--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-26

ハーレーに乗る不良牧師。

バイクに乗る人なら誰しも、理想や憧れのライダー像があると思います。

私の場合、理想は『下妻物語』のイチゴと桃子(ライダーと言っていいのかは不明・笑)なんですが、憧れのライダーは只一人。愛車ハーレーに跨り世界を駆け巡る牧師、アーサーホーランド氏です。

アーサーホーランド
牧師さんです。


父親はアメリカ人、母親は日本人の大阪生まれ。10代の頃は夜遊びと喧嘩にあけくれ、相当な「ワル」だったとか。

しかし渡米してからレスリングと出会い、めきめきと頭角を現して全米チャンピオンにまで上り詰めます。

ところが、オリンピックの候補に挙がるほどの選手になった彼に、最悪の事態が降りかかります。

世界選手権を目前に控えた試合中、首の骨を折る大怪我をして選手生命を絶たれてしまうのです。


ショックと絶望。

どん底にある彼を救ったのが、キリストとの出会いでした。


23歳で洗礼を受け、伝道者としての道を歩き始めます。


アーサーホーランド2
しつこいですが牧師さんです。


日本に帰国してからは、真っ白なスーツに身を包んで都心の横断歩道でショートメッセージを語ったり、元ヤクザからキリスト者へ更生された方々との伝道ミッション、『ミッション・バラバ』(バラバ=キリストが十字架にかけられた時、隣の十字架にかけられていた極悪人の名)の活動などで注目され、国内外で広く用いられる伝道者となってゆきます。

又、大のバイク好きでもあり、公私共に愛車のハーレーに跨って全国を駆け巡り、そのユニークなキャラクターや精悍なマスクでマスコミからも注目され、雑誌のモデルになったり映画に出演したりと、キリスト教の枠を飛び超えて、文字通りワールドワイドに活躍されている方でもあります。


不良牧師1
著書『不良牧師・アーサーホーランドという生き方』


体にはタトゥ。クリスチャンでありながら「俺は‘宗教‘は嫌いだ」と公言し、派手な革ジャンでハーレーを乗り回し、メディアへの露出も多い彼のスタイルには「売名行為だ」「牧師らしくない」等と批判的な方もいらっしゃいますが、それはワイルドで、世間一般の感覚での「牧師らしからぬ(笑」外見的イメージだけで判断してしまうからではないでしょうか。

ハーレーと言うマシンに対しては個人的には興味のない私が、この人を憧れのライダーとして挙げるのは、その魂、ソウルが素晴らしいからです。


アーサーホーランド4
もはやファッションではない。ソウルであり生き様。


実は私は、アーサー氏に個人的に大変お世話になったことがあります。

本当に綺麗な、澄んだ瞳が印象的な紳士でした。


派手なイメージとは正反対の正真正銘のジェントルマンで、柔らかな物腰。常に周囲への気遣いと感謝を忘れず、決して高慢な態度を取らない、本当に素敵な方です。一方で、伝道に対する姿勢は真摯で熱く、海外の危険な地域へ行かれることもありますし、非行少年や暴力団員など、普通なら眉をしかめてしまうような環境の人に対しても分け隔てなく愛を持って接し、多くの人を救いへと導き、更生させていらっしゃいます。こういった働きは正に命がけの地道なもので、到底売名行為や自己顕示欲の為に出来るような、甘いものではありません。


アーサーホーランド6
本当に強い人程穏やかで優しく、柔らかな笑顔。
世界共通の法則です。


私は若い頃、バイク乗り、特にハーレーライダーには良い印象を持っていませんでした。

当時の愛車はフォルクスワーゲンのビートルで、トコトコドライブするのが好きだったのですが、ある日信号待ちをしていると、真昼間の国道の対向車線を、道一杯に広がって編隊を組み、ノロノロと走るハーレー馬鹿軍団に出くわしてしまい、心の底から「ダサーッ!」と叫んだ事があったからです。


たるんだ体に、お揃いのロゴ(チーム名?)の入った革ジャン。低い鼻からずりおちかけているサングラス(多分レイバン)。マシンの前後には、これまたお揃いのフラッグをはためかせ、ノロノロ運転でご満悦。20台を超える大所帯で、チーム内では誰がここ、みたいに走る順番を決めているのか「整列」してるんだけど、他の車に追い越すスペースを空けてあげる配慮は一切無し。その編隊(ありゃある意味変態)の後ろを、他の車が団子になって着いて行く状態。ド顰蹙を浴びている事に気がつかず、走る為でなく見せる為に磨き上げ、センスの悪いカスタムしまくったハーレーに跨り、自分に酔いまくってるオッサン集団。

ダサいの一言。悪趣味の極みでございました。

車に乗ってると、バイク軍団にはイライラさせられる事も多く、若さゆえの偏狭さもあり、それ以来、私にとって、ハーレー=ダサいバイクの頂点。ハーレー乗り=見栄っ張り馬鹿ライダーの頂点。グループで走ってるライダー=一人じゃ何にも出来ないお友達ごっこ。暴走族よりある意味性質悪い連中。というのがインプットされてしまったんですが、そんな私に、「こんなに素敵で紳士なバイク乗りが居るんだ」「ハーレーってこんなにカッコいいバイクだったんだ」と思わせてくれたのも、アーサー氏なんですね。

