--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-03-23

必要なもの。

阪神大震災の時、私は救援物資の仕分けボランティアをした事があります。

大半のものは被災地の事を考えて送られてきており、すぐにそちらにまわす事が出来たのですが、中には酷く汚れたり破れたりした衣類や何の役にも立たない中古のがらくた類も混ざっており、一緒に作業していた年配の女性が
「こんな汚い物を送られたら、被災者の方が惨めになるじゃない! 何でこんな酷い事が出来るの!」と、半泣きになってゴミ袋に入れていました。


非常に残念な事ですが、救援物資の寄付の呼びかけがあると、これで家が片付くと思うのか、手に取るのもためらうような汚れた不用品をどっさり送りつけてくる人が居るのです。たとえ中古品であってもクリーニングしたものを送るのは最低限のマナーです。「自分がその服を着られるか」「その毛布で眠れるか」考えてくれればいいのに、と、まだ若かった私でさえ思いました。

又、寄付された食料品の中にはカップ麺や乾麺、プルタブの付いていない缶詰類が非常に多かったのですが、これらも現地入りしているスタッフから「お湯が必要なカップ麺を送られても、水やガス、電気が必要なので食べられない。缶切りも無いので開けられない。被災地の方は、着の身着のままの野宿状態だから、素手で開けてすぐに食べられるものを送ってほしい」と要請がありました。


今朝の新聞にも、被災地域の方のコメントとして、「カップ麺を大量に送っていただいているが、1000人規模の避難所でお湯を用意する事は難しい」とあり、ああ、やはり。と切ない思いが致しました。


人は、恵まれた状況にある時にはそうでない状況の人の事を想像する事は難しい。

カップ麺は、平和なときには買い置きしておくと便利なものですが、お湯やお箸、フォーク等が無いと食べられません。

電気もガスも水も無く、着替えも無い場所で、どうやって食べろというのでしょうか? 素手で中身を取り出して、かじれというのでしょうか?

又、缶詰も、缶切りが必要なタイプは食べられない事が多いです。着の身着のままで逃げるとき、缶切りを持って逃げる人、居ますか? 体育館に缶切りが常備されていますか? よく考えてほしいと思います。


食べ物を送るなら、火や水を必要とせず、素手で開けられるもの。そして、必ず同量のお箸やスプーン、フォーク等を添える事。これを徹底して頂けたらなと思います。救援物資の受付をしている自治体でも、受け入れ可能物資にカップ麺を記載しているところがちらほらあるのですが、思慮が足りない気がします。


そして、私が阪神大震災当時、そして今回も、食料や医薬品と同等に必要だと感じているのが子ども達の遊び道具です。

阪神大震災直後、あるNPOの要請を受けて、被災児童を1回20名単位ほどで1泊預かり、レクリエーションなどをするキャンプ(送迎もスタッフがする。これを10日程繰り返しました)のスタッフをした事があるのですが、こういう非常事態だからこそ、家も何もかも失った子ども達の心に寄り添い、一瞬でも辛い現実から離れられる場所や道具を用意する事はとても大切です。

今朝の新聞には子ども達へのアンケートが載っており、多くの子ども達が、欲しい物はとの問いに「家」「ゲーム機」「本」「漫画」「縄跳びやボールなど遊ぶもの」等と答えており、胸が詰まる思いがしました。


こんなときに何を言ってるんだ。まずは食料、医薬品だろう、という意見ももっともなのですが、遊びは子ども達にとって必要不可欠な「日常」なのです。

家族に守られた家で、あるいは友達と一緒に、漫画を読んだりゲームをしたりする事。これは日本の子ども達にとってはごく当たり前の日常なのです。


その日常が突然奪われてしまった。


子どもにとって、遊ぶ事、安らげる場所、笑い会える時間を奪われる事は、衣食住を奪われると同じくらいに心に深刻な影響を与えます。


阪神大震災後のキャンプの際、子ども達の送迎もしましたが、街は粉塵でまともに息をしていられないほど空気が悪く、道路も亀裂が入り、あちこちが青いシートで覆われ、地面に崩れた家の屋根があり、マンションのひとつの階が完全につぶれ、建物全体が歪み、そういった悲惨で異様な風景がこの子たちが今過ごしている現実だと突きつけられたとき、ショックなんてものではありませんでした。

今被災地で過ごしている子ども達も同じで、外で遊ぶ、散歩に出る、といっても、町は焦土と化し、目に入ってくるのは私達の想像を絶するこの世の地獄です。避難生活をする校舎の隣の体育館が、遺体安置所になっていたりするのです。

受付支援物資の中に、ゲーム機やソフト(電池類もセットで)、漫画、雑誌、小説、色鉛筆や画用紙、レクリエーション道具など、子ども達が楽しめるものも入れていただけるといいのにな、と思います。関連団体の方、是非検討していただけないでしょうか?




にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
 
スポンサーサイト

2011-03-21

マスコミは支援物資も。

まだまだ余震も続き、被災地では着替える事すら出来ない方々が沢山居られるそうですね。



で、連日の報道を目にし、耳にし、ふと、疑問に思った事。


マスコミの方は、現地入りする際、たとえわずかでも医薬品や紙おむつ、下着などの救援物資を持込し、支援の行き届いていない方々へお配りしたりしていないのでしょうか?


先日は、ある小さな孤立した集落の記事がカラー一面に載っており、大きな避難所と違って全く支援の物資が届かず孤立状態であること、地震以来暖房も電気もガスも一切不通で、お年寄りが大半を占めており、外部との連絡が遮断されている事。そして、1人の赤ちゃんが高熱を出しているにもかかわらず、全く薬が無く、何もしてあげられない状態であるという記事が載せられていました。

また別の日には、はやり倒壊したガレージなどで身を寄せ合って過ごしている10人単位の孤立集団がいくつもある、という記事が載っており、皆濡れた衣類を着替える事も出来ず、何も食べ物も無く、原始時代のような暮らしをしている、という記事が載っていました。


確かに町そのものが壊滅してしまい、地元の役所や消防の方も多く亡くなられており、生きている方自身も被災者ですから、その方達が全体をきちんと把握できないのは仕方の無い事ですし、あまりにも被害地域が広範囲な上に通信手段も限られ、道路事情も悪く、現地の人たちは正確な被害状況の確認すらままならないのですから、支援物資がまず大きな避難所から優先的に配られているという現状は仕方ないのですが、記者が取材に行くからには、ある程度の救援物資を持ち込み、現地の方にお配りするのは最低限のマナーだと思うのですが。。。。?


確かに、1000人規模の避難所で、取材のお礼として一部の人だけに薬や食料を渡す行為は批判されると思いますが、孤立してしまっている10名足らずの方々に、とりあえず一日分の着替えだけでも置いてくることは、非難される行為ではないと思います。


何も大きなトラックや専用ヘリを使えというのではなく、バファリン1箱、風邪薬1箱、整腸剤1箱、紙おむつ数枚。ウエットティッシュ1箱、生理用品1パック、新しい下着10枚、靴下10足、タオル10枚。ミネラルウォーター2リットル,ドロップス1缶あるいはブドウ糖の粒1袋。


これくらいの量なら、男の記者1人ならリュックに詰めて運べますし、とりあえず、10人足らずで孤立しているような方に、とにかく1回体を拭いて下着を替えていただく位はしていただける量で、運ぶのはそう大変な事ではないと思います。

特に深刻なのが衛生面と健康面で、赤ちゃんやお年寄りにとっては下痢や発熱というのは命取りになるので、解熱剤や整腸剤だけでもあると無いとでは大違いです。

東京も今やパニック状態で、店頭には何もないと言いますが、マスコミのネットワークとフットワークの軽さを使えば、記者1人が薬1箱、紙おむつ数枚、生理用品1パック用意する事くらいは可能なはずで、現地の物資提供がなかなかはかどらない事を批判する記事を書くならば、自らも、記者としての使命に、もうひとつ善意をプラスして頂きたいなと思います。


これだけ大きな被害になると、下手に個人のボランティアが現地入りしたり、勝手に物を配ったりすることは、かえって被災者の方や救助に携わる方を混乱させかねないので慎重になるべきですが、マスコミは取材という大義名分の元に、現地を飛び回り、被災者の方のやつれきった姿を写真に取り、世界中に流しているのですから、その立場をうまく使って、現地の方を助ける事もしていただけたらなと思います。

