--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-09-29

女王の孤独。

世界的前衛芸術家であり水玉の女王、草間彌生。

草間彌生

先週の「ユーミンのスーパーウーマン」に引き続き、昨夜もNHKで「草間彌生の全力疾走」が放映されていたので観ていました。

内容としては、「永遠の永遠の永遠」で上映されていたものとかぶっている映像もありましたが、とても見応えがありました。


彼女は芸術家として「私は(世界の)トップになりたいの」「私、天才よ」と言っていましたが、誰一人として反論する人なんていないでしょう。まさにその通りなのだから。

でも、アトリエにユーミンが訪れた時、本当に、少女のようにはにかみ、喜び、「あなたが荒井由実の頃からレコードやら全部集めていたのよ」「素敵! 信じられない! 嬉しい」と目をハートにする彼女の姿は、可愛いとしか表現のしようがなく。。。

ユーミンが草間さんの手を握りながら、アカペラで「やさしさに包まれたなら」を歌った時には、憧れの人を見つめて放心状態。

昔、ハンマープライスっていうオークション番組で、X-JAPANのYOSHIKIさんの出品物(巨大バラのオブジェだったっけ)を落札したファンの女の子が、現れた本人を目の前に、彼を見上げたままヘナヘナと座り込んでしまったのを見たんだけど、正にあんな状態。世界の草間が!!



ユーミンも「可愛い! やよいちゃんって感じ!」と言っていましたが、あの「子どものようにピュアで豊かな感性」と、「アーティストとしての強烈なまでの自己主張の強さと誰にも真似の出来ない個性」ユーミン曰く「存在そのものがメッセージ」という、生きる芸術とが共存するという「ありえなさ加減」。。。


だってねえ。。

生の絵を観たら、もう脳天直撃なわけですよ。

芸術なんて難しい事がわからなくても、打ちのめされるんです。実際、「永遠の永遠の永遠展」に一度行ったんだけど、小中学生の子ども達も打ちのめされちゃって「また行きたい!」となり、もう一度、朝一に並びましたからね。
「魂の灯」っていう、数々の電球で埋め尽くされた小さな部屋に入るアートがあるんだけど、混雑してたから大勢と一緒に10秒しか入れてもらえなくて、何が何でもあれは、私たち3人だけで入らなくては! となって。。。

開場したら絵画作品はスルーして早歩きで会場内を直進。奥の奥にあるそこのブースへ行ったら、係の人が「え、もう来た?」みたいな顔してた(笑)で、誰も居ないもんだから、母娘3人だけで入れてもらって。。

感動ってああいうことを言うんですね。闇の中に浮かび上がる無数の発光する球体。その中に写る自分のシルエット。。「魂の灯」ってこういう事なんだ。こんな表現があるんだ! っていう驚きと共感。

無言で打ちのめされて。。10秒で切り上げられることも無く。。。1分くらいは入れてもらえてたと思います。あれは素晴らしかった。で、その後、入り口に戻り、順路通り鑑賞。

終わってから、そこの美術館の常設展してたから入ってみたけど。。

チルドレン「つまんないね」
私「うん。出ようか」

ってことで、2.3点見たら出てきちゃった。

それ以来、子ども達も草間ファン。

グッズもちまちま集めてます。
。。。

っていうくらい、我が家のレディースはクサマーでありクサマニアなので、今回の番組も予約録画してたわけだけど。


今回、世界的メゾンであるヴィトンとのコラボレーションの事も番組で取り上げられていて、NYのヴィトンの前で拍手喝采。一流のデザイナーや企業オーナー、華やかな業界人達と英語で商談し、草間ヴィトンを手に、篠山紀信さんにポートレイトを撮影され(オーラでは草間さんの圧勝)。。。。都内には3階建のアトリエ兼事務所を持ち、まさに時代の寵児。若かりし日に世界中を圧巻し、第一線で表現し続けてきたYAYOI KUAMAが、今また世界を震撼させているという驚愕の偉業。御年83歳。

