--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-31

脳みそ筋肉人間の危険性。

ご無沙汰してます。

パソコンの調子が悪く、矯正施設預りとなっておりましたが、「異常なし」とのことで帰ってきました。

いつものことながら、こいつの外面の良さには呆れます。


。。。。

ということはさておいて。


柔道のオリンピック強化選手に対しても体罰が行われていたって。。。というか、こういうのって体罰じゃなくて単なる暴力ですよね。暴行で起訴すればいいのに。

体罰というのは本来、愛情ある指導者なり保護者が、信頼関係のもとに行う行為のはずで、それは怪我をしない程度に手の甲なりおしりなりをぴしゃっと叩く。。。位のもんだと私は認識しています。

まあ、対象年齢は小学生以下。危険なことを小さな子がやった時なんかにするもんじゃないですかね?


とはいえ私自身は子どもを叩いたことはありません。言えばわかるから。

高校生の自殺事件以降、あちこちで指導者による暴行が発覚していますが、すぐに暴力や暴言吐く指導者って。。脳みそ筋肉人間ってホントどうしようもないのね。


スポーツ選手に限らず、心身のコンディションを整えることって人間にとって本当に大切で、自分の教え子のコンディションを、常に最良の状態に維持できるようにケアし、支えるのが指導者の役目じゃないの?

体の故障や怪我が起きないように、細心の注意を払ってあげるのが仕事よね?


それを殴る蹴る、死ねとか豚とか罵るって。。。
指導者自らが選手生命縮めるような事してどうすんの。

本当に馬鹿。卑しすぎて寒気がする。

無抵抗の相手を何十発も殴ったり罵ったりしてもなんの罪悪感も感じないって。。。異常すぎる。。。。



しかもそれを擁護する人間。

マラソンの強豪校も、被害者以外の保護者が暴力監督の続投を嘆願してるなんて言ってたけど、この人たちも自分のことしか考えてない。

チームメイトが悲惨な暴力を受けて傷ついているのに、自分の子がターゲットになってなきゃべつにいいんでしょ? この人じゃなきゃ全国に行けないとか。。どんだけ名誉欲に犯されてんの。


私はまだたかだか40数年しか人生のキャリはないけれど、今まで関わった人たちの中で、なんか違和感や不快感を感じる人って、100%暴力的で卑しい根性してたってのは断言できます。

自己顕示欲が異様に強くて成果主義。小心な癖に常に人の上に立ちたくて、自分の利益になる人間には卑屈な位ペコペコするのも彼らの特徴。大声で威嚇するとか、暴言吐くとか、そういった行動で優越感感じるタイプ。。。

で、そう言う人に限って学生時代スポーツしてましたとか言うんだわ。先輩のシゴキを受けたとか、で、また自分がそれを後輩にしてやったとか、得意げに語ったり。

もうアホかと。

暴力に訴えなければ相手が言うこときかない、というのはね。ひとえに指導力が無いからなんです。

指導力があり、信頼されている人ならば、怒鳴らなくたって生徒は言うこと聞くんです。

逆に、信頼している人から愛情を持って叱られたならば、少々大声出されたって憎しみは湧きません。

元プロ野球選手の桑田真澄さんが書いておられましたが、体罰を受けても人は成長しません。桑田さん自身、暴力を受けて「指導」されていたときは本当に辛かったといいます。

まあ、体罰反対と言いながら、件の高校の入試を中止すると言っていた某首長もしてることは同じですけどね。

校長会が反対したら、「そういう人はクビにして、どんどん公募で変えていく」なんて言っていましたね。

建設的な話し合いをせず、自身の意見に反対するものは権力を持って切り捨てると脅す。


やってること、同じじゃん。


でもなぜだか、この手の人がトップに立ってる組織って多いんですよね。

人ってパッと見のハッタリとか強気な言動にころっと騙されちゃうんでしょうね。

私はもう一目見たら顔つきと表情でわかりますけどね。


力でおさえようとする人って、根深いコンプレックスがある場合がほとんど。

本当に実力があって自信のある人は、わざわざ偉そうになんてしませんからね。

で、そういうのはどうごまかしてるつもりでもきっちり顔に出ます。

心に企みのある人間ってのは独特の目つきしてるもんですし、無抵抗の相手に暴力をふるって平気でいられる人間性というのはやはり異常で、そういうのも顔やら言動にきちんと出ます。