あの記事に載っていた赤ちゃんは、その後どうなったのでしょうか。

せめて、写真を撮った後で、記者の方が、「良かったら使ってください」と、ペットボトルのお水と解熱鎮痛剤をお母様に手渡してあげてくれていたら。。それが報道されなかったもうひとつの事実であってくれたなら、と思います。


俳優、辰巳琢郎さんのブログには、石巻のご友人からかかってきた衛星電話の、胸が痛くなるような、でも現実であるお話が記載されています。

避難所に居るにもかかわらず、食料が無いために餓死する子どもが居る。亡くなる方が大勢居るという地獄のような現実です。


取材に赴く方は、被災者の方に「何が必要ですか」と聞くだけではなく、自らが目にした現実を前に、何をすればいいか考え、行動していただきたいと切に願います。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
 

2011-03-17

心よりお見舞い申し上げます。

今日本は大変な状況になっていますね。

地震、津波で多くの方が亡くなり、避難された方も、泥水で濡れた衣類を着替える事すら出来ないまま、極寒の避難所で何日も過ごしておられます。


報道されないような、山間の小さな集落や公民館などの施設で孤立してしまっている方々も多くいらっしゃるようですが、町全体が破壊されてしまい、なかなか救助の手だても無いようで歯がゆいばかりです。

もう6日目になりますが、まだまだ救援物資も十分ではなく、何より燃料不足やライフラインの切断により暖房が効かない。。。夜間は氷点下になる中、被災者の方の疲労もピークとなり、お年寄りや赤ちゃん、持病のある方等にとっては、命に関わる事態に陥っています。


また、原発も大変な事になっており、作業員の方が命がけで作業されています。受けておられるであろう健康被害の甚大さやご家族の不安、地震で被災され、そのうえ被爆の恐怖と戦っておられる被災者の方をを思うと、なんともやるせない気持ちです。

私には祈る事しか出来ません。


うちには衣類もあるし暖房の効いた部屋もあるのに、誰一人、いますぐに直接お助けする事が出来ないのです。


ほんとうに無力だなと思います。



ご家族を亡くされた方、家や職場を失った方、震災遺児となってしまった小さなお子さんたち。。。いったい私に何が出来るのか。


募金をしたり、救援物資を寄付したりする事くらいしか、今の自分には出来ません。


非力ながら、出来る事を、まず、やっていきたいと思います。






にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
 

2011-03-02

指導者の資質                   宝塚はどうすればよかったのか 7

問題点諸々、つづき。。。。


6 客観性の欠如

  Sさんがコンビニで万引きをしたのを見た、と学校に訴えた委員達でしたが、実はこれより前、既に入学間もない6月頃から、Sさんのベッドの上に見覚えの無い物が沢山並べられ、「あなたのところから出てきたよ」と言われたりする事が複数回起こっていました。

そのほかにも、Sさんは盗癖や精神科への通院歴があるとか、ライターなどを所持しているといった訴えが生徒からあったようですが、このように特定の生徒がいつも槍玉に上がる場合、生徒間のトラブルや苛めが背景にある場合が多いので、大人が冷静に客観的に対処する事が何より大切になります。


Wさんはこれら一連のSさん苛めの実行犯ではありませんでしたが、ブログにはしょっちゅうSさんへの不満を「またSがやらかした」「おかあさんに言う」等と書いており、後に、「(窃盗などは)全てSさんがやったと思い込んでいた。そう思わされていた」と証言しています。Sさんと同室だった一番委員始めとするグループが、盗癖があるだの精神科への通院歴があるだの、Sさんのロッカーから他人のものが出てきたんだ等とと言いふらし、それを真に受けてしまったほかの生徒達も半ばヒステリー状態となり、保護者達までもが「大変な子が同期に居る」という認識を持つに至ったようですが、学校の管理責任者である副校長や(校長はお飾り状態でした)、生徒達を指導すべき職員達までもが同調してしまった事は大きな間違いでした。


裁判で、副校長は、Sさんが窃盗をしたと思っているとしゃあしゃあと言ってのけていましたが、「あなたはそれを見たのか」と聞かれると、とたんに歯切れが悪くなりました。ろくな調査もせず、委員の子達の言う事を鵜呑みにしただけという、教育者としてあるまじきずさんさを露呈しました。



