--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-04-24

あなたは罪無き者か。

東電の社長が避難所を訪問し、土下座し、罵声を浴びせられたりしている映像をニュースで見ました。


私は東電の関係者でもありませんし、今回の地震での被災者でもありません。


誰を擁護する権利も、非難する資格もありません。

私が何を言っても、部外者の戯言でしかないです。


しかし叩かれるの覚悟で言うわ。


確かに今回の地震直後からの東電の対応は、ダメダメ。

社長不在であった事や、未曾有の大震災であった事などを考慮してもダメダメ。

しかし。


今現在起こっていること。全部この社長の、この会社の責任ですか?


危険性を指摘されながら対応してこなかった事はとんでもない事なんですが、原発って、そこいらのパン屋さんや美容室みたいに経営者が好き勝手していい類の会社じゃないですよね。


経済産業省の原子力安全・保安院の責任は?


国の責任者は何であの訪問に同席していないんでしょうか?


あと、誘致に賛成した人も居ましたよね?


こんなもんいらんという人も居ますが、原発で働く事で家族を養っている方もいらっしゃるし、それで潤ってきた方も居ますよね?


そりゃ避難所の方が、社長に感情的になるのは仕方ないですよ。あんな後手後手の対応されて、生活の基盤を突然失い、体育館の冷たい床で寝泊りしているんですから感情的になるのは仕方ないですよ。

でも、頭を下げる社長を気遣う被災者の方もいらっしゃいました。

東電の社員の中にも、家やご家族をなくされた方もいらっしゃるでしょうし。


みんな便利だ便利だで、当たり前みたいに電気のある暮らしをしてきました。

みんな無関心すぎました。

想定外想定外言いますが、自然災害を想定する事自体、人間の傲慢なんでしょうね。


東電の対応は確かにまずすぎたので、社長が訪問して謝罪するのは必要かとは思いますが、あの人一人、あの企業だけを責めて済む問題じゃないですよね。


ゆらゆらゆれる小さな国に、原発やら高い高いビルやらたくさん作って。便利が当たり前になって。



新約聖書、ヨハネの福音書の8章にこんなエピソードがあります。

イエスの前に、姦淫の罪を犯した女が捕らえられてきました。

イエスを試し、告発する理由を得ようとする律法学者とパリサイ人たちは、イエスに「先生。この女は姦淫の現場でつかまえられたのです。モーセは律法の中で、こういう女を石打ちにするように命じています。ところで、あなたは何と言われますか」

と質問します。


石打ちの刑、というのは、文字通り、1人の人に大勢で石を投げつけて殺すという大変残酷な刑罰です。


イエスは身をかがめ、指で地面に(何かを)書いて黙っていたのですが、彼らが問い続けてやめなかったので、身を起こしてこう言いました。


「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。」


その後の記述はこうなっています(日本聖書刊行会 新約聖書より抜粋)

『そしてイエスは、もう一度身をかがめて、地面に書かれた』

『彼らはそれを聞くと、年長者たちから始めて、ひとりひとり出て行き、イエスがひとり残された。女はそのままそこにいた』


年長者から始めて、というのは石打ちを始めたのではなく、年長者から順に、何もせずその場から立ち去った、という意味です。


そしてイエスは女にこう言います。

『私もあなたを罪に定めない。行きなさい。今からは決して罪を犯してはなりません』



罪無き人は、誰ですか?




にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
 
スポンサーサイト

2011-04-18

ひっそりとにこやかに。

先月の事でありますが、ミドリカワ書房のサイトにひっそりと、にこやかにアップされていたこの写真。



全くもーこの人は(笑)


今の国情を慮ってか、ご本人もブログではしゃいだりする事無くスルーしておられますが、徳間に移籍。つまりはメジャー復帰。


おめでとう伸ちゃん!

JPOP界の無頼派。歌う芥川龍之介の本領、ますます発揮される事でしょう。

アルバムリリースは6月。フェスにあわせての事でしょうから、新曲発表も楽しみですね。
 
他アーティストのコラボもあり、との事。大手メジャーとなると、あの人やこの人。。。DVDも付くのかな。なんだか壮大な(ファンとしての)夢が広がります。

しかし写真のたびに印象が変わる人ですね。

顔にしか自身が無いと豪語するだけあって、実際はかなり美形なお顔立ちだと思うんですが、写真によって物凄くオ●サン入ってる時ありますね。摩訶不思議。めがねも金八ヘアも、何かのカモフラージュなんでしょうか(何の?)


