--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-15

宝塚音楽学校虐め裁判。

宝塚音楽学校が、退学にした元生徒(Sさん)に、退学無効の裁判を起こされていた件が、14日、和解したそうですね。

公表された内容は、今までのSさんに対する退学処分を取り消し、卒業資格を認めるというもの。
そして、Sさん側は、宝塚歌劇団への入団は求めない、というものです。

原告のSさん側は、他の事(慰謝料や学校側からの謝罪について)も全て公表する意思があったそうですが、音校側が拒否した為、一部のみの公表となったようです。

という事は、音校側は、公表されては困る事を抱えていますと自ら公表してしまったも同然なわけで(笑)


あまりにもおぞましい話ですし、経緯も長いので、詳細についてはそれぞれで検索していただくとして(裁判の傍聴記録を載せておられるブログや、まとめWIKI。Sさんへの応援メッセージのHPもあります)簡単にまとめれば、96期生として入学したSさんが、間もなく同期からの陰湿な虐めを受けるようになり、とうとうコンビニで万引きした、とか、寮で失くなったものが全てSさんの部屋から出てきた等、捏造された(とSさん側は主張)虚偽の報告により退学処分を受け、それについての取り消しの訴訟を起こした所、「万引きの事実は認められないので復学させるように」との判決が出たにも拘らず、お母様と登校したところ、職員達や音校側弁護士に、「授業は受けさせられない」と門の中に入る事事態拒絶され(2度目の訴訟となる)、復学できなかった、というものです。

これは音校側が一切非を認めなかっただけでなく、2度も裁判所の仮処分に従わず、同期の生徒達を被告である学校側の証人として証言台に立たせると言う前代未聞の自体にまで発展し、泥沼長期化が懸念されていました。


音校側の、あまりにもずさんな調査や指導、同期生の信憑性に欠ける証言、虐めの内容をミクシィに記載したとして退学になった生徒(Wさん)による、新たな虐めの証言(Sさんをみなで取り囲んで、びんたした生徒も居た)などから、同期の96期生に対する批判がネット上で爆発し、音校側も、裁判の引き伸ばしは不利になることをさすがに理解したのでしょう。判決が言い渡される前に、調停、和解、となりました。


今回の一連の音楽学校の姿勢を見ていて、相撲協会と似たような体質を感じた方も多いのではないでしょうか。


訴訟大国のアメリカならいざ知らず、この日本で一般人が、一企業や団体相手に訴訟を起こす場合、それが虚偽の証言であることはまずありません。

というのも、相手が大企業や有名団体となると、到底「バックの強力さ」では一個人が敵うはずの無い立場であり、そんな相手にうそを並べ立てて裁判を起こした所で勝ち目は無いですし、最悪、自分だけでなく家族までも社会的に抹殺されかねないからです。ましてや原告はまだ10代の少女。ありえない話です。


裁判の経緯については検索すればすぐに色々とわかりますが、調べれば調べるほど、Sさん側の証言が限りなく「本当」で、音楽学校側は限りなく「ダーク」な印象を与えてしまうのです。

Sさんは、合格当初、東北からただ1人の合格者という事で随分注目されたようです。
また、その美貌は著しく目立っており、すみれ売り(というのがあるんですが)の頃から既にファンもついていたようで、同期の中には彼女を妬む子もいたのかもしれません。

同郷出身のOGの法要に出席し、それがテレビなどで報道された頃から、(学校に無断で取材を受ける事は禁止されているが、Sさんが知らない間に取材カメラが入って撮られてしまった。これについてはSさん側は謝罪し、学校側もそれ以上責めて居ない)彼女に対する嫌がらせはエスカレートしていったようです。