7 想像力の欠如=指導者としての力不足。

実質的に音楽学校の権限を握っていたこの副校長は元ジェンで、今も降格にならず現職にあります。
この人が、心優しく、暖かい教育者であったなら。。。ほんの少しの想像力のあるひとであったなら、Sさんも、他の子たちの人生も違ったものになっていたのでは、と残念に思えてなりません。


Sさんが万引きをした、Sさんのロッカーからこんなものが出てきた、と一部の生徒が騒いだ時に、副校長始め職員達は、一緒になってSさんを犯人扱いしました。


・特定の人物のカバンやロッカーなどから別の人のものが出てくる。
・発見して「この子が犯人だ」と騒ぐのも、いつも同じグループである。


これはもう手垢の付いた、幼稚な虐めの初歩的な手口で、ある程度経験を積んだ教師ならすぐに見抜けることなのですが。。。。宝塚音楽学校には教員資格を持った職員は居ない(!)との事ですし、委員達の中には有力者の娘も居たようですからまんまと騙されてしまったわけす。又

・毎回槍玉に挙げられるのが特定の生徒である。
・グループ同士の対立ではなく、39人対1人、という、非常に偏った人数配置による意見の相違がある。

という場合、問題とされる生徒の授業中の態度を講師達に聞いたり、出身校の教師に人物照会をするなりして冷静に判断すべきなのですが、こういった調査も学校側はきちんとしていませんでした。


「Sさんの所から他人のものが出てきた」「だからSさんが盗った」


こういう訴えがあった場合どうすればいいかと言うと、「じゃあ何故あなた方は他人のロッカーを勝手に開けているのか」「その人の所から出てきたからといって、その人が盗んだということにはならない」という事を毅然とした姿勢で伝える事が大事で、「誰が入れたのかはわからないが、人を陥れるような事をした人が居るとしたら大変悲しい事である」「現場を見たわけでないいのに、人を泥棒扱いしてはいけない」と、あくまでも大人は中立な立場である、という事を子ども達に認識させるのです。監督責任にある立場の大人が客観的で中立な姿勢である事を知らせる事は、虐めの加害者を増長させず、被害を拡大させない抑止力になるという点においてとても重要です。


8 職員達の、人としての常識の欠如

「Sさんがコンビニで万引きをしていた」と訴えがあった際、副校長も職員達も、防犯カメラを見てほしい、というSさんの訴えを「劇団を潰してまで自分の名誉を守りたいのか」等と罵声を浴びせて退けました。又、大劇場で隣の人の財布を盗んだ(この財布はSさんが拾ったもので、落とし主自身が、観劇時隣に座っていたのはSさんではないし、盗まれたものではなく落としたものだと証言しました)とされた時にも、犯人をSさんだと決め付けておきながら、落とし主には学校として謝罪していません。


万引きを見た、という訴えがあっても本人が否定している場合、すぐにコンビニに職員が行き、経緯を話し、防犯カメラや販売履歴等を照会してもらい、万引きが事実であるのか確認する必要があります。

事実であるならば学校としてきちんと本人を伴って謝罪するのが筋ですし、目撃した生徒にも「何故その場で止めなかったのか」と注意する必要がある。もし事実で無いならば、虚偽の証言をした生徒について、何故そんな偽証をしたのか問いただし、根っこにある問題を解決しなくてはいけません。

又、大劇場で財布を盗んだのがSさんだと断定して退学にまでしたのならば、何故持ち主に学校として謝罪しなかったのでしょうか? 裁判でこれを指摘されると、学校側は「それはSさんがした事だから」等と、ぐだぐだと弁明していました。又、財布の持ち主は、学校側に「私はSさんに財布を盗まれたのではない」「隣に座っていたのはSさんではない」と説明したにもかかわらず、その話は無かった事にされ、委員達の「Sさんがその席に座っていた」という虚偽の証言ばかりが取り上げられ、Sさんが退学になってしまったことについて、大変憤りを感じるとも証言しています。


何故学校は、コンビニに万引きの有無を確認しようとしなかったのか?

何故、Sさんが万引きや窃盗をしたと断定し、退学にまでしておきながら、コンビニにも財布の持ち主にも謝罪しなかったのか?

何故、財布の持ち主の証言を無視したのか?