愛は人を生かし、成長させるが、裁きは人を殺します。

信頼関係を築くより先に、暴力で支配しようとする人間に、人の上に立つ資格はありません。


あーなんか熱く語ってしまったわ。


ほんぎゃあああああ!!(叫んでみただけ。いつもの奇行なので気にしないでください)


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

スポンサーサイト

2013-01-06

年末年始に泣きました。

大晦日には二回泣いた。

まず朝にこれ。
レミゼラブル。

ミュージカル映画 レ・ミゼラブル。

で、夜はこれ。

ヨイトマケの唄。

紅白初出場 美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」

(紅白は抽選に外れてしまったんだわー。一度生の舞台観たいです。)


で、年明けてから先日、またレミゼ2回目鑑賞。


あー泣けた!!


ミュージカル映画ってどうも白々しくて馴染めなかったんですが、あれは、まず歌を先に録音してしまい、後から俳優に口パクで歌わせて撮影していたせいもあるんでしょうね。なんか嘘くさくて変でしょ。

でもこの映画は違います。

撮影時、俳優にイヤホンをつけさせてピアノ伴奏を聞かせながら演技させ、歌わせてそれをそのまま撮影。後からオーケストラの伴奏をつける手法。

なので、演じる側もその時々の心の揺れをそのまま表現できるし非常に演じやすいと現場の評価も良かったとか。

なるほど~。本当に自然で、殆どが歌なのに違和感は全く感じなかった。

というか、もうオープニングからエンディングまで涙ダダ漏れでした。

キャストも素晴らしかったし、脚本もいい。 

私、今まで見た映画のベストワンはチャップリンの「街の灯」なんですが、これに匹敵する勢い。

ミュージカル映画としては最高峰と言っていいと思います。


街の灯
チャップリン「街の灯」 心が震える名画です。


レミゼもいずれDVDレンタルになるでしょうが、これは是非機会があれば映画館での鑑賞をお勧めします。人生観変わると思う。サントラの完全盤が出ないかなー。ヒュージャックマンの歌う「Who am I」が最高でした。


そして美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」

歌ってこういうことを言うんだなあ、と、心底感動しました。

昔、この歌を書いた当初は周囲に理解されず、仕事も減り、地方でのドサまわりを余儀なくされたという美輪さん。歌詞の中にある「土方」「ヨイトマケ」という言葉は差別用語にあたるとして放送禁止歌に指定され、テレビで歌う事も許されませんでした。

それでも、それまでの派手な衣装を脱ぎ捨て、地味なシャツ姿で歌うことをやめなかった美輪さん。

売れるためならなんでもする、自分の歌も主義主張も平気で捻じ曲げる「自称アーティスト」がわんさかいる芸能界の中で、この人こそ本物の歌手でありアーティストだと言えるでしょう。

今は芸能人や有名人でなくてもブログやなんやらで誰もかれもが何らかの情報発信しているような時代。

だからこそ、本物と偽物を見分ける嗅覚や、一流のものに触れる経験は大切だと思います。




にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2013-01-04

つかれたどくしょのじかん。

みさきあき図書館のお正月休み前は、普段より多く借りられるから借りたんですが。ふはー! 失敗したかも~。。。

石田衣良、唯川恵、佐藤江梨子共著の「トロワ」

トロワ。

売れっ子作詞家の響樹と、彼を売れっ子に育て上げた年上の恋人であり、カリスマエステティシャンの季理子。そして、響樹に見いだされ、スターへとのし上がっていく歌手志望の女の子、エリカ。響樹とエリカはやがて愛し合うようになり、季理子は二人の関係に気付きつつ。。。という、大人な恋愛ドラマです。


