--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-27

アントワネットがブスだったら世界の歴史は変わっていただろうか。

ソフィアコッポラ監督 マリーアントワネット。

マリーアントワネット
マリー役はキルスティンダンスト。


カンヌではブーイングだったこの映画ですが、映像は大変美しく、極彩色でガーリーな青春映画といった感じです。史実云々よりも、14歳で政略結婚させられた1人の少女の軌跡を飾ることなく描き出したこの視点は、評価されていいと思いますし、女性は共感しやすいのではないでしょうか。

主演のキルスティンダンストは大変しっかりした芝居の出来る女優で、この映画のマリーも、時系列そのままにきっちり画面の中で少女から大人の女へと年をとっていくので、前作でも彼女と組んだソフィアコッポラが、彼女にこの役をして欲しかった理由はわからなくもありません。

実際彼女の演技は素晴らしく、アントワネットの無邪気さ、優しさ、素直さ、可愛らしさ、そして哀しさを見事に体現していました。



しかし、この映画がいまいち評価されなかった理由の大半は、ヒロインのビジュアルにあると思います。

アントワネットに関しては、「美しい人だった」というのが全世界共通のイメージです。


アントワネット

当時は写真が無いので、肖像画でしか彼女の姿を知る事は出来ません。

アントワネットに限らず、王族や貴族の肖像画に関しては、実物より数割増し美形に描くのが当たり前だったとか、気に入るまで描き直させられて、仕上がった時には全く別人のようになってしまう事もあったなんて話もあるので、アントワネットが本当に肖像画そのままの容姿であったかどうかは定かではありません。

しかし、6歳のモーツァルトが7歳のアントワネットに「大きくなったらお嫁さんにしてあげる」と言ったエピソードがあるように、少女の頃から華やいだ容姿だったのは確かなようで、地味なビジュアルのキルスティンが演じるには無理があったような気がします。台詞の中にも度々、アントワネットに対する「美しい」という言葉が出てくるのですが、まずそこに共感できないのです。実在した人物で、ビジュアルイメージがはっきりと確立されてしまっている人の場合、あまりにもかけ離れた容姿の人が演じると、観客はまずそこに違和感を感じてしまうのでお話に入り込み難いのです。

マリア。


又、この映画では半分以上の時間をアントワネットと皇太子とのセックスレスのエピソードに費やしていて、なかなか身ごもることが出来ないアントワネットの苦悩も描かれていますが、オタクで冴えない皇太子と、地味な容姿のアントワネットが陰気に食事をしているシーンなど見ると、「そりゃ仕方ないかも」と思えてきてしまいますし、アントワネットが着飾れば着飾るほど、滑稽さと物悲しさが増してきます。

フェルゼンとの出会いにしても、女たらしでハンサムな彼が、仮面舞踏会で何故アントワネットに惹かれたのかがわからなくなりますし。。。


あと残念なのが、バルコニーで暴徒達にお辞儀をするシーンです。

怒り狂った民衆達がベルサイユに押しかけ、「王妃を出せ!」と口々に叫び、それに対してアントワネットが、殺されるかもしれないのに、自らバルコニーに出て行って、お辞儀をし、そのあまりの威厳ある姿に民衆達が静まり返るという有名なエピソードの一場面ですが、最初は子ども達と震え上がっていたアントワネットが、どう決心して、どういうやり取りがあってバルコニーに1人で出ようとし、周りもそれを許可したのかが描かれていません。(池田理代子さんの漫画ではきっちり描かれています)。


ここは、アントワネットの絶対的な美しさと威厳がなければ成立しないシーンで、髪ぼさぼさのキルスティンが出て行っても説得力がありません。


アントワネットの悲劇は、彼女が美しく生まれてしまった時から既に始まっていたのかもしれません。

母親の女帝、マリアテレジア自身美しい女性で、子ども達を次々と政略結婚させますが、後にマリーアントワネットとなるマリア・アントーニアは母親に似ず、勉強する事よりも芸術的な事に対する興味が強く、性格も無邪気で、お世辞にも政治向きの女性とは言えなかったようです。