でもそんな彼女が帰る「家」は、瀟洒な洋館でも、荘厳な和風建築の豪邸でもモダンな注文住宅でもなく、精神病棟の一室。

それもごくごく一般的な個室。ビロードのカーテンに応接セットがおいてあるような特別室じゃないのね。

真っ赤なウイッグを被り、自らデザインしたヴィトンのバッグを手に華やかなスポットライトを浴びていた彼女が一人、無機質な病室の無機質なパイプベッドの上で新聞やら読んでいて、スチール製のハンガーラックにむき出しで何着かの私服が釣り下がっていて。

これもまた、世界の草間。

彼女のアートを観た時とはまた別の意味で、私は打ちのめされた。


アトリエでのシーンとか、彼女のビジネスの場面には多くの人が関わっていて。。。一枚の絵に3億円近い値段がつき、世界的な仕事をしている彼女は、はたして自分の収入が幾らで、それがどうなってこうなって。。。っていうの、ちゃんと把握しているのかしら。。。とか。

別にスタッフの方々を疑うわけではないが、独身でお子さんも無く、勘当同然に家を出た草間さんの資産というものが、どんなふうに今後、運用されていくのかしら、とか。

皆味方ばかりではないはよねえ? 打算で近づく人も多いだろうし。腹黒い人だって中には居るでしょうし。
余計な心配を、ふと、してしまうような、危うさも、感じた。

彼女は自らの病をずっと以前から公表しているし、だからこそああいった絵画表現が出来るという皮肉な部分もあるのだけど、こういう、非常にプライベートで、多くの人なら知られてほしくないであろう部分も、こうして撮らせ、放映させるというのは、ある意味、ショックだけど、納得、でもあるかな。悲壮感は感じなかった。

それが、草間彌生という女性なんだ、っていう。すとんと着地する感じ。

ハイヤーの中で、「ただ絵だけ描いたって売れやしない。私は水玉に愛や平和っていうメッセージを込めてるから、売れるの」「芸術家はみんな、そういう精神(メッセージやスピリット)を売ってるのよ。だから本人が死んだ後も売れ続けるのよ」と言っていた草間さん。

苦労してきただけあって、非常に鋭い眼識をお持ち。あのお年になってもまだまだ作品が描けて、訴えたいメッセージがあり、芸術家としての野心があるというのは素晴らしい事だと思う。


ああ。。。


あんなスピリットを持った婆さんになりたいっ!!!


かぼちゃ2.

。。といっても簡単な事ではあるまい。つか、凡人にはまず無理。なのでとりあえず直島行って草間カボチャ観たいです。



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ


スポンサーサイト

2012-09-24

おかたづけ。

この夏は結構あれやこれや、物を片づけた。

着物持ちだったんだけど古い安物ばかり。気に入ったもの以外は全部送料無料で引き取ってくれる業者に出した。今は手ごろな価格でユニークな柄の物もたくさんあるからそういうのが欲しい。シミ汚れのない洋服は救済センターに寄付。結構高かったバッグなんかもリサイクルショップに。その他、ベランダの要らん物なんかもクリーンセンターへ。あとはゴミ袋。

こういうのは気合と時間と体力が要るので結構大変だったけどスッキリ。

しまいこんでいた時計やアクセサリーなんかも綺麗にして使えるように。

で、自分用の財布と手帳を新調する事にした。


私は財布は場面によって3個用意していて、一つは家計用で、もう一つは職場メインに持っていく小銭入れ(現金なんてまず必要ないんだけど、まあ、ちょっとだけ入れておく用)で、これは「取り急ぎ数百円の物だけ買いに近所の店に行く時」も使う。普通の財布持っていくと、ついでにあれこれ買っちゃったりする危険があるんだけど、これだと必要なものしか買えないから。

で、最後は自分用の財布。お芝居やコンサート、お友達とのお出かけ等々。あとちょっとお洒落して行くレストランとか、そういう時に持つもの。これが変えたくなった。

ヴィトンの財布2

ヴィトンの長財布は身内からの貰い物で、恐らく自分では絶対に選ばないし買わないデザインとブランド。貰った経緯もヘンと言うか、「これプレゼントされたんだけど、いつも持ち歩いている郵便局のカードが付属のビニールのケースに入れたままカード入れに入らないからあげる」と言って、綺麗にラッピングされたままショッパーごとくれた。(どんなシチュエーションだか)

