--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-31

太郎君ありがとう。

よく利用するお店に、「お客様の声」の掲示板がある。

お店に対する要望やクレームなんかを書いて箱に入れると、後日それに対する店長さんのお返事とともに張り出されるというシステムで、いつ見ても掲示板はいっぱいに紙が貼られている。

読んでみると、尤もな意見もあるが、明らかに言いがかりや悪ふざけみたいなものあり、でもお店としては丁寧に返事を書いておられ、大変だなあとかねがね思っていた。


。。。というのはもう何年も前からの事で、私は時折、この用紙に「感謝の気持ち」を書いて入れている。

別に大層な事ではなく、レジの人の対応が良かったとかそういう事だし、しょっちゅう書くわけでも無いのだが、先日レジで対応してくれた太郎君(仮名)が、本当に、いつ行っても爽やか丁寧ノーミス尚且つスピーディーというパーフェクトなスタッフさんゆえ、お礼と激励の言葉を書いて入れてきた。

以前、別のスタッフさんへの感謝の言葉を書いた時には、クレームまみれの掲示板の中に私が書いた用紙もあり、
店長さんからの、本人に伝えました、と言う言葉とお礼と、お客さんからの激励の言葉はスタッフの励みになる、と言った内容の返事が書かれていた。


何でわざわざこんな事をするかと言うと、以前某お店で働いていた時、お客さんにお礼を言われたり、アンケートに名指しで感謝や激励の言葉を書いてくれる人が居ると、凄く嬉しくて励みになったからだ。


はっきり言って、「店員」という仕事をしていると、とんでもなく不快な客に理不尽な思いをさせられるという事が多々ある。

業種にもよるのだろうが、クレームが起こりやすい職種の店(あるんですよこういうの)に居た時なんか、異常ともいえるクレーマーも居たし、とんでもない言いがかりをつけてくるお客も居たが、相手が暴力行為にでも及ばない限り、どんな暴言を吐かれても言いがかりをつけられても、店員が客に口答えすることはまず許されない。

こっちは全然悪くないのに、「とりあえず頭下げる」って状況が何度もあって、悔しい思いも何度もした。

でも、時折感謝や励ましの言葉をかけてくれるお客さんが居ると、とても嬉しかった。


そこはお客様アンケートを実施していたのだが、大体、まともな意見や要望、尤もな苦情の類が80パーセントで、残り20パーセントのうちの19パーセントはクレーマーからの一方的な言いがかりや無茶苦茶な要求。スタッフへのお礼の言葉や激励が1パーセントといったところだった。


意見=要望や苦情と言う人が大半の中、感謝や労いの言葉を記してもらうことは本当に嬉しかった。

店員がお客に丁寧に接することや、業務をきっちり執り行う事は、当たり前の事。。とはいえ、だから何してもらっても当たり前~とは私は思わない。お客様は神様じゃないしね。

でも、その当たり前の態度の中にも、明らかに心のこもっていない、機械的にこなしている人も居れば、本当に真心を込めて対応してくれる人も居るんだけど、そんなことはスタッフのお給料には反映されない。

客には頭下げて当たり前。何言われても笑顔が当たり前、の世界で、笑顔でいたからと言って褒めてくれる人なんて殆ど無く、お客に逆らえないのをいいことに、ちょっとしたミスがあればここぞとばかりに突っつかれたり、鬱憤晴らしの八つ当たりの道具にされたりする事もしょっちゅう。


そんな世界だからこそ、私は心底真心を込めて対応してくれる人にはお礼を言いたいと思って、「この店員さん感じがいいなあ」とか「凄く手際がいいな。しかも丁寧」なんて思ったら、感謝カードを書く事にしている。


