--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-07-29

東京乙女藝術紀行2。                            激情の人。その1

キティちゃんグッズを買った足で向かったのは根津。弥生美術館と竹久夢二美術館で、「永遠の華宵展」と「センチメンタルビューティー・夢二式美人展」を見るためです。


華宵
高畠華宵「(仮)出番を待つ」


夢二
竹久夢二「本竹居」


華やかな華宵もいいですが、私は憂いを帯びた夢二の絵の方が好きです。華宵の作品はひたすら夢や憧れを掻き立てますが、夢二の絵には人生があります。


夢二の絵というと、何とも言えない曲線の美人画が有名ですが、展示作品の中で私が一番衝撃を受け、好感を持ったのは、「クラスメート」という小さな白黒の作品でした。

女学校の同級生の結婚後の環境の違いを描いたもので、人力車に乗る華やいだ格好の女性と、子どもをおんぶした所帯じみた風貌の、けれども幸せそうな笑みを浮かべた女性がすれ違うワンシーン。夢二という作家の洞察力の深さを物語っている一枚です。

この絵は画集、春の巻に収録されていたのですが、当時この絵を目にした中国人留学生であり、後に母国で漫画家となった豊子(ほう しがい)は、「それまで見た絵のうちで、最も印象深く、忘れることのできない絵」と、放心するほどの衝撃を受けたそうです(大野公賀さん著の論文より引用)


華宵の絵が人々に与える感動が、華やいだ幸福感や憧れといった、いわば「夢」であるならば、夢二の絵が与える感動は、心の深淵にある小さな空洞をふいに突かれる様な「静かな衝撃」だと思います。

「華宵御殿」と言われる豪邸に住み、寝間着一枚にも華やかさを求め、おとぎ話のような暮らしを好んだ華宵と違い、「恋多き人」と言われた夢二の人生は波乱に満ちていました。

売れっ子作家であり、たまきという美しい妻を持ち、子宝にも恵まれ、そのまま普通に暮らしていれば十分に幸せであるはずなのに、彼はその病的ともいえる恋愛体質故、自分だけでなく周囲も不幸にし、悩み多き人生を歩むことになります。



たまき
生涯ただ一人、夢二と籍を入れ妻となり、子を産んだ 岸たまき。


たまきと夢二はもう腐れ縁といってもいいような関係で、一人目の子が生まれて間もなく離婚するも、同棲、別居を繰り返し、その後、さらに二人も子どもをもうけています。

離婚して6年後、たまきの自活のためにと「港屋絵草紙店」を開店するのですが、そこを訪れた画学生の笠井彦乃
と恋愛関係に陥ります。


彦乃
夢二と彦乃。

裕福な家の娘であった彦乃は、当然父親から夢二との交際を反対されますが、二人は駆け落ち同然に京都に移り、一緒に暮らし始めます。が、彦乃は間もなく病に倒れ、入院を機に父親に連れ戻され、25歳の若さで還らぬ人となってしまいます。


この彦乃は、文献によっては「夢二が最も愛した女性」と書かれていたりもし、彦乃と引き裂かれ、先立たれた夢二は大変な傷心であった。。。とも言われていますが、彦乃が入院して会えなくなってから、夢二は年の離れたまだ10代の人気モデル、お葉をモデルとして迎え、彦乃が亡くなった翌年にはお葉と暮らしています。

 
お葉
お葉。

夢二の絵は美しく哀愁がありロマンチックです。が、静かで小さな美術館で彼の絵を見、書いたものを読み、年譜を見、私が感じたのは、夢二は「恋多き人」などというロマンチックな言葉では語る事の出来ない、「激情の人」であったという哀しい現実でした。


夢二を取り巻く女性としては上の3人が有名ですが、この他にも大勢、「心惹かれた女性」「心通わせた女性」が居ました。けれども夢二にとって幸せな恋愛成就など無く、生涯笑顔で添い遂げた女性も居ませんでした。


「私はあまりに女性の美を知りすぎる。また女性を愛しすぎる」(夢二の日記・大正4年4月6日)



夢二という人は、何故このような人生を歩まざるをえなかったのでしょうか?


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
スポンサーサイト

2011-07-28

オタク道、極める。

個性派アーティストのミッチーと、元宝塚娘役トップスターであり女優の壇れいさんがご結婚されましたね。

ミッチーご成婚。

ファンを大切にするミッチー故、マスコミ発表される前にFC会員にちゃんと報告がありました。ミッチー、壇ちゃん、おめでとう!!


