--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-08-29

2輪の路上教習。

先日、とある集まりで、久々にお会いしたバイク乗りの方がいらしたので、「やっと400CCの免許が取れました」とお話をした。

ほにゃらら教習所の話をすると、「そりゃまた物凄いハイレベルなコースですねえ(笑)それだったら路上に出ても十分やっていけますよ。僕の通っていたところは所内はそんな危なくて難しいコースじゃなかったですから。でも路上教習はちょっと怖かったなあ。慣れてくれば楽しかったけど」

と仰った。

路上教習って。。。4輪との合同コースの事ですよねえ???

「いえいえ、外に出るんですよ、先生と一緒に街の中を走りました。楽しかったですよ」

ええええええ!?


バイクに路上教習があるなんて初耳です!!


「それって検定受ける前の話ですか?」

「ええ。検定受ける前です」

聞けば、マンツーマンというわけではなく、先生一人と複数の生徒で街中に出て走ったとの事。殆ど車の通らない田舎道。。ではなく、それなりの街中だったとか。仮免、ということになるのかな、きちんと見極めに合格した人だけだそうですが、それにしても何と豪快な。。。足がきちんと届かないような女性教習生なんかはかなり危ないんじゃないかと思いますが、そうでなければ楽しいでしょうねえ。私はあのインパルス400で路上に出るなんて、想像するだけで鳥肌ですが(笑)生きて帰れないし。。。。

多分まだ20代の方なので、そう昔というわけでもなさそうですが、そんな教習所もあったんですね。今も2輪の路上教習しているのでしょうか。4輪のように補助ブレーキも使えないので、指導員の先生も周りの一般車も戦々恐々でしょうが、生徒にとってはいい思い出でしょうね。


ちょっとびっくりしたエピソードでした。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
スポンサーサイト

2011-08-28

一流ビジュアル系。

ウクライナ出身の4人組ダンスパフォーマー、KAZAKY。



昨年、「In the middle」がYoutubeに投稿された事をきっかけに人気が出て、欧米諸国のイベントやショーなどに出演しているそう。素晴らしい肉体美に反して、足元は高い高いピンヒール。振り付けも大変セクシーかつアクロバティック。今まで無かったスタイルの洗練されたパフォーマンスです。


私はマッチョ体系の男性は無理。。なのですが、彼らの体は一流のダンサーのもので大変しなやかなので、不快感ゼロ。腋毛を綺麗に処理しているのも好感度アップでございます。


大変バカバカしい話かもしれませんが、私は歌手でもダンサーでも、「ビジュアル系のパフォーマンスする男性の腋毛が見える」というシチュエーションが無理。なんか、物凄く気取っている人がしゃがんだ途端、思いがけずパンツが見えちゃった、とか、凄く美人の人が笑ったとたん、前歯に味付けのりがくっついていた、とか、そんな感じのトホホ感というか、バッチさ、というようなものを感じてしまうのです(おかしいですか? おかしいですよね。ええいいですよ、そんなことはわかってますからはい)。


別に、市民プールで子守してるお父さんとか、アーティストでもタンクトップ姿のミックジャガーとか、そういう人達はいいんです。見えても。かたや素人のオッサンですし、ミックジャガーは世界的なロッカーだから。男!!なアーティストは見せていい。でもビジュアル系、さわやか系(特に美少年系)の人が見せた途端、あちゃー、な感じがするのは、やはり、「こう見えてもやはりオッサンだったのか」的なだらしなさ、動物臭を感じてしまうからかもしれません。だって、マネキン人形には腋毛、無いもの。整った外見、素敵な衣装、なのに無防備にワキから覗くちぢれた毛。あれはね、鼻毛と同じ扱いでいいと思いますよ。非常にアンバランスです。ビジュアルで売る人は、袖無しを着るならちゃんと処理した方がより美しいと思います。


。。。と、熱く腋毛論を語ってしまいましたが、このKAZAKY、当初は恋人同士が二組だったそうですが、今は一人脱退し、別のメンバーが加わっています。ゲイの方、というと、日本ではお笑いキャラ、オネエキャラで売ったり、バラエティなどでもそれを周りも茶化したり、という扱いが多いのですが、KAZAKYのパフォーマンスを見ていると、マイノリティなどではなく、きちんと確立された、れっきとした「一つの性」である事がよくわかります。





以前、テレビでミッツマングローブさんが、他の男性ゲストにハイヒールを履いてもらって歩き方をレクチャーする、というのをしていましたが、どの人もまずまっすぐ立つ事が出来ませんでした。

履きなれていない、というのもありますが、男性と女性とでは骨格も違うので、ただサイズが合っていても、体重を支える面積が狭いハイヒールは、女性よりも体の大きな男性には、非常に履き辛く体を支えにくいので、ちゃんと歩けるようになるまで練習が必要。これがピンヒールとなると尚の事大変で、女性でも、そんなものを履いて激しいダンスを踊ることはなかなかに難しいでしょう。(マドンナ姐さんはピンヒール履いて、くるくる回る馬の鞍に飛び乗って「ライクアバージン~」と歌い踊っていましたが、あの人は特別です)