ちなみに太郎君は、まだ大学生位の人で、食い倒れの人形に顔が似ているので勝手に太郎君とニックネームをつけている。


太郎君。

感謝カードにはちゃんと名札にあった名前を書きました。





にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

スポンサーサイト

2012-08-25

賢(かしこ)やけどアホな人。

「自分(あなた)、めっちゃ賢いなあ~」

なんて、名門大の学生なら大阪のおばちゃんに言われますね。

「あっこの息子さん、ほんま、かしこ(賢い)やねんで」

とか。

で、こういう子が何か非常識なことをやらかすと言われるわけです。

「あの子、かしこやけど、アホやなあ」

さて、前回記事にさせて頂いたアイセックと言う団体の取材陣への対応を見ていて浮かんだ言葉がまさにこれでした。

「かしこ やけど アホ」


スタッフは東大やら慶応早稲田といった名門大の学生みたいですが、人が一人亡くなっているのにコメントも出さず、取材陣に対してもドア越しにボソボソと誠意の無い言葉を並べるばかり。ツイッターのアカウントなんかもも消しまくって逃亡姿勢。取材にもちゃんと応じないくせに動きはきになるらしく、金網入りの曇りガラスに耳を当てて外の様子をうかがっているという。。。

ちゃんと記者を中に入れて対応しなさいっての!!

ガラス越に耳だけべったり貼り付けてんのがニュースで放映されていましたがほんっとに気持ち悪かったです。

お勉強は良く出来るのでしょうが、人間としてありえない。


この団体の動きを見てみるに、国際的とか大規模とか豊富な経験とか世界にどんだけ支部があるとかアピールしていて、まあ要は坊ちゃん嬢ちゃんのプライドと自己満足を満たすにはぴったりと言うか、「かしこやけどアホ」の典型的サークルという印象です。

国立私立関係なく、名門大と言われるような大学に通っている子というのは、経済的な苦労を知らない場合が殆どで、帰国子女も多いですし、留学したり、親の長期休暇の度に海外旅行に行くような子も珍しくはありません。

この団体経由で海外に行っている学生の中で、家は貧乏で奨学金を貰っており、仕送りは無し。アルバイトにあけくれ、家賃も自分で払い、生活費も全て自力で賄っている子なんてのは居ないんじゃ。。。居たとしても数人レベルでしょうね。


裕福層でお勉強の出来る子達にとって、海外旅行やお膳立てされた留学なんてのは日常の延長でしかないので、海外でインターンと言っても、「行程は出来るだけ自分でアレンジする」「ちょっと位リスキーでもそれを乗り越える自分がかっこいい」みたいなおかしな欲求が出て来ちゃうみたいですね。

メンバーの中には、事件後、被害者のAさんが不安な胸中をツイートしていた事を小ばかにするような書き込みをしたりする輩が居ますが、その勘違いも甚だしいプライドの高さに吐き気がしました。

海外でのインターン経験は就職に有利だから、という理由で参加する学生も居るようですが、それは親のお金で買った「経験」でしかなく、どんな素晴らしい経験をしても、自分自身がそこから謙虚に学ぶ姿勢や感謝の気持ちというものを持たない限り、人間として成長する事は出来ません。

「えー、旅行行く時は自分でバイトするしい。。」っていう人も居るでしょうが、日々の衣食住から学費やら全て自力で賄って居ない人は、「単なるすねかじり」でしかありません。

先日、新聞で読んだのですが、ここ数年、東京大学はじめ、国内トップレベルと言われる大学で、「講義のノートをとる」事が出来ない学生が増えているそうです。

小さな頃から塾で完璧な教材を与えられ、授業がわからないのは全て先生のせいという価値観の中で甘やかされ、受験のテクニックのみを教え込まれて来た子達にとって、先生によっては全く黒板に何も書かずただ喋るだけだったりする大学の講義は、「どうしたらいいかわからない」らしく、話を聞きながら自分で要点をまとめたりしてノートをとっていく事が出来ず、結果、落ちこぼれていくのだそう。

