されているそうですが、症状の落ち着いている方に対して医師の診断の元、保湿クリームとして処方されているものなので、自己診断での利用は避けて下さいね。はしかた化粧品=治療薬、というわけではありませんので、ニキビやアトピー症状の酷い方は、必ず医師の診察を受けてから使用して下さい。

良かったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

2009-10-13

MOONWALK再び。

この度、マイケルジャクソン著「MOONWALK」(自伝・洋書)が再販との事なので、購入しました。


懐かしい装丁も当時のまま。

この本、私、20年前に和訳の初版本を空港の売店で購入したんですよね。

この本が出た当時は、まだマイケルも整形を繰り返す前で若かったし、乗りに乗っていた時期。本の中の写真の表情も精悍で生き生きとしています。でも20年経って亡くなってから読み直すと、また違った想いが色々と出てくると思います。

スターが亡くなると色んな物が売れる、と言われますが、マイケルビジネスはこれからも絶好調で、陰で涎垂らす人が大勢居るんだろうな。

でも是非そのマイケルビジネスは、「ファンの心を弄んでお金を絞上げるもの」ではなく、マイケル自身が常に言っていたように「ファンに夢を与える物」であって欲しいと思います。


映画公開、アルバムリリースと企画が目白押し。天国のご本人には1セントも入らないんだけどね。



よかったらクリックして応援してね。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村

2009-10-02

40女の分かれ道。

オバサンと、大人の女性の違いとはなんだろうか。

若い女性が、どこでどう、別々の生き物に変化するのか。。。。


先月末より、ラジオで英会話を勉強している。

知る人ぞ知る(笑)リトルチャロ。子犬のストーリーが馴染みやすい。


別に誰と話すとか留学するなんて大それた野望があるわけではないが、先日、何気なく読んでいた本に「今勉強している事はなんですか?」とあって、ふと気付いたのだ。


最近私、勉強してないなあ。。。


本来なら今年は教習所に通い、2輪の限定解除をするはずであったが、諸般の事情で来年度に延期。仕事やら家事やらに追われ、やれやれと思っていたら子ども同士の喧嘩だの何だので大声出して振り回され、料理の合間に読書したりする程度。一日はあっというまに過ぎてしまい、夜、皆が寝静まってからブログを更新する位。翌朝また眠い目を擦りながら、ドタバタしての繰り返し。いくら暢気な私でも、「これはやばい」と思ったのだ。

若い頃、ぶくぶくと太り、電車の中なんかで傍若無人な振る舞いをするオバサンを見るたびに「ああはなりたくない」と思ったものだが、気をつけないと「あんなふうになる」年になった。


ごく普通の体力やプロポーションを維持する為に運動が欠かせないし、サボると途端に疲れやすくなり、太ってくる。みっともないオバサンを見るたびに、あれは別の惑星の生き物で、生まれた時から別個の生体だろうと思っていたが、そうでもないらしい。あれは生命体と言うよりは、気を抜くと、誰でもなりうる恐ろしい「現象」であると思う。

さて、何で英語かと言うと、たまたま本屋でテキストを見かけたのもあるし、マイケルジャクソンが死んだ時、英語版のTIMEやNEWSWEEKなんかでマイケル特集をしていて、BBCやCNNでもマイケル特集をしていて、「英語がもっと理解できたら世界が広がるよなあ」と思ったってのも、ある。テキスト代も手ごろだしね。

焦らず気張らず、地道に続ければ、ちょっとは聞き取れるようにはなるだろう、位の軽い気持ちでいる。まだ初めて3日程で、テキストが無いと何を言っているかもわからないし、テキストがあった所で完璧にモノにも出来ないレベルなのだが、なかなか良い脳のストレッチになる。学ぶ姿勢、というのは心も元気にしてくれる気がします。

さて、脳のストレッチと言うと、私の敬愛する叶姉妹のブログ!

もう言葉もありません。
叶姉妹

休止した時は焦ったけれど、また何事もなかったように再開。いつも楽しんでいるのだけど、時折、「脳のストレッチ」と称してなかなか衝撃的な動画をアップして下さる。

とてもここには貼れないし、言葉で説明するのも非常に勇気が居る内容なので、興味のある人は探してみてくださいね。好みが結構はっきりと別れる方達だろうと思うけど、私、恭子さんも美香さんも好きだわ~!! いくら商品としての「叶姉妹」であっても、本当にマイナスの言葉を口にしないし、人の悪口を言わないあの姿勢はお見事。

「オバサン」と「大人の女性」の分かれ道。

くれぐれも、お間違いの無いように。。。。。

いや。

中年女性に関しては、「珍獣」というカテゴリもあったか!!


良かったらクリックして応援してね。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。