--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-10

リトルプリンセスの憂鬱。

わが国のリトルプリンセス愛子ちゃんが学校に行けなくなっているとのニュース。

プリンセス

皆さんはどう捉えられただろうか。

私はパソコンを起動させたらいきなりヤフーのニュースの見出しに「愛子様 乱暴」という文言があったので、正直驚いた。宮内庁の発表の仕方こそ乱暴そのものだと感じたのだ。


学校に行けない。

子どもにとっても親にとっても、とても辛い状況だ。


それが解決するどころか、現状把握すらきちんと出来ていない状態で世界中に発表する事の必要性ってなんなんだろうか?

ましてや「乱暴な事をする男子児童が居る」と公表してしまうなんて。。。。


今はネット社会だから、その児童を特定する事なんて簡単な事だ。

今度はその子が学校に行けなくなってしまうかもしれないし、親御さんも居辛くなり、自主退学に追い込まれてしまうかもしれない。

慎重に対処していかなかければいけない非常にデリケートな時期にこの発表。更にとんでもない事態へと発展しなければいいのだが。

そもそも「乱暴をはたらかれた」のと「乱暴な子が居る」のとでは全く状況が変わってくる。

その乱暴行為の一例として、廊下を凄い勢いで走る、鞄を投げる、縄跳びを振り回す、と言った行為が挙げられているが、それらも休み時間にしているのと授業中にしているのとでは雲泥の差であるし、愛子ちゃんや特定児童をターゲットにしたものなのか、ただ仲間うちで騒いでいただけかでも全く話が変わってくる。外部の人間には全くわけがわからない。

昨年からあった行為で、補助教員をつけて対応していたというが、それも学級崩壊に至るような深刻さだったのか、男子児童個人の問題なのか、愛子ちゃん自身の恐怖心の問題なのか、他愛の無い事なのに宮内庁が大騒ぎしているだけなのか、学校が無頓着なのか、何が何だか全くわからない。

そしてわからないのに全世界に向けて皇太子夫妻の長女の不登校を「同級生の乱暴が原因」と決め付けて全世界に発表する宮内庁。学習院の謝罪会見もあったが、それで愛子ちゃんが安心して学校に行けるようになるのだろうか。乱暴とされる男の子達も、これまでのような学校生活が送れるのだろうか。

皇族とはいえ、子どもの不登校となると、やはり非常にデリケートでプライベートな問題。ましてや「その原因」とされる児童が居る場合、その子とその親にだってプライバシーというものがあるのだから、公表するなら宮内庁と学校側、そして親である皇太子夫妻とできちんと話し合い、練りに練った公式の文書を作って公表しないといけないんじゃないだろうか。


皇族とはいえ、人間だ。

愛子ちゃんのママ、雅子さまは、もう長いこと心の病と闘っておられる。

皇族の人の暮らしなんて一般人には知る由も無いが、気分転換にパーッと車飛ばしてショッピングに行ったり、派手な格好でライブに行ったり、映画を観たり、友達を愚痴をこぼし合ったりする事なんて全く出来ないんだから、治療もシビアだと思う。

自分がそんな状態の時に、わが子が学校に行けなくなる事がどんなにか辛い事か、私にだって、容易に想像はつく。

愛子ちゃん自身も、日本一のセレブ家庭の長女に「皇太子夫妻の子」としての使命を持って生まれ、一般人とはかけ離れた生育環境で育ってきたわけで、更にお父様の皇太子様とは違い、物心ついたときにはお母さんは心の病を抱えていたわけだから、「色々と」あったと思う。

学習院といえば名門だし、初等科から入れるとなると、それなりの家柄の子ばかりだろう。でもやはりそこは人間であり、子ども。色んな子が居るだろうし、小競り合いもあるはずで、子どもなりにそれを乗り越えて、社会性というものを身につけていく。親も又然りで、ステイタスのある家柄だから人格まで立派とは限らず、やはり色々な価値観を持った保護者が集まっているわけで、中には自己中心な人も居るだろうし、わが子命の躾のなってない人も居るだろうしで、やはりそれは社会の縮図でもある。

皇族、ましてや天皇皇后、皇太子夫妻ともなれば、誰もが通る道をあけてくれる立場だ。

愛子ちゃんは、廊下をダッシュしてきた男の子とぶつかりそうになり、恐怖心を抱かれたようだ、との記事があったが、確かに、愛子ちゃんの普段の暮らしでは、「誰かがぶつかってくる」なんて事は皆無だろうし、同じ部屋で鞄を投げる人も、縄跳びを振り回す人も居ない筈。兄弟も居ないから、喧嘩した事もないだろうし、とにかく「他人の素の感情をぶつけられる事」には全く免疫の無いお子さんだとは思う。

おでかけには必ずお付きが居るし、校内でもSPがずっと(迷惑がかからない距離で)張り付いている。公式のお出かけともなると、ずらりと並んだ人が頭を下げる前を悠々と通り、車の窓から手を振るのだ。

だが、自分自身との戦いには、誰も手を貸してはくれない。

ママの雅子さまがずっと戦っているように、自分の心と向き合う戦いには、他人が何をしても、自分自身で壁を突き破り、岩を上らなければ、前に進む事は出来ないのだ。

もしこの不登校を受けて、乱暴をしたとされる男の子が退学したとする。

校内は静かになるだろうし、愛子ちゃんは学校に行けるようになる「かも」しれない。

でもそれで解決ではない。

今後、愛子ちゃんと同じ学校に通う児童の親御さんは皆子どもに言うだろう。

「愛子ちゃんには絶対怪我をさせちゃダメよ」
「体や持ち物に触っちゃダメ」
「仲良くしてあげるのよ。でも絶対に喧嘩はしちゃいけないわ。貴方が我慢するのよ」
「愛子ちゃんに嫌な思いをさせないように気をつけるのよ。何かあったらニュースになっちゃうの。退学になっちゃうし、パパもママも困るのよ」

これがまともなクラスメートのありかたといえるのか。

人が集まる所では色々なことが起こる。

愛子ちゃんが何かを不快だと感じたりする度に、「その原因」を追求し、それがたとえ同級生の子どもであっても「原因だけを排除する」方向で事を進めるだけでは、愛子ちゃん自身の成長の糧にはならないと思う。

不登校は非常に難しい問題だし、解決には慎重さが要求される。
乱暴とされる男子児童も、もしかしたら何か家庭内に問題があるかもしれない。

ただ見張りをつけて行動を沈静化させるというのはあまりにも稚拙なやり方だし、同級生の家庭に何の配慮もせず、いきなりこんな発表をした宮内庁の対応にも?マークばかりだ。国家権力でもって同級生に圧力をかけるかのようなやり方は穏やかではない。


愛子ちゃんが学校に行けるようになればいいとは思うが、辛ければ無理に行かせないのもまた、一つのやり方ではある。

目立って乱暴な振る舞いをする男の子も居るようだが、単なるやんちゃを通り越したレベルなら、親御さんふくめてじっくりカウンセリングをする必要もあるだろう。子どもがそういった行動をする場合、往々にして家庭内で問題のある場合が多いし、外部のお稽古事や人間関係がストレスになっている場合もあるからだ。

一番大事なのは、愛子ちゃんも同級生も、笑顔で学校生活が送れる事だ。そして、自分の目の前の壁は、自分自身で乗り越える強さを持った人間になる事だ。

でもそんな事、皇室を「運営」する側の人達は全然眼中に無いんだろうな。

よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。