酷いケースになると本人や親が学校に「あの先生の講義は、内容をちゃんと黒板に書いてくれないからわからない」と苦情を言いに来るそうです。

そして、そういった子が卒業し、社会に出ていくわけですが、そうすると、社内研修などでも当然、大事な事をメモったりして「自分のノート」を作ることが出来ない。。。。


東レの特別研究員である沖田浩さんが書かれた、「東大生もノートをとらない とれない」というコラムがあるのですが、そこにもこういった人達が企業の若年層を形成しているという事への懸念が書かれています。

企業研修をして、大切な事を話しても、ボードに書かれていることを書き写すだけで、自分でメモを取ろうとしない。

要点を取り出してメモをとったり、重要項目をきっちり上司に伝えたりする事はビジネス技術としてとても大切な事なのですが、そこがごっそりと抜け落ちているのです。

どんな名門大を出ていようが、英語が堪能で海外インターン経験があろうが、これでは現場で使い物になりません。


アイセックのスタッフをしている学生達も、運営の仕方も、正にこんな感じです。

自分の興味がある事ややりたい事は必死で頑張りますし、多少不便があってもなんとかするのですが、所詮は親のすねかじりのお子ちゃまの道楽。他人に対する思いやりや想像力、社会人としての常識と言ったものは欠如しているので、無謀な渡航行程で女性を一人でルーマニアに放り出しても平気。相手が不安を口にしても「何とかなるから」「これも経験だから」なんて所でしょう。日頃大口叩いてる割には物事の計画性といった事に対してはびっくりする程幼稚で無責任。渡航させる、という事=命を預かっているという認識はゼロ。

で、その人が渡航先で事件の被害者になった、なんて事が起きたらもう対応出来ない。日頃、グローバルとか、国際なんちゃら、とか、私がほにゃらら国に一人で行ったときはさあ。。僕がほにゃらら国に住んでいたころはねえ。。なんて偉そうな事を言っていても、イレギュラーな事態が起きたらもうお手上げ。「だってそんな事マニュアルに書いてないしい。。。」「自分の身は自分で守ってくんなきゃあ。。。」自分の事しか考えられないから、人一人亡くなったと聞いても責任転嫁して逃げる事しか頭にないわけです。本当に情けない。


親のすねかじりの学生の自慢話とか、豊富な海外経験談(笑)とかって、まともな大人が聞いたら全身蕁麻疹みたいなのが殆ど。


いい気になっとったら、「かしこやけどアホや」って言われるで~。



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2012-08-24

ダビデは誰か。

ジャーナリストの山本美香さん、ルーマニアで無くなった女子大生の方。。と、日本女性が相次いで海外で悲惨な死を遂げるという、痛ましい事件がありましたね。

特にルーマニア事件では、被害者(Aさん)を送り出したアイセックという団体の不誠実さが日に日に露わになってきて批判を受けています。

自分たちが送り出した学生があんな悲惨な亡くなり方をしているのに、取材には応じないわ、渡航の経緯や旅行行程についての説明もしないわ、お悔やみのコメントも(出しているつもりかもしれませんがあんなのお悔やみじゃないだろう)きちんと出さないわ、トンでもない非常識ぶりに驚いてしまいます。

顧問やらOBOGやらには、錚々たる肩書きの方々が名前を連ねていらっしゃいますが。。どうなってるんでしょうね?

関係者とおぼしき人物が、被害者の落ち度を強調したり、団体を批判する記事などに対して批判コメントをしたりしているようですが、ほんと腐っていますね。

毎度のことですが今回も一応お伝えしておきます。

私は自分の意見と相反する意見の方とコメント欄でやりあったり、説教受けたりする事は一切拒否しております。

アイセックへの批判は読みたくないという方はここで退出して下さい。

中傷コメント、説教コメント、脅迫コメントなどは、晒した上で相応の措置を取らせていただきますので、ご了承下さい。

。。。。

元々この団体のやり方として、現地での交通手段その他については、本人が現地のスタッフとやりとりし、日本側は助言する程度だったようですが、それにしても。。。夜の空港なんて危ない場所に、女の子が一人、夜中に到着。離れた駅までタクシー長距離移動して深夜電車に乗るなんて、ありえないスケジュール。

