--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-12-22

爺さんに口出しされましたか?

ブログのカテゴリに『壮一帆』を追加致しました。

はい。

ヅカ歴40年近くにして壮ちゃん落ちしました(←遅いっ!!・笑)。

それも先日、『Shaii we ダンス?』 2回目の観劇をお友達としまして、そこからまあちょっとありまして(大事な気持ちなので他人には言えません、あ、聞きたくもないですか壮ですか)、一気に壮落ちでございます。

ヘイリー。

雪組のトップスター壮一帆と言えば、宝塚歌劇80周年に音楽学校入学。100周年を迎えるこの年にトップという、筋金入りのベテラン芸達者。

はい、存じ上げておりましたよ昔から。

実力あるのにずーっとずーっと3番手だった頃。
雪組のフェアリートップコム姫と一緒だった頃も、花組の歌ウマトップオサ様と一緒に居た頃も。

やっとこさ2番手昇格し、真飛さんの次にトップかなあと思っていたらまさかの足踏みだった事も存じ上げております。

長い長い苦難を経て、古巣の雪組にトップスターとして組替え。大劇場トップお披露目公演は、もはや植爺の罰ゲームでしかないベルサイユのばら。正統派の2枚目、フェルゼン役。

ベルばら恒例の酷い脚本と演出。おまけにベルばらのフィナーレパレードの階段下りは、昔からトップスターの象徴である羽も背負わないと相場は決まっておりますので、トップお披露目公演であるにもかかわらず、羽無しの階段下りという苦行扱い。

でもそこは壮一帆。

彼のフェルゼンは本当に美しく、奥深い熟練の演技。酷い脚本も突っ込みどころ満載の演出も、黙って立っているだけでねじ伏せてしまうという、とてつもないフェアリー力。

羽の無いお披露目階段下りも、その暖かな人柄が滲み出る素晴らしい笑顔と気品溢れる舞台姿で、ああ、この人がトップになって本当に良かったと心から思いました。

でも落ちなかったんだなーその時は(笑)

何故だろう?

何故かわかんないですが、今頃壮一帆に落ちて、お友達とワーワー言っております。

さて、前置きが長くなりましたが(はい、これ前置きです。本題はここから!)

初見の時も思ったのですが、今回の宝塚版『Shaii we ダンス?』は、脚本も演出も本当に素晴らしく、感動したのですが、一点だけ物凄い違和感を感じた部分があるんですよね。

これ、脚本書いた小柳奈穂子さんのセンスじゃないよなー。多分仕上げる時点で、毎回毎回性懲りも無く学芸会みたいな脚本書いてる爺さんから直しが入り、(正式には余計な口出しをされてしまい)こんな事になっちゃったんじゃないかなーっていう場面。

主人公ヘイリーが、駅のホームからダンス教室の窓辺を見上げ、講師のエラの姿に惹かれるシーン。

この前振りとして、カーテン前(といってもベルばらよりは遥かにオサレなカーテンというか演出ではありますが)でヘイリーのソロがあるんですが、その中にエラを象徴する歌詞としてこんなフレーズがあるんです。
。。。。。。。。。

あの窓の向こう佇む人 ビルの上のラプンツェル
閉ざされた扉を開いたなら
抜け出せる? リフレイン
。。。。。。

で、ダンス教室に足を踏み入れる場面でも、エラを見て思わず「ラプンツェル…」と呟くシーンがあるんです。


いやー。





無いわ―。





ダサ過ぎるっ!!








これだけスタイリッシュで、尚且つ心温まる脚本が書ける人なのに、よりにもよってラプンツェルなんて言わせるか? 歌詞に入れるか?

これ、ヅカファンなら誰しも経験している悪夢なんですね。こういうところ。
何でもかんでも歌やら台詞やらで説明しちゃう。特にカーテン前で一回説明要素の入った歌詞の歌を歌わせて、場面が変わったら更に台詞でそれをゴリ押しするダサさとしつこさ。この既視感。

これ、モロ植爺のセンスだよねえ!?

もうこのラプンツェルだけがどーにもこーにも芝居の世界観にも壮一帆の素晴らしすぎるヘイリー像にも全く馴染んで無くてさあ。しっとりした映画見てたらいきなりわけわからんおバカなCMが流れ出した、みたいな物凄い違和感だったんですよね。


仕事帰りにダンス教室の女性に惹かれるシーンは、確かに難しい。

嫌らしくなってはいけない。決してスケベ親父になってはいけない。

でも、惹かれなければならない。

窓辺の美しい女性。

何だか気になる。

ダンスかあ。

気になる。

平凡な日常の中に、すうっと流れ込んでくる微かなときめき。

恋愛感情でもない。

性的なものでもない。

でも確かにときめいている。


この難しいシーン、映画では役所広司さんが表情一つで見事に演じられており、勿論ラプンツェルなんて陳腐な台詞も飛び出しません。

脚本家小柳奈穂子さんも、そんなおかしなセンスは本来持ち合わせていない筈なんです。そんなセンスの持ち主には書けないですよ。あんないい脚本。

でも、ここはタカラヅカ。

爺さんから。。もしくはその流れを汲むスタッフ連から直しが入ったか、こういう要素を入れてくれ、と要求されたかのどちらかではないの?