ワイルドな自由人のようでありながら、愛妻家であり、良きお父様でもある。そういったバランスの取れた所も素敵です。

その時は自分がバイクに乗るなんて思ってもみませんでしたが。人生わかんないものですね。


不良牧師2
『不良牧師Ⅱ・鉄馬(アイアンホース)の旅』
鉄馬とは、アーサー氏のような人のことかも。


男も女も、背中が勝負。


アーサーホーランド3
バイク乗り、かくあるべし。





☆アーサー氏の公式サイト。
ttp://arthur-hollands.com/         
スタイリッシュで美しい写真も満載。

よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

スポンサーサイト

2010-01-21

ミドシンとOSKスター。

先の記事で書いた、美人なミドシンことミドリカワ書房。

ミドシン
まあキレイ!


顔にしか自信が無いと公言するだけあってお綺麗な(笑)方ですが、前々から似ているなーと思っている人が居ます。


ペットは虎よ!!






。。。。。間違えました。。。。。。。。



正しくはこの↓方。元OSK歌劇団トップスターの大貴誠さんです。


大貴さん2
OSK時代の大貴さん。


OSKは、歴史ある歌劇団でしたが、当時の親会社であった近鉄から経営難により見放されてしまい、解散の窮地に立たされるのですが、大貴さんを中心とする劇団員や始め支援者の方達の頑張りによって、(近鉄の管轄では無くなりますが)見事に再生します。(その後、大貴さんが退団されてからまたちょっと色々あったんですが、そこは割愛します)


大貴さんはスターであるもに関わらず、自ら私服姿で街頭に立ち、チラシを配り、正に髪振り乱して劇団再生の為に奔走しました。これについて、スターのポジションを失いたくなかったからだ、などと下劣な批判をする人も居たようですが、スターで居たい為ならそんな面倒な事しませんて(笑)。キャリアも実力もあるんだから、とっとと劇団に見切りをつけて、大手のプロダクションに自分一人売り込むほうがずっと楽ですもん。心から舞台が好きで、仲間とファンを大事にする人。要は男前なんですよね。あれ、こういう所はとうこちゃんに似てるね(笑)


とうこちゃん3
男前ジェンヌ代表。安蘭けい。


私はOSKは子どもの時、数回観にいった記憶がうっすらある程度でご縁が無かったのですが、大貴さんの退団公演は観に行きました。非常に存在感のあるスターで、何となくお顔が萩尾望都の描く絵みたいな作りだな、と思ったんですよね。体も華奢で、顔も体もGペンの先ですーっと描いたような感じ。


ミドリカワ書房の曲を知り、ご本人のビジュアルを見た時に、誰かに似てるなー、あ、大貴さんだ! と。


大貴さん
退団後の大貴さん。

ミドシンリキッド
『顔にしか自信が無い』を熱唱する(なんつー歌だ・笑)伸ちゃん。

芥川書房
文豪芥川ポーズ。

こないだのライブの時にご本人に「こういう方に似てます」と申し上げたのですが、「ま・・・・・ったくわかりません・笑」と言われてしまった。まあ当然ですわね。


写真だと分かり難いですが、動く本人を知ってる人は分かると思う。姉弟ですって、普通に通るレベル。それくらい似てます。

こういう顔立ちはとってもメイクが映えるんですね。造作がキレイなんだけど派手じゃないしごちゃごちゃしてない。超がつく美形ではないし、素顔に強烈なインパクトは無いけれど、でも確実に十人並み以上ではあって不思議と印象に残る顔立ちです。羨ましいわー。人生楽しみが一般人の倍よねー(笑)

大貴さん4
姉は男装の麗人。


あいなるは
弟さんも美人です。


よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2010-01-14

ミドシンを聴きやがれ。

先日は、大阪のライブハウスシャングリラにて、ミドシンことミドリカワ書房のライブがありました。

馬鹿姉妹
初の著書、「馬鹿姉妹」をお持ちの伸サマ(笑)


今回はアルバム、「みんなのうた4ever(フォーエバー)」「ミドシンを聴きやがれ」ツアーです。

いやー楽しかった!!