こんな移動スケジュール、男性でも怖いでしょう。どうしても夜に到着する便しか取れなかったのなら、その日はホテルのシャトルバスで移動し、ホテルで一泊するスケジュールにすればいいのに(24時間シャトルバスを出しているホテルが存在します)

なんか悪意すら感じるコーディネートなんですが。


聖書のダビデの話思い出してしまいましたよ。

ダビデはある日、美しい人妻バテシバを見かけ、想いを寄せてしまい、寝取るんですね。

で、旦那のウリヤが邪魔なもんだから、激戦地へ送るんです。

ウリヤは戦死します。

ダビデは直接手を下したわけではないですよね。

激戦地は危険ですが、必ず死ぬというわけでもないです。

客観的に見れば、「たまたまウリヤが死んだ」「ウリヤの運が悪かった」という事になりますね。


狡猾ですね。


その後ダビデは悔い改めて。。。このエピソードは、壮大な歴史の1ページになっていくわけですが。


で、ルーマニア事件。

幾らなんでもわざとAさんが犯罪に巻き込まれるようなスケジュールを誰かが組んだ。。。わけではないでしょうが、結果的に、そう思われても仕方ないような事態になってしまいました。

アイセックがきちんと今回のコーディネートについて説明しないために、現地では、「見知らぬ男に声をかけられてついていくなんて信じられない」、等と、Aさんにも重大な落ち度があったという内容の報道もされています。

容疑者が否認している事もあり、どういう経緯で一緒にタクシーに乗り込むことになってしまったのかはわかりませんが、悲惨な亡くなり方をした上に落ち度まで指摘され、本当に気の毒です。

容疑者は余罪もあるとんでもない凶悪犯で、こんな輩に目をつけられたら女の子一人では太刀打ちできないでしょう。

海外の空港なんて危険がいっぱいで、ブカレストにも白タクやら偽ポーターやら偽警官やら、悪質な人間がカモを狙って大勢押しかけていると言います。

本人が現地語にも堪能な男性ならば、強引に客引きされかけても拒否できるでしょうし、タクシーに乗る前にも強気で値段交渉も出来たでしょうが、不安でいっぱいの一人旅の女の子です。出国手続きが済んでやれやれ。。でもまだこれから深夜移動というプレシャーの中、手慣れた犯罪者に言葉巧みに迫られ、強引に荷物を「持ってあげる」などと半ば奪うようにされてしまったらどうしようもなかったのではないでしょうか。

白タクや偽ポーターなんてもんがある事自体、あんな御嬢さんが知っていたのかどうか。。正規のタクシーがどこに停まっていて、どんなボディカラーかってことや、それでも乗る前には強硬な姿勢で値段交渉した方がいいなんて事、知ってたのかどうか。。

そもそもこんな危険なスケジュール、Aさん本人はいつ知らされたのか?

親御さんはご存じだったのか?

裕福な家の御嬢さんのようですし、「ブカレストに夜着いて、深夜電車で移動するの」なんて聞かされたら、普通の親なら反対すると思いますが。。。

つか、ここって派遣前に事前研修も無いんですかね?