箱を開けた瞬間の感想は「あ、よくヤンキーが持ってるやつだ。高いんだろうけど好みじゃないわ」(爆)

でも使ってみると本当~に便利で(勿論カード類もちゃんと入ります)気がついたら13年も使っているのだけれど、あまりの頑丈さにちょっと息抜きしたくなったというか(笑)

だってねえ。。昭和育ちの皆さんならご存知でしょうか。「象が踏んでも壊れない」ってコピーの筆箱ありましたよね。本当に踏まれたら壊れるんでしょうけど、この財布にはあのコピーをそのままつけてもいいだろうって位本当にに全然傷まなくて。。。(だから頑丈野郎というニックネームをつけている。私は物に名前をよくつけるのだ)飽きたっていうのでもない。不思議と飽きは来ないです、このデザイン。。。同じくらいのランクのものに、何万だか出して買い換えるほど嫌かっていうとそうでもないんですよね。リペアして使い続けたい気持ちもあるし。

本音を考えてみるに、そこそこいいのが幾つか欲しいな。無地の落ち着いた感じのでもいいし、キラキラしたものでもしいし。で、気分やTPOによって使い分けたい。


でもねー。

いいなと思うのはそれなりのお値段はするし、ほいほい買える状況ではないので、とりあえず、近場で遊ぶ時とか、カジュアルな場面では少しバカバカしいものが使ってみたくなった。

で、選んだのがこれ
ドイツの財布2

ドイツのなんちゃらってブランドの。

レザーにパンチングして生地を重ねてあったり、刺繍してあったりして可愛いし、中の小銭入れ部分ががまぐちになっているし、ポケット類が充実していて本当に便利。黒地のものだけど、開けた時ちらっと見える裏布は赤白のギンガムチェックっていう、40代が使うにはあまりに不似合いな感じもバカバカしくていい。

でも素材が柔らかすぎる!! ヤンキー御用達(こら)の○○トンに比べたらコンクリートとこんにゃく位違う。くたくた!! カジュアルにもほどがある(笑)


ヴィトン×草間コラボで二つ折り財布出してくれたら買ってたのになあ。インパクトの強い長財布ばかりだし、ちょっと好みとは違うので買わなかったけど。。

お財布の値段って、中に入れるお金と同じくらいのものを選ぶのがバランス取れていいそうですね。

バッグと財布の釣り合いってのもあるし。。


あ、手帳は二つ買ったけど、大事な方はまだペンをどうするか考え中です。

職場に持っていく簡単なスケジュールのみ書く薄いのと、持ち歩かないで色々書き留めておく大事なぶんと。

秋は素敵な色合いの小物が沢山店頭に並ぶので要注意です。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ


2012-09-19

マイケル色々。

マイケルジャクソンBAD25周年。

9月初めから。ダイドーブレンドコーヒーのキャンペーンで、コンビニ限定でピンバッジがついてくるってのしてますね。

ピンバッジ3

ステージ写真の小さなもので、最初は別にいいかなと思っていたのですが、お店で現品観たら買わずにいられなかった(笑)

中が見えるので選んで買えるし。ただ、冷蔵庫に入っているのでもたもたするわけにいかず、とりあえずカゴに10本くらい放り込んでからお店の隅っこで被らないように選んでいたら、通りがかった店員さんが「あ、箱出してきますよ! 箱には全種類入ってるはずなんで!」と言って、段ボールごと持ってきてくれて、目の前で開けて選んでくれました。

何と素晴らしい店員さん! ありがとうございます!恐縮です!!

ということであっという間に全種類揃いました。別キャンペーンで1本100円になっていたから、トータル1000円です。


ピンバッジ4


で、19日に発売の、BAD25周年デラックスエディション。

BAD25周年

CD3枚とBADツアーのDVD。これのジャパンツアー、当時は普通に民放で中継してましたね。懐かしい。。

ビデオに録画してたんだけど所在不明だったので、DVDとライブCDはとても嬉しいです。

おまけに両面ポスターも封入! ほー!

。。開けてみて。。まあそりゃ。。。ポスター別付じゃないもんね。。仕方ないとはいえ。。

マイケルポスター

ギャーッ!! 見事に16分割!!