マリアが冴えない容姿で地味な性格の女の子だったなら、母親ももっと熱心に勉強を勧めたでしょうし、フランス王室に嫁いでからも、寂しさを紛らわす為にファッションや賭博に現を抜かすこともなかったでしょう。アントワネットが冴えない容姿だったなら、たとえ次から次へとドレスを新調たり新しいヘアスタイルを考案したところで、ブサイクな王妃の真似など誰もしたがらなかった筈ですし、アントワネット自身、着飾ることには何の喜びも見出せなかったでしょう。フェルゼンとも恋仲になんてなりようも無かった筈です。


激動の時代の波に飲み込まれてしまったとはいえ、彼女が美しくなければ、そして賢明な女性であったならば、運命はもう少し彼女に優しかったかもしれません。


ですから主人公のアントワネットが美しい人である、というのは、映像化するにあたって絶対に無視してはいけない事柄なのであり、演じる女優が美貌の人でない点で、この映画は8割方コケたも同然。役者の演技力や映像美が非常にハイクオリティであるにも拘らず、それほど評価されなかったのは当然ともいえるでしょう。また、フランスの話なのに皆が英語を話している、というのもおかしな話で、(マリアの結婚が予定より遅れた理由の一つに、彼女のフランス語の取得の問題もあった)そういった所をわざとかたまたまか知りませんがハズしてしまった所も、理解されにくかった要因かもしれません。



ただこの映画、本当のベルサイユ宮殿で撮影していますし、沢山出てくるスイーツやドレスのキュートさはため息モノ。(どさくさ紛れにコンバースまで出てくる)甘いものが食べたくなる映画です。

スイーツタワー。



よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

スポンサーサイト

2010-06-25

さよならから1年。                  永遠になったマイケルジャクソン。

敬愛するアーティスト、偉大なるマイケルジャクソンが亡くなってから1年が経ちました。

マイケル


追悼と銘打って、マイケルの真実、なんてタイトルのテレビやら映画やら色々。。。

しかし彼の本当の心の内は彼自身にしかわかりません。


数々の過激な報道、お人よしの彼を平気で利用して陥れる人達。カメラの前の彼の姿がどこまで真実なのかなんて事は、異国の1ファンに過ぎない私には知りようもありませんが、少なくとも彼自身が語ったお子さんへの愛情溢れる思いや、世界平和に対する思いは真実だったはずです。


どれだけ酷いバッシングを受けても、彼が「愛」を語ることと、それを実践する事を止めた事はありませんでした。何かにつけて、その桁外れにゴージャスな暮らしぶりばかりが取りざたされますが、それ以上に、様々な慈善事業に心血を注いできた人でもあるのです。


亡くなった時のあまりに悲惨な状況から、彼が心身ともに傷ついていた事が語られる事も多く、ともするとそれを「弱さ」と混同されてしまう事もありますが、彼は優しくデリケートな人ではあったけれども、決して弱い人では無かったと私は思っています。


マイケル。


優しい事は、弱い事ではありません。


弱い人は、貧困や飢えや病、あらゆる差別に苦しむ人々を自らが救おうなどと思いません。




上辺だけの優しさや善行なら、誰にでも可能です。


でも、裏切られ、陥れられ、罵られ、馬鹿にされ、心が傷だらけになっても尚、心に「愛」を持ち続ける事は、強い人にしか出来ない事です。


マイケルは、本当の意味での強さを持った人でした。


真の強さは愛と共にあります。


もし愛の無い強さが存在するとしたら、それは偽りの強さです。



人は心が折れると、愛さえも失ってしまいがちです。


口先で愛を語る事は誰にでも出来ますが、人生のどん底にあっても尚、「愛を実践し続ける事」は、強い人にしか出来ません。



マイケル。2

マイケルは愛の人でした。


偉大なアーティストと同じ時代に生きられた事を誇りに思います。



天国に行ってしまった彼は、私達にとって永遠になりました。



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2010-06-24

宙組千秋楽トラファルガー                   愛と夢の空間。

宙組千秋楽のチケットを回していただけだので、久々にムラに行って来ました。

宙組

雪の「ソルフェリーの夜明け」月の「スカーレットピンパーネル」のレポもまだなのに。。。ですが、生きのいいうちに(笑)


いや~。


ほんっと楽しかった!!