現地の治安、連絡方法、フライトの遅れや不慮のアクシデントが起きた時、一人でどう対応したらいいか、など。

こんな大事なことを全部本人に丸投げしていたとしたら。。。無責任にもほどがあるんですが。



アイセックから派遣された学生達のブログには、いろんな国で楽しく生き生きと活動している様子がアップされています。

若い人が見れば、とても魅力的に映ると思います。自分も参加したいなって。


でも、事件後の対応を見るに、こんなのはたまたま運が良かった人達だけの記事で、実際には表に出ないだけで、窃盗や強盗、性犯罪等の被害に遭ったり、連絡不備により渡航自体がおじゃんになったりしたケースも相当数あるのではないか。。と勘ぐってしまいます。

今現在も海外で活動しているメンバーが居るでしょうし、渡航を考えている人も居るでしょうから、こんな大きな事件が起きてしまった以上、最低限の説明責任というものはあると思います。


でも取材陣への対応を見る限り、「迷惑だなあ」「悪いのは犯人だろ」「自己責任だよ。知るか」「俺ら、悪くねーし」「無理やり飛行機乗せたわけじゃないしさあ」という本音が伝わってきますね。

先日記事にした草間彌生さんが渡米した時代に比べ、海外にはお金さえあれば誰でも行ける時代になりましたが、だからこそ、色んな人や団体が安易にかかわってくるわけで、参加する側も見極めが難しくなってきているんでしょうね。


事件の真相が明らかになり、被害者の方の名誉がこれ以上傷つけられないよう祈るばかりです。




にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2012-08-16

偉大なる水玉。

東京2日目。

私はお友達と会う約束があったのですが、待ち合わせまでの間にどうしても行きたいところが。

一つ目は弥生美術館。二つ目は銀座ドーバー(DSM)の草間彌生&ヴィトンの限定ストア。

弥生美術館はいいですねえ。。前回行ったとき、夢二の本に記念スタンプ押すの忘れたので、わざわざ持参しました。

昼過ぎに銀座へ。

ドーバー。
ディスプレイも草間カラー全開!!


何故草間ヴィトンでDSMかと言うと、世界でここでしか販売していないファインブック(作品集)を買うため。他の商品は全国のショップやヴィトンオンラインで販売しています。


(表紙カラーは4色で、私は右から2つ目の赤いのを購入。画像は拝借しました。さすがに店舗内で撮影は出来ない。。)

草間ヴィトン5

草間ヴィトン6

草間さんのポートレイトは篠山紀信氏。コラボパトナー、マークジェイコブス氏のメッセージもあり。


草間ヴィトンはどれもこれも素敵でタメイキもの。。。ですが強烈なインパクトでかなり持つ人選ぶかと。

草間ヴィトン4


でもお店の方が「完売している商品が沢山ありまして。。。」と仰っていました。凄い人気ですね。草間ヴィトンはどこのショップでも取り置きも取り寄せも不可との事。

小銭入れ探してて丸くて可愛いから欲しかったけど。。5万円の小銭入れに10円玉入れるとかってギャグでしかないので却下(笑)手帳カバーも素敵なんですが。。持ってるしなあ。。。却下(笑)


ドーバー

1階に巨大な水玉象のオブジェがある部屋が。巨大すぎてカメラに収まりきらない。唐突にぽつんとあるのがなんともシュール。


DSMは見ているだけで楽しいですね。店員さんは既に秋服。まあ冷房効いてるから辛そうではなかったですが(爆)ギャルソンのドットの小銭入れとPLAYシリーズの長袖Tシャツ買いました。

さて、草間彌生さんのトレードマークである水玉。

芸術家草間彌生を知らない人でも、可愛い! と虜になりますが、実際それに込められた意味や、彼女の歩んできた道のりの過酷さを思うと、単純に可愛いでは済まされないものがあります。

『クサマ・ハプニング」のトレード・マークの水玉模様。赤や緑や黄の水玉模様は地球のマルでも太陽のマルでも月のマルでもいい。形式や意味づけはどうでもいいのである。人体に水玉模様をえがくことによって、その人は自己を消滅し、宇宙の自然にかえるのだ』 (自伝「無限の網」 より)