もっと売れる人だと思う反面、あんまり売れすぎると寂しくなるかもしれませんね。


ずっと歌い続けてほしいアーティストの1人です。




良かったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
 

2011-04-16

サトシのパンツとコナンの靴下。

昨晩、名探偵コナンの実写版のドラマをしていた。

小さな村で起こる殺人事件で、事あるごとに「これは祟りじゃ~」っていうオバサンが出てくるというわかりやすいドラマである。

こういう「主人公が核心に近づこうとすると出てくる怪しげな祟りオバサン(お婆さんやお爺さんである事もある」キャラで注目すべきはその奇抜なファッションである。

今回の祟りキャラ、「土師とみ」も、現れるたびにトスの効いた、唸る様な話し方で、独特のヘアスタイル(ロン毛)に鉢巻きをし、鳥の羽みたいなピアスだかをつけ、山伏みたいな格好(何故かインナーは臙脂の丸首)に巨大ネックレスといういでたちであった。

こういうキャラを見るたびに思う事。

・祟りオバサンは、ほっと一息ついたり、気が抜ける瞬間というのは無いのだろうか。トイレに入るときもお風呂に入るときもあのテンションなのか。

・祟りオバサンが朝起きて、髪をセッティングし、朝ごはんを食べているところを想像すると笑える。

・買い物なんかはどうしているのか。まさか何も食べないわけにはいくまい。あの妙に生活感のあるインナーはジャスコかヨーカドーっぽい。あんな格好で買い物に行くのか。


そしてそれらの疑問と平行して思い出したのが、ポケモンとコナンを見る(いい年をして、食い入るように見ているわけではない。子どもが見ているのが目に入るのだ)度に脳裏にさっと現れて消える疑問だ。

・サトシたちはいつも同じ格好でかなりの軽装だが、お風呂には何時入っているのか。パンツはちゃんと替えているのか。

・昨夜のドラマもだが、コナンも殆ど着替えない子である。昨夜のドラマでは小さな子どもではなく高校生くらいであった。これ位の年頃の男の子は臭い。パンツもだが靴下なんかも毎日替えているのか。登場人物の大半があんまり着替えているようではなかった。


・そこへいくと、昔夜中に見ていた「横溝正史シリーズ」の金田一さんは、お風呂に入ったり頭をかくとフケが出たりしてリアリティがあった。ちなみにこのドラマのエンディングで流れていた「あざみの如く棘あれば」は、子ども心にどかんと来た。あんなにインパクトのあるエンディングの歌はそうそう無い。


。。。。。。


といった事がつらつら脳内を流れたのであった。


今朝の新聞を見ると、被災地では、まだガスも水道も電気も通っていない避難所があり、入浴できていない方、暖かい食事が取れていない方が相当数いらっしゃる、との記事があった。

漫画の中のキャラクターはお風呂にもトイレにも行かず毎日同じ服を着ているが、実際の人間の暮らしはそうはいかない。

多くの義援金が集まり、物資提供もなされているが、未だ入浴が出来ないなど、非常に厳しい条件にある所の方を、とにかく一度でも入浴できる場所に緊急移動させてあげられないのだろうか。