1部の「トラファルガー」はエルアルコン風味のお話。大空祐飛さんと野々すみ花さんのコンビは並びも綺麗だしお芝居を「見せて」くれるので見応えがありました。

話の展開が速いので、ともすれば二人が何故惹かれ合うのかが曖昧になりかねないのですが、それぞれ家庭がありながら、心の中に深い孤独感を抱え、お互いに求め合って行くあたりがとても丁寧に演じられているので違和感が無く、禁断の恋でありながら、美談にせず、けれども二人の切なさや悲しさが伝わってきて、観る者に共感させます。

特にヒロインの、ののすみちゃん。私は元花組トップの春野寿美礼(オサ)さんのファンで、「明智小五郎の事件簿・黒蜥蜴」を観た時に、当時まだ研2だった彼女が、準ヒロインの役を見事に演じきっていたのをみて驚愕したのですが、その演技力、ますます磨きがかかっていて、相手役のベテランユウヒ君とのキャリアの差も全く感じさせず、安定したお芝居を見せてくれました。彼女には、何時の日か是非大作物のヒロインをしてもらいたいです。

ののすみちゃん。
娘役トップ 野々すみ花



そしてトップスターユウヒ君。

ユウヒくん。
宙組トップスター 大空祐飛

新人公演の主演も、バウの主演も遅く、毎公演それなりに抜擢を受けながらもトップになったのは入団17年目という苦労人さんですが、この人の魅力は名前にも現れているように、正に大空を悠々と飛んでいるような、良い意味での浮遊感だと思いました。

苦労を感じさせない。がっついた所が無い。すっとそこに立つ静かな佇まいの中に、でも燃えるような情熱も、愛情も、ちゃんと持っている人。

最後の挨拶も男前で、何より相手役のののすみちゃんをきちんとリードし、包み込める人。ハラハラした時期もありましたが、トップになってくれて良かったな、と心から思います。

蘭とむ君もカッコ良かったな。。。あの目力と存在感!! こういうキャラ立ちの男役って、居そうで居ないので、何時の日か、トップになって貰いたいです。

らんとむ。
彼と目が合ったら、何かわかんないけど「ごめんなさい!」 と謝ってしまいそうです(笑)

そして3名の退団者。

挨拶はやはり、うるっと来ますね。

舞台姿が退団した桜野彩音ちゃんに似ているアリスちゃんは、トップになる娘役さんと思っていたし、ご本人もそう思っていた時期があったろうけど、叶わぬまま卒業。

でも、「宝塚人生に悔いはありません」と胸を張っていうその表情はとても凛として美しかったです。

さて。

私は第2部のショー、『ファンキーサンシャイン』は、久々に見る「ひたすら楽しめるショー」だと思いました。

プログラムの演出のセンセイのぶっとんだ文章も去ることながら、しょっぱなからユウヒさんが「ソーラーパワー!!」と叫び、皆してオペラ発声で「ソーラーパワー! ソーラーパワー!」と歌い出した日には、イナバ物置のCMみたい(いや、何となくイメージとして・笑)と手拍子しながら思ったのですが、もう何と明るい事楽しい事!