けれどもKAZAKYのメンバー達は、ピンヒールを履いて、非常にアクロバティックでセクシーななダンスを踊ります。

声も体も男性のそれなのに、女性的なしなやかさを持った美しい人達。そして、一流のダンサーなんだな、と、見ている者は衝撃を受けます。


PVもいいですが、私はショーのパフォーマンスが好きです。



youtubeに動画があるので、よろしければ是非。公式サイトも洗練されています。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2011-08-23

自由と責任。

なんかふと思ったんですけども。


というのも、某SNSから「最近あんまり利用していただけてないみたい云々」みたいなメッセージが来まして(笑)

まあ大きなお世話というか、私はあの手のものは災害時の連絡ツールとして確保しているだけなので、自分の写真も晒していないし、自分からはコメントもしないし、わざわざ友達検索もしないし、積極的に日記やら写真やらアップしていません。



ネット上に何かをアップする、ということは、全世界に向けてそれを垂れ流す事だと思っているので、私は実名登録のサイトに自身の顔写真や出身校その他、細かな日誌などを載せる気にはならないのです。


先日、語学留学中のお嬢さんが海外で事故に遭い亡くなられましたが、当初ご家族の要望で氏名は非公開になっていたにもかかわらず、彼女がネット上に残していた数多くの写真があちこちに張り付けられており、随分心無いことをする人も居るものだなと暗澹たる気持ちになりました。


ネット上に写真などをアップする際、マナーとしては自分以外の人の顔は隠すか、載せるなら本人の了解を得てから、というのが基本ですが、多くの方がこの基本的なルールを守っていないように思います。件のお嬢さんの写真にも、沢山の人が一緒に顔出しで写っていましたが、全ての人がネットに載せることを了解していたのでしょうか?

友達関係ならまだしも、スナップの片隅に映り込んでいて、それを無断で使われたりした場合。。


その人が事件や事故の被害者や加害者になってしまい、それをきっかけに自分の写真が自分の知らない間に世界中に晒されるなんて、気分のいいものではないでしょう。


でもかといって、友達同士で写真撮ったり、プリクラしたりする度に、「ねえ、それネットに載せるの? だったら私の顔は隠しといてよね!」なんていちいち確認取るのも。。ねえ。。。もうこれは完全に、撮る人、載せる人のマナーの問題です。


高校野球でも、準優勝が決定した後で不祥事が発覚した学校がありましたが、あれも、生徒が自らの飲酒行為などをブログに載せたことから発覚。しかもガールフレンドとの写真まで流出してしまい、それがあちこちにばら撒かれています。あまりに無防備というかアホというか、怖さがわからない、というのは怖いですね。結果的にそれで不祥事が発覚したので世間的にはよかった、になるのでしょうが。。。宝塚音楽学校のいじめ事件も、ネット上に流出した学校内のとんでも写真が裏付けとなりました。

一旦ネット上に流れてしまったデータを完全に消すことは不可能ですから顔写真や学校名、会社名等が流出してしまえば、個人特定されるのは時間の問題ですし、自分一人だけでなく、かかわっているすべての人に火の粉が降りかかります。


もう何年も前になりますが、アメリカのテレビ番組で、サイバー犯罪を取り締まる警察組織のドキュメンタリーを見たことがあります。

ありとあらゆるサイト、掲示板に、「犯罪者」は巧みに入り込み、ある時は小学生に成りすまして同じ年ごろの子を外に誘い出して誘拐し、またある時は異性に成りすましてチャットに入り込み、言葉巧みに仲良しになり、詐欺を働く。そしてサイバー警察もまた、一般人に成りすましてそれらのサイトを24時間体制で巡回し、犯罪者を探し出すのです。


掲示板で友達になっては子どもを誘い出して乱暴していた男が取材を受けていたのですが、「その子が通っている学校の写真をアップしていればすぐに素性は割れるし、待ち伏せもできる。ヒントが無ければ同世代のふりをしてコメントをし、君の家は寒い所にあるの? なんて質問からどんどん居住地を絞っていく。簡単だよ」と話していました。


SNSでも出身校から職場まで詳細に晒している方も多くいらっしゃいますが、テレビタレントや自営業者など、プロフィールを晒す事が宣伝になる方ならともかく、一般人がそこまでするからには、きっちりと自己責任のもとに覚悟をもってしないと、後で後悔することになるのでは。。。と思います。

今は学生さんでも携帯やパソコンは普通に持っていますが、買い与える際、親がきちんと使い方を教育することが大切です。便利さや楽しさの裏側には必ずリスクが付きまとう。ただ禁止するだけでなく、きちんと使い方について話し合うことが大切です。

かくいう私もこのようにブログをしており、あほらしい記事も沢山書いています(笑)


同じ話題を、顔も知らない沢山の人と共有できることや、自分の意見を多くの人に読んでもらえる事は昔は無かった楽しみの一つだと思いますが、やはり「リスク」も付き物なので、そこはしっかり責任と覚悟をもってかかわっていきたいなと思っています。




あなたが今読んでるそのサイトの管理人さん。

あなたがチャットしてるお友達。


その人のプロフィール、真実ですか?