義援金も大半の救援物資も、民間企業や一般人の善意によるものである。

それらは何処へ行ったのか。

国は何をするのか。


震災復興税などというドサクサ紛れのとんでもない案を出している政治家も居るが、税金を増やすという事は、被災者の負担も増やす、という事になる。

まずは国会議員の給料や、無駄な公共事業を減らすべき。


避難所で暖かい食事も取れるようになった、という記事もあるが、それはお仕着せの服を着て、並んで受け取る配給食だ。


ただ食べるだけでは心は満たされない。

自分で食べたいものを買ったり作ったり出来る生活。

着たいものが着られる生活。

エンターテイメントも、衣食住が満たされ、その上で心から楽しめるものだろう。


一刻も早く、苦しんでいる方々に現金を支給し、トイレやお風呂が不自由なく出来る場所を提供して差し上げてほしい。


テレビでよく流れてる「がんばろう日本」とか「あなたは1人じゃない」というスローガンにも違和感を感じる

どんなに励ましの言葉をかけても、亡くなった人は戻ってこないし、家や職場や家族を失っても、人は毎日食べて眠って生きていかなくてはいけない。


被災地に応援に来たタレントが、一生面倒見てくれるわけではない。

今日も原発では、多くの方が危険作業に携わり、畑や家畜が悲しい事になっている。


乗り越えるのも、闘うのも、結局は、被害に遭ったお1人お1人だ。

皆さんもう十分に頑張り尽くしておられる。

目の前に立ちはだかるのは、今この瞬間からの生きていく術であり、巨大な心の傷との闘いである。


かく言う私自身、悲惨なニュースを目にしても、自分自身の生活というものがある。


ガスも水道も電気も通っており、住まいもある。

食事をし、仕事をし、家族や友人も居り、それがどんなに特別で満たされているかという事すらふと忘れるくらい、バタバタと一日が過ぎ、能天気なテレビ番組を横目に過ごしている。

気をつけないとどんどん馬鹿になると思う。


今回の震災は国難なのに、日本人全員がその渦中にあるというのに、自分の家が揺れたり避難区域に指定されず、家族や家が無事だと実感がわき難い、というのが馬鹿な人間の特性で、私もその馬鹿な人間の1人なのだ。



だからこそ。。。


がんばろう日本ではなく。

「支え合おう日本」

「繋がろう日本」


ではないか?



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
 

2011-04-03

震災天災人災。

日本列島の、海底透視図(というのか。専門用語はなんと言うのでしょうか。ご存知の方教えてください。訂正いたします)。


日本列島図


これを見ると、いかに日本列島が危なっかしい場所に浮かぶ小島であるか、という事がよくわかりますね。地震大国といわれるのも頷けます。


こんな小さなゆらゆら揺れる国に、原発が54基もあります。


福島原発が大変な事になり、多くの作業員の方が劣悪な作業環境の中、命がけでがんばってくださっていますが、決して楽観出来る状況ではありません。

関東方面では未だ余震もとどまることが無く、多くの専門家が日本全域が警戒すべき状況にあると警告しています。


東電も日本政府も、今回の地震が想定を超える規模であったとやたらと主張していますが、想定外だったといえるのは地震の規模、マグニチュードであり、福島原発が地震の被害に遭った場合の危険性については以前から専門家が指摘しており、決して想定外の事ではなく、人災だとの声もあります。


地球科学者の石橋克彦さんは1997年から「原発震災」という言葉を使い、地震が原発に及ぼす危険性等について警鐘を鳴らしておられました。


「直ちに人体に影響を及ぼすものではない」

何度も繰り返される東電や政府からの言葉ですが、こういういい加減な認識。人の命よりも企業利益や政治家の対面を優先してきた結果が。今の日本の窮状を招いたといってもいいでしょう。


石橋克彦さんの「歴史地震研究のページ」を読むと、正直日本に住んでいるのが恐ろしくなります。

原発のある地域で大きな地震が起これば、即座に今の福島のような状態になってしまう。

海辺の街々は、「海がまるごと移動してくる」大津波によって丸飲みにされてしまいます。


「何百年に一度起こるかどうかわからないことで騒ぐな」


「そんな事をいっていたら日々の暮らしが成り立たない」

「きちんと対策を立てていれば大丈夫だ」

警鐘を鳴らす人を馬鹿にし、人の命を軽々しく扱ってきた結果がこれです。被害に遭った原発の処理というのは、きっちりしないと日本全体が危機に晒され、下手をすると地球全体を汚染するというのに、現場に派遣された作業員の方々はろくな装備も食事も与えられず、命を削らされているのです。


誰かの犠牲の上に成り立つ暮らし。


私達は、命あるものを食べ、多くの方の労働の上に日々生活しています。誰かが誰かを支え、支えられています。が、物事には限度というものがあります。


今回の地震とは別に、100年以内に確実に、日本を大地震が襲うといわれています。

しかも、複数の場所で起こる可能性がある。

沿岸の街々を大津波が襲い、54基ある原発それぞれが、甚大な損傷を負う危険性があるといわれています。


人は自然の力の前には無力です。


風や波、太陽をコントロールする事は出来ません。

どんな強靭な防波堤を作っても、地震や津波というのは海底のプレートそのものが移動し、海がまるごと移動してくるのです。どんな事態を想定しても、完全に防ぐ事は不可能です。