この三人を、響樹→石田衣良 季理子→唯川恵 エリカ→佐藤江梨子 がそれぞれ担当し、順繰りにそれぞれが語り手となって物語が進んでいく、という手法。響樹(石田)→エリカ(佐藤)→季理子(唯川)の順に、何周かしていきます。

佐藤江梨子ってのはタレントのサトエリです。

この方は読書好きなようで、文芸雑誌でも対談したりしてるし、書きたい書きたいとアピールしていたので、まあ、短編書くとか、そういうのは普通に流れとしてあると思うんですが、よりによって直木賞作家と連作するかってのが、読む前の正直な感想です。

まあ、それを出す側もわかっているから、書く順番も、石田→佐藤→唯川ってなってるんでしょうけど。

石田さんの流れるように洗練された文章で始まり、サトエリがそれを幼稚で下品な文章で台無しにし、唯川さんがそれを力づくで元の洗練された世界へ戻して石田さんにバトンタッチし、またそれをサトエリがぶち壊し。。の繰り返しです。

あまりにエリカの章だけへたくそ過ぎるし何より文章に品が無いので嫌気がさしてしまい、「エリカ」の章は1つ読んだら我慢の限界。2周目からは飛ばして「響樹」「季理子」の章だけ読みました。

結果、何の問題もないどころか、石田、唯川両氏の、ため息の出るような大人で洗練された文章が際立ち、大変いい小説として読むことが出来ました。

私は書き手のキャリアや肩書で小説の内容を判断はしません。

そんな事言って居たら、新人作家のデビュー作なんて読めないじゃん。

山田詠美さん然り、嶽本野ばらちゃん然り、恩田陸さん然り。みんな一作目を発表する前の肩書は「素人」。だから、サトエリがタレントだからといって、偏見持つ理由はありません。

ただ、まがりなりにも小説好きを公言し、文章を書いて、お金を貰う以上、それなりの仕事しろって話です。

登場人物3人がそれぞれ語る手法の小説で、一人だけ異様に下手くそだとか、下品だとか、そういうのって読んでいて非常に不快で気持ちが悪い。最近は文芸誌も本も売れないというし、話題作りの一環もあるんでしょうが、酷過ぎる。

これと同じ不快感を感じた本に、以前にも取り上げた「食堂かたつむり」があります。「エリカ」の章を読んでいて感じる違和感と不快感はあれとそっくりなんですね。下手以前に、下品。どんなに登場人物がビッチでも(エリカは、石田さんの設定ではビッチではないのだけど、サトエリが書くと途端にビッチになるのだ)、書く人に技量と品性と、文章に対する真摯さがあれば下品にはなりません。だって、山田詠美さんや岩井志麻子さんの書く小説は、どんなに設定がヘビーでも下品じゃないでしょ?

これがサトエリ単体での小説なら別にそれはそれでありなんだろうけども、よりによって、石田、唯川、といった大御所と並べるのは酷過ぎると思う。まるまる「エリカ」の章をすっ飛ばして読んでもきちんとストーリーがつながるって(笑)どんだけ力量に差があるんだか。読者に失礼。それこそ、この小説にあるように、銀座の高級クラブで「センセイ~、あたし、小説書きたいんだあ。石田センセイ大好きなのお」「いいよいいよ、書かせてあげよう」なんてやり取りでもあったんかいと勘ぐっちゃうような下品さがあるわー。あー気持ち悪い。

これから読む方には、「響樹」「季理子」の章だけ読むことをお勧めします。「エリカ」の章は読まなくてもなんら問題ありませんし、飛ばしたらすごく素敵な小説として完成しています。

っていうか。

これ、エリカの章は、村山由佳さんに書いてほしかった!!

