--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-27

英語でブンガク。

音楽学校の裁判は、とりあえず置いといて(あまりに鬱な内容なので)、今日はブンガクの話。

って、NHKのテレビ英語講座なんですけどね(笑)


Jブンガクというこの番組の春の新開講のテキストが魅力的なので買ってしまった。

ブンガク。


この番組、去年もしていたようなんですが知らなかったな。この4&5月号、表紙もちょっとテキストらしくない感じだし、何より扱う小説が思い切りツボ!

太宰治…ヴィヨンの妻

森鴎外…雁

夢野久作…少女地獄

正岡子規…病牀六尺


何これーっ!!

『世界が愛したニホンの感性をバイリンガルで楽しむ』とありますが、少女地獄とかってめちゃくちゃ個人趣味的(笑)こういうのって、吾輩は猫であるとか、太宰なら走れメロスとか、そういうのが教材としては選ばれがちだと思うんですが、そういうありきたり感ゼロな所がいいですねえ。。


たった5分の番組だし面白そうですが、問題は私が深夜、もしくは再放送の朝に起きているかなんだけど。。。(うちは未だに録画はビデオオンリーな上に予約機能が壊れているのでタイマー録画できない)

まあ、テキストだけでも面白いから気軽に取り組もうと思います。レベル的には上級者向けとの事なので殆ど訳がわからないとは思いますが(笑)まあ、気分ですからね気分!

個人的に取り上げて欲しい作家は森茉莉かなあ。それも、『甘い蜜の壺』とか『父の帽子』。。。じゃなくて、『贅沢貧乏』希望。

春は花粉症と黄砂で辛いですが、新しい学びにチャレンジ出来る楽しみもありますね。

何とかやりきったラジオ講座『リトルチャロ』もパート2が始まるとの事。

チャロ2
またまたチャロの大冒険(という名の災難!?)が始まります

こっちも楽しみです。



よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
スポンサーサイト

2010-03-22

ロックの神様。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

2010-03-18

美しき僕らの世界。

もうすぐミッチーのライブがあるので、新譜アルバム「美しき僕らの世界」を聴く日々。

美しき。
お尻が寒そうです(こら)。


今回なかなかポップな仕上がりでいい感じ。訳も無くテンションが上がって家事がはかどりそう。


ミッチーはメジャーな歌番組の常連ではない。歌を歌ってる事自体、知らない人も居るだろうなあ。でも「踊る夏目漱石」なんて言われるだけあって、この人の詞はいい。上手い。ちょっと人が書かない感じ。でもメロディーは凄くキャッチーで聴き易いしノリやすい。こういうところはミドシンと似てるかな。絶対に替えのないキャラ。異端と言う人も居るけれど、アーティストが異端でなくでどうする。アルバム作りにしても、この曲の次はこれ。。。この並びでこういうイメージで、という全体の流れを大切にしているので、一曲ずつを細切れにして売るダウンロードビジネスは嫌いだそう。決してヒットソングのチャートの上位には来ない人ですが、アーティストとしての姿勢は素晴らしいです。


ドラマ『相棒』には大抜擢出演していたけれど、私は観ていない。連続物が見られない性質なので。。。いつも同じ時間にずっと座ってるとかありえない。小説や漫画も連続物は苦手。唯一読めているのはガラスの仮面だけ。英語講座の『リトルチャロ』だけは何とか続いてるのも、ラジオだからだと思う。気が散ったら別の本とか読めるし(こら)だから多分DVD出たら借りて、ミッチーの出てるところだけ観るかな(笑)必ず毎週見ていたドラマって、この年になっても数えるほどしかない。『沙粧妙子最後の事件』『お水の花道』『古畑任三郎』位だわ。どれもこれも昭和よね。しかも妙子以外は二つとも一話簡潔。それにドラマって、ずっとミッチーだけが出ているわけじゃわけないし。。。


この人はライブの人だと思う。元々役者志望の方で、映画でもテレビでも凄まじい存在感と個性だけれど、やはり舞台でこそ最も輝く人。だからミッチーのライブはいい。

ああいうカラーのライブしている人って居ないと思う。エレガントで紳士でパンク。何でもあり! だけど下品にならずエレガントなのは宝塚に似ているかな。だから好きなのかも。ミッチー本人が「ワンマンショー」と言うだけあって、初心者さんでも十分ショーとして楽しめる上に疎外感はゼロ(このあたりの配慮はミッチーならでは)なので、興味のある方は是非。


よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2010-03-10

リトルプリンセスの憂鬱。

わが国のリトルプリンセス愛子ちゃんが学校に行けなくなっているとのニュース。

プリンセス

皆さんはどう捉えられただろうか。

私はパソコンを起動させたらいきなりヤフーのニュースの見出しに「愛子様 乱暴」という文言があったので、正直驚いた。宮内庁の発表の仕方こそ乱暴そのものだと感じたのだ。


学校に行けない。

子どもにとっても親にとっても、とても辛い状況だ。


それが解決するどころか、現状把握すらきちんと出来ていない状態で世界中に発表する事の必要性ってなんなんだろうか?

