--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-16

宝塚音楽学校虐め裁判2            それでも教育者?

こんばんは。

引き続き、14日に和解となった、宝塚音楽学校の元生徒による退学無効訴訟についてお話させていただきます。

この件については、2ちゃんねるはじめ沢山の掲示板でスレが立ったり、個人のブログに取り上げられていますが、私が参考にさせていただいているのは以下のタイトルのブログが主です。(リンクはしませんのでタイトル検索かけて下さい)

・神戸地方裁判所 第6民事部 地位確認等請求事件 平成21年(ワ)第3485号

・おもしろ裁判傍聴メモ

・Sさんへの応援メッセージ


上記二つはこの件についての経緯と、主に裁判での証言をまとめたもので、お財布の落とし主(盗まれていないと音校の弁護士に証言したのに、Sさんが盗んだ事にされていると後で知り、大変憤っている、と言う内容)や、Wさんという、Sさんへの虐めについてや、音校や寮内での乱れきった生徒達の様子を画像付でミクシィに載せたために退学(最初は処分でだったが最終的には自主退学にした模様)となった同期生のコメントも記載されています。


このWさんという元生徒のブログは、それはそれは衝撃的なもので、あっというまにネット上で広まり、結果、それが皮肉にもSさんが苛められていたという事実を裏付けるものとなりました。

写真に写っているのは複数の生徒で、物が散乱し、乱れきったロッカールームであぐらをかいたり、ロッカーの上でウ○コ座りしたり、稽古中(と思われる)の教室で変顔をしたり、制服姿で学校内でピザを大口開けて食いついている写真など、一般の人のイメージにある「清く正しく美しく」「非常に校則が厳しくて、早朝から掃除が行われる」といった音楽学校やタカラジェンヌへの認識を180度変えざるを得ない内容で、ブログの文章も、寮の屋上でどんちゃん騒ぎをしただの、Sさんに対して「しんでください」「修学旅行に行かないんだって、嬉しい」といった酷い内容だったのです。


音楽学校には非難が殺到し、Wさんは虐めの首謀者ではないか、との憶測も流れ、実家まで晒される事となり(彼女自身がミクシィ上で本名を明かしてしまっていたため)Wさんは退学となりました。


しかし、裁判が進むにつれ、Wさんは虐めの首謀者ではなく単なる傍観者で、それを面白おかしくブログに載せていただけだという事が明らかになってゆきました。


彼女の名誉の為に書きますが、Wさんは退学後、保護者と共にSさんに謝罪をしたいと申し出て、弁護士も同席して正式に謝罪。Wさんの親御さんは、裁判で証言している96期生の「虐めはなかった」「Sさんには盗癖がある」といった証言に疑問を抱いたのでしょう。「知っている限りの事は、裁判でSさん側の証人として証言してもいい」とまで言ったそうです。そしてWさんも正式なコメントを出す事となり、その中で、音校も同期生も言わなかった「Sさんを取り囲んで責め立て、一人がビンタをした」という新事実が出てきたのです。

Wさんのコメントによると、謝罪するWさんに対し、Sさんは、「Wさんに苛められたとは思っていない」と、逆にWさんを労う言葉をかけられたそうで、彼女が如何に誠実な少女であるかがよくわかります。



さて、この裁判の経緯や、現在は宝塚歌劇団の劇団員となっている96期生については、巨大掲示板2ちゃんねるにもスレが立ち、96期生一人一人についての詳細な描写がなされたり、事の経緯が事細かに記されており、首謀者と言われる生徒の個人スレまでが立っていて、普通に裁判の検索をしてもひっかかってくる状態ですが、かなり過激な内容ですし、信憑性に欠けるものもあり、それこそ集団ヒステリー状態で個人叩きをしているようなレスもあるので、出入りは慎重にされた方がいいでしょう。


96期生の中にも、虐めがエスカレートするまではSさんと親しかった生徒も居たようですし、内心は酷いな、と思っていても庇う事が出来なかった子や、完全なる傍観者も居たはずで、96期は全員が万引き窃盗の捏造と、裁判での虚偽証言をした犯罪者だ、という過激な捉え方をしたり、個人名をネット上に載せてバッシングするのは、結果的に、Sさんを取り囲んでビンタした連中と同じ土俵に立ってしまう事だと思います。


タカラジェンヌというと、特別な存在だと思われがちですが、音楽学校の生徒の年齢は、中卒で入ったなら普通の女子高生と同じ。高卒で入る子も、20歳にはなっていないわけで、まだまだ子ども。そんな年齢の女の子ばかりが集団生活をしているのですから、色んなゴタゴタが起きて当然ですし、中にはとんでもなく意地悪な子も居て、些細な事がきっかけで虐めが始まることもあるでしょう。


音楽学校の寮と言う、非常に密室性の高い所での虐めについては、まだ10代の子どもにきちんと対応しろと言っても無理な話で、裁判所が指摘したように、職員や寮監の監督不足、指導力不足こそが一番責められるべきところだと思います。


コンビニも警察も「万引きの事実は確認できない」と言っているのに、「委員が言ったから」と万引きしたと決め付けたり、Sさんが拾った財布の落とし主が「盗まれたのではないし、隣に座って居たのはSさんではない」と証言しているにも関わらず、「委員がその席にSさんが座って居たと言っていた」と、窃盗を決め付けたり。

Sさんが寮の一室に監禁状態になった時、携帯からご実家に助けを求め、お母様が寮監に「様子を見て欲しい」と電話したにも関わらず無視したり。

何より最悪なのが、「退学は無効。復学させるように」との仮処分が出たにも関わらず、お母様に伴われて登校したSさんを門から入れず、「授業は受けさせられない」と登校を断念させた職員達の態度です。


これが教育機関の職員のすることでしょうか?


宝塚ファンでない方も、「音楽学校は厳しい所」との印象をお持ちの方が多いでしょうし、昔は「きちんと躾されているので、お嫁にするならタカラジェンヌ」なんて言われていたようですが、それらの印象を持っているのは今現在芸能界で活躍されている有名OGがインタビューなどで話すからで、もう今から20年以上も昔の事なんですよね。

Wさんのブログによって晒されたのが今の音楽学校の現状で、きちんとした教員免許を持たない一部の職員が空き放題し、寮内の生徒の監視もほったらかし。生徒同士のゴタゴタが起きても、委員をしているとか、実家の寄付金が多いとか、そういった生徒の証言ばかりが取り上げられて、何の後ろ盾も持たない生徒は、万引き犯に仕立て上げられても、弁解の余地すら与えられない。



Wさんは自主退学。Sさんは、裁判によって卒業認定を受けましたが、実質学校には1年も通っておらず、二人の少女の人生は、特にSさんにとっては随分と過酷で遠回りしたものとなってしまいました。


これだけ酷い事をしておきながら、のうのうと笑顔できらびやかな舞台に立っている万引き捏造の首謀者もですが、音楽学校の経営陣や職員も、相当なもんだと思います。



よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。