その内容は、

・同期生が「存在を消して」「死ねばいいのに」「私の視界に入るな」「実家から戻るな」といった  罵詈雑言を毎日浴びせる
・同期全員で無視
・私物をゴミ箱に捨てられた
・洗濯機や電気の使用をさせない
・買い物の禁止を強制するために監視され、その際には 「あんたを見張ってなきゃいけないから自主練できない」 と言う
・ライターやナイフを鞄に入れていると言って私物検査を行う
・共用スプレーを誤って鞄に入れてしまったことを「盗難」と騒ぎ立て、同期全員の前で親に電話させ『盗難をした。 ごめんなさい』と言わせる
・メーリングリストから一人だけ外して情報を与えない
・茶道の時間に生徒が立てたお茶を誰も口にしようとしない
・生徒同士が目を合わせて笑ったり嫌な顔を向ける
・生徒のロッカーの前にわざと何者かがお菓子を置いて監視役の生徒が拾うのを待っている
・携帯を取り上げ通話履歴やメール内容を勝手に見る
・顔面を平手打ちする
・すみれ寮の一室に2時間以上見張り役付きで監禁する
・相部屋(ルームメイトは捏造の首謀者と言われている委員です)の寮の部屋に入ろうとすると不自然に止められ、もういいよと言われて入ると複数の生徒が居て、覚えのない他の生徒の私物が並べられており、「全部あなたの所から出てきたよ」と、盗んだものを隠していただろうと責められる。
・かばん等に勝手に物を入れられて、「盗った」と責められる

といったものです(これはごく一部です)。

そして最終的には
・コンビニで万引きをしていた(コンビにも警察も、万引きの事実は確認されていないと言っている)
・大劇場で、隣の人の財布を盗んだ(当事者は、盗まれたとは言っておらず、隣に居たのはSさんでは無いと証言している)

という報告を同期生が学校にしたために、ろくな調査もされないまま、退学処分となってしまいました。


Sさん側の、万引きも窃盗も事実無根とする証言を、学校も同期生も、裁判では全て否定しましたが、Sさん側の証言が非常に冷静でしっかりとしたものであるのに対し、音校側&同期生徒の証言は失笑が漏れるほどおそまつなもので、素人目にも捏造されたものと思わせる要素が多く、証言台に立った同期生は、それ以降、ネット上で凄まじいバッシングを受けることになりました。

1人の少女の人生に関わる事なのに、音校側は、「委員」の生徒(成績順に委員が決められる)の言い分だけを聞き、退学処分を下し、神戸地裁から退学処分の取り消しをするよう通仮処分が出たにも関わらず、従わなかったのです。

宝塚音楽学校には正規の教員免許を持った者や、公立学校の教師経験者等はおらず、一部の職員の判断で動いており、Sさん以外の生徒の言い分のみで全てを判断し、退学処分にしたのです。


これが単なる学校での虐め裁判であるならば、何もこんなマニアックなブログで取り上げる必要はありません。

何故私がこれを取り上げたかと言うと、上記にあるような虐めが事実であり、万引きを捏造されて退学になったとすれば、「虚偽の証言をしてSさんを陥れた人物」が96期生の中に居る、という事になり、それは虐めなどではなく、れっきとした犯罪行為に当たるからです。


問題の96期生は、この春卒業し、月組の霧矢大夢トップお披露目公演「スカーレットピンパーネル」で初舞台を踏み、その後各組に配属。

雪組に配属された、元1番委員娘役の生徒は、新人公演のヒロインに大抜擢されました。

研1(入団1年目)でのヒロイン抜擢は実に14年ぶりのことですが、その生徒が裁判で証言していた事もあり、
「いじめや万引き捏造の首謀者ではないのか」「証言したご褒美での抜擢ではないか」「よほど強力なバックがあるのでは」といった批判が噴出しました。


Sさん側の証言が100%正しいとすると、1人の人間を大勢でいじめるばかりでなく万引きや窃盗の犯罪者に仕立て上げ、退学に追い込んでタカラジェンヌになりたいという夢を壊し、人生を破壊した人間が、のうのうと観客からお金を取って、舞台に立っていると言う事になり、そんな事は到底許されるものではないと思います。

本来ならこの件についてはきちんと内部に調査機関を作り、該当者は退団させるべきなのですが、そんな事は絶対にしないんでしょうね。

私が好きなジェンヌさん達が音校を卒業したのはもう随分昔の話で、今はすっかり経営陣も変わり、内部も乱れ切っているみたいですね。とりあえず、万引きなんて話が出ているのに、一方の生徒の言い分(成績が良くて親も資金力がある)しか聞かず、いきなり退学処分にするいい加減な所だって事はよくわかりました。
以下は音校がサイトに載せている報告です。