田舎の名家に生まれ育った彼女は、その個性や芸術的才能を理解してもらえなかった上に、幼い頃から強迫神経症という病に苦しめられてきました。

子ども時代に書かれたお母さんのスケッチも斑点で覆われており、彼女には「そういう風に」見えていたそうです。草花の「声」が聞こえたり。。。今でこそ皆彼女の才能を絶賛し、時には奇異と映る言動も個性と言いますが、今から70年近くも昔の日本の田舎で、そんな病と個性を持った1人の女の子が生きていく事はどれほど辛く大変な事だったでしょうか。

やがて彼女はありとあらゆる手を尽くしてNYに渡り、成功をおさめますが、「ハプニング」に代表されるような過激なパフォーマンスをはじめとする彼女のアーティストとしての在り方は身内には全く理解してもらえず、一家の恥とまで罵られます。

今80代の草間さん。

押しも押されぬ偉大な世界的アーティストですが、彼女が若かった頃、日本女性が一人で渡航するには沢山のハードルがあり、簡単な事ではありませんでした。

経済的には恵まれた育ちで100万円持って出たと言いますが、それも親から札束を投げつけられ、二度と帰ってくるなと怒鳴りつけられての渡米だったと言います。(励ましとか発破をかけるとか心配してとかではなく、心底理解してもらえずに勘当されたのです)

強迫神経症を抱えての創作活動は想像を絶する過酷なもので、自分の体の中に水玉がうわーっと入ってくる恐怖、激しい発作でしばしば救急車で運ばれたそうで、実際この病は完治する事は難しく、今現在も、創作活動以外の生活の拠点は精神病院なのです。


美術史に名を残す芸術家であり、80歳を超えた今も尚その創作活動はとどまる事が無く、世界中で展覧会が開かれ、世界の名だたる著名カンパニーからのオファーも絶えないようですが、彼女が今まで失ってきたものや、戦って来た事の多さや過酷さを思う時、単純に「草間のヴィトン可愛いよね~☆」なんて笑えないものがあります。

文字通り、ひれ伏すというか。

単なるコラボレーションのファッションアイテムではなく、バッグ一つとっても、これは草間彌生というアーティストのメッセージのこもった作品なんですよね。


草間水玉には、愛、永遠、平和(戦争反対)というメッセージも込められていて、草間さんが単なる「絵描き」ではなく、世界中の人々に伝えたいメッセージがあり、そのために命や魂を削って創作活動に打ち込んでいる、という事が、その作品から伝わってきます。

このヴィトンコラボレーション。おなじみのモノグラムデザインがメインの第2弾も出るんですよ、とお店の方が教えて下さいました。それもまた楽しみです。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2012-08-15

開園時間間違えたバカな人。

ディズニーリゾートに行く場合、開園10分以内には入れる場所に並んでおかないと、後々3.4時間の待ち時間に影響してくる。。。

ってのは、人気アトラクション狙いなら常識ですが。。。

わかってたはずなのに。。。

そのために、喜八郎に5時起きで並んでもらったのに。。。


どういうわけだか、シーの開園時間は9時だと思い込んでいて(お盆の繁忙期にんなわけないんだけど!!)、到着したら既に8時25分だったという!!(←あまりのバカっぷりに、大笑いされる)


目指すアトラクションは勿論オープンホヤホヤの『トイストーリーマニア』!!

トイストーリー。

前日に遠方から車で行ったゆえ。。。ホテルついた時点で午前様。

この時点で脳ミソ休止状態。これがまずかった。

で、早朝並びに行ってもらったんですが、午前6時の時点で既に前から200人目くらいとのメール。

これはかなり厳しい状況ですね。最大スタンバイ(SB)で500分待ちも記録したとの事で、ファストパス(FP)も開園10~15分で発券終了すると言われてますから。
開園3時間前でも、開聞15分以内に入れるかは微妙です。しかも15分経ってしまうと、お盆激混み時期、トイストーリーのFPはまず残っていません。

なので、ガイドツアーに申し込むか、それも終了していたら足の速いチャイルド1号に、SBダッシュしてもらうかなんて相談メールしてたんだけど。


遅刻したら意味ないし!!