退団者へのサプライズもあり、組子皆にちゃんと見せ場がある、愛に満ちた空間でした。



そして、新人公演主演の蒼羽りく君。

大好きなとうこちゃん(安蘭けい)の、星組トップスター大劇場お披露目公演が初舞台だった子なんですね。

当時、プログラムの写真でも随分目立っている子だな、と注目してたので、感慨深いものがありました。



年間のラインナップ見ると、脚本も衣装も装置も使いまわしの再演物ばっかりの印象で、経営苦しいのかな。。なんて要らぬ勘繰りをしてしまいますが、やはり宝塚ならではの、こういった新作のひたすら明るく楽しいショーは、どんどん上演して欲しいなと思いますし、願わくば、これだけ芸達者なユウヒ・ののすみコンビであり、パワー溢れる宙組なので、再演ものではなく、きちんと組カラーに合った素晴らしい作品を用意してあげて欲しいなと思うのでした。



よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2010-06-23

ヘルメットも革も洗っちゃう?

私はアライのフルフェイスを使っているのですが、これのいい所は内装を外して洗う事ができる所。



(上から)頭部、頬部分、あご部分の各パーツ。


お天気が良かったので、全部取り外してお洗濯しました。ついでにグローブも。あーすっきり!!


ヘルメットの内部というのは、汗や皮脂、へアスタイリング剤なんかで結構汚れているものです。特に女性はファンデーションや日焼け止めなんかの付着も加わるわけで。。。。


そんな風に汚れた内装のヘルメットをかぶり続けるのは不潔だし、お肌にも悪いですから、私は季節関係なく、何度か使ったら必ずお洗濯するようにしています。


ヘルメット内装のお洗濯。

1 内装を取り外す。
2 メイク用クレンジング剤(オイルタイプがよく落ちる)でファンデーションやスタイリング剤等をしっかり 落とす。
3 よくすすいだら、お洒落着用の洗剤で手洗いするか、洗濯機のドライマークコースで洗う。肌へのダメージが気になる人は、すすぎを念入りに。重曹で洗うものいい。
4 よく乾かしてから、説明書どおりにつけなおす。


たったこれだけ。素材が工夫されているのか、洗ってもすぐに乾くので楽ちんです。


ヘルメット本体については、やわらかい布でよく拭いて、シールド部分には曇り止めとして食器用の洗剤を塗っています。きちんとお手入れすると気分もすっきりしますし、何より身に着けるときに快適です。


昔、ファッション評論家のピーコさんが、テレビのファッションチェックで、スタッフが外で撮影してきた、何人かの女性のファッションをチェックしてコメントされた時の事。

取材を受けるだけあって、皆さん結構お洒落で美人さん。高価なブランド物を身につけている人も沢山居ました。

でもピーコさん。バッサリ切捨てました。

「皆さん、身に着けるものはちゃんとお手入れしましょうね。ハイヒールの踵が擦り切れてるとか靴が汚れてる人とか多いわねえ。お洒落っていうのは、着飾ることだけじゃないのね。お手入れする事も大事なお洒落なのよ。ブランドもの買うお金があるんなら、先に持ってるもののお手入れしなきゃ。ハイヒールなんかは踵がちょっとでも擦り切れてちゃおかしいの。身に着けるものをお手入れしない人って、清潔感が無いわね。頭悪そうに見えるから気をつけましょうね。安いものでも綺麗にお洗濯して、丁寧にお手入れしたものを身につけるっていうのは基本だし,凄く大切な事よっ!!」

これを見たとき、多分、まだ私、10代だったと思いますが、結構衝撃的で良く覚えているんですね。

高いものを買っても、それをきちんとメンテナンスして維持できてこそ本当に「自分のもの」にしているって事。大人のお洒落ってこういうことなんだなって、ちょっと、感動したんですね。

それ以来、私はどんなものでも、きちんとお手入れしたり、お直しして大切に使うようにしてきました。

ですからクローゼットには、代々伝わる(笑)50年近くも前の誂えのレザーコートなんかも普通にあります。シーズンごとにほつれなどチェックして必要ならお直しに出し、ボタンも何度か付け替えて大切にしています。



