--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-05-15

前略、月の上から。

及川光博ワンマンショー。美しき僕らの世界。in京都。


桜がきれい。


京都会館は初めてだったのですが、趣のあるいいホールでした。ドラムの阿部さんは、昔昔、このホールで初舞台だったとか。

さて、ミッチーのライブといえば、女性ファンは皆さんコスプレちゃん、ロリータちゃん、セクシーお姉さまに和風美人など、個性的なファッションの人が多いですが、男性陣は不思議と、(関西のホールでは)ビジュアル系やホスト風、業界人風のファッションの方はおらず、普通のパンツにシャツ、といった、「休日のショッピングモールでみかけるお父さん」みたいなファッションの方がどういうわけか多いです。私の隣のカップルも、40代のご夫婦らしき方で、男性のほうは普通のお父さんファッション。


しかし。


これも共通しているのですが、こういった男性に限ってノリノリでダンスが完璧なんです!!

男性アーティストのライブにカップルで来ている男の人、というのは、大抵女性に連れられて。。。と言うパターンが多いんじゃないかと思いますが、ミッチーの場合は違うみたい。連れの女性よりもずっとダンスもうまくてノリも良く、笑顔全開!! みたいな男性が多いんですね。隣の方も、終始完璧な振り付けで、クライマックスではお手製ポンポンも出して踊っておられました。

ミッチーは客席に呼びかける時、女性ファンには「ベイベー」男性ファンには「男子!」と言うのですが、ミッチーが「男子!」と言うと、そのおとなしそうなファッション(でもノリノリ)の男性陣が野太い声で「うおおおおおお!!」みたいに答えるのがとっても楽しくていい感じです。今回もとても楽しい、暖かなステージでした。


ビジュアル系アーティストのミッチーですが、子供時代はそのルックス故、女子には人気があったものの、男の子達からは妬まれ、仲間はずれにされて苛められていたそう。繊細な心は随分傷ついたようですが、そんな辛さや痛みを知っているからこそ、ただ華やかなだけでなく、暖かなステージを作ることが出来るんでしょうね。クール、とか変わってる、っていうイメージを持つ人も多いようですが、MC等の言葉の端々に、彼がとても心優しく、思いやりのある、人の痛みのわかる人間だ、と言うことが現れています。


入り口には大阪公演の案内が。


ミッチーのライブに行くと、元気が出ます。

よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。