相変わらずブラックな歌のオンパレードでした。不倫、病死、新興宗教、整形、虐め、エトセトラエトセトラ。。。いや、明るい歌もあるんだけどそれでこそミドシン! まあその。。。多分ソニーにあのまま居て、「リンゴガール」みたいな可愛い一般受けする曲ばっかり書いてたら、結構それなりに売れていたのではないかなとは思いますが。。。ね。。。

いい歌詞を書くし、メロディーはキャッチーですし、声質もルックスもいいので、ハイハイと会社の言う事を聞いて、「商品としてのミドリカワ書房」であり続けたならば、きっと一人3000円のライブハウスじゃなくて、もっと大きなハコで出来ていたかも。。。限りなく一般受けするけど時々ブラック(但しテレビで流せるレベル)。「こんな大人しそうで端正な顔の人がこんな事を!」みたいな。


売れるでしょうね、売れたでしょうね。でもそれって自分の魂を殺すって事だもんね。。。。インディーズに返り咲いたミドシンは男前。根性あります。


終演後は物販にも出てきて下さり、著書にサインもして頂けたしサプライズもあったし(何かはナイショ!)ホント幸せなひと時でございました。これで数ヶ月「持つ」わ!(笑)


元々作家志望という事で、今回とうとう小説家デビュー! との事でしたが、早々に書店に注文していたにも拘らず1日発売なのに11日ライブ当日にも届かず。。。小さな出版社のようで、なんか、流通上アレだったんでしょうか。本屋で買えない本ってどんなんなの。。。幸い物販で私の番が来た時に「残り2冊」だったんで慌てて買いました! あーよかった。

小説はすぐ読めたんだけど。。。

なんかすっと入り込みにくい不思議なリズムで、独特の文体。「馬鹿姉妹」は読んで暫くしてからじわじわニヤニヤ来る感じなんだけど、もう一篇の「憧れのシンガーソングライター」の方が読み易かった。どっちも何処かで感じた事のあるこれは。。。。何となく空気が町田康っぽいなって思ったんだけど、音楽やる人が書く文章って何となく似るのかなー。でも辻仁成っぽさは全く無し(当然か・笑)文学界新人賞が欲しいって言ってただけあって、純文テイストです。

サインは。。。サインだけだった(笑)いや、作家初デビューだから仕方無いけど、次回からは日付とこっちの名前も入れて欲しい。。。かな。。。。(世界一素晴らしいサイン会、嶽本野ばらさんのサイン会と比べちゃいかんね、うん)


さて、ライブハウスの道路向かいにいい感じの看板発見。かがやき☆ダイナー。


かがやき☆ダイナー

この日はずっと閉まってたんですが、後で調べたら居酒屋さんとの事。行ってみたいなあ。


しかし楽しかった。生のライブっていいよね。また行きたい! 野ばらさんは書店とは別の所でサイン会をする作家だし、ミッチーも大手のレコード会社に居た事があるけど今は違う。私は異端と呼ばれるアーティストが好きです。いや違う。好きなアーティストがたまたま異端と呼ばれる人であるだけです。宝塚だって。。。やっぱり「好き」って言うと「プ(笑」な反応の人も居るしねー。いいのよそれで。私はミドリカワ書房も大好き。シンガーソングライターとはこういう人の事を言うのだ! 



今回のアルバム収録の新曲、「愛なるは」逆から読むとホラ、あの方。ちゃんとご本人の許可を得て作ったとか。切なくて、いい曲です。アーティスト自ら扮装だってしちゃいます。

あいなるは
顔ちっちゃ!



ときめきと遊び心は人生の必需品。



ミドシン
ホントはこんなに「美人」です。

よかったらクリックして応援してね。元気が出ます。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ


2010-01-04

やっぱりマイケルって凄いわ。

年末年始は絵に描いたような寝正月で、平和に過ごしております。

だらだらとテレビもついており、紅白も拝見いたしました。

観たかったのはスーザンボイルさん。ネットで話題になったオーディション動画は心底感動しました。欧米の方は本当に感情表現が露骨。歌い出すまで心底馬鹿にし切った表情で、歌い出した途端スタンディングオベーション。わかりやす過ぎ(笑)

で、紅白でのボイルさんですが、相変わらずの美声ですが、やはりオーディション当初のような勢いはなかったですね。プロとして洗練されすぎてしまい、彼女の持ち味でもあった開き直りというか、思い切りの良さが無く、お行儀が良すぎると言うか。上手い歌手なんて幾らでもいるんだし、これからもスーザンならではのパンチのある歌声を聴かせて欲しいなと思いました。


あと、スマップによる、マイケル追悼コーナー。

マイケルファンが激怒するだのなんだのとマスコミは騒いでいましたが、別に私は激怒も何もしませんでしたよ。マイケルの映像が流れるのは普通に嬉しいし。しかし一生懸命踊るスマップと、スクリーンの中のマイケルの神がかり的ダンスを嫌でも比べてしまう構図になり、マイケルがいかに天才であったか改めて感心した次第です。


今日は仕事始めでした。元気で働けるのはいい事ですね。昨年は酷く体調を崩したのですが、漢方その他のお陰でよくなりつつあるので、今年こそ2輪免許の限定解除をしたいと思います。

ホントはいきなり400MTと行きたいのですが、痛めた膝が心配なので、地道に小型MTから。。。(笑)


こういうのは気合ですからね。お金が。。体調が。。。時間が。。。なんて、「出来ない」理由は幾つだって見つかるわけです。でも逆に「その気になれば何とかなる」のも事実なわけで。

ま、今から春先までは教習所も繁忙期なので、私は花粉症が一番酷い、しかし教習所の閑散期に行きたいと思います。

あと4ヶ月で春ですってよ奥さん!!


よかったらクリックして応援してね。励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。