さて、ヘルメットのお手入れですが、内装が取り外せないタイプのものの場合は、使うたびにきちんとメンテナンスするしかありません。

おうちに帰ったらちゃんと陰干ししたり、ふき取れる汚れはふき取り、ファブリーズ(笑)したりするといいですね。又、「リセッティア」という消臭剤(元々は汗臭・加齢臭対策用のもの)は、「あらかじめ衣類にスプレーしておく事で、付着した汗などが臭うのを予防できる」という優れもので香料も入っていないので、こういったものをあらかじめ内装にスプレーしておくものいいかもしれません。

メイク汚れに関しては、クレンジングシートを叩き込むような感じでふき取る方法もありですが、その後必ず熱いお絞りなんかで再度叩き込むようにふき取り(よく考えるとおかしな表現だけどこうとしか言いようが無い。。)、しっかり乾かした方がいいかも。。。なんにせよ、乙女ライダーのヘルメットの内装のメイク汚れは、あまり長期間放置せず、面倒でも定期的にしたほうが良さそうです。


次にグローブ。

私はナイロンや合皮のものはヘルメットの内装を洗う時に同時に洗濯機に放り込んでしまいますが、レザーのグローブは皆さんどうされていますか?

これは、モノにもよりますが、お洗濯表示には×がついていても、あまり汚くなったら洗ったほうがいいみたいですね。私は50年前のレザーのコートやTOMYのレザージャケット、ラムスキンのジャケットなんかも家で洗ってしまいますが(!)、その手順は


1 レザー用のクリームクリーナー等で汚れを落とす。
2 お洒落用洗剤で手洗い、(またはネットに入れてから洗濯機のドライマークコース。一緒に重曹を入れると柔らかく仕上がるみたい)し、陰干し。この時型崩れを起こさせないよう、平らにして干したりサイズの合ったハンガーを使うなと、丁寧に。
3 乾いたら、ラナパーをしっかり塗りこむ(硬化を防ぎ、水にも強くなる)。
4 定期的にラナパーでお手入れする


と言った感じです。コートよりグローブのほうが扱いは楽だと思いますので、勇気のある方はトライしてみてください。専用の洗剤を使ったりクリーニングに出したりしなくても物凄く綺麗になりますが、革といっても色々。くれぐれも、よーーーーーく考えた上で、自己責任でお願いします。良い子はマネしない。。って言葉もありますし、ね。。。。私のやりかたを真似て、「SHINICHIRO ARAKAWA」のジャケットがボロ雑巾のようになったと泣かれてもどうしてあげる事も出来ませんので。


雨や汗でヘルメットやウエアが汚れやすい季節ですが、お手入れの時間もまた、結構楽しいものですね。


よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2010-06-21

浮気の代償。                      手は女を語る。

今日は乙女ライダーの『手』のお手入れのお話です。


浮気の代償~!? と、興奮状態で来て下さったお客様。期待はずれで申し訳ございません。


実はここ数週間、ハンドクリームの『浮気』をしてしまいまいて、その代償がきっちり来てしまい、慌てて元彼。。ならぬ元ハンドクリームに変えたところ、二人の関係は良好。。私の『手』も良好になった、というだけの、犬も食わない話です。


バカボンパパよりもお姉さん、しかも主婦となると、手を美しく保つのは至難の業です。
バイクに乗ると特に、グローブをつけてハンドルを握り、時には長時間操作するので、手もいつもより丁寧にお手入れしてあげないといけません。


どんなに高価な物を身につけていても、ネイルが剥がれかけていたりしたら荒んで見えるように、手や足元、頭、等の体の末端のパーツというのは、その女性の気構えが一番現れる部分だと私は思っているのです。


勿論一般家庭の主婦が、真っ白でほっそりとした、女優のような「何もしていない手」で居る事はまず不可能ですが、自分の気持ちが萎えない程度にお手入れする、そういった気構えで居る事は、とっても大切な事だと思います。手が汚れていたり酷く荒れていたりしたら、なんだか気分まで落ち込んで来ませんか? 逆に、きちんとお手入れをして、可愛いネイルをしてみたりお気に入りのリングをはめてみたりすると、気分も華やいできますよね。


そんな私が長年愛用していた。。。のが、これ! 「エサンデス」の「ひまわりハンドクリーム」です!!