でも人には知恵があります。

最悪の中でも、出来る限りの最善をなす事が可能なのです。



しかし日本の総理大臣は、三陸沿岸の再生策についてこんな事を言っていました。

「山を削って高台に住むところを置き、海岸沿いの水産業(会社)、漁港まで通勤する」
「植物やバイオマスを使った地域暖房を完備したエコタウンをつくり、福祉都市としての性格も持たせる」
「世界で一つのモデルになるような新たな街づくりをめざしたい」


アホかーっ!!(お下品でごめんあそばせ)

エコタウン以前に。


今現在も、トイレの水すら流せない避難所があるんですよ。

薬が足りなくて命に関わる状態の人が居るんですよ。

原発で、命を削らされて居る人が居るんですよ。

沢山の人が自宅を捨てて避難所暮らしをし、畑や家畜も見殺しにせざるを得ない状況に追い込まれているんですよ。

1万人を超える方が行方不明なんですよ。

両親を失った子も大勢居るんですよ。


もう一度あの街で暮らし、漁に出たいという人も居る一方で、もう海辺には住みたくないという人、住みたくても、一家の大黒柱を失った人。ご家族全員が行方不明のご家庭も沢山あるんです。被災された方一人一人にささやかな、切ない思いが沢山あるんですよ。


何万人、何十万人という方が、利益重視の企業体質や国策のために、一瞬にして日々の生活を奪われ、未だ立ち直るどころか、生きていくのも精一杯な状況なんですよ。



復興対策の委員会には識者も呼ぶといってますが、石橋さんのような「企業や政府に好都合な事を言ってくれない人」は呼ばれないんでしょうね。


がんばろう日本とか、あなたは1人じゃないとかコマーシャルでは流れていますが、企業や国のトップの意識が変わらない限り、根本的にこの国のあり方を見直し、方向転換することは難しい。


日本人は大人しい。暴動を起こさないと、海外では絶賛されているといいますが。。。暴力では何も解決しないけど。どげんとせんといかんですよね。


日本列島
色々ギリギリ。。。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
 

2011-04-01

ダメ親父なんて要らないっ!!。

未曾有の大震災が起こってからもう3週間目になりますが、事態はますます緊迫したものになっていますね。

被災地の状況も依然予断を許さない状況が続いており、未だに支援物資が十分でない所、水も出ないところもあり、県外の市営住宅などに身を寄せる方もいらっしゃる一方で、避難所で亡くなられる方も出てきています。

震災以降、国の対応や東電の対応を見るにつけ、突然の災害に襲われても、国も大企業も当てにならないということが、悲しいですが、はっきりしました。

この国のトップも、東電のトップも、本気で国民の命を守る気があるのでしょうか?


数え上げればきりが無いのですが、ここ数日で一番呆れたのが原発半径20~30キロ圏内の方々に出された「自主避難勧告」です。


つまりこれは、「危ないかもしれないから逃げたい人は逃げてね。まあ無理な人はしょうがないけど」という、無責任極まりない通告で、この区域で暮らす人を見捨てたも同然です。


お金もあり、燃料も調達でき、身を寄せるところがあったり、即座に引っ越せる人はいいですが、そうでない人はどうすればいいのでしょうか?


寝たきりのご老人を抱える方や、ガソリンの調達の出来ない方、畑や家畜を持っている方達等、多くの方々が取り残され、不安な日々を過ごしておられます。


こんな勧告を出すのなら、国や自治体が避難場所を確保し、バスなどをチャーターして全ての方が避難できる環境を整えるべきですし、その間の衣食住の保障をすべきです。

又、酪農をしておられるところの家畜や農家の作物などについても、きちんと保障すべきです。

しかし実際にはそういったことを一切せず、ただ「お知らせ」を出すのみなので、現地の方は混乱し、心身だけでなく経済的にも大変な労苦を背負わされていらっしゃいます。


どの地域がどの程度放射能に汚染されているのか、またその危険性についてなど、素人が正確に判断できるものではありません。



ニュースでは、牛のお乳を毎日搾乳して捨てておられる酪農家の方や、原発から遥かに離れた地区でありながらも、出荷規制かけられているからと、青々とした野菜を処分せざるをえない農家の方々について報道していましたが、この方々にとって、家畜や作物は生きる糧であり、このままだと収入はゼロで借金ばかりが増えてしまいます。

他の仕事についておられる方も、いつ家に戻れるかの目処も立た無い状況で、子どもの学校すらどうなるかわからない状態です。

政府は直ちに各農家に専門家を派遣し、実際にそこの乳牛や作物がどの程度汚染されているのか、一軒一軒きちんとデータを出し、その上で、避難の必要の有無や、出荷規制の必要の有無を指示すべきです。

