--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-06-28

みきわめられないみきわめ。

限定解除5時限目。

みきわめです。


無理です(笑)


まずバイクをバックさせてから転回させ、発着点に押していく時点でひっくり返しました。インパルスは私にとっては随分ハンドルが遠いです。タンクも何だか大きくて、重心が上にある(私がチビなので)ので、バックさせたり取り回すのが正直きつい。しょっぱながこれだと心身ともに疲れてしまいます。


指導員の先生が(爆)


私はすばやく逃げて無事でした。はい。押すのも手伝ってもらえたし。


今日の担当は、ひこにゃん先生。指示は的確です。

しかし何と、明日検定受けるガールと同時教習。。。。


この私が同時教習!!


気の毒すぎます(先生ともう1人の教習生が。。)


ガールは検定受けるだけあって、もう完全に仕上がっており、華奢ながら取り回しも楽勝。こけるとかありえません。指定されたコースをすいすい走っていきます。

先生、「じゃあリカさんも2コースからいきましょうね。あの、走行中に転倒することはありますか?」

リカ「走行中は無いですが、乗り降りと停止でよく転びます」

先生苦笑。


スタートしてとりあえずSクランク。クランクの出口で外周走ってくる他の教習車を見て停まろうとするも、転倒。走るのに精一杯で余裕が無いのと、足つきが不安で停止するのが怖いため、うまくタイミングが取れないのです。

ひこにゃんは火の見櫓みたいな監視塔の上に居たので、他の担当の先生が引き起こしを手伝ってくれました。


上のコースでもこけました。

普通自動車の教習車両がゆっくり走っていて、停まるんだかなんだかよくわかんない挙動をしたとたん、右にバランス崩してしまいました。

低速で着いていくのも怖いし、停まるのも怖いです。


車から先生が降りてきて手伝ってくれました。


スラロームはコケはしないけど10秒台の蛇行運転だし、まだまだ荒削りすぎます。



ひこにゃんからの注意事項。


・S字やクランクで停止する時は、車体がまっすぐになるところで余裕を持って停まる事。

・全体的にスピードが出ていないので余計バランスを崩しやすい。その方が怖いので、もっと思い切ってアクセルを回す事。

・転び方が怖い。肩から落っこちていく感じで危ない。教習車でなかったら5回くらいは骨折していたと思うので、もっと脚からバイクを捨てて逃げるように転ぶ事。


当然オーバー確定なんですが、こんな事言われました。

「しっかし不思議と坂道発進では転ばないですねえ。降りてきた時も。足つき悪くて転ぶ人ってあそこも危ないんだけど」


坂道発進のところって、低いガードレールがあるだけで怖いんですが、確かに上りの停止も下りの停止もこけた事はありません。

「多分、あそこから落ちたら死ぬかもってのがあるんだと思います」


その時はそう答えたのですが、よくよく考えてみてある事に気づきました。

私が転ぶのは乗り降りと停止(信号や踏み切り以外)の時。

クランクの出口や、前を低速で他の教習車が走っている時など特に怖くて、相手がどんな動きをするかわからない事から来る不安や、上手に停まれない(踏ん張れない)不安から、シフトダウンもギクシャクしてしまい、ガタガタ低速になってバランスを崩してしまう。

でも坂道発進の時は勢いをつけて上るため、バランスを崩しにくい。下り坂もSクランクよりは道幅があるために、精神的に余裕があるから(多分)転びにくいのではないか。


ならば他の箇所でも、とにかく余裕を持つ事。つまりは「いつでも停まる事を前提に走る」ようにすれば、気分的に楽なのでは? と自己分析。


クランクやS字の出口は、他の車が来なければ停まらなくていいのですが、確認して来ていれば停まらねばならない。

なので、いつも「来ていたら嫌だな。どうしよう」という心理が働き、落ち着きません。で、来ていると「ヤダ来てる! ぶつかったら怖いな。早く停まらなきゃ!」と焦り、転倒する。


私のように足つきが悪く下手糞な教習生にとって、「普段は停まらなくていいけど、もし来ていたら停まりましょう」といったイレギュラーな判断を、S字やらクランクやら、ただでさえ神経張り詰めてテンパッてる時に要求される動作は心身ともに負担が多いのです。



ならばいっその事、「出口では必ず停まる。でも、他の車が居なければ停まらなくて良い」と、意識も行動も切り替えればいいのではないか。


と言う事で、脳内では完璧な走りに仕上げております(笑)


低血圧症の私にとっては、過酷な夏が近づいておりますが、熱中症に気をつけつつ、地道に頑張ります!!





にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
スポンサーサイト

2011-06-25

豪快ドクターと昔のオトコ。

無謀な教習5時限目。

ですが、実は週始めに右膝の調子が悪くなり整形に行きました。

教習による打撲で再発した模様。。私は関節の骨の形状がすこし出っ張っているので、皿付近を圧迫しがち。。と、別の病院で言われています。(レントゲンにもはっきり写っていた)、ここの先生は見立てはいいし、豪快。
ふむふむ。。。と話を聞いてくれました。この先生、むやみにレントゲンは撮らない。

問診の後は診察。

「頑張っとるなあ、痣出来とるで。痛い、ちゅうことは、体が止めてくれ! 言うとるサインやからな。まあ、2,3日安静にしとけばいいやろ。歩かんとき」

「ヒエ~!」

「無理かいな。ほな、痛み止め、飲むのと塗るのと出しとくわな」

「あの。。。土曜日に教習入れてるんですけど。。受けて大丈夫ですか?」

「痛かったら薬飲んだらええ。休んだら勿体無いがな!! それでも我慢できそうになかったら休まなしゃあないわな。でも休んだら金かかるやろ」



「ストレッチとかしてるんですけど、どんな風にしていけば」

「痛い所に負担がかからんようにする。まず3日間はその部分は動かさない。痛みが引いてきたら歩く。次に軽いジョギング程度の動き。そうして負荷を上げていく。膝に関してはそう。他のところは鍛えたらええ。骨の形は変えられへんからな。まあ今の体重体型を維持する事。あと、上半身を大きくしない!」

上半身?

「若い人の体は、胴体は細いけど、手足はしっかりして張りがある。腰もピンと張っとるやろ。でもお年寄りの体は、体が太ったり弛んどるのに、手足はガリガリに細い。そないなったらあかんねん。体重増やしたらあかんで。膝の負担も増えるしな。ま、来週になってもまだ痛みが消えんようならレントゲン撮ろか」


週末しか教習に通えないので、一週でも抜けると半月開いてしまう。しかしどうにも脚が痛い。診察後、念のため教習所に電話して休校措置のようなものがあるかどうか聞いてみたらそういったシステムは無いとの事。

「ああ、リカさんですかあ! まだ3ヶ月ありますから大丈夫ですよ! また通えるようになったら来て下さいね!」

電話口のお姉さんは親切に答えてくださいました。3ヶ月と言っても週1教習なので、回数で言うとそうありません。ここは何としてでも治したい。 膝の故障で怖いのは、痛い→動かさない→どんどん筋力が低下する→支えるのがより辛くなる。。事。この負のスパイラルを撲滅すべく、暫くご無沙汰していたマッチョ体型の彼と一緒にトレーニングを強化する事にいたしました!


ビリー隊長
暫くぶりの彼。(顔も体型も全然好みじゃない・笑 やたらと健康的な人って一緒に居て疲れそう←こら)


ブートキャンプはハードと思われがちですが、きちんとした体勢で取り組めば、腰や膝におかしな負担がかからないのがよくわかります。

仕事から帰ってすぐ彼とトレーニングするのは正直ハードでしたが、「諦めるな!」「努力すれば結果はついてくる!」と言った前向きワード満載で励まされる1時間。血行もよくなるのが実感できました。

結果。


何とか今日の教習は、受ける事が出来ました!!


内容は。。。後ほど(勿体ぶるほどのモンでもないですが)。。。。

暫くマッチョ体型の彼と頑張ります!



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2011-06-20

oketsuは魔法の呪文。

無謀な教習3.4時限目。

今日は調子が出なかったです。ただでさえへたくそなのに更に調子が出ないのです。


前回の全身打撲教習より1週間。

この1週間、首と肩と腕が痛くて、筋トレの類は全く出来ませんでした。(ぎゃふん)乗車する際右側に転落してしまい、フェンスに貼り付けてあったタイヤに頭から突っ込んだ際、筋を痛めたみたいで。。両腕が真上に上がらないほどで。。


なので今日の教習は1時限休憩を挟んで予約を取りました。&、脊椎パッドと肩&腕パッドの入ったメッシュジャケット。膝と腰にコルセット。その上にレインスーツ、と、重装備で挑みました。雨上がりだったので路面が濡れているし、クランクやS字の横の砂場は湿っているので、転んだら泥まみれになってしまうので。。。腕時計も前回同様外しましたよ~。転んで腕ついたときに危ないですからね。一番低いシートでも足がきちんと届かないので、自分の身は自分で守らないと!


