--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-12-20

歌わせろ泊まらせろ。

今年のラストライブはミドリカワ書房でございました。宿泊施設が併設されている不思議カフェ「由苑」さんでの弾き語り。間近で聴けて感激です。

101218_1858~01

セットリストは以下の通りでした。


1,コスモス
2,誰よりもあなたを
3,おばけ
4,夢が叶った男
5,雄と雌の日々
6,神
7,OH!Gメン
8,家でやれ(新曲)
9,関西ダイナマイト (新曲)
10,はじめての合コン (新曲)
11,Pain (オセロケッツのコピー)
12,私の恋愛
13,恍惚の人
14,だまって俺がついて行く
15,ミドシンを聴きながら
16,みんなのうた

アンコール 泊まっていけよ
アンコール リンゴガール


今回のステージ衣装(笑)はアディダスの三本ラインジャージの上下にセンター分け前下がりボブヘアに黒メガネ。足元はスニーカー(生足首丸見え)左手薬指に光るのはシンプル~な結婚指輪? 手首に黒いゴムはめてたのは、髪を束ねたい時に備えてかしら?(束ねなかったけど)華奢で身長も大き過ぎず小さくなくスタイル良しさんだから何着ても似合うはずだし、御綺麗なお顔なさってるのに…ねえ(笑)こういう所が何とも伸ちゃんで良いですね。うん。非常に良い。


新曲も相変わらずのミドシンテイストで。。。「恍惚の人」と「pain」では少し涙ぐんでいたように見えたのは気のせいか? この人は本当にいい曲を書くし、声もいい。バンド付きのライブも楽しいですが、ギターと合う声なので、弾き語りは絶品です。私はフィルコリンズや伸ちゃんのような、「普通っぽいけど実はいい声」「小細工や媚びの無いまっとうな歌い方」が好きなんです。ほんの少し硬質で、会話するような声というのかな。


また1月に、今度はバンド付ライブがあるのね。。。。「ザ・ベストシン」だってさ。


実は年末に、少女漫画の母、萩尾望都様の原画展を観に遠征するし。。。2月には多分野ばらちゃんが来そうだし。。うーん。考え中(笑)行きたいなあ。


さて。


ライブ後、ベストシンのチケットを売っていて、サインもしてくれてたので、持参したアルバムにサインしてもらいました。やはり今回は、ニューアルバム「みんなのうた ベスト」にサインしてもらわねば! といそいそと家から持ってきたわけですよ。

ベスト。

伸ちゃんがジャケットにサインしてくれて、お顔の写真を撮らせて頂こうとお願いしたら、近くに居たお姉さん(お客さん?)が「一緒に撮りますよ」と言ってくださって、ツーショット写真まで撮っていただいて。

いいライブだったなあ、と電車でにんまりしながらCD取り出して気が付いた。


これ、ベストじゃなくて、前回のアルバム「フォーエバー」じゃん!

101219_2356~01

ぎゃふん。


これ、以前サインしてほしいなあと会場に持って行ったけど、本にサインしてもらったから二つは悪いなあと思って出さなかったのよね。だからまあいいんだけども、伸ちゃんは気分悪かったかもなあ。ベスト盤売れないって言ってたし、それ引っさげてのライブだったのにね。他のアルバム持参のお客さんは、みんな多分ベスト盤だったし。伸ちゃんCDコーナーから引っ張り出した時に間違えたのね。(ベスト盤はデッキに入ってたわ!) 何このおばさんって思われちゃったかしら。


伸ちゃんごめんなさい! 


ちゃんとベスト盤買ってますから!