。。。。。。。。


元生徒との裁判に関するお知らせ

 当校は、退学処分となった元生徒との間で裁判となっておりましたが、裁判所の要請により和解協議を進め、次の内容で調停が成立いたしました。

○元生徒は、神戸地方裁判所平成21年(ヨ)第 18号 地位保全等仮処分命令申立事件(退学となった元生徒が、当校の生徒としての地位と当校の授業を受けることを求めて行った、仮処分の申し立て)を取り下げる。
○当校は、元生徒に対する平成20年11月22日付け退学処分及び平成21年1月17日付け退学処分を撤回する。
○当校は、裁判所の要請に従い、元生徒が平成22年3月1日付けで当校の卒業資格を取得したことを認める。
○当校は、元生徒の必要に応じて、卒業資格を証する書類を元生徒に送付する。
○元生徒は、当校に対し、宝塚歌劇団への入団に必要な手続きの履行を求めない。

 今回の裁判に関して、宝塚歌劇を応援して頂いておりますファンの皆様には大変ご心配をおかけいたしました。
 また、元生徒との間で裁判という形で争うことになってしまったこと、そして裁判において良心に従って証言をした生徒たちがインターネット上などで言われなき誹謗・中傷の被害を受け名誉を傷付けられたことを遺憾に思います。
 今後とも、生徒および宝塚歌劇を応援して頂きますようお願い申し上げます。

。。。。。。。。

身内をかばい、Sさんへの謝罪が一切無い内容ですね。次は原告側Sさんのコメントです。


原告元生徒のコメント 。。。。。。。。。。


 「退学処分の取り消し」という望みをようやく認めて頂き、嬉しく思っています。
 それと同時に、宝塚の舞台に立つ夢がとうとう叶わなかったことについては、大変残念に思います。
 授業でご指導いただいた先生方にお礼を言えないまま学校を去ることも、とても残念です。
 音楽学校に対しては、私に対するのと同じような過ちを二度と繰り返してほしくないと思います。


 私は、退学処分となったことやその取り消しを求めていることについて、出来れば誰にも知らせることなく、誰にも迷惑をかけることのないよう、両親や弁護士の先生と相談して、できるだけ穏便な方法で解決できればと願っていました。
 しかし、結局本訴になり、大きく報道される結果となりました。でも、報道を通じて私のことを知った多くの皆様から、たくさんの励ましや応援をいただき、心の支えになりました。名前も存じ上げない多くの方々からの温かい文章を読み、いつも励まされてきました。皆様からの励ましの言葉は一生の宝物にします。応援してくださった方に心から御礼を申し上げたいと思います。


 結果が出た今、私は早く気持ちを切り替えて、宝塚の舞台に代わる新たな夢を探していきたいと思っています。ありがとうございました
 平成22年7月17日

。。。。。。。

このコメントだけでも、Sさんがいかにしっかりとした信念の持ち主であるかよくわかります。これは私個人の感想ですが、彼女はウソはついていないと思います。万引きは同期生による捏造でしょうね。


Sさんは憧れの場所で酷い目に遭い、失望したでしょうが、新たなる夢に向かって立ち上がって欲しいですし、彼女の人生が幸多きものになる事を願ってやみません。


そして最後に。

Sさんを陥れ、苛めの限りを尽くし、万引きや窃盗の捏造までして退学に追い込み、夢を壊し、人生を破壊した同期生。

首謀者&該当者がなんという芸名で舞台に立っているのか、どこの組に配属されたのかは私にはわかりませんが(ネット上ではそれぞれの芸名、本名、裁判での証言等全てまとめたサイトがありますので自己判断でどうぞ)、あなた方のした事は苛めではなく犯罪です。


そして、それらの行為は、多くの現役ジェンヌやOG達の顔に泥を塗り、ファンを失望させました。


恥を知りなさい。



よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ご訪問&コメントありがとうございます!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。