あまりに折り目正しく折りたたまれて、折り目から光が透けてます~!。。。

CD聞いて気を取り直した。DVDは休日にゆっくり楽しみます。



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2012-09-17

荒野のまま終わってしまった。。

毎日楽しみに読んでいた新聞小説が突然終わってしまった。

桐野夏生さんの『だから荒野』。

家事が苦手で特技も無し。ゴルフ三昧で浮気も平気な夫や大きな息子二人にも顎で使われている主婦、明美が、自身の誕生日のディナーの席でまで家族からバカにされ、ブチ切れてそのまんま家出する物語。


途中で車を盗まれたり、助けてくれた長崎の老人の家に居候させてもらうも、その老人自身が人に騙されているようでもあり。。旦那は旦那でゴルフの会で赤っ恥。高校生の二男は後を追って長崎に来るも、また反抗的な態度を取るし、とうとう老人の姪が現れて家を追い出され。。

さあ、どうする明美!?

物語はますます佳境へ!!

しかし!!


終了!!

えええええええっ!!!!

普通は1年間続くのに。。。


紙袋持った姿で家を追い出された明美が老人にお礼の言葉を脳内でつぶやいて終わり。。

うっそー!!

「完」の文字を何度も読み返してしまった。


で、翌日から別の作家さんの連載が始まった。。

どう考えてもおかしい。話の膨らみ具合からして元は1年連載する予定だったはずだし、何より筆力のある桐野さん自身が、こんな終わり方納得していないと思う。打ち切りとしか考えられない。

評判はすごく良かったみたいだからクレームや不人気が原因ではない筈。だとしたら健康上の理由か何かかな。。。

新聞小説の連載なんかになると、数年前からオファーがあって。。。みたいなことを某作家さんがコメントしていたことがあったから、桐野さんも相応の準備はしていたはず。だからこそ、来年の1月から連載予定だった次の作家さんも、冒頭部分はもう準備が出来ていたんだろうけど(ってほんまかいな。。ちょっとやっつけな感じの始まり方なのよね。。桐野さんの方が良かった)。。


桐野さん、オサレ主婦向け月刊誌『VERY』にも、『ハピネス』っていう、これまた読まずにいられない小説を連載しているのだけれどこっちは大丈夫なんだろうか? これが載ってるから、毎月VERY読んでるのに。(立読みだけど。。だってあの雑誌重いし高いし小説以外あんまり興味ないし←こら)


いつか加筆して単行本にしてほしい。ほんと残念。寂しい。。。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2012-09-12

エリザベートでひげダンス。

東宝ミュージカル エリザベートを観てきました。



erizabe-ro 2

9月9日(日)の梅芸。

まるちゃん(石丸幹二)トートとおさちゃん(春野寿美礼)エリザのコンビを観たくてこの回に。

いやー。

二人とも上手いっ!!


私はトートはヘンタイだと思っている。

(これは批判ではなく褒め言葉だ。)

荘厳で壮大なミュージカルだけれども、トートが少女時代のシシイに一目で虜になってしまうところは何度見てもよくわからないし、年取っても追いかけ続けて医者に化けて忍び込んで朗々と歌いだすとか、死=人外だとしても、明らかに異常者の域である。

でもミュージカルエリザベートにおいては「トートのあるべき姿」であり、「ヘンタイだからこそ物語が成り立つ」ともいえ、だからこそ、演じ方や俳優のキャラクターにおいて、「気持ち悪いオッサン」になるとNG。ヘンタイだからこそ、せめて美しく上品で、情熱と繊細さが入り混じっている切なさが無ければいけないと思っている。

だからこそ私は、上手いんだろうけどビジュアルや表現があまりにも「男」で、「あんたが上手いのはもうわかったから」と言いたくなるような暑苦しさのある山口さんやマテは苦手。まるちゃんの品の良さと繊細さのあいまったビジュアルとお芝居はとてもいいと思う。

(でもこれは完全に私個人の好みの問題で、「トートを演じるにふさわしい力量」と言う点において、山口、マテ、石丸 三氏のトリプルキャストというのは、非常にレベルが高く均整が取れたキャスティングだと思う)


加えて、これはもう四季時代から散々賞賛されてきた歌唱力と演技力。

本当に上手い人は、「淡々と表現しても強烈なインパクトを残す」ものだが、彼はまさにそれ。

トート役は人外であるし、一目で少女シシイに惹かれ追い続ける、というトンでもキャラなので、静と動、愛と狂気の演じ分けはとても重要で高等技術なんだけども、彼は見事に演じきった。

「最後のダンス」のソロは本当に鳥肌が立ったなあ。。。

それにおさちゃん。

少女時代のビジュアルは結構キツイものがあったが(爆)何が驚いたって、時系列でシシイが年取るに従って声変わりしていくところ!!