配車カードにあった名前は以前も教わった事のある先生でした。4輪の一回目の検定員もされてまして、私が縦列でポールに当てちゃった(やり直していいですよと言われ、ハイ! と返事して切り返すなり当てる、という衝撃の展開)時、横で「うわあああっうわああああっ!!」と叫んだ先生です。


ニックネームは。。。この人に限っては浮かびません(どーでもいいけど・笑)

「今日は急制動もしますからね~」

ひ~! 


限定解除ってホントスピード鬼畜教習ですねえ。。私は乗車と降車と停止だけをゆっくり教えて欲しいなあ。。。


「じゃあ乗ってみてねえ」


あのう先生。。。


私、このシートじゃ足が届かないんですけどお。。。


「あれ? きつそうだねえ。前これたった?」

いや。あなたが手に持ってるそれ! それですよ! 一番低いシート!! それ頂戴!!

「あ、こっち? じゃあ交換しましょうねえ」

引継ぎとかないのね。。。。


何とか跨ったものの、今日は他にも教習生が居てコースが混んでいるので精神的にきついです。クランクやS字で外周見て止まらなきゃいけないし。で、またスタートして、すぐ直角にカーブしなきゃいけないし。そうなると私のように片足つま先しか届かないものにとっては物凄い恐怖なんですよね。。

あと、先生によるんでしょうが、外周からS字に入る際、この先生はアクセルを回して限界まで引っ張れとおっしゃる。

で、入る直前に2速。S字出たら先生によってはそのまま2速で引っ張ってローに入れてとおっしゃるんだけども、この先生は加速させて、直前に減速と。

これも怖かった。他の先生の時にはもっと早く丁寧に減速していくって小型の時に教わってたし、怖かったら低速で引っ張れとおっしゃって、その方が気分的に楽だったんだけども。

400になると小型よりパワーもあるし加速もいいので、私のように免許はあるけど日常的に乗りなれていない、しかもきっちり足が届かないものにとっては恐怖感が増すんですよね。急制動も、小型の時は30出せば良かったんだけど、40まで出さないといけないし。。もうスイスイ加速しちゃうので怖かったなあ。。。なのでブレーキをそれはそれは慎重に使ったのでコケはしませんでしたが、「ブレーキが早い」と言われてしまった。


S字クランクも、すいすい行くのが怖くてよりにもよって前ブレーキを握ってしまい、ガチガチになっていたもんだからスロットル回しちゃって右に転倒&転落)

受身だけは前回の教習で慣れている(自慢してどうする)ので、足挟まれないように飛び降りで肩から転落。

「次はスラローム行きます。アクセルを回して! 回して!」

怖くて回せない。。。ので、外周回りながらアクセル回して。。。戻して。。。の繰り返し練習。上体を持っていあかれそうになったら腹筋を使えとな。見本を見せてくださったんですが、かなり車体を寝かすんですね。実際やろうとすると恐怖感が先に立ってしまってなかなかうまくいきません。


私の恐怖感が何処から来ているかというと、「足が届かない事からくる不安感」と「派手に転落して痛かったトラウマ」と「事故のトラウマでコンクリートに叩きつけられるのが怖い」「膝と腰に故障を抱えているので、大事になるのが怖い」と、理由がはっきりしているので、これはもう自分で克服するしかありません。慣れしかないですね~。で、スラロームの練習しながら気づいたんですが、この体重移動ってあれですよあれ!


KARA。
あれ↑

そう、KARAのお尻ダンス!!

なので、外周回って計測地点に来ると、「ミスター」が頭の中でぐるぐる。。。先生が「アクセル! 右膝!! 左膝!」とマイクで指示してくれている間、私はお尻で体重移動しつつ「oketsu。。oketsu。。」と呪文のように唱えておりました。バイロンの横に差し掛かったらヒップダンスを思い出しつつ「LALALALA..」と歌いながら心の中では「oketsu」と唱えてアクセルとちょっと回す。(←振り付けっぽくする)次に差し掛かったらまた「oketsu」

こけませんでした!(但しタイムは10秒台←話にならん)

この「oketsu呪文」は色んな場面で使えますね。

S字やクランクで、カーブ毎に速度に体が着いていかない気がして怖い時なんか、「oketsu oketsu」と唱えるとあら不思議。しっかりニーグリップ出来る上に上半身の力が抜けるんです!!