私ももしかしたら、男かもしれませんよ(笑)


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2011-08-20

練習練習と教習11時限目の回想録。

LSサベージ400。野蛮君での地道な公道練習。。やっております。

一昨日は殆ど車の通らない幹線道路で法定速度きっちりまで加速し、Uターン、の繰り返しをしました。
若干坂道になっているので、上りでUターンの時は減速がまあまあ上手くいくのですが、下りUターンの時はタイミングが難しく、怖さもあり、固くなりがちでした。帰りは交通量の多い道を通るため、スクーターと交換してもらって帰宅しました。

昨日は初の夜間走行。いつもの幹線道路グルグル教習ののち、先導してもらって空いている道を走りました。加速、減速、信号での停止、歩行者対向車。。。なかなかに神経を使いましたが、空いた道を選んでもらい、自宅まで野蛮君で戻れました。

。。。。


さて。


もう免許は手にしておりますが、400の教習日誌が10時限目で中断しておりましたので再開いたします。このブログは異種格闘技ブログ故、このように話題が頻繁に変わることも多々ありますのでご了承のほどを。


教習後に毎回書いていたメモを参照しつつ。。。

。。。。。。教習11時限目。。。。。。。

担当指導員はひこにゃん先生です。今回2回目。



ひこにゃん2

・停止時の減速チェンジが慌ただしい。バタバタ止まってからローに踏む踏みかえは極力無くせるように。
・信号その他、確認をしっかりする事。ヘルメットの動きがはっきり検定員にわかるようメリハリ。
・白線を踏まない
・カーブの時、怖くてブレーキを踏んだままトロトロまわりがちだがかえってバランスがとり難いので心持アクセルを回すくらいの気持ちで。
・停止時も減速が早すぎて不安定になるときがあるので注意。


今回は一回も転倒無し。前回ひこにゃん先生だった時は転びまくり、「公道だったら5回は骨折してますよ」と言われていたので、先生も「今日は一回も転びませんでしたね!」と笑顔で言ってくださった。


しかし足がべったり届かない教習車というのは怖い。減速停止時物凄く緊張する。


。。。。7月9日の事。。。。。。




にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2011-08-18

初練習。

9日に検定合格して以来、今日初めて家にあるLS400サベージこと野蛮君で「公道」に出ました!!


チビハム。
気合一発!!


。。。といってもまずは人気のない農道から。。。


喜八郎にアドレスで先導してもらい、私がトロトロついていく、という教習所メニューです。


見渡す限りの田んぼの中、舗装された道をひたすらぐるぐる。。。なのですが、道の両側が高い土手。カーブするごとに狭い橋。。。何この肝試し。


田舎道とはいえ、結構車の通りもあり。スピードは出せないし柵が無いもんだから落ちるのが怖いしヒヤヒヤしました。

人は。。おじいちゃんとワンコ位しか歩いてないんですが、お爺ちゃんもワンコも自分でよけてくれないのでこれも怖い。。。


肝試しコースを抜けると今度は田舎道コース。


低速Sクランクの繰り返し!! ひいいいいい!!


野蛮君はアメリカンなので、足つきはべったべた。。ですがステップもタイヤもちょっと前にあるんですね。
教習車と違うこの感覚に慣れるのに最初、少し時間がかかりました。

それにガードが無い車体ってのも怖いですね。バッタバッタこかしても下敷きになることが無かった教習車とは違うし、公道での転倒は天国への早道切符。。。教習所での練習は本当にありがたかったな、としみじみ。。。


Sクランクの田舎道コースを30キロ内で走り、大きな道(信号の無い田舎道だけど)に出ると40キロ出す。で、また田舎道コースを巡回。要所要所で喜八郎が待っていて(400に乗ってる私よりアドレスの方が早いわけです。何故でしょうか・笑)ブレーキやアクセルその他アドバイス。これの繰り返し。

肝試しコースとは違い車が通らない貸切状態で人気も全くなし。

ポジションに慣れてくるとギアチェンジもスムーズにいくし(野蛮君はとっても素直でいい子!)、何より走るの楽しい! ホント楽しい!!

というところでまた肝試しコースに戻り、トロトロと自宅へ無事帰還致しました。


最後は取り回して駐車。

野蛮君は小型バイクと間違えられる位チビですが、やはり400なので車体は重たいです。


慎重に取り回して所定の場所に駐車。

ふー。


緊張したけど楽しかった!!


少しずつ距離を伸ばしていきたいです。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。