--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-10-19

かっぱえびせんスパイラル本。

危ないっていうのはわかっていました。読んだら最後、あっちの世界にどっぷり心をさらわれてしまい、当分帰ってこられなくなるってことは。


「やめられない止まらないかっぱえびせん」というフレーズがありましたが、正にそうなんですよね。これ!

トーマの心臓

萩尾望都さんの代表作の一つ、トーマの心臓。


もう発表されてから30年以上経つのに、これは何度読んでも脳天も心も直撃されてしまいます。じわじわ浸食されていく感じ。非常に深く重いテーマですし、恐らく読み手が年齢を重ねるほどに感慨深くなるお話かもしれません。


元は週刊少女コミックへの連載で、当時は評判が芳しくなく、編集部からは何度も打ち切りの話が出たとのこと。しかし『ポーの一族』の大ヒットにより、棚ボタ的にこれも注目され、何とか33回の連載が続けられたという、今では信じられないエピソードですね。確かにこれ、単行本だと一気に引き込まれてしまうのですが、週刊誌のページ数でぶつ切りになると、途中から読んだりしたらいまいちよくわかんないかもしれない。読み手が幼いと尚更。


トーマの心臓コミックス


さて、この本がどう危険かというと、一度読んでしまうと心をかっさらわれてしまうだけでなく、何度も何度も読みたくなって、ちょっとだけ、と思って適当にページを開いたら最後、やめられない(笑)ストーリーもさることながら、本当に絵が美しくて、登場人物が美しくて。



そして、その症状が少しおさまると、「関連作品」も読まずに居られなくなり、ページを開いてしまう。


まずこれ。「トーマの心臓」で、主人公ユーリを支えていく「同級生だけど年齢はひとつ上」のオスカーが、ギムナジウムに来る前のお話、『訪問者』

訪問者。


オスカーは、「トーマ」では大変クールなお兄さんキャラとして描かれていますが、この『訪問者』では、幼少期からギムナジウムに来るまでの壮絶な物語の中で、泣いたり怒ったり笑ったり、非常に子どもらしい描写がなされています。お父さんがお母さんを殺してしまい放浪の旅に出るのですが、彼は父親をかばって警察に偽証するのです。しかも、その「父親」は本当の父ではない。。。


そしてこれを読んだらやはり「トーマ」に戻ってしまい、次に読んでしまうのがエーリクとユーリの続編でもある「湖畔にて・エーリク14と半分の年の夏」


これは漫画ではなく、美しいイラスト詩集風の物語で、文庫版やコミックスには入っていません。元々は「ストロベリーフィールズ」という本に収録されたもので、後、「萩尾望都パーフェクトセレクション」というのが出たときに、「トーマの心臓」の2巻目に「付録」という形でついてきました。これはねえ、折り目がつかないようにそーっと読むんですよね。毎回(笑)


ストロベリーフィールズ。
絵物語や対談など、充実の一冊。


とーまの心臓2
本編、訪問者、11月のギムナジウムが入ったトーマ関連一気読み本(笑)「湖畔にて」は付録になっています。


ボーデンで、血のつながらない父と過ごすエーリクの夏休みのお話。ずっと心に残るユーリへの想いや、亡くなってしまった母、マリエへの想い。訪ねてきたオスカーとのやりとりが描かれている、美しいお話です。

で、最後にこれですね。短編『11月のギムナジウム』


ギムナジウム。

これについては、発表時期が「トーマの心臓」より先だったために「トーマのもとになったお話」と誤解されて居る方もまだまだ多いようなんですが、違います。

元々「トーマの心臓」は、萩尾望都さんが売れっ子になる前に、一人こつこつと書いていた作品で、そんな折、短編のお仕事が来て、書いていたトーマを原型として、この「11月のギムナジウム」を発表されたとのこと。

ですからこれは、キャラがかぶっては居るけれど、「トーマの心臓をベースに書かれた、まったく別のお話」という事になります。

これについては「パーフェクトセレクション2」の中で、わざわざ作者本人からの「11月のギムナジウムを読む前に」という解説のようなものが収録されています。


さて、少女コミックの連載は1年続かなかった『トーマの心臓』。


本来なら1年2年と長きに渡っての連載のはずだったようで、萩尾さん自身はもっと登場人物を深く描き切りたかったようで。。。。いやー。読みたかったですね。こんな素晴らしい作品が、1年続かなかったなんて。思うに、この方の感性はあまりに凄すぎて、「進みすぎている」んだと思います。人間の「成育歴」による心のトラウマ等をテーマにしたもの、信仰をベースにしたものというのは、当時はまだ新しすぎたのかもしれません。また、本当ならばギムナジウムには制服は無いのですが、あえて制服有の設定にし、これが一層登場人物の魅力を際立たせる材料になっている。絵も非常にスタイリッシュで、ストーリーも設定も絵も、今読んでも全く古さを感じさせません。



ふう。


かっぱえびせんトーマ祭り(笑)


しかしまあ何度も読んでやっと症状が落ち着いてきたら、今度はつい、ええ、ついつい『ポーの一族』を手に取ってしまい、またかっぱえびせんスパイラルに。。。。!!


これについては、また後日。



よかったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。