--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-25

さよならから1年。                  永遠になったマイケルジャクソン。

敬愛するアーティスト、偉大なるマイケルジャクソンが亡くなってから1年が経ちました。

マイケル


追悼と銘打って、マイケルの真実、なんてタイトルのテレビやら映画やら色々。。。

しかし彼の本当の心の内は彼自身にしかわかりません。


数々の過激な報道、お人よしの彼を平気で利用して陥れる人達。カメラの前の彼の姿がどこまで真実なのかなんて事は、異国の1ファンに過ぎない私には知りようもありませんが、少なくとも彼自身が語ったお子さんへの愛情溢れる思いや、世界平和に対する思いは真実だったはずです。


どれだけ酷いバッシングを受けても、彼が「愛」を語ることと、それを実践する事を止めた事はありませんでした。何かにつけて、その桁外れにゴージャスな暮らしぶりばかりが取りざたされますが、それ以上に、様々な慈善事業に心血を注いできた人でもあるのです。


亡くなった時のあまりに悲惨な状況から、彼が心身ともに傷ついていた事が語られる事も多く、ともするとそれを「弱さ」と混同されてしまう事もありますが、彼は優しくデリケートな人ではあったけれども、決して弱い人では無かったと私は思っています。


マイケル。


優しい事は、弱い事ではありません。


弱い人は、貧困や飢えや病、あらゆる差別に苦しむ人々を自らが救おうなどと思いません。




上辺だけの優しさや善行なら、誰にでも可能です。


でも、裏切られ、陥れられ、罵られ、馬鹿にされ、心が傷だらけになっても尚、心に「愛」を持ち続ける事は、強い人にしか出来ない事です。


マイケルは、本当の意味での強さを持った人でした。


真の強さは愛と共にあります。


もし愛の無い強さが存在するとしたら、それは偽りの強さです。



人は心が折れると、愛さえも失ってしまいがちです。


口先で愛を語る事は誰にでも出来ますが、人生のどん底にあっても尚、「愛を実践し続ける事」は、強い人にしか出来ません。



マイケル。2

マイケルは愛の人でした。


偉大なアーティストと同じ時代に生きられた事を誇りに思います。



天国に行ってしまった彼は、私達にとって永遠になりました。



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。