ましてや「乱暴な事をする男子児童が居る」と公表してしまうなんて。。。。


今はネット社会だから、その児童を特定する事なんて簡単な事だ。

今度はその子が学校に行けなくなってしまうかもしれないし、親御さんも居辛くなり、自主退学に追い込まれてしまうかもしれない。

慎重に対処していかなかければいけない非常にデリケートな時期にこの発表。更にとんでもない事態へと発展しなければいいのだが。

そもそも「乱暴をはたらかれた」のと「乱暴な子が居る」のとでは全く状況が変わってくる。

その乱暴行為の一例として、廊下を凄い勢いで走る、鞄を投げる、縄跳びを振り回す、と言った行為が挙げられているが、それらも休み時間にしているのと授業中にしているのとでは雲泥の差であるし、愛子ちゃんや特定児童をターゲットにしたものなのか、ただ仲間うちで騒いでいただけかでも全く話が変わってくる。外部の人間には全くわけがわからない。

昨年からあった行為で、補助教員をつけて対応していたというが、それも学級崩壊に至るような深刻さだったのか、男子児童個人の問題なのか、愛子ちゃん自身の恐怖心の問題なのか、他愛の無い事なのに宮内庁が大騒ぎしているだけなのか、学校が無頓着なのか、何が何だか全くわからない。

そしてわからないのに全世界に向けて皇太子夫妻の長女の不登校を「同級生の乱暴が原因」と決め付けて全世界に発表する宮内庁。学習院の謝罪会見もあったが、それで愛子ちゃんが安心して学校に行けるようになるのだろうか。乱暴とされる男の子達も、これまでのような学校生活が送れるのだろうか。

皇族とはいえ、子どもの不登校となると、やはり非常にデリケートでプライベートな問題。ましてや「その原因」とされる児童が居る場合、その子とその親にだってプライバシーというものがあるのだから、公表するなら宮内庁と学校側、そして親である皇太子夫妻とできちんと話し合い、練りに練った公式の文書を作って公表しないといけないんじゃないだろうか。


皇族とはいえ、人間だ。

愛子ちゃんのママ、雅子さまは、もう長いこと心の病と闘っておられる。

皇族の人の暮らしなんて一般人には知る由も無いが、気分転換にパーッと車飛ばしてショッピングに行ったり、派手な格好でライブに行ったり、映画を観たり、友達を愚痴をこぼし合ったりする事なんて全く出来ないんだから、治療もシビアだと思う。

自分がそんな状態の時に、わが子が学校に行けなくなる事がどんなにか辛い事か、私にだって、容易に想像はつく。

愛子ちゃん自身も、日本一のセレブ家庭の長女に「皇太子夫妻の子」としての使命を持って生まれ、一般人とはかけ離れた生育環境で育ってきたわけで、更にお父様の皇太子様とは違い、物心ついたときにはお母さんは心の病を抱えていたわけだから、「色々と」あったと思う。

学習院といえば名門だし、初等科から入れるとなると、それなりの家柄の子ばかりだろう。でもやはりそこは人間であり、子ども。色んな子が居るだろうし、小競り合いもあるはずで、子どもなりにそれを乗り越えて、社会性というものを身につけていく。親も又然りで、ステイタスのある家柄だから人格まで立派とは限らず、やはり色々な価値観を持った保護者が集まっているわけで、中には自己中心な人も居るだろうし、わが子命の躾のなってない人も居るだろうしで、やはりそれは社会の縮図でもある。

皇族、ましてや天皇皇后、皇太子夫妻ともなれば、誰もが通る道をあけてくれる立場だ。

愛子ちゃんは、廊下をダッシュしてきた男の子とぶつかりそうになり、恐怖心を抱かれたようだ、との記事があったが、確かに、愛子ちゃんの普段の暮らしでは、「誰かがぶつかってくる」なんて事は皆無だろうし、同じ部屋で鞄を投げる人も、縄跳びを振り回す人も居ない筈。兄弟も居ないから、喧嘩した事もないだろうし、とにかく「他人の素の感情をぶつけられる事」には全く免疫の無いお子さんだとは思う。

おでかけには必ずお付きが居るし、校内でもSPがずっと(迷惑がかからない距離で)張り付いている。公式のお出かけともなると、ずらりと並んだ人が頭を下げる前を悠々と通り、車の窓から手を振るのだ。