バカバカしいですけど。。。


バカバカしすぎて恐怖心も薄れてくれるので結構有効です(笑)

KARA。
oketsu!


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2011-06-15

のぼせまくるのアノ人に。。。

まだ梅雨フェスWestも終わっていないのに、真夏の弾き語りツアー『愛にのぼせる夏休み』&秋の東西ライブ『秋にのぼせろ』の告知があったミドリカワ書房。

秋にのぼせろ
男前ですねえ。こうしてみると。それなのになんで今まで一緒に撮って貰った写真は、わざわざ白目剥いたりヘン顔したり、おかしなのばっかなんでしょうか。まあ、私の時だけじゃなくて、他の人との時もずっとヘン顔してたから、シャイボーイなんだな。。。と思う事にしてますが(笑)


7月にはメジャー復帰第一弾のアルバム『愛にのぼせろ』のリリースも控えており、なんだか物凄い勢いの伸ちゃんでございます。

早速ナタリーに新曲『君は僕のものだった』のpvがアップされており。。。恋人役がなんと片桐えりりかさん。で、作曲は伸ちゃんじゃなくて、思い切り売れ線のメロディーラインで、正直曲だけ聞くと(出演者と内容はさておき←さておくな)「こういう曲調って、よくミュージックステーションなんかで聞くなあ。メジャーになるとつまんなくなるのね。。」なんて思っちゃったんですが、最後の歌詞がやっぱりミドリカワ書房でした。


もうサイテー(笑)←褒め言葉です。


こうしてみると、恋人役がえりりかさんってのもある意味納得かなあ。。。でも先日の室内花火事件は伸ちゃんサイドにしてみれば想定外だったのではないかしら。さすがにあれは笑えないというか、伸ちゃんのメジャー復帰アルバムのイメージへの影響が。。


大人の洒落。とか、シニカル、とか、アーティストの毒、とか。そういうのって、品性の上に成り立つと私は思っているので、単なる下品は話にならない。一緒くたにただの色物、キワモノ扱いされ無ければよいですけど。今までのミドリカワ書房のpvはどれもクオリティが高いので、ちょっと?マーク。


でもこの人の魅力はやはりライブ会場で全開! だと思うので、今月末のフェスに期待してます。

梅雨に夏に秋に。

ミドリカワ書房にのぼせ倒しませう。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2011-06-11

無謀な教習1.2時限目。

いよいよ自動2輪MT限定解除の教習が始まりました。私の通うほにゃらら教習所(ほにゃ教)の教習車両はこれ!


インパルスガンダム。

。。。インパルスガンダム。



じゃなくて。

インパルス

スズキインパルス。

教習車両と言えば、どの方のサイト見ても大抵CBCB仰ってるんですが。。。なんかタンクが大きくて、チビには乗りにくそうなバイクですね。


インパルスって、衝撃って意味ですよね。


衝撃の教習車。

教習車の名前が衝撃。


何その戦ってます感。もっと穏やかな雰囲気でいいんですけど(笑)




いや~


衝撃というネーミングに相応しく、重いわデカいわ転んだら痛いのなんのって。 


審査の時はどうにか引き起こせましたが(先生のサポート付き)、いざ教習が始まると取り回して跨るだけでも体力を消耗してしまい、転んじゃったらもう力が入らん! キイ!!