考えられる理由は3つあります。


1 訴えた委員達の証言を疑うような事は、絶対に出来なかった。→ここ数年のおかしな人事や96期生の扱いを見るに、成績のいい子が委員をする、というのは100%信用出来ません。恐らく親と学校のパイプの太さや、寄付金などによって、委員が決定されている事もあるのではないでしょうか? コンビニに問い合わせるという事は、委員達を疑うという事です。親から苦情が来る事で学校や劇団が損失を被る事を恐れたのでしょう。

2 万引きが事実なら学校の管理責任が問われる。万引きが事実で無かった場合も、外部のコンビニに、同期生が万引き捏造をした事が知られてしまい、まずい事になる。

3 同期生の証言を嘘だと言えない以上、Sさん=窃盗犯という構図を崩すわけにはいかず、退学させた。


そして、財布の持ち主に謝罪しなかったのは、持ち主本人が「盗まれていない」と直接証言したからです。盗られていない、という人に謝罪は出来ません。でも結果的にこれが、学校ぐるみでSさんを窃盗犯に仕立て上げた事を裏付ける材料のひとつとなりました。


Sさん「防犯カメラを見てください」
職員「劇団を潰してまで自分の名誉を守りたいのか」


このやりとりが全てを物語っています。



学校の対面を守るために万引き騒ぎをもみ消し、力のある保護者の顔色を伺い、そのために無実の子を窃盗犯に仕立て上げ、退学処分にしたのです。


ですが、こんな無茶苦茶な事がまかり通るわけがありませんでした。


退学になったSさんは、当然自身の名誉のために退学取り消しの訴訟を起こします。それに対して音楽学校側は徹底して争う姿勢を見せ、裁判所の仮処分を無視し、2度も退学処分を下します。そして再度訴訟となるのですが、次に学校側が取った方法は、逆切れとも取れる常軌を逸したもので、これが結果的には虐めの内容や実行犯を特定させ、彼女達への壮絶なバッシングへと繋がらせる要素ともなりました。


音楽学校は、Sさん側が要請したわけでもないのに、初舞台を控えた96期生の中から13名もの生徒を、学校側の証人として法廷に立たせたのです。


神戸地方裁判所 第6民事部 地位確認等請求事件 平成21年(ワ)第3485号


。。。。。。。。。

良かったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
 

2011-03-01

これが学校なのか                宝塚はどうすればよかったのか 6

宝塚音楽学校の96期生について、私が一番残念に思うのは、一番最初に学校に「Sさんがコンビニで万引きをした」と同期の委員達(苛めの主犯)からの訴えがあった時に、学校側が誠実な対応をしていれば、多少の小競り合いはあれど全員が卒業し、入団出来ていただろうし、苛め加害者達も本名や顔写真までがネットを使って全世界にばら撒かれ、犯罪者だの加害者だのとバッシングされる事まではなかったのに、という事です。


Sさんとの調停成立後の逆切れともとれる音楽学校のコメントやその後の対応を見ると、どうも、96期生(特に役付きにおいて抜擢されている生徒)がバッシングされているのは、「Sさんが裁判を起こしたからだ」と思っている=そのように持って行きたい、という風に受け取れるのですがこれはとんでもない責任転嫁で、被害者であるSさんが入団できなかったのも、夢華あみさんを始めとする96期生がバッシングされ続けているのも、全ては一番初めに、音楽学校の職員達が、苛めに対して教育者としてきちんと対応しなかった事に端を発しています。


では具体的に何が問題だったのでしょうか。どうすればよかったのでしょうか?


1 カネコネ入学やカネコネ人事の横行

 ブログが原因で退学したWさんという生徒は、正規の合格発表よりも早くに合格の知らせを受けた事を自らのブログで報告していました。

どの世界にでも、「コネ」や「えこひいき」は存在し、これを100パーセント無くす事はまず無理ですが、「清く正しく美しく」をモットーとする宝塚で、カネコネ入学やカネコネ抜擢を許してしまった事は大きな間違いでした。ただ入学させるだけでなく、その親の持つ財力や人脈欲しさに上位の成績や番手を与えたり役を与えたりする事は舞台そのものを侮辱する行為ですし、生徒たちを平等に扱えなくなる弊害が生まれます。

