--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-08-01

いじめが起きてしまったら。                 宝塚はどうすればよかったのか。 その1

いじめは子どもの世界だけの問題ではありません。

会社でも、PTAでも、町内会でも、老人ホームの相部屋でさえ、いじめは起きます。

又これは人間社会だけのものではなく、動物の世界にも、いじめは存在します。



タレントでもあり、海洋学の専門家でもある「さかなクン」が自身のいじめ体験と共に話していたのですが、一つの水槽に複数の魚を入れると、必ず一匹、他の魚達から突っつかれたり集団攻撃をされる魚が出てきて、かわいそうなので隔離すると、またすぐに別の魚がターゲットになるそうです。




清く正しく美しくがモットーの宝塚歌劇ですが、それがあくまでも夢である事は、誰しもわかっているでしょう。

黒木瞳さんや真矢みきさんが、宝塚在団中にされた嫌がらせなどについて、今は笑い話として話しておられた事がありますが、歌劇団のなかでもいじめはあります。




でも少なくとも現場が「学校」の場合、教師や監督者となる大人が存在するわけですから、被害を最小限に留めたり、起きてしまったいじめに大人達が誠実に対処する事で、被害者を救い、加害者を更正させる事は可能です。




宝塚音楽学校で起きた、1人の少女に対する凄惨ないじめと万引き窃盗捏造事件。そしてそれに関わる、いじめの被害者である無実の生徒の退学処分と、その退学処分取り消し訴訟。

訴訟に対しても、音楽学校側が「退学処分は無効。復学させるように」という地裁の仮処分に従わないという異常事態によって、和解まで2年もかかってしまい、原告少女のタカラジェンヌになりたいという夢は破壊され、人生は非常に過酷なものとなり、その一方で、加害少女達には何の処分も下されず、この春からタカラジェンヌとしてのうのうと大劇場の舞台に立っているという異様な現実。

事はそれだけにとどまらず、舞台に立っている96期生や、その中でも特に役付きで抜擢を受けているジェンヌに対して、ネット上では連日のように凄まじいバッシングが繰り広げられています。



これら一連の出来事で一番残念かつ憤りを感じるのは、宝塚音楽学校の職員達や歌劇団の、あまりにも不誠実な対応です。


特に音楽学校の職員達の責任は重く、Sさん側からいじめについての訴えが起きた時や、同期生達から「Sさんがコンビニで万引きをしていた」「大劇場で、お客さんの財布を盗んだ」といった虚偽の訴えがあった時にきちんと対応していれば、いじめをやめさせる事も出来たし、Sさんも含めた96期生全員が初舞台を踏む事は可能でした。


そうすれば私達は、96期内でいじめが起きていたなんて知らずに終わっていたでしょうし、大抜擢を受けた生徒が居たとしても、今のような凄まじいバッシングを受ける事は無かったでしょう。


では、音楽学校はどうすればよかったのでしょうか?


何故、このように悲しい事件が起きてしまったのでしょうか?



これについてはまず、今の音楽学校と、一般人がイメージする音楽学校の姿が、あまりにもかけ離れている現実がある、と言う事について理解しなければいけません。

今芸能界で活躍している宝塚OGなどの話から、一般人がイメージする宝塚音楽学校のイメージは、大体以下のようなものでしょう。

。。。。。。。。。


・音楽学校では、早朝から学校内や近隣道路の「掃除」が行われており、その内容も非常に厳しいものである
・宝塚は非常に上下関係が厳しい
・宝塚音楽学校のレッスンは非常に厳しく、先生達も厳格
・音楽学校の寮の規則は非常に厳しく、寮監の指導も厳しい
・音楽学校の生徒は、早朝の掃除に加え、学校の授業が終わると、それぞれが歌やダンスの専門の先生の所へ個人レッスンに通うので、プライベートな時間が全く無い。

。。。。。。。。。


これらは、黒木瞳さん等、芸能界で活躍されているOGの方々がインタビューなどでお話されていた内容ですが、これらは既に、20年以上も前の、「むかしばなし」です。


Sさんが起こした退学取り消し処分を求める訴訟での証言や、ミクシィに音楽学校内の乱れきった様子を写真つきで載せていたWさんという同期生(ブログが原因で責任追及され退学。後にSさんに謝罪し、Sさん側の証人として、代理人弁護士を通じて、寮内でいじめがあった事についてや、同期生達の言動についてコメントを発表。この少女はいじめの首謀者ではない)のブログなどで、明らかになったのは、いまや音楽学校の生徒達の生活は、そこいらのヤンキー女子高生と変わらぬ自堕落なものだという、ショッキングな事実でした。

。。。。。。。。。

・連日のように、委員の生徒の部屋で『反省会』と称する集まりがあり、溜まり場となっており、深夜の2時ごろにまで及ぶ事も多々あった。DVD鑑賞をしたり、お喋りに興じたりして、その話し合いの雰囲気もいいものではなかった。(被害生徒のSさんは、いじめの首謀者とされている委員の生徒と同室で、部屋で眠る事が出来ないので、他の生徒の部屋に寝に行っていた)

・更衣室などの整理整頓も全くなっておらず、物が散乱した状態の中で、あぐらをかいたりして写メを撮たりして遊ぶ。1人の生徒がスカートのままロッカーの上でウ●コ座りをしている写真もあり。

・レッスン中に、変顔をして写メ。

・夜中に屋上に飲食物を持ち込み、どんちゃん騒ぎをする。

・複数の生徒によって個室に監禁されたSさんが、携帯で実家のお母様に助けを求め、お母様が寮監に「様子をすぐに見てきてください」と連絡するも、無視。翌日Sさんは、その生徒らに「報告したでしょ」と脅される。

・制服姿で(寮内か学校内。外部の飲食店ではない)ピザを大口開けてかぶりつきながら写メ。

・本科生(2年生)が予科生(1年生)に、観劇チケットやレオタード等の不用品を売りつける事が恒常化。しかも支払いは新札でなければならない。


・同期生からのいじめを本科生に相談したら、それが全て同期生に筒抜けになっており、さらにいじめが酷くなった。

。。。。。。。。


どうですか? 驚かれた方も多いでしょうが、これが今の宝塚音楽学校の現状です。清く正しく美しくどころか、とりあえず「名門」と言われる女子校とは、寮監の指導含め、およそかけ離れた寮生活である事がよくわかります。

上級生が下級生を指導するのも宝塚の伝統とされていますが、愛情のこもった指導は一切しておらず、逆に物を売りつけるといった「恐怖政治状態」だけが残っている事がよくわかります。


当時クラスの半数以上が個人ブログを持っており、学校内でも携帯は使い放題。乱れきった写真も、Wさんが撮ったものだけではなく、他の子が写したものもあったそうですが、これらの内容に対して、音楽学校側も同期生達も、ブログの写真は全てWさんのもので、万引きを報告したのもWさんである、と虚偽の証言をし、全て、既に退学していたWさんのせいにしようとしました。


「古き良き宝塚」の歴史は、とっくの昔に内部から崩壊していたのです。


つづく。。。。



よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。