--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-05-28

小型MT8時限目。                  バイクの王将はレクチャー上手。

既に合格済みですが、引き続き小型2輪AT限定から小型2輪MTへの限定解除教習日記の続きをば。

。。。。。。。。。。


私は「誰とでもわりとすぐに馴染めるタイプ」と思われがちであるが、感受性が強すぎるので、実は、相手によっては物凄く消耗するし、好き嫌いも激しい。人のちょっとした表情にも敏感なので、誰も気づかないような目の動きだったり、表情のこわばりだったり、そういった事にすぐ「気がついてしまう」し、その人がどんな人か、何を考えているか、今どう思ったか、なんて事をすぐに感じ取ってしまう。


またこれが、よく当たる。


感受性が豊か、というのは、クリエイティブな事に関してはプラスに働くので、その分野においては楽しいことも評価されることも多いけれど、運転の教習みたいに、頭で考えるより体で覚えて即座に反応しなければならず、しかも教えてくれる人が毎回変わるような状況になると、マイナスに働く。


多くの自動車学校では、普通車の教習には指導員の指名制をとっているが、2輪に関しては指名制ではない場合が多い。どちらも指名制にしてしまうと、人気指導員の教習シフトはパンクしてしまうし、色々と不都合があるからだろう。

ここほにゃ教も同じで、普通車に関しては先生を指名できるが、2輪は出来ない。しかも、その日学校に行って、IDカードで配車券を受け取った時に、はじめで「今日の担当者は誰か」がわかるシステムだ。


これがだんだんしんどくなってきた。


今のところは車の時みたいに暴言を吐いたり横柄な指導員には当たっていないが、ひこにゃんの時のように、やはり相性というものがある。

直前にならないと先生が誰だかわからない、というのは、私のようなタイプの人間にとっては随分疲れるシステムだ。

しかしまあ、しょうがない。


よっぽど不愉快な事があったならいざ知らず、ひこにゃんのように、「ちゃんとした先生なのに、何となくペースが合わない」なんて理由で、わざわざ受け付けに申し出て「これからは回避させてください」なんて言うのは失礼極まりないし、甘えってもんだ。どーーーーーーしても無理! な指導員が居るので(「パッと見かわいいけどホントは年取ってる」、とか、小型AT教習を受けていた時、「何で小型なんか? 配達の仕事でもすんのか? プw」「その年じゃあコース覚えるのも苦労するだろ」と、散々馬鹿にされたのだ)、万が一その名前が出てきた時だけキャンセルしよう。。。と、この日もカードを機械に通した。


見覚えのある名前が出てきた。


2度目の普通自動車免許取得の際の、学科担当の先生で、「将棋の駒」を例に出して、デスノートも真っ青の、斜め上の授業を展開してくださった先生だ。それにちなんで、脳内で「餃子の王将もとい、バイクの王将」と呼んでいる。(長いけど)

スクーターの時に一度教わったきりで、車では全くご縁が無かったので、どんなもんだろうかなあ、と、バイク小屋へ。

今日も、雨である。


専用コースをウォーミングアップしたら、「んー。ちょっと、クラッチの仕組み、わかってるかな?」と、何と雨の中、わざわざ教科書を持ってきてくれてバイクに跨ったままの私に加速チェンジの説明をしてくれる。

私は加速チェンジがへたくそで、ガックンガックンしていたのだが、まずは仕組みをきちんとわからせた上でテクニックを、という気遣いだった。

ローでスタートすると、次はセカンドだが、私は切り替えるタイミングが早すぎる。又、アクセルを回すとバイクが飛び出しそうな気がして思い切ってまわせていない事も判明した。

「アクセルは、力を与えてあげるものだと思って。クラッチそのままでアクセルだけをまわしたからって、飛び出したりはしないからね。しっかり加速してから、落ち着いてギアを変えていこう。あと、しっかり音を聞く事。下を見ると怖いしバランスも崩れるので」

・クラッチを急に離さないこと
・しっかり加速してアクセルをきちんと戻してからシフトチェンジ。引っ張っていると大きな音がするけど怖がらずに。
・止まりたい地点の3メートル位手前には減速出来ているように。
・減速チェンジはクラッチを握ったままゆっくりローに。
・合同コースの右左折時には、ハンドルを握っている部分と白線がちょうど重なるくらいの位置を意識。
・スクーターの癖で、フロントブレーキを強く握る傾向があるので、リアブレーキを意識。(リアブレーキのみ使う練習)

沢山課題があるようだが、ひたすら止まる練習をしてから次の課題に行ったので問題なし。シフトチェンジするたびに起こっていたガクつきも無くなり、スタートがスムーズに出来るようになったし、一本橋前での減速タイミングもきちんど出来るようになった。

結構雨が降っていたのだが、コースアウトもスズキ君へのDVも一切無しだった。



基礎的な事をきっちり教えてくれる先生というのはありがたい。

スムーズに走るには、沢山の「注意事項」があるが、「スムーズに発進してスムーズに停止する」というのは、基礎の基礎で、これがきちんと出来ていないと、いくら他の事をあれやこれや言われても「ちゃんと走れる」事にはならない。公道では先生は後ろを一緒に走ってはくれないし、他の車も教習車のような低速ではない。どんな状況でも、止まりたい時にきちんと止まれないと、事故になる可能性もあるし、発進時のエンストなども、公道では大変危険な行為だ。『きちんと発進して止まりたいところできちんと止まれる』と言う事は、運転する上で一番大切な「課題」であると思う。

発進停止がスムーズに(といっても私にしては。。。という素人レベルでの話だが)出来るようになると、随分『楽』だ。


雨だけど頑張って来て良かったなあ、と思った。



雨の日はモンベルのバイク用グローブを使用。操作性に優れ付け心地も楽。登山用品店はなかなかの「宝庫」です。



よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。