これと同じ驚きって、宝塚版エリザベートで霧矢大夢がフランツした時にも感じたの思い出した。

時系列で年を取る芝居というのは、ある程度はセリフ回しや衣装、メイク、動作なんかでそれらしくごまかす事が出来るけど、歌声はごまかしが効かないので、大抵、歌うとボロが出る。

芝居では年取って行ってるのに、歌声は変わらない。。って人、結構います。

でもそこは春野寿美礼。

宝塚時代から驚愕の歌唱力だったけれども、やはりおさちゃんは本物だった。

少女から大人の女性へ。そして皇后。。。子どもが出来年を取り。。。という場面場面で、「年相応」の歌声を聴かせてくれた。

この二人のキャストで私が行ける日程ってホントなくて。。観に行けてよかったです。

さて。

この日の舞台では、もう一つ、驚くべき発見がありました。


ルキーニ役の高嶋さんはもうこの役12年演じてらっしゃるとか。

1000回出演達成もされたとか。

やっぱりねえ。本当にもう驚くばかりの惰性手抜き芝居が板についておられまして、怒りを通り越して腰が砕けましたわ!!

あなたの職場にもいませんか? 「本人はそのキャリアで上手に手抜きしてるつもりだけど、周りから見ればもうバレバレの手抜きになっちゃってる」人。

その職場に慣れ過ぎて、上手に手抜きをする域すら超越しちゃって、もはやサボりの常習。でも本人はばれてないと思ってるベテランが。

いつもは知らんけど、この日の高嶋ルキーニは正にそれでした。

もうオープニングからして違和感ありあり。思いっきりかましてくれた。

公式サイトの舞台映像と全然別人。

最初はそれでもまさかとは思いました。

単調なせりふ回し。熱量の無い棒読み芝居。ドリフのひげダンス並みの脱力ダンス。

ひげダンス2



見慣れた宝塚版のルキーニは総じて『アツい芝居』なので、あえて東宝版では演出を変えているのかな? なんて思ったりもした。ルキーニの狂気を表現するためあえて低温な表現にしているんだけど、大根だから演じきれてないのか? なんて善意で解釈しようとした。

けど違った。


これは大根でも演出でもなく(かといって決してうまい人ではない)、堂々たる惰性手抜き芝居なんだと思ったとたん、全て辻褄が合ってすとんと落ちた。

「ミルク」のソロも酷かったなあ。。「キッチュ!」も。

この歌は難関と言えば難関で、テンポが速いためにどうしても「キーッチュ!」の語尾が消えがちになるのだけれど、「キーッチュ!!」って歌わなきゃいけないのに、最初から語尾が消える事を念頭に「キーッ!」としか発音してませんでしたね。

「キーッ!」「キーッ!!」ってあんた。。(呆)


「聞き取れない」のと「最初から発音しない」のは全然違うじゃん。。。そりゃ舞台にはいろんな人が居ますよ。どう頑張っても下手な人。その他大勢だからってやる気のない人。コンディションガタガタな人。。。。お金取って舞台に立つ資格のない人達が。

でもこんな有名な演目で堂々と惰性手抜きするメインキャストってのは初めて見た。


仕方ないのかもしれませんけどね。。メインキャストの中でも、トート、エリザベート、フランツ、ゾフィ、ルドルフは皆ダブルキャストやトリプルキャストで、ある程度年数経ったら総とっかえ(山口トートは不動)なのに反して、ルキーニだけは不動だから。