だが、自分自身との戦いには、誰も手を貸してはくれない。

ママの雅子さまがずっと戦っているように、自分の心と向き合う戦いには、他人が何をしても、自分自身で壁を突き破り、岩を上らなければ、前に進む事は出来ないのだ。

もしこの不登校を受けて、乱暴をしたとされる男の子が退学したとする。

校内は静かになるだろうし、愛子ちゃんは学校に行けるようになる「かも」しれない。

でもそれで解決ではない。

今後、愛子ちゃんと同じ学校に通う児童の親御さんは皆子どもに言うだろう。

「愛子ちゃんには絶対怪我をさせちゃダメよ」
「体や持ち物に触っちゃダメ」
「仲良くしてあげるのよ。でも絶対に喧嘩はしちゃいけないわ。貴方が我慢するのよ」
「愛子ちゃんに嫌な思いをさせないように気をつけるのよ。何かあったらニュースになっちゃうの。退学になっちゃうし、パパもママも困るのよ」

これがまともなクラスメートのありかたといえるのか。

人が集まる所では色々なことが起こる。

愛子ちゃんが何かを不快だと感じたりする度に、「その原因」を追求し、それがたとえ同級生の子どもであっても「原因だけを排除する」方向で事を進めるだけでは、愛子ちゃん自身の成長の糧にはならないと思う。

不登校は非常に難しい問題だし、解決には慎重さが要求される。
乱暴とされる男子児童も、もしかしたら何か家庭内に問題があるかもしれない。

ただ見張りをつけて行動を沈静化させるというのはあまりにも稚拙なやり方だし、同級生の家庭に何の配慮もせず、いきなりこんな発表をした宮内庁の対応にも?マークばかりだ。国家権力でもって同級生に圧力をかけるかのようなやり方は穏やかではない。


愛子ちゃんが学校に行けるようになればいいとは思うが、辛ければ無理に行かせないのもまた、一つのやり方ではある。

目立って乱暴な振る舞いをする男の子も居るようだが、単なるやんちゃを通り越したレベルなら、親御さんふくめてじっくりカウンセリングをする必要もあるだろう。子どもがそういった行動をする場合、往々にして家庭内で問題のある場合が多いし、外部のお稽古事や人間関係がストレスになっている場合もあるからだ。

一番大事なのは、愛子ちゃんも同級生も、笑顔で学校生活が送れる事だ。そして、自分の目の前の壁は、自分自身で乗り越える強さを持った人間になる事だ。

でもそんな事、皇室を「運営」する側の人達は全然眼中に無いんだろうな。

よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2010-03-06

シャツのリメイク思い立ち。

先日は、京都二条の雑貨屋兼ギャラリーの「TOTTE」さんに、かっぽう着展を観に行った。

かっぽう着


シャツをリメイクしてかっぽう着を作っていらっしゃる「日々譚」さんの展示会。こじんまりした店内には素敵な作品が一杯!

いやー。癒されたなー。

ギャラリーのある三条商店街も、昭和テイスト満載で、もうホント楽しかった。確かにこの界隈は空襲や震災も関係なかったろうから。。。古い佇まいそのままでタイムスリップしたかのよう。ゆっくりゆっくり観て回りたかったです。


そもそもなんでかっぽう着かというと、もう10年以上も前に喜八郎にプレゼントしたババールのストライプシャツが、数年前に擦り切れて使い物にならなくなり、しかしいい生地なので何かに使えないかなって置いてあって。。。


かっぽう着なんてどうかなーとググって見るも、シャツのリメイクってホントにシャツのまんまというか、ダサいのが多くて。。。で、どうしようかなって思っていたときに辿り付いたのが日々譚のサイトだったというわけ。

ちょうと展示会があるというので、お友達を誘ってのこのこ出かけて行ったのでした。素敵なアレンジのものが多くて参考になったわー。オーダーする資金力は無いので自力作成しますが(笑)。

ギャラリーではカフェオレやケーキなんかも出しているのでしばし休憩。千秋庵のこぐまのプーチャンバター飴買っちゃった。


遠いのでとんぼ返り。

余裕を持って電車に乗ったつもりが。。。高槻駅までもうすぐと言う所で、人身事故のアナウンス!

一時間近くも足止め。


車内では、非常に賢くて可愛らしい電車好きの幼稚園位の男の子とお喋りしたりして過ごしました。

そして次に乗り換えた電車で降りる駅を間違え何故か芦屋に。。。いや、マダムじゃないし。

また逆戻りしたりして、(何やってんだか)予定より1時間半近く遅れて帰宅。。。。。


しかしまあ楽しい一日だったんですが、後日その人身事故をググったらとんでもない事故であったことが判明し、何だか萎えた。

世の中色んな事が起きていて、何だかんだ言っても無事に一日を終えて、朝家族の顔が見られるのって奇跡に近い事かもと思えた。

感謝を忘れちゃいけませんね。

今日も普通に過ごせた事に感謝。

よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。