お試しサンプル付で一本から買えます。


写真にある丸い小さなケースは旧商品時代にこれのサンプルが入っていたケース。綺麗に洗って高橋真琴さんのイラストシールを貼って携帯用にしています。


これの何処が優秀かというと、水にとても強いという事と、非常にしっかり潤って、肌の修復機能が優れている所。塗ってから水仕事をしたり手を洗っても全くヌルヌルしないし、荒れた肌への効き目もさることながら、肌荒れを予防する点においても非常に優れている所。

「水仕事に強い」というキャッチフレーズ。

結構色んなハンドクリームが謳い文句にしていますが、「ひまわりハンドクリーム」と比べれば月とスッポン、全くお話にならないレベル。誇大広告もいいところ。又、私はマニキュアをつける前や落とした後も必ずこれを塗りこんでお手入れしていて、そのお陰でネイル暦は長いものの爪の健康状態は良好でした。

それなのに。。。。


このハンドクリーム、通販生活で扱っている物で、近所で気軽に買えない事もあり、ほんの軽い気持ちで手軽な所で済ませてしまったんですね。

結果、悲惨な事に。


最初はロク○タンのもの。

パッケージが可愛いし、香りもいいし。


しかし何の効果も無い、ひたすらドロドロするクリームで、使い切る前に耐えられなくなりお別れ。


次はジョン○ンアンドジョン○ンのもの。

これも、同じ。


これらのハンドクリーム。水仕事をすれば当然ヌルヌルするし(水仕事に強い! と書いてあったのもあるのに)敏感肌で手荒れを起こし易い私の肌が一向に潤わない。バイクの教習が終わり、くたくたになってグローブを外し、手を洗ってハンドクリームをつけるも、「効いている」実感が全く無く、ヌルヌルするくせに常に渇いているようなガサガサしているような気持ちの悪い不安感。そして最も悲惨だったのは、何と浮気を続けた結果、「2枚爪」になってしまった事!!

ああなんという。。。

こんな爪になってしまったら、無理にネイルするのは自爆行為。何も出来ないお陰でお洒落のテンションがた落ち。
手も節が目立って悲惨なことになって来たので、慌ててひまわりハンドクリームに変えました。

このひまわりハンドクリーム。成分にも気を使っているので、何と、消費期限があります。また、香料も入っていないので、正直、面白みは無い(笑)。愛用している「はしかた化粧品」もなのですが、パッケージもつまんない(こら)ので、使う度にほんわかうっとりする。。なんて色気は全くありません。まあですから、せめてもの楽しみとして、高橋真琴さんの、麗しい薔薇のイラストのシールを携帯ケースに貼って持ち歩いているんですけどね。



ずっと一緒に居る彼。

いい人だけどつまんない。

だからちょっと華やかな感じの人達に惹かれたんだけど、やっぱり浮気なんてするものじゃなかったわ。


というところでしょうか。


結婚と恋のアバンチュールは別物? というような。(それにしてはヌルヌルドロドロした上に何の潤いも無い悲惨な浮気でしたが)


非常にくだらないバカバカしい話ですが、結構当人にとっては大変でした(笑)


さて、手は女を語る、という、著名女性の手の写真とエッセイ、みたいなコーナーが、STORYだったかVERYだったかにあったと思うんですが、私は農家のおばちゃんの、ゴツゴツして、爪の間に土の入った、そんな手は素敵だと思います。ガテン系のお仕事をされている女性の手も、カッコいいです。


お手入れは確かに大切ですが、「何かを生み出す手」は、汚れていようが荒れていようが魅力的なのです。


若いだけ、可愛いだけ、が通用しない年齢になってきたら、顔にも手にも、その人の生き様がリアルに表れてくるんでしょうね。






よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。