その証拠に、何の後ろ盾も無く、ただ実力だけで合格したSさんは、苛めの被害者であるにもかかわらず退学処分。後に和解するも、入団する事は出来ませんでした。一方、加害者達は何の処罰も受けず入団し、異例の大抜擢を受けている者も居ます。同期生の中には、元理事長の娘や元トップスターの親類も居り、対処が甘くなったのは事実でしょう。こういった体質は客離れにも繋がり、長い目で見れば劇団にとってマイナスでしかありません。


2 職員の怠慢

 wさんがブログにアップしていた多くの生徒達の写真は、まるで場末のヤンキーかと思うほどに荒みきった物でした。脱ぎ散らかした衣類が散乱した部屋で、制服姿(スカート)であぐらをかき、恐らくお稽古中であろう教室内で変顔の写メを撮り、校内でピザをほお張り、ロッカーの上でウ×コ座りをし。。と、それらの姿は世の中の音楽学校への認識を180度変えざるを得ない酷いもので、屋上で飲食してドンちゃん騒ぎをしたとの日記までありました。又、一番委員とSさんの部屋は連日のように委員達の溜り場になり、Sさんは夜中まで大勢に取り囲まれてつるし上げに合ったり、一室に監禁されたりもしていました。

年頃の女の子ばかりを預かる寮なのに夜間の見回りすらもせず、寮監は何をしていたのでしょうか? 又、学校の職員達も、清掃指導などどのようにしていたのでしょうか?

 昔は厳しい事で有名だった音楽学校も、親からの抗議などもあり年々規律がゆるくなっていったと聞きますが、それにしてもこの無法地帯ぶりは異常で、裁判官からお叱りまで受けています。職員達の意識が変わらない限り、この学校が良くなる事は無いでしょう。


3 携帯電話


 親元を離れて生活する子ばかりですし、携帯電話を持つなというのは、今の時代、無理な話でしょう。でも校内に携帯を持ち込む事が必要でしょうか?

学年の連絡などは、メーリングリストを使ってしていたようですが、Sさんは苛めに遭ってから連絡メールをまわして貰えなくなり、大変困ったといいます。Sさんの悪口もメールで回っていました。今の子は、大人が考える以上に携帯などの端末を使って簡単に世界を広げてしまいます。結果、ブログに顔出しで写真を載せる者や授業中に写メをして遊ぶ者まで出ましたし、こういった「おとしもの」は、一旦ネット上に出回って世界中にばら撒かれてしまうと完全に消去する事は不可能です。

携帯は校内には持ち込ませない。生徒の個人ブログやミクシィへの参加、陰口メール等は禁止し、違反者には罰則を設けるなどのルールが必要です。


4 お金の管理

 ある生徒の所持金がなくなった事でも、Sさんは嫌疑をかけられました。又、Wさんの証言で、本科生(音楽学校の2年生)が予科生(一年生)に、チケットや着なくなった稽古着等を半ば強制的に買わせていた事がわかっています。しかも支払いは新札。裁判の証言等からも、多くの生徒が、かなりの額の現金を普通に持たされていた事がわかっています。

寮生活ですし、食券を買ったり、ある程度の現金は必要でしょう。又、音楽学校の授業だけでなく、外部の先生に声楽などのレッスンを受けに行ったりもするので、交通費やレッスン代、教材費などとして持たされていたお金もあるでしょうが、やはり10万円だの30万円だのという額は10代の子には多すぎますし、トラブルの原因になります。

寮内での食事や教材費、外部レッスンの費用などは、全て親の口座から引き落とされるシステムにする等、なるべく現金を持たせないような環境づくりが必要ですし、それぞれのロッカーに暗証キーをつけ、最低限の現金はそこに保管させ、残りは事務所預かりにするなど、徹底した管理が必要です。勿論所持できる現金の上限は学校が決めるべきですし、上級生が下級生に物を売りつけるような行為も禁止しなければいけません。


5 どの生徒も平等に扱う


成績のよしあし、親の職業、寄付金の額。。そういった事で生徒への扱いを変える事は、教育者としてあってはならないことです。

Sさんがコンビニで万引きをした、と学校に委員が訴えてきたとき、副校長始め、職員達は「防犯カメラを見てください」と泣きじゃくるSさんの言い分を一切聞こうとしませんでした。


まずここが、問題でした。





良かったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
 
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。