開園は5分早まって7:55!! ギャーッ!! しかも喜八郎のパークチケット私が持っちゃってるし!!(←大失態。。。SBにダッシュしてもらう事も出来ない!!)

発狂寸前状態でタクシー飛ばしてもらい着いたのが8時10分。この時点でファストパスは諦めた。  

サウスゲートで待ってると言われたのに反対側で捜し歩いてタイムロス。

サウスゲート着いたのはいいが、並びの列の後方についてしまい。。。連れがその前のゲートの中に入ってるので言えば入れてもらえたのに。。で、またタイムロス。(これはすぐ気付いて入れてもらったけど)

4人で入れたのは既に25分!!

何やってんだ私。。こんなこと初めてだわ。。。寄る年波って事ですかね。もうありえ無い大失態。

当然この時間、FPは発券終了のアナウンス。ガイドツアーも終了。

SBに走ってもらうも。。。


怒涛の500分待ち。。。


なので、喜八郎に並びをお願いし、子どもたちはそこで休憩。私は、海底2万哩のFPを取りに行きました。

うちはみんな絶叫マシンは苦手なので、そこだけがまだ救いかもしれませんが。。トイストーリーに人が押し寄せているので、タワテラなんかも余裕みたいでした。 ダッフィーのレストラン&ショーもこの時点ではガラ空き。9時半からのショーだったのでそこへ並んでメール。

その後の動きは以下の通り。

・海底~のFPは9:20~10:20
・子どもと3人で9:30~ダッフィーのレストラン&ショー
・食事とショー終了後、海底2万哩へ。

で。

本来ならFPで乗車する前に別のアトラクションのFPを取っておくべきなのですか、時間的に余裕がないので見送り、まず海底~に乗りました。

・その後、マジックランプシアターのFP発券所へ。時間は11:10~12:10しかしSBは長蛇の列でした。

はい。

トイストーリーマニアのFPが取れても、その乗車時間が遅いと、それまで別のアトラクションのFPは取れませんので、結局別の所で2時間とか並ばないといけなくなるわけで。。

いかに早く入場し、早い時間のFPを取る事が大切か、ということですね。(遅刻した人間が偉そうに言うなって話ですが。。自戒を込めて。。。)

・喜八郎の所へ飲み物差し入れ→マジックランプシアターへ。FPで入場。
・食事休憩後、喜八郎の所へ。

ここで、トイストーリーマニアが設備調整のため運行休止との連絡が!!

「どのアトラクションにも優先的に入れる券を貰うか、再開時間不明のまま並ぶかのどちらかだが、このまま並なんだ方がいい気がする」との事。

かなりの人数が優先券を貰って列から離れたの事で、アトラクション内の、乗車ゲート間近で合流。

これはもう大博打としか言いようがない。

いつ再開するかわからないし、再開しても優先権持った人が来たらまた列の後方に移動だし、最悪、待つだけ待って、結局一日運行休止かもしれないし。

しかし30分ちょっとで再開。列から離れた方たちもまだ戻っておらず、12時過ぎに乗れました!!


これはひたすらいろんなパターンのシューティングゲームの連続なんですが、物凄く面白かったです。

あっという間に終了し(笑)出たらそのままビッグバンドビートの並びに。

相変わらず、ドラムミッキーの芸達者ぶりに脱帽。ドラムも凄いけどダンスも上手い。

その後は。。。


なんか記憶がぶっ飛んでます(爆)軽い熱中症になっていたかもしれない。。

あーそうだ、水ぶっかけられるショー観たんだった。

チャイルドの買い物付き合ったりマーメイドラグーン行ったりポップコーン食べたり。

ダッフィーレストランも空いていたのでまた入ったり。灯台で涼んだり。。物凄い風だった。

・空飛ぶ絨毯とかシンドバッドとか。絨毯は私は苦手なので見学。

で、夜ですが。


20時半前になんちゃらトレインに乗ってまた戻ってきて、(ちょうど車内から夜のショーが観られた)トイストーリーマニアのSB状況を見に行くと、なんと、「SB受付はまもなく終了です!」のアナウンス。この時点で待ち時間1時間50分。乗車時間は閉園時間すぎますが、せっかくなので並ぶ事に。