「このシーン、何故ヘイリーがエラに惹かれるのか、書ききれていないんだよ。やはり宝塚なんだから、夢やロマンが無いとねえ。窓辺の美しい女性なんだから、ラプンツェルなんてどうかね。無機質なビルの上に閉じ込められたお姫様。これで行こう!」

壮大な妄想でございますが、あながち間違いでもないのでは?

しかし100歩譲ってメルヘン童話ネタ入れ込むとしても、よりによってラプンツェル持ってくるとは単純すぎやしませんかね。

ラプンツェルのお話と言えば、ディズニーアニメが有名で、劇中に出てくる歌もセリフもこれをイメージし、塔に幽閉されたかわいそうな髪長姫って事なんでしょうけども、童話初版のお話は、自室に夜ごと王子を招き入れて関係を持ち、妊娠してしまうお姫様のお話ですし。。(ドン引き)

それに、そもそもラプンツェルとエラって、何の共通点も無いよね? エラはいい大人だし。

メルヘン童話ネタとリンクさせるなら、まだ白鳥の王子(野の白鳥、とも言いますね)のエリサ姫の方がしっくりきますね。アンデルセンだし。Hな要素も一切ありませんし(爆)

最後に白鳥が王子の姿に変わるところが、ヘイリーをはじめとするダンス教室の冴えない生徒達の変貌ぶりともリンクしますしね。まあこれもかなり無理やりですが。


でもそれにしたって、「そういう事」を歌詞に入れちゃったり、ヘイリー自身に言わせちゃだめなんですよ。キャラがブレるから。

小柳さんの描くヘイリーは、女性を見てラプンツェルなんて言わない男性で、そこがいいんだし、壮一帆はダッサイ説明台詞なんか言わせなくても、視線1つ、仕草ひとつできっちりと心の繊細な動きまで演じきれる力のある役者なんだから。


どーしてもどーしてもラプンツェルだのを台詞として言わせたいなら、駅のホームで、別の男性にそれとなく呟かせるとかね。

芝居の魅力っていうのは読書と同じで、役者が表現するものを、観客がそれぞれの感性で更に味付けして受け止める事が出来る事でもあると思うんですよね。

想像力を掻き立てさせるお話。

これからどうなるんだろう!? っていうワクワクや期待感。ドキドキ、色んな感情。

宝塚の場合、更にそこに贔屓へのトキメキや夢も加わるのかな。

でもそれは、歌や台詞にメルヘンチックなものを不自然に入れ込んだり、わざわざ説明台詞を用意しなくても可能なわけで。

いい脚本というのは余計な説明は極力省いていているものだし、いい役者は台詞が無くたって脚本以上の物を観客に伝えきる演技をするもの。

脚本家小柳奈穂子さんも、舞台人壮一帆も、十分それだけの力を持っているプロ。

ただでさえ、宝塚100周年=結局は植爺祭りかいっ!? みたいな公演ラインナップその他諸々にゲンナリしてるんですから、力ある人の新作にまで、何でもかんでもセリフや歌で説明させる植爺芝居の要素を入れさせたりするのは、もう止めて欲しいです。

昭和のベルばらは確かにタカラヅカを代表する作品ですし、ベルばら=タカラヅカ、として世間に認知されているのは事実で、それは大変大きな功績だとは思います。

でもねえ。

劇団のの若返りか何だか知らないけど、人気も実力もある生徒が肩叩きされたり、なかなか抜擢されなかったりと言うおかしな人事がまかり通っていますでしょ。

じゃあね、自身は何の進歩も研鑽もせず、学芸会みたいな脚本を書いている老害作家や、コントみたいな演出をしている腰巾着スタッフも入れ替えたらどうですかと思うわけです。

今回の雪組公演。

普段よりも男性のお客さんが多いなあと言う印象でした。

いい舞台、というのは性別関係なく人を魅了します。

こういうしっかりした脚本で、きちんとした芝居の出来るスターが主役である演目は、初心者の方を誘いやすいですしね。リピーターも多かったのではないでしょうか。私も初見終わってすぐ、もう一度見たい! となりましたからね。当時は贔屓も居なかったのに(笑)。

東京はどの公演もチケット取りにくいみたいですが、ムラでは平日なんか、結構チケット余ってる事が多い。
でも客の入りが悪いのは、大劇場が首都圏から離れた場所にあるからでもなく、ましてや出演者のせいなんかでは決してありません。