国民を守り、その生活を保障する、という姿勢に欠けている。自らの保身最優先でのらりくらりとはっきりしない情報ばかり流すから皆が混乱し、とうとう今後の生活を悲観して自殺する農家の方まで出てしまいました。


福島県は広い県で、東側の海沿いの「浜通り」、郡山福島の「中通り」それに「会津」の3つの地域に分けられます。

原発のあるのは浜通りなので、原発から遠くはなれた会津のものなんかは大丈夫じゃないかとも思うのですが、きちんとした調査をせず規制だけをかけ、風評被害も拡大し、多くの作物が出荷されないまま腐るのを待つだけで、作付け延期と言う、とんでもない事態になっているのです。

ちゃんと調査をして、汚染されていない農家の作物や乳牛等に関しては、商品に安全確認済のシールを貼って出荷してもらい、安全性のアピールをする等しないと、多くの方が借金まみれのまま放り出される事になってしまいます。

ACのコマーシャルがうるさいと問題になったといいますが、それこそその枠で「ここのお野菜は安全です」「このマークの牛乳は安全です」といったPRCMを現地の方の負担ゼロで作って差し上げて流すなどすればいいのにと思います。


畑は作物を収穫し、また土地を耕して種を撒かなければだめになってしまいますし、家畜も毎日搾乳し、餌を与えて世話をしてやらなければ死んでしまいます。

出荷できない作物を泣く泣く処分し、せめて土地だけでも生かしておきたいと耕す事さえ「放射性物質が拡散する危険性があるから延期しろ」とは、農家の人にとって死ねと言われるのと同じです。

完全に土壌汚染されている場所ならいざ知らず、ろくに調査もしないまま全県の農家に作付けを延期させる事については、専門家も首をかしげており、県や国には冷静な対応を検討していただきたいものです。


津波で町そのものが壊滅したり原発が爆発を起こしたりと未曾有の大災害ですから、被災の渦中にある方々や被災した自治体がパニックになるのは仕方ない事ですが、だからこそ国や県、東電のトップには、冷静で的確は判断が求められます。

今の国や東電の対応は、家が地震で壊れ、奥さんや子ども達が大怪我をしてわんわん泣き叫んでいるというのに、ただ1人無傷だった父親が「やかましい! ぎゃあぎゃあ泣くな! 抱きつくな! 俺の洋服が汚れるだろう!」とキレまくっているのと同じで、「全くお話にならない」状態です。「あんたがまず冷静になれよ」って話です。


・避難勧告が出ている地域の方々への避難所の手配と移動手段の手配。生活の保障
・作付け禁止による農家への被害額の保障
・半径20キロ地区以外の土壌汚染の度合いの徹底調査
・安全とされた地域の農作物や家畜が安全であるとのアピール政策


そして。


・全ての被災者の方が毎日3食食べられて入浴出来る環境に。
・原発で作業しておられる方々への十分な食事と休養、着替えなどの援助を早急に!!

そして。

被災児童が一日も早く学校に通えるように。


誰もが願っている事だと思います。


日本国内はもとより、世界各国から義援金や様々な支援の手が差し伸べられていますが、くれぐれも、有効に使っていただきたいものです。

毛布を数万枚送ると申し出てもらったのに、指定したサイズと20センチ違うからと断ろうとしたり、日本政府から救助犬の派遣を要請しておきながら、送り出そうとした矢先に「空港での検疫に1カ月かかる。1週間に短縮できるが、救助犬をその間管理できない」と言ってみたり(結局ワンコ来日出来ず) コメ数万トンの援助を「国内に余剰米がある」と断ったり。


奥さんや子どもが血まみれで苦しみ、見かねた近所の人が助けようとしているのに、無傷のダメ親父が「いやいや、うちは大丈夫だから。俺が何とかするから」と門前払いする、の図、ですね。



ダメ親父なんていらない。


今必要なのは、冷静にリーダーシップの取れる、尚且つ「愛ある指導者」です。


国会議員の皆さん。


総理大臣が頼りないのはわかっていますが、あなた方の今すべき仕事は「対立政党の議員をバッシングする事」では無いのですよ。

低次元な争いはやめて、苦しんでいる人々のために、力を合わせて精一杯の「愛ある仕事」をしてください。

今この国に、ダメ親父は要らないんです。



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
 
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。