見ているだけで麗しい美形カップルですね。


宝塚ファンのミッチーにとって、元ジェンヌ、しかも娘役トップの女優さんを射止めるとは、究極のオタク道を極めたとも言えるでしょう。

麗しのお城のカップルとして、添い遂げて頂きたいです。

但しライブでのセクシーパフォーマンスや挑発パフォーマンスはもう難しいでしょうねえ。。。。私生活とアーティストミッチーは別物。。。とはいえ、エロエロパフォーマンスもキャピキャピパフォーマンスもやはりミッチーが独身貴族だから許されていた事&ファンも笑顔でノッていられたわけで。。。。

大人な恋愛。インモラルな恋。危うさを漂わせる歌詞。挑発的なダンス。そういった路線を続けるのは40代既婚男性にはちょっと難しいでしょうね。

元々俳優さん志望ですし、徐々にシフトしていくのでしょうが、アーティスト及川光博にはこれからも歌い踊り続けてほしいです。

素敵なパートナーを得て、どんな風にアーティストとして成長してゆくのか。

次回のライブが楽しみです。



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2011-07-27

白バイキティちゃん。                   東京乙女藝術紀行その1

東京乙女藝術紀行。

東京駅の夜行バスステーションに着いた私は、ラウンジで休憩してから新橋の女性専用スパへ参りました。落ち着いた店内はパウダールームもなかなかリッチな雰囲気で良かったです。朝食をとり、お着替え。

入店した時はジャージ姿でしたが出る時はパーティールック。(といってもお気に入りのワンピースにアクセサリーをちょこっと。ですが)

受付の人、驚いたかしら。


帰りもここに寄るつもりなので、駅のコインロッカーに大きな荷物は預け、東陽町の「江東運転免許試験場」へ。
目的は警察限定キティちゃんグッズの、「白バイキティストラップ」!!

警察関係者の方はネットで買えるようですが、こんなバカバカしい事を頼める知人は。。。。居ないし。一般の人が買える窓口は限られていて、大阪や神戸には無いし。なので、機会があれば是非訪れたいと前々から思っていたのです。何せ気ままな一人旅。チャンス到来!

ここに無ければ鮫洲まで行かねばならない。

府中となるとちょっともう無理。

ありますように。。。

食堂横の小さな売店。はい。ありました! キティちゃんグッズは手の届かない所にあり、販売員の方が親切に「どうぞ見てくださいね」と、わざわざ出して並べて下さいました。


お目当ての白バイスタイルのほか、婦警さんスタイルキティちゃん&ダニエル君のぬいぐるみやタオルハンカチ、柔道スタイルのストラップ等もありましたが、悩んだ末、白バイキティのファスナーマスコットとチャーム付のシャープペン、クリアファイルを購入致しました。お値段はどれも一般のサンリオショップにあるキティグッズより廉価です。



警察キティ。


さて、この江東運転免許試験場。入口を入ろうとしたら、一枚の貼り紙が。

「免許の更新等以外での入館を禁止します」
「館内の撮影などは禁止します」

といった内容が書かれていて正直緊張しました。
今はブログしてる人も多いし、携帯で何でもパシャパシャする方も居ますので、こういった試験場でそういう行為がよろしくないってのはよくわかります。

売店直行もまずい。。。のだろうなあ。。。しかしここまで来て諦めるのも。尋問されたら素直に話して謝るしか。

呼吸を整えて中へ。

日曜といえども更新の方なんかで賑わっていましたが、この中に、「キティちゃん目当て」で来た関西人なんて多分私一人だろうし。。。私は売店の写真なんか撮るつもりは無いけど、中に入ると係りのおじさんが「申請書はこちらです!」と否応無って感じで声をかけてきた。ここは曖昧な笑顔で曖昧な会釈をして通過。人の流れに乗り、階段を上がり、売店に向かいました。


買い物したら速攻で階段を下りて外に出たのは言うまでもありません。写メなんてとんでもないわ。


免許の更新やら講習やら試験やら、たくさんの人が真剣に集う場所、試験場。


私も正に今免許を取るべく奮闘しているので、ここの売店だけに用がある、という行為がどんだけふざけたものであるかはよくわかっています。

でもお許しください。

大好きな物が欲しい。という、この他人から見ればバカバカしくも真剣なファン心理もまた、真実なのです。



白バイキティ。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2011-07-25

東京乙女芸術紀行。

検定落ちたので傷心旅行して来ました。


なんて(笑)いえいえ、以前から決まっていた旅行です。



敬愛する少女画家、高橋真琴先生の喜寿記念画集、「MAKOTOPIA」の出版記念展&パーティーの案内を、もうずっと以前に頂いていて出席すると決めていたので、往復夜行バスという強行軍で行って参りました。



せっかくなのでほかにも色々行ってみたいということで、マニアックなスケジュールに。

早朝東京着。バス会社が提携している女性専用スパで休憩と朝食を済ませ、東陽町の江東運転免許試験場に。売店にて白バイキティちゃんのストラップ等購入(警察限定品なので素人はネットなどで購入不可。販売窓口も大阪神戸には無し)またまた地下鉄に乗り、根津の「弥生美術館」へ。華宵、夢二の美しい絵に時を忘れる