最初は小型からになるんだろうな、と思っていたんですが、いきなり400でのおさらい。跨るなり転落してフェンスのクッションタイヤに激突とか、停止するなり右に重心が移って支えきれず転倒(というか落っこちた)し、両手思い切りついちゃって痛くて痛くて。バイク用のグローブしてたし、サポーターやらコルセットやらでがちがちに固めていたから助かったけど。。こりゃバランス感覚つかむまで前途多難だわ。でもやっと感覚を掴めそうなときに終了時間が来てしまったので、「もう一時間空いてるけど乗りますか?」って聞かれて思わず「がんばります!」って言っちゃったですよ。


1時限目は小型の時にもお世話になったベテランマザーグース指導員。「取り回しだけで体力消耗しちゃうから、取り回しは無しでしてあげてね」との申し送り。2時限目は理論派の王将指導員。

いやー。


もうくたくた(笑) 多分先生もくたくたであったと思う。他に男性教習生が三人居たんだけど、跨るだけで落っこちる人なんて皆無だから、先生も引き起こすの手伝ったりしなくていいし。。私に当たる先生には転落介助と引き起こし介助の特別手当を出してあげて欲しい位だ。小型の時と違ってバイク自体が大きくて重いので、バランス崩した時にすとんと両足で飛び降りて着地出来ないのよね。思い切りすっ転ぶんですよ。手のひらも指も脚も強打してじんじんする。。。そんな状態で引き起こすといってももう全然力が入らない。。 それでまた減速や停止するのが怖くなってしまうんですよね。 


私がバイクから落っこちる理由

1 乗り降りする時に足が届かなくて支えきれない。両足を遠くに出しすぎる。

2 減速して停止する時、ギアのローの位置がすんなり確認できず、バランスが崩れるのが怖くてリアブレーキを強く踏み過ぎる&フロントブレーキを強く握りすぎる。

しかし外周走るのは気持ちよかった! 笑顔が出てしまった! 

何せ基本教習時間は5時間という鬼畜メニュー故、ミッション車は1年ぶりで400の教習車は初めて、足がきちんと届かないにもかかわらず、一時限目から一本橋とスラローム。2時限目からは4輪との合同コース。坂道発進とか下り坂のカーブとかもう生きた心地がしませんでした。(下り坂カーブでは案の定ブレーキ握りすぎて転落)


でも不思議とスラロームでは転ばない。。。って私のはただの蛇行運転だから!

ただの蛇行運転にならないために。。。
バイクから落っこちないために。。。



・計測地点にはなるべく加速して、最初のバイロンの対角線上から一気に入る事。

・その時アクセルと少し回し、すぐに戻す。バイクが自然と蛇行するので、前輪が最初のバイロンの横に着たらすぐまたアクセルを開け、すぐに戻す。その際視線は次のバイロンを見ていること。

・怖くて前傾姿勢になりがち。それだと腕が硬くなりうまくバランスが取れない。心持上半身は反らす位の気持ちで力を抜くと、下半身でしっかりニーグリップできる上に腕に余計な力が入らず操作できる。

・赤ちゃんの体を動かすような気持ちで、ブレーキもアクセルも軽く動かすように。力を入れすぎるのでロックがかかって振り落とされるしうまく操作できない。アクセルは軽く入れたらすぐ戻す感じで。


・停止して足を着く時、なるべくステップの真下に足を下ろす感じで。踏ん張ろうとして車体から足を離しすぎるので、余計バランスが崩れるし怖くなって落っこちる。


なるほど~プロのアドバイスは的確ですね。

まあ、私がすぐにそれを実践できるかですが。

王将先生は教習後、コースに出て事細かに説明してくださり「条件的に色々厳しいですががんばりましょうね」と励ましてくださいました。

チビ。

短足。

40代。

女性。

腰痛持ち。

膝故障持ち。


確かに条件的に厳しいですね(笑)

ここはカードを配車マシンに入れると担当指導員の名前が入った紙が出てくるしくみ。

それみて教習生は「今日の担当は○○先生かあ」とか、「当たり」とか「大凶」なんて思うわけです。

でもこれって先生の方も一緒でしょうねえ。

「ええっ、今日俺あのちっこいオバサン!? 何回引き起こすの手伝わなきゃいけないんだろ。。。」とか。



まあ堪えてもらうしか(oi!)


インパルスガンダムから落っこちた回数。


1時限目…3回。

2時限目…3回。(マザーグース指導員から、3回転んだから次は2回に減らせるよう頑張りましょうって言われたけど無理だった)

ガンダムを放り投げた回数。(乗るときや降りてから等に、支えきれず放り投げました)

1時限目…2回。

2時限目…2回。


ガンダムごめんねええ。。。しかしアナタ、野蛮君より随分大きくて重いわね。


サベージ

早く乗りたいチビ痩せマッチョの野蛮君。

インパルスガンダム。


なのに教習車両はビッグマッチョな衝撃のガンダム。ああ衝撃。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ


<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。