石田衣良、村山由佳、唯川恵、どうよこの直木賞並び! 村山さんなら、若く美しいエリカの心の揺れや恋愛を、凄く素敵に書いてくれたろうに。。

あー残念。

で、次はこれ、三崎亜記さんの「失われた町」

失われた町。

小説すばる新人賞でデビューされて以来、バンバン書いてる印象の作家さん。

上手いんでしょうね。

ごめんなさい。私には読みにくくて仕方ない(爆)

各章で語り手というか、変わっていくんか? これは。

ある章で、ずっと一人の女性について書かれたところがあるんだけど、描写が「Aさんはこうした」なんですね。(作中ではAではなくちゃんと個人名があります。なんだったか忘れたし読み直すのしんどいからすみません)だけど、別の誰かがAさんについて語ってるんじゃないんですよ。あくまでも主体がAさんなわけ。こんな文章って初めて読んだ。

普通は、例えばリカ、という主人公が居て、その人の主観で書くってのがありますよね? 回想なりなんなりで。
で、リカから見たAさん像として
「Aさんはこうした」「Aさんはこう思ったのだろう」と言う書き方が一つ。この場合、Aという人物に「さん」がつくのはおかしくない。

別のパターンとしては、書き手がそのAさんが主体の物語を書く場合
「Aはこうした」「Aはこう思った、なぜなら」みたいな書き方。この場合、Aは呼び捨てになります。

あとは、A本人が語る場合で、その時は「私はこうした」「俺はこう思う」みたいになりますね。


でもこの作家さんは違うのね。

主人公の語り、でもない。作者がAという人物について書くのに、「Aさんはこうした」「Aさんはこう思った」って、全部、「さん」がついてるんだわ。

まるまる一章分これで、すんごい違和感で脳ミソが疲れた。

あと、一応主人公になるのか、茜っていう女の子の違和感ある他人へのタメ口。

「~だよね」みたいな。

非常識とかそういんじゃなくて、アルミホイル噛んでるような(ギャーッ!!)気持ち悪さ。何故あえてここでその言葉使いするか? みたいな。あー! 今書いていてすとんと落ちた、あれだ、ほら、中年の、つまんない先生が、クラスの子ども達にに受けようとして無理にタメ口したり、略語使ったりするような違和感! それだ!(だから何なんだか)

そんな風で遅々として進まない。まだ半分もいってないけどすんごい疲労感。

設定自体は面白いし、文章はうまいしサトエリの文章みたいな下品さは無いから、決して不快ではないんですけどね。お話の先自体は気になるから最後まで読みたいとは思うんですが。直木賞候補にもなった作品で、文句なしに上手い作家さんなんだろうけど。。好みの問題ですね。完全に。

あーまた頭の中の読書箱の文章設定をリセットしないといけないわあ。

ペロー童話集とか。澁澤訳の。(完全にリセット本としての地位を確立←こういう読み方もどうかと思うが)

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

2013-01-02

行く年来る年もう新年。

あけましておめでとうございます。

いつも地味なブログに来て下さる数十名のマニアの皆さんこんばんは。今年もよろしくお願いいたします。


なんかバッタバッタで全然更新してませんでしたね。「一か月以上更新してないなんちゃらかんちゃら」の広告がトップに来ててドン引きしましたわー(笑)

昨年はまあ元気に過ごせましたね。感謝です。今年も生きてお正月迎えられて感謝です。

去年のアップしてない出来事

・野蛮君さようなら。。。

チビ400CCアメリカンバイク、サベージこと野蛮君は、「走ってる最中いきなり止まる」という症状がどうにもこうにもどうしようもなくて、廃車となりました。。。

野蛮君。

が!

元のオーナーさんが引き取って下さり、スクラップになることなく、「バイクいじりが趣味のおじさんのガレージ」にて、余生を過ごす事となりました。

で!