弥生美術館
弥生美術館。目の前は東京大学。

隣接するレトロなカフェで昼食を取り、広尾の中原純一ショップ、「それいゆ」へ→エレガントな店内は見ているだけでため息。お買い物を終えると表参道の個展会場へ

ヘムスロイド
会場となるヤマナシヘムスロイド。

昔使っていたと同じ、筆箱やノート、スケッチブック等の可憐なイラストの入ったグッズの展示もあり。真琴先生の絵は本当に観ていて飽きません。神業としか言いようのない素晴らしい筆致。大きな瞳に星の光る少女画は永遠の憧れです。

一旦会場を出て、明治通りをぶらぶら。

時間が来たので先ほどの個展会場(パーティー会場)へ。


真琴先生


パーティーは盛況でした。真琴先生の真摯で飾らないお人柄のせいもあるのでしょう。素晴らしいトークイベントもあり、皆が笑顔のひと時でした。


パーティー終了後、画集にサインをしていただき、ご挨拶をして帰途へ。

昔と違い、夜行バスといっても女性専用車がありますし、シートも工夫されているのでゆっくりと休めました。


盛りだくさんだったのでまたそれぞれまとめてUPします。

って。今週は補習なのですが。

そういえば、とうこちゃんのミュージカル・ミツコのレポもまだですねえ。。


先月からずっと生活がバイク一色でしたから、久々に美しい芸術に触れ、リフレッシュ致しました。失敗してもへたくそでも教習は楽しいですし、バイクに乗りたい。早く免許が欲しいですが、やはり私は美しいもの、絵画や芸術に触れる事も大好きなのです。

「それいゆ」で買ったストラップのパッケージには、生涯美を追求し続けた中原淳一の詩が印刷されていました。

。。。。。。。。。。。


もしこの世の中に、風にゆれる花がなかったら、人の心はもっともっと、荒んでいたかもしれない。

もしこの世の中に、小鳥が歌わなかったら、人は微笑むことを知らなかったかもしれない。

もしこの世の中に、愛する心がなかったら、人間は誰もが孤独です。


中原淳一



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2011-07-21

のぼせて撃沈。

今日は自動2輪限定解除の卒業検定でしたが、落ちました。

検定スタート。

外周回ってSクランク。S字通過。クランク通過。で、出口で左折するところ、スルスルと正面の壁に引き込まれるように激突。中止となりました。


バイクは行きたいところを見るとそこへ行く。

はい。行きました。行きたくなかったけど。

検定前の自由教習では転倒もコースアウトも無かったんですが。。。車両もガクガク君からスイスイ君に変更してもらったし。

私にとって、事故のトラウマを誘発させるSクランクは小型の時から鬼門。で、怖い怖いじゃどうにもならないので「大好き大好き」と言いながら通過していたんです。そうすると上手く行くので。

その「大好き大好き」はこの方のアルバムから来ています。


愛にのぼせろ
ミドリカワ書房新装開店。『愛にのぼせろ』


この中に「グッドモーニング」という曲があるのですが、そこの「先生 先生 今日も 大好き」という歌詞がすとーんと来たんですね。

大好き。

何これ!

大好き、なんて歌詞を書く人、あんまり居ないですよね。ストレートすぎて。私がミドリカワ書房が好きなのはこういうところ。思い切りストレート。媚びの無い直球ど真ん中。で、メロディーもテンポも歌詞も、検定コースをサクサク走るのにちょうといい。緊張しがちなSクランクも一本橋も、「大好き大好き」で(私にしては)すんなり通れるんです。

で、検定前教習でもそれで上手く行ったので、検定でもつぶやきながら走りました。外周回って最初にSクランク。目線は常に行きたい方向を見て。大好き大好き。。。。

出口。

すぐ左折しないと目の前は壁。なのに。「目の前は、壁」と、壁を見てしまい、大好き大好き。。。と壁に激突しました。

なんか一瞬体が浮いた気がする。。。

前輪が壁を遡った気もする。。。。


斜めに浮いた車体から飛び降りた気がする。。。


無傷で転びもせず足から着地しましたが。。。。


検定員の先生唖然。

ああ、また新たなるレジェンドが。。。。。


小型の時はsに入ろうとしたその瞬間、何故かコースアウトして砂場に突っ込んだし。。。


検定落ちる時って、普通の方は一本橋で落ちたり、クランクやスラロームでコーンに当てたりってのがよくあるみたいですね。坂道発進でエンストして後退したりとか。

私みたいなことやらかす人ってそうそういないみたいです。


「ちょっと力入ったな」と言われましたが。

「クランク通過して気が抜けたのかな?」とも言われましたが。

そういうレベルの問題じゃない気が。。。。自分の特殊性というか。。。またまた実感してしまいました。


これが公道なら間違いなく大惨事ですから合格なんてしなくていい。まだまだ練習しなくちゃなんですが。。


こういうのって、補習云々で解決できる問題じゃない気がする。。。。

スケジュールが詰まっているので次の検定は8月に持ち越し。

落ちたら毎回受けようと思います。

まだUPしていませんが、これまでの経緯。

・教習14回(日記は途中)

・自由教習2回

・検定一回。のぼせて撃沈。

根性叩きなおして頑張ります!





にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。