PS。。。


ミッチーのライブとの相違点

・悲鳴をあげる人が居なかった。


ミッチーのライブとの共通点

・「っべいべーっ」って最後に叫んでた(伸ちゃん的に気に入ってるらしい)


「ベイベー!」って叫ぶのってミッチーが昔からやってるの知ってるのかなあ。知らないだろうなあ(笑)

いや、だからって叫ぶの止めないで下さいよ。こういう共通点はファンにとっては嬉しい限りです。


ミドリカワ書房の曲は、youtubeに沢山PVがアップされています。良かったらどうぞ。「リンゴガール」「恍惚の人」が入門ソングとしておすすめです。



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
 
スポンサーサイト

2010-12-16

天使の歌声。

ご無沙汰しております。


ハムスターと一緒で暑さ寒さに弱いので、この時期は心のブレーカーが落ちそうです。


寒いっ!!

冬なんてクリスマスしか楽しみがありません。

で、前回のジャクソン5に引き続いてのヘビロテクリスマスアルバムはこちら!


天才少女歌手シャルロット・チャーチの名前を全世界に知らしめ、1000万枚の大ヒットとなったアルバム、「天使の歌声」。

天使の歌声

「ピエ・イエス」「アヴェ・マリア」等、美しい曲の数々を、澄み渡った美声で聴かせる至宝の一枚。


そしてそのシャルロット14歳の時のアルバム、「ドリーム・ア・ドリーム」

ドリームアドリーム

「神の御子は今宵しも」「牧人ひつじを」「きよしこの夜」等々、おなじみの讃美歌(クリスマス曲)が盛り沢山。特にオープニングの「ドリームアドリーム」は圧巻!

「子どもなのに上手い歌い方」ではなく、天才的に上手い(笑)。この年齢で既に歌手として完成されているにも関わらず愛らしく、美しい歌声にはただただ圧倒され、心が洗われます。


しかしこの後、絵に描いたような「チャイルドルターの転落」の一途を辿るシャルロット。飲酒、喫煙、異性問題とゴシップネタが絶えず、声も変わってしまいました。

もう2児のお母さんの筈ですが、歌手としてのキャリアをストップさせてしまったのは本当に残念ですね。


まあ、本人が望んでいなかった事ならば仕方ありませんが。。。よくわからないうちから才能を見いだされ、もてはやされてスターになったものの、ふと我に返ってしまったのか。まだ10代の少女には、世界の頂点であり続けることはいつしか苦しいだけの事になってしまったのか。いずれにせよ、「作られたイメージ」と必死に戦うかのような豹変ぶりは痛々しいまででした。

チャイルドスターから転落してゆく人、というのは、自ら望んでそのポジションを掴み取ったのではなく、大人のお膳立てで売り込まれ、スターになった人が多いように思います。だからそのポジションのありがたみがわからないし、自分の才能が人に与える影響の素晴らしさをわかっていないんですね。


シャルロットも、自分の歌声が人々を感動させる事、それがどれ程素晴らしい事なのかわかっていたら、あんなふうにはならなかったでしょう。

感動する心は人を救う事さえあります。

一つの歌を聴いて荒んだ心を癒される人も居るし、そこに生きる価値を見いだせる人も居る。

芸術も文化も人の心を揺り動かすものであり、それらに携わる事は素晴らしい事なのです。


どんなにビッ○街道を歩もうが、彼女の歌声が天使の歌声であった事は紛れもない事実ですし、当時の音源を聴いた人が今もまた感動するのも事実なのです。

わずか12歳で、死ぬまで遊んで暮らせる程の大金を稼いでしまった彼女ですが、自分の歌声が人の心を救える事を知らないまま歌っていたのだとしたら、そしてそれに今も気づかないでいるとしたら残念ですね。


さて、そんなシャルロットとは正反対に、歌手になりたくてなりたくて、自らの力で成功を勝ち取った遅咲きの歌手、スーザンボイルの「アイ・ドリームド・ア・ドリーム」(輸入盤)もおすすめ。

夢破れて


クリスマスアルバムではないですが、ラストに「Silrent Night」が入っていてこれがまた素晴らしい。


コンテストの映像をネットで見ましたが、あんな激しい「夢破れて」は初めて聴きました。粗削りながらも心のありったけをぶちまけるかのような彼女の歌声。そこにはテクニックだけでなく、彼女の生き方、歌う事、夢への情熱とそれまでの過酷な人生が溢れていて、だからこそ人々は圧倒され、感動したのです。