宝塚版『Shall we ダンス?』は稀に見る名作ですし、主人公ヘイリーは間違いなく壮一帆の当たり役。

だからこそ、「ラプンツェル」の一言は、残念でなりません。


PS
誰にも口出しされておらず、ラプンツェルの部分も完全に小柳さんのオリジナルでしたらすみません。。(それはそれで驚愕)

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

スポンサーサイト

2013-12-01

夢のような人生。

宝塚雪組公演 Shall We ダンス? を観劇。

雪組

実力派スターまっつ(未涼亜季)の怪我による全日程休演というとんでもないアクシデントの中、初日の幕が開いた大劇場。

正直どうなるんだろう!? という不安の方が大きかった。主役は冴えないサラリーマンだし、どんな風にタカラヅカ、な作品に仕上がっているのだろうか、等々。。。

しかしそんな杞憂はあっという間も吹き飛んでしまった。

これ、稀に見る大当たり作品だと思います。

まず、主役を演じるトップスター壮一帆が素晴らしい。

お披露目のベルばらでも思ったのだが、この人は本当に凄い人だ。
壮君がトップで本当に良かったと、心から思える。そんなスター。

人気も実力もありながら、トップ就任までとんでもなく時間がかかった所も、真面目で努力家で優しい人柄も、パッと見、そう大柄でもなく華奢な見た目もとうこちゃんにそっくりである。

原作映画は名作であるが、お話自体は地味だ。
舞台は外国という事にはなっているものの、原作そのものを忠実になぞっており、主役は平凡なサラリーマン、ヘイリー。

周囲は原作同様、なかなかに濃いメンツが揃っては居るが、ヘイリー自体は真面目で大人しいサラリーマンと言う設定なので、衣装は終始地味なスーツか、家でのシーンは焦げ茶色のカーディガンという、オジサンファッションそのもの。

唯一華やかな見せ場であるコンテストのシーンで着ている競技用のゼッケンのついた黒燕尾が一番派手といえば派手。そんな人物。

これを宝塚でするとどうなるか。

演じるトップスターに相当な力量が無いと務まらない。

壮一帆は、地味なスーツを身に纏った平凡なサラリーマンヘイリーが、ダンスと出会い、生き生きと自分の人生を彩っていく様を見事に演じ上げ、誰もがとんでもなくキラキラした夢のような人生の主役であるという事を教えてくれた。

脚本も非常に洗練されており、暗転に次ぐ暗転とか、カーテン前の長い説明台詞で場を繋ぐといった、もはや老害でしかないメンツのものとは違い、そう多くは無い場面場面を非常に丁寧に描いており、イライラせずにお芝居に集中できた。

セットも洒落ていたしね。電車がホームに滑り込んでくるところとか、ヘイリーの自宅からダンスホールへの場面転換なども、工夫されていて無理が無いからスムーズに感情移入できる。

こういう脚本が書ける人。そして、こういう芝居が出来るスターを劇団は大事にしてほしいと思う。

大劇場のロビーにあるモニターで、トップスター壮君のインタビュー番組を流していて、思わず全部見てしまった。

トップになれないまま退団していった人達の気持ち。トップになる前、もう自分も退団しようかな、とまで思いつめたこともあった、と、静かな口調で語っていた。

もう何年も前、私は花組の春野寿美礼(おさちゃん)のファンだったのだけど、当時の2番手が、後の花組トップスターとなる真飛くん(既に退団)で、3番手は壮君と、今回休演となってしまったまっつと、退団してしまったみわっち(愛音羽麗)が団子状態と言う感じだった。

壮君もまっつもみわっちもそれはそれは芸達者で歌ウマさんで、正直あの時のあの団子状態は今でも腑に落ちない。なんかもう、あの3人の団子状態並びはいつもいつもで、実力があるのに無駄遣いされてる感が物凄くて。

まっつが雪に組替えになり、みわっちが退団して、壮君は2番手として同期のらんとむをトップとして迎えることとなり。

壮君は、この頃の自身の心境についても、それはそれは正直に答えていた。

「みわっちが、そして、一緒に頑張ってきた星組の涼紫央が退団すると聞いた時、悔しくて泣きました」と。

そして自身も、辞めることも考えた事があった。だからこそ、トップになれないまま辞めていった人達の気持ちを考えると、今自分がトップである、という事に物凄い責任を感じるし、頑張らなくてはいけないと思うと。

劇団の抜擢方針というのは、正直、全てがクリアではない。

何故この人が? って人がトップになることもあれば、何故この人がって人が、理不尽な扱いのまま辞めていく事も多々ある。

すずみんなんて退団公演なのに、2番手の羽を背負わせて貰えなかったし、今度退団する宙のともちんだって、よりにもよって風去りでの退団で、本当に酷い扱いだし。

そんな思いは、ジェンヌ自身にも当然あるわけで、壮君も、沢山悔しい思いをしてきたに違いなく、だからこそ、「トップだから大変だとは思わない。それが醍醐味だと思う」「タカラヅカに入ってきた、という事は、みんな目指すものは一緒のはず。だからこそ、下級生達のキラキラした瞳や笑顔を消したくない、曇らせて欲しくないなって思う」と言った言葉がさらりと出てくるのだろう。