替わりに来たのが250CCとはいえごっつい真っ黒けなスクーターで、シート幅も広く、寒くてもエンジンはすんなりかかり、安定した走りのいい子なんですが、可愛くないしでかいし重いから私は乗りません(爆)喜八郎の通勤専用車です。私が乗りたい小さくて馬力があっておもしろくて変なバイクは、ことごとく生産終了と言う世知辛い世の中。。。

ええ、もう125のアドレスでいいわー。つか、今寒いからバイク乗りません。ふん!

・安蘭けい主演のミュージカル『アリスインワンダーランド』に行きました。。。

。アリス

  もう最高でした!! 特に帽子屋役の濱田めぐみさん(元四季)が存在感ありすぎでかっこよすぎた! あと、JOY君が芋虫役で出演していて、歌も上手くてびっくり!! また観たい!

・お正月におヴィトンさまからお年賀が来ていて驚いた。昨年は敬愛するアーティスト、草間彌生さんがこんな素敵なコラボしてくれちゃったから。。。

スピーディ。2
大変素敵なコラボレーション。


欲しいバイクはことごとくアウトでね。野蛮君はいなくなっちゃうし、お金使っちゃいました。我が家にヴィトンの箱やら紙袋が溜まるって、ありえない事態に! 特にお気に入りはブルーのスピーディ。秋に在庫問い合わせた時には関西圏の店舗は全滅だったのに、年末ふらっと寄った店舗にあってびっくり。サロン(VIPルーム)の取り置き分にキャンセルでも出たんでしょうか(笑)思いのほか似合っちゃったんで有難く購入させていただきました☆ 

草間スピーディ。
彌生ちゃんが若かりし頃住んでいたNYの街並みをイメージしたモノグラム・タウンのスピーディ。ブルーのリボンはクリスマス特別ラッピング。バッグとお揃いで嬉しい。。

しかしルージュとジョーヌのパピヨンは吹き出すほど似合わなかったなあ。。。

。草間モノグラム
ドット・パンプキンのシリーズ。可愛い!本当はグリーンのキーポルも欲しかったんですが予算オーバータイムアウト! 


パピヨン。実物は小ぶりで可愛いんだけど、持つとホントに変だった。で、ブルーのスピーディは、一見あれ? っていうビジュアルだし私には大きいかなって感じだったけど、持つとすんなり馴染んだっていう。。まあいつもの事ですね。私、おかしな服とか小物が似合うんです(爆)

スピーディってコンサバなイメージがありますが、ブルーのドットだしね。私は別売りのストラップをつけて、斜め掛けにして使う予定です。でもTシャツやデニムやスニーカーには合わせません。そこまでカジュアルに、尚且つお洒落に着崩すだけのプロポーションを持ち合わせていないので。このブルーって、秋冬の色だなあ。春夏に持つにはちょっと、工夫が必要かも。でも嬉しいな☆

バッグはもう一つ、ルージュのネヴァーフルも購入☆ これは私には正直大きいんですが、サイドを絞ればなんとか。。オタクですからね。観劇やら美術館やら行く時、パンフとかチラシが入らないと困るんですよ。
ネバーフル。
モノグラム・ドット・ウエーブ。バッグの中布の柄がドットインフィニティ(無限の網)っていう、草間ファンには堪らない逸品。

もう一生バッグ買いません(←ほんまかいな)

そういえば。。。

年末、某スーパーの食料品売り場で、私の前にピッカピッカのダミエアズールのネヴァーフル持ってるおばさんが居たんだけど、服装がもっさりスカートにユニクロっぽいダウンにヨレヨレのセーターにぼさぼさの髪ですっぴんでね。なんかちぐはぐだなあって思って見てたらば、会計終えて、商品詰める台の所でね、大根やらペットボトルやら、そのままどんどんヴィトンに放り込んでいくの! で、肩にかけてすたすた歩いて行った。


あれ、エコバッグ扱いだったのね。
1ダミエアズール

確かに丈夫だし濡れても平気だしいいかもね(よくないよくない!)



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。