アルバムの歌声はかなり洗練され、ある意味大人しいかも(笑)

これからもっともっと、スーザンらしさが確立されてゆくことでしょう。



クリスマスソング(待降、降誕曲)っていいですね。


イブはもちろん教会で過ごします。



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2010-12-09

新演目トイレ掃除。

昨晩家人がテレビを見ていて、私も見るともなしに見ていたら速報が入って、戦争か? はたまた件の尖閣諸島問題か? と身を乗り出したら海老蔵さんが会見して休演云々。。。のテロップ。ネット立ち上げたらまた載ってるし、朝のラジオでもやってるし朝刊は一面だし。


まあ、歌舞伎というのは国がバックアップしている舞台芸術でもあり、私たちの血税が流れても居ますんで重大っちゃ重大なんでしょうが、速報で流すような事なのかしら。


その場に居合わせた人しか真実は知りえないのですが、私はこの事件は「チンピラ同士のトラブル」と認識しています。



生まれ持った顔立ちなので仕方ないのですが、どうにも人を睨み付けるような表情がふと現れるし、とってつけたようなございます口調で、新しい演目の口上を読み上げているみたいでした。



で、思ったんですがあの会見、宝塚音楽学校96期生による、同期生Sさんへのいじめ、万引き捏造退学訴訟事件の
裁判に証人として立った96期生達の証言とすごく似てると思いました。


宝塚の訴訟では、頼まれもしないのに音楽学校側が10人を超える96期生を証人として出廷させました。


そして、いかにSさんが困った生徒であるか、素行不良であるかと言った事(これらSさんに関する事が虚偽証言であることは、裁判が進むにつれて明らかになっていきました)を述べるわけですが、自分たちが虐めをしたとか、窃盗をねつ造したといった核心部分に触れられると、判で押したように「覚えていません」「わかりません」と繰り返すのです。

海老蔵さんの会見もこれとよく似ていて、相手は氏名も公表されていないし出頭していないし、自らも全治2か月の重傷だとしながらも会見をし、相手に殴られた事などは饒舌に話すのに、核心部分に触れられると「(酔っていたので)記憶にございません」「捜査中ですのでお答えできません」とかわすのです。


相手がした事はよく覚えているのに、自分の事については一切覚えていないのです(笑)


音楽学校の裁判の時にも感じたのですが、社会的に評価される地位にあり尚且つ傲慢な人、というのは、世間一般の常識とはかけ離れた感覚を持っているようで、弁護士を伴って堂々と証言すればそれがまかり通ると思い込んでいる節があり、そういった空回り、一人芝居が何とも滑稽なのです。


宝塚歌劇も歌舞伎も、日本が世界に誇る文化として認知されている舞台芸術なので、それに携わる自分達までが特別なのだと傲慢になっているとしたらとんだ間違いです。


音楽学校側は、自らの潔白を証明しようとしてまだ10代の96期生達を証言台に立たせ、原告のSさん側を散々侮辱しましたが、傍から見れば犯罪者の猿芝居で、結果的には自分達の首を絞める事になりました。

なまじ裁判で証言などさせたために、誰がどんな虐めをしたか、どんな風にこの事件に関わっていたかが世間に晒される事となり、96期生達の顔写真と本名、芸名(ジェンヌ名)、罪状が記載されたサイトまで作られ、名前を入れて検索をかければ、犯罪者だの虐めだのととんでもない検索ワードが一気に表示されるような事態になってしまったのです。こういったサイトは幾ら抗議して潰したところでいたちごっこですし、海外のプロバイダーを経由しているサイトならば手の打ちようがありません。一旦ネット上に出回った情報は、完全に消去することが不可能なのです。