「自分は何でも小器用にこなせるタイプではなく、コツコツ努力してやっと出来るタイプなので」と言っていたが、正に彼女は努力でここまで来た人なんだなと思うし、だからこそ、カネコネ抜擢だのと言われる人達のように、路線スターというポジションに何の緊張感も責任感も無くのほほんと胡坐をかくことなく、今でも努力し続けているのだろう。

だからこそ、下級生達も、壮さんがトップだから。という気概を持って舞台に臨めるのだろうし、まっつの休演という大穴を必死で埋めて、あんな素晴らしい舞台を完成させる事が出来たんだと思う。

来年には、同期のらんとむが退団してしまう。

彼女もまた、何のバックも無い状態で、本当に、努力努力でトップに上り詰めた人。

壮君も就任が随分と遅くなったが、まだまだ辞めないでほしい。

インタビューの後半、壮君はこう言った。

「タカラヅカが100年続いたっていうのは凄い事で、これはもう、ただただファンの方がいて下さったから。それを忘れてはいけないと思います」

残念ながら、96期の裁判やその後の流れ、各組の抜擢人事を見ても、劇団の上層部には、「ファンの方」なんてどうでもいい、という姿勢の人が沢山居るように思えるのが今のタカラヅカだ。

経営陣や、学芸会みたいな脚本を書いている老害さんにこそ、聞いてほしい言葉だと思った。

若いスターを育てるのは大切な事ではあるが、やはり男役10年と言われる宝塚には、キャリアの長い、実力のあるスターが絶対に必要だし、そういう人にこそトップになって欲しい。

今回のヘイリー役は、父親役でもあるので、ただ若さとキラキラオーラだけのトップが演じても、ここまでの感動は与えられなかったと思う。

男役という芸がどれほど重みのあるものであるか。

大人の男を演じられるジェンヌがどれ程大切であるか。

100年の歴史あるタカラヅカだからこそ、一時的な人気取りや話題作りではない人事をしてほしいと切に願う。

劇中、ヘイリーの台詞にこんな言葉があった。

「夢のような人生かあ。。」

平凡なサラリーマン。郊外に家を買い、妻と娘の3人暮らし。毎日通勤電車に揺られる変化の無い日常。

だが後にダンス教室仲間となる、同じ職場の冴えない男性ドニーからは、「奥さんとお子さんがいて、郊外に家を買ったなんて、僕から見れば夢のような人生ですよ」と言われ、ヘイリーは驚くと同時に納得もし、だが何かが物足りないという事にも気づくわけだ。


夢のような人生。


タカラヅカのトップスターと言う人生は、凡人から見れば正に夢のような人生であるが、壮一帆と言うスターは、サラリーマンヘイリーの生き方を通して、誰の人生も、ある人から見れば夢のような人生であり、人は皆自分自身の人生の主役であることを教えてくれた。

同時に、他人から見れば夢のような人生であっても、やはりそこは人間で、一見どんなに華やかな暮らしをしている人であっても、悩んだリ苦しんだりといった日常があり、それもまた人生である、という事も。

ヘイリーはダンスと出会い、自身の人生を彩ってゆく。

観終わってから、静かな感動と、温かな気持ちと、前向きに頑張ろうという元気をもらえる素晴らしい作品だった。


私がこれまで見た宝塚作品で一番好きな作品は、星組の湖月わたるの退団公演『愛するには短すぎる』なんだけど(贔屓は当時2番手で、次期トップが確定していた安蘭けい・笑)、この壮一帆主演の『Shaii we ダンス?』は、それに匹敵する名作だと思います。

まっつが東京で復帰して、それがDVDになったら買っちゃうかも。。。


2部のショーは、ひたすらお祭り気分のお正月公演にふさわしい華やかさで、これまた良かった。

なんかもう、手あかのついた再演物とか学芸会脚本の老害物はもうお腹いっぱいだわ(笑)

1部は洗練された新作のお芝居。

2部はこれぞタカラヅカ!! なショー。

このオーソドックスな、でも新作2本立て!! がやはり一番しっくりくるし安心できるし楽しめる。

一本物でもね、やはり最後は羽でしょ羽!!

ベルばらも風去りも、フィナーレで羽背負わないもんなあ。

タカラヅカ100周年。

創始者小林一三先生の「清く正しく美しく」の原点に返り、ファンと、一生懸命努力するジェンヌが報われる舞台作りを切に願います。




にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。