もうこれで最後かもしれないとか、「あっちの方が人気があるのかも」なんて緊張も不安もないんだろうし。

ルキーニはエリザベートの人生の中の重要人物でありながら、外から人生を見つめる狂言回しの役割も担っているので、「その時間の中を生きるルキーニと、外から見つめる語るルキーニ」の行き来の部分の温度差をきっちり演じないとメリハリが出ないし観客には伝わらない。

だから、語りの部分で客観的低温さであるならば、自らがその時間の中に生きるシーンでは、激しくその人生を生きなければいけない。

私が観た回がたまたま手抜きだったのか、いつもそうなのかは知りませんが。。。

単調なせりふ回しで魅せる芝居や、淡々と歌っても心に響く歌い方、というのは凄く難しいので、手抜きじゃなく全力投球で演じてあれだとしたら、単に下手なんだと思う。


ルキーニ一筋12年であのレベルしかこなせないなら、実力も持久力も無い人だと思うので、降板するか、人気のある若手、もしくは実力派俳優を入れてダブルorトリプルキャストにし、もうちょっと緊張感を持って頂いた方がいいと思います。

重厚でレベルの高い舞台なのに、ルキーニが出てくるたんびに舞台のテンションが白けるのは本当に勘弁。

回数を重ねるごとに進化してこそプロの役者。

1000回達成のコメントで「初演の時はぜーぜー言ってたけど~今は一番リラックスできる役」なんて言ってたけどこれが本音でしょう。舞台の上でリラックス!? 緊張感ゼロ。頑張る気ゼロ。あなたのリラックスタイムを観るためにチケット買ってるのではないので。。降りて下さって結構。共演者にも失礼。


あと。。

やはりミュージカルって難しいんですねえ。

アンサンブルも、誰が主旋律かって事おかまいなしにみんなで声張り上げるから歌詞が聞き取れない。

ミルク、とか、エリザベートの婚礼の場面で、「王冠を落とした」とか「まぬけね」って口々に歌うところとか。

歌もセリフなんだけど。。。

あれって、群衆がどんな思いをぶちまけているか、とか、人々がどれだけシシイを花嫁として迎えることに批判的かって事がよくわかるはずの重要な場面だから、きちんと台詞として歌ってくれないと。

四季の発声法や指導法には賛否両論あるんでしょうが、やはりあのメソッドは凄いと思いますよ。たった一言のセリフもアンサンブルも、聞き取れないとかごちゃごちゃ五月蠅いなんてことはまず無いから。

はー。

なんかすべてに満足いく舞台ってのはなかなか無いもんですね。。。

まるちゃんが四季に居た頃は、キャストがあらかじめ発表されていたから、好きなキャストの日に観に行けて、ストレスなかったんだけど、今はキャスト発表がないから事故が怖くて(オペラ座の怪人のヒロインが不細工だったとか)チケット買う気がしないし。。。


とりあえず今後は、ルキーニ役には史上最強のルキーニ役者、宝塚歌劇団の轟悠様をキャスティングしてほしいで
す。OGの霧矢大夢でもいい。彼女たちは男以上に男臭くて、鳥肌が立つほど狂気のルキーニを見せてくれるはずだから

ルキーニ
雪組初演。今や伝説的名演の轟ルキーニ。


ルキーニ2
月組霧やんルキーニ。狂気と正気の間で燃え盛るすさまじい熱演でした。


しかしまあこれはちょっとありえないだろうから、現実的な所でいうと、中川晃教さんなんてどうでしょうか?

歌えるし、何より彼の芝居には情熱と真摯さがあります。ルキーニはとても大切な役なので、舞台に立つことに対して真面目で一途な、回数を追うごとに慣れる人ではなく、回数を追うごとに進化する人に演じて欲しい。


さて、私的にルキーニ以外の今後のキャスト希望をば。

エリザベート。。安蘭けい 霧矢大夢

トート。。石丸トートの続投を今後も希望!

そしてゾフィには。。

史上最強のゾフィ役者、未来優希(ハマコ~!!)


ゾフィ


上手いのは勿論ですが、演じることに対して真摯な姿勢のある役者の芝居が観たいです。


PS。。。

ひげダンス並みの脱力ダンスと書きましたが、あくまでもイメージというだけで、実際のひげダンスは、カトちゃんケンちゃんという一流コメディアンによる一流の「芸」であり、手抜きルキーニなど足元にも及びません。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。