窃盗のねつ造や凄惨な虐めといった犯罪行為を犯して同級生を陥れ、退学に追い込み、タカラジェンヌになる夢を奪ったのですから当然といえば当然ですが、それにしても大きな報いを受ける事となりました。


海老蔵さんも、あのような会見ではより一増ダークなイメージをつけてしまっただけでは、と感じたのは私だけでしょうか。


すぐに被害届を出さなかった事や、相手がかなり危険な人物であった事、目撃者の証言から海老蔵さん自身に事件の原因があったとされる報道が過熱し、このままではまずい、と思ったのでしょうが、そのために慌てて出てきたとしたら、あまりにも判断が甘っちょろいとしか言いようがありません。



海老蔵さんは会見の席で、「金輪際お酒は飲みません」とは言いませんでした。



迷惑をかけた、と頭を下げながらも、結局は自己保身に終始し、こんな状況に追いやられても尚、この人は何が悪い事なのかよくわかっていないのだなあ、と思いました。


陰では今頃マネージャーや弁護士が大忙しで、巨額のお金も動いているのでしょうが、成田屋の継承者であり、もう30過ぎた既婚者で、外に子どもまで作っているいい年したオッサンが、いつまで周囲の後ろ盾に甘え、尻拭いしてもらっているんだろう、と呆れてしまいます。


ここまで報道が過熱し、相手側が逆に診断書やら被害届を出すとまでなってくると、このタイミングでの中途半端な会見などは余計にイメージダウンになる事がなぜわからないのか。会見をしたところで「捜査中」で話せない事も多いのですから、「関係者ならびにファンの皆様へ」と言ったお詫び文をサイトに載せ、マスコミ各社にFAXし、自身は関係各所に直接お詫び回りをすればそれで良かったのです。どのみち記者が張り付いて、そのお詫び回りの姿を写真に撮ってくれるのですから。とにかくまず一区切りけじめをつけないと、との判断もあったでしょうし、松竹側にしてみれば本人に会見で頭を下げてもらわないと示しがつかないという部分もあったでしょうが、それにしては脚本が悪かった気がします。



この人の不幸な所は、悪い事を悪いと注意される事無く大人になってしまったところです。


芸の継承は勿論大切で、そこの部分は厳しく稽古をつけられて来たでしょうが、他の部分に関しては、外に子どもを作るだのお酒を飲むだの横柄な態度を取るだの、そんな「名家の跡取りだから許される事」ばかり学習して、肝心な躾を一切受けていないのです。


自分の子どもでも仕事の後輩でも何でも、人を育てる上で最も大切なことは、「周囲に感謝する気持ちを持つことを教える」事と、「何がいけない事なのか教える」という事です。


「何をすればいいか」という事も大切ですが、「してはいけない事を教える事」はもっと大切なのです。


歌舞伎界において、海老蔵さんの押し出しの強い破天荒な芸風やキャラクターは斬新で、そこを魅力と捉えるファンの方も多いと思いますが、「だから何をしても許される」という意識は甘えでしかありません。

長い休業期間、とりあえず毎日トイレ掃除でもしてみればどうでしょうか。



多分この人、トイレ掃除をした事無いと思いますよ。




にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2010-12-03

探し物はなんですか。

アドベントに突入し、我が家ではこのアルバムがヘビロテ。

ジャクソン5クリスマス
ジャクソン5 クリスマスコレクション

天才少年マイケルの、素晴らしい歌声が堪能できる1枚。

有名なクリスマスソングと言えば、ワム! のラストクリスマスやマライアキャリーの恋人たちのクリスマスなんかがありますが、クオリティもアレンジも、このジャクソン5コレクションが私の中ではベスト。

少年マイケルの圧倒的な歌唱力と愛らしいボーイソプラノは、何度聞いても心が震えます。


という事はさておいて。


クリスマスツリーがどっか行った。(ぇ


遅まきながら飾ろうと思いあるべきはずの場所を開けたら無かった。しまえそうな場所は全部探した。どこ探しても無い。色々集めたオーナメントやライトやなんやかんや、セットまるまる一式無い!!!!!!

