--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-26

ハーレーに乗る不良牧師。

バイクに乗る人なら誰しも、理想や憧れのライダー像があると思います。

私の場合、理想は『下妻物語』のイチゴと桃子(ライダーと言っていいのかは不明・笑)なんですが、憧れのライダーは只一人。愛車ハーレーに跨り世界を駆け巡る牧師、アーサーホーランド氏です。

アーサーホーランド
牧師さんです。


父親はアメリカ人、母親は日本人の大阪生まれ。10代の頃は夜遊びと喧嘩にあけくれ、相当な「ワル」だったとか。

しかし渡米してからレスリングと出会い、めきめきと頭角を現して全米チャンピオンにまで上り詰めます。

ところが、オリンピックの候補に挙がるほどの選手になった彼に、最悪の事態が降りかかります。

世界選手権を目前に控えた試合中、首の骨を折る大怪我をして選手生命を絶たれてしまうのです。


ショックと絶望。

どん底にある彼を救ったのが、キリストとの出会いでした。


23歳で洗礼を受け、伝道者としての道を歩き始めます。


アーサーホーランド2
しつこいですが牧師さんです。


日本に帰国してからは、真っ白なスーツに身を包んで都心の横断歩道でショートメッセージを語ったり、元ヤクザからキリスト者へ更生された方々との伝道ミッション、『ミッション・バラバ』(バラバ=キリストが十字架にかけられた時、隣の十字架にかけられていた極悪人の名)の活動などで注目され、国内外で広く用いられる伝道者となってゆきます。

又、大のバイク好きでもあり、公私共に愛車のハーレーに跨って全国を駆け巡り、そのユニークなキャラクターや精悍なマスクでマスコミからも注目され、雑誌のモデルになったり映画に出演したりと、キリスト教の枠を飛び超えて、文字通りワールドワイドに活躍されている方でもあります。


不良牧師1
著書『不良牧師・アーサーホーランドという生き方』


体にはタトゥ。クリスチャンでありながら「俺は‘宗教‘は嫌いだ」と公言し、派手な革ジャンでハーレーを乗り回し、メディアへの露出も多い彼のスタイルには「売名行為だ」「牧師らしくない」等と批判的な方もいらっしゃいますが、それはワイルドで、世間一般の感覚での「牧師らしからぬ(笑」外見的イメージだけで判断してしまうからではないでしょうか。

ハーレーと言うマシンに対しては個人的には興味のない私が、この人を憧れのライダーとして挙げるのは、その魂、ソウルが素晴らしいからです。


アーサーホーランド4
もはやファッションではない。ソウルであり生き様。


実は私は、アーサー氏に個人的に大変お世話になったことがあります。

本当に綺麗な、澄んだ瞳が印象的な紳士でした。


派手なイメージとは正反対の正真正銘のジェントルマンで、柔らかな物腰。常に周囲への気遣いと感謝を忘れず、決して高慢な態度を取らない、本当に素敵な方です。一方で、伝道に対する姿勢は真摯で熱く、海外の危険な地域へ行かれることもありますし、非行少年や暴力団員など、普通なら眉をしかめてしまうような環境の人に対しても分け隔てなく愛を持って接し、多くの人を救いへと導き、更生させていらっしゃいます。こういった働きは正に命がけの地道なもので、到底売名行為や自己顕示欲の為に出来るような、甘いものではありません。


アーサーホーランド6
本当に強い人程穏やかで優しく、柔らかな笑顔。
世界共通の法則です。


私は若い頃、バイク乗り、特にハーレーライダーには良い印象を持っていませんでした。

当時の愛車はフォルクスワーゲンのビートルで、トコトコドライブするのが好きだったのですが、ある日信号待ちをしていると、真昼間の国道の対向車線を、道一杯に広がって編隊を組み、ノロノロと走るハーレー馬鹿軍団に出くわしてしまい、心の底から「ダサーッ!」と叫んだ事があったからです。


たるんだ体に、お揃いのロゴ(チーム名?)の入った革ジャン。低い鼻からずりおちかけているサングラス(多分レイバン)。マシンの前後には、これまたお揃いのフラッグをはためかせ、ノロノロ運転でご満悦。20台を超える大所帯で、チーム内では誰がここ、みたいに走る順番を決めているのか「整列」してるんだけど、他の車に追い越すスペースを空けてあげる配慮は一切無し。その編隊(ありゃある意味変態)の後ろを、他の車が団子になって着いて行く状態。ド顰蹙を浴びている事に気がつかず、走る為でなく見せる為に磨き上げ、センスの悪いカスタムしまくったハーレーに跨り、自分に酔いまくってるオッサン集団。

ダサいの一言。悪趣味の極みでございました。

車に乗ってると、バイク軍団にはイライラさせられる事も多く、若さゆえの偏狭さもあり、それ以来、私にとって、ハーレー=ダサいバイクの頂点。ハーレー乗り=見栄っ張り馬鹿ライダーの頂点。グループで走ってるライダー=一人じゃ何にも出来ないお友達ごっこ。暴走族よりある意味性質悪い連中。というのがインプットされてしまったんですが、そんな私に、「こんなに素敵で紳士なバイク乗りが居るんだ」「ハーレーってこんなにカッコいいバイクだったんだ」と思わせてくれたのも、アーサー氏なんですね。

ワイルドな自由人のようでありながら、愛妻家であり、良きお父様でもある。そういったバランスの取れた所も素敵です。

その時は自分がバイクに乗るなんて思ってもみませんでしたが。人生わかんないものですね。


不良牧師2
『不良牧師Ⅱ・鉄馬(アイアンホース)の旅』
鉄馬とは、アーサー氏のような人のことかも。


男も女も、背中が勝負。


アーサーホーランド3
バイク乗り、かくあるべし。





☆アーサー氏の公式サイト。
ttp://arthur-hollands.com/         
スタイリッシュで美しい写真も満載。

よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。