喜八郎と子ども達に買い物なんかに行ってもらい、私がSB列へ。わりとじわじわ進む感じ。

2度目の乗車は22:20頃。終了後ゆっくりパークの外へ。この時点で23時近くでしたがまだ人が沢山居ました。


ホテル帰ったら速攻爆睡でした。

初歩的な教訓。

・開園時間は要チェック(初歩的過ぎて話になりませんが)ですが、混雑具合によっては早まる場合があります。
過去、私が経験したので30分早まった時もありました。なので、グループの誰かに早めに並んでおいてもらうにしても、当初の開園時間の1時間前にはほかのメンバーも合流するようにした方がいいです。

・新アトラクションオープンの時は、開園前の並びも当然増えます。お盆などの混雑時期が重なると尚更。開園10~15分位でFPは発券終了してしまうので、それ以内に入場できるポジションを取っておかなくてはいけません。ぶっ壊れてる日なら、開園3時間前でもどうだかって感じでしょうか。但し、電車でシーへ行く人は、あまりにも早い時間だと、シーへのレイルウェイは動いていないので注意が必要です。車なりタクシーを予約するなり、当日慌てないように。ランドは舞浜駅から歩いていけますけどね。


・ちなみに今回、開園2時間前の時点で前から200人目位とのメールが来ました。いつもよりかなり後方で(それだけ今回は混んでいたという事ですが)これは新アトラクションのFPが取れるか取れないかかなり微妙なポジションです。

こういう場合、無理にFPを狙わず、今回の私のように後から合流するメンバーが遅刻せず全員揃っていたら、どうにかする手が無い事は無いです。が、ここでは晒しません。(遅刻したからその手は使えなかったんですが)

別に裏ワザでもなんでもなく、単純な事で、殆どの人がやってると思います。ディズニーリゾートの混み具合なんて、誰にも予測はつかないし、雨だから空くなんて事もありません。思いがけず並んでたとか、アクシデントでアトラクションが動かないとか、いろんな事が起こります。とにかく落ち着いて頭使うってことです。


あと。。。

小さなお子さん連れの方はくれぐれも怪我や熱中症には気を付けてあげてください。 

開聞同時に皆さん凄い勢いで猛ダッシュしますし、ベビーカーの方などはサクサク入れません。皆急いで居るので押されたりぶつかられたり非常に危険です。

又、毎回、炎天下、小さな子がわあわあ泣いているのになだめて並び続けたり、叱りつけたりする親御さんを見かけますがこれもどうかと思います。子どもは大人より体力も劣るし、すぐに脱水状態になってしまいます。水分補給や食事、トイレなんかを我慢させる事はとても危険です。

遠方から来ていたら、これに乗らないと勿体ないとか、せっかくここまで来たのにって気持ちになるのはわかりますが、所詮は遊園地。アトラクションなんて、無理だったらまた別の機会もありますが、子どもの命にスペアはありません。

うちも今でこそとんでもな強行軍ですが(中年の親の方が危ない。。子どもは平気です・笑)、子どもが小さいうちはショーをメインに回るなどしてかなり緩めのスケジュールを組み、絶対に体力面での無理はしないしさせませんでした。

結構な時間並んで、あと少しで乗車出来るという状況でも、体調不良を訴えたり、泣き出したりしたら、列から離れる決断をすることも必要です。


皆が笑顔で過ごせることが大前提ですからね。


。。。と、開園時間間違えて大遅刻した上、パニクッて入場遅らせてしまった事棚に上げ、偉そうにまとめてみました(笑)


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。