あの大きな箱が、こんな狭い家でどうして!?


ツリーの無いクリスマスなんてっ!!!


青木るえかさんが、「ガスコンロを無くした」って書いていて笑い転げてたんだけど笑えない。。。。。



良かったらクリックして応援してね。更新の励みになりますしツリーも出てくるかもしれません(情けない)
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2010-12-02

終わりなき。

図書館ではエッセイを読もうと思っていくつか借りてきたのだが、帰ってからページを開いて失敗したことに気が付く。

本を読む時の受け入れコンディションというのがあって、緻密な小説が読みたい時と軽い小説がいい時とがあるし、エッセイでもバカバカしくて笑えるものがいい時と、真面目な物がいい時がある。で、軽いと思って借りてきたエッセイがなんだか妙に重々しいというか、軽く日頃の愚痴なんかを書いたものなんだけど笑えないし痛々しい内容でこれは違うなーと。

でも小説を開いてみても違う。うーん。漫画も違う。で、家にあるのをいろいろ開いてみてしっくりきたのがスティーブンキングの「小説作法」だった。これは創作マニュアルではなく、私小説に近いエッセイのようなもので、勿論原書ではなく日本語訳のものなんだけど、書くことに対して真摯な、超がつく世界的ベストセラー作家の一面に触れることが出来て大変面白い。そうそうこれこれ、こういうのが今は読みたかったんだ、とホッとする。


でもまた日にちが変わったりすると別のものが読みたくなったりするんだけれども。

これと同時に読み進めているのが青木るえかさんの「主婦でスミマセン」で、これはもう、信じられない! って放り投げる人と、面白い! って人に分かれるだろうなあ。私は後者(笑)


さて、昨日海老蔵さんの事について書きましたが、彼がアルコール依存症であった場合、完治はしません。

アルコール依存症になってしまったら、何年かかって断酒に成功しても、「程よくお酒を楽しむ」暮らしをすることは不可能。たとえ10年20年断酒していても、何かの折に一滴でも摂取すれば、また坂道を転げ落ちるように元の中毒状態に戻ってしまうのです。

我が家では毎朝、浜村淳さんのラジオがかかっており、そこで浜村さんが海老蔵さんの事に触れ、「お父さんの団十郎さんが体調を崩された時には1年間断酒していたというのに何故」と仰っていたのですが、海老蔵さんがアルコール依存症だとすると、1年間断酒してもまたすぐに元に戻ってしまったのは何の不思議も無い話なのです。

これは薬物中毒も同じ事で、逮捕され、辛い思いをして薬物を絶っても、何かの折に0.001ミリグラムでも摂取すれば、また元の中毒症状に戻ってしまう。お酒も麻薬も非常に根深い依存性質を持っており、一度中毒症状を引き起こしたら最後、人格まで変えてしまうので、相当に強い精神力と周囲のサポートが無ければ到底乗り越えられることではありません。

お酒もクスリも一旦中毒にかかってしまったら、「生涯絶つ」しか人間らしい暮らしを取り戻すことは不可能なのです。

どちらも本人の成育歴や心因的なものとも深く関わっている根深い病であるだけに、「とりあえず絶つ」だけでもかなりの時間が必要ですが、海老蔵さんの場合は治療に専念できる環境でもなさそうですね。


という事をつらつら考えていて行き当った。



私、子どもの頃、歌舞伎の外郎売観たことがあるんですよ。生の舞台を。

役者の名前は忘れましたが、子ども心にも歌舞伎独特の舞台の華やかさには胸が躍りました。


待合のロビーも凄い人で、一角では着物姿のお姉さんがお茶を点てていました。売店で、役者の名前の入った手ぬぐい(着物の形に折ってあって可愛い)を買ってもらったっけなあ。


夢を売る人は、夢を壊しちゃいけません。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。