--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-12-09

新演目トイレ掃除。

昨晩家人がテレビを見ていて、私も見るともなしに見ていたら速報が入って、戦争か? はたまた件の尖閣諸島問題か? と身を乗り出したら海老蔵さんが会見して休演云々。。。のテロップ。ネット立ち上げたらまた載ってるし、朝のラジオでもやってるし朝刊は一面だし。


まあ、歌舞伎というのは国がバックアップしている舞台芸術でもあり、私たちの血税が流れても居ますんで重大っちゃ重大なんでしょうが、速報で流すような事なのかしら。


その場に居合わせた人しか真実は知りえないのですが、私はこの事件は「チンピラ同士のトラブル」と認識しています。



生まれ持った顔立ちなので仕方ないのですが、どうにも人を睨み付けるような表情がふと現れるし、とってつけたようなございます口調で、新しい演目の口上を読み上げているみたいでした。



で、思ったんですがあの会見、宝塚音楽学校96期生による、同期生Sさんへのいじめ、万引き捏造退学訴訟事件の
裁判に証人として立った96期生達の証言とすごく似てると思いました。


宝塚の訴訟では、頼まれもしないのに音楽学校側が10人を超える96期生を証人として出廷させました。


そして、いかにSさんが困った生徒であるか、素行不良であるかと言った事(これらSさんに関する事が虚偽証言であることは、裁判が進むにつれて明らかになっていきました)を述べるわけですが、自分たちが虐めをしたとか、窃盗をねつ造したといった核心部分に触れられると、判で押したように「覚えていません」「わかりません」と繰り返すのです。

海老蔵さんの会見もこれとよく似ていて、相手は氏名も公表されていないし出頭していないし、自らも全治2か月の重傷だとしながらも会見をし、相手に殴られた事などは饒舌に話すのに、核心部分に触れられると「(酔っていたので)記憶にございません」「捜査中ですのでお答えできません」とかわすのです。


相手がした事はよく覚えているのに、自分の事については一切覚えていないのです(笑)


音楽学校の裁判の時にも感じたのですが、社会的に評価される地位にあり尚且つ傲慢な人、というのは、世間一般の常識とはかけ離れた感覚を持っているようで、弁護士を伴って堂々と証言すればそれがまかり通ると思い込んでいる節があり、そういった空回り、一人芝居が何とも滑稽なのです。


宝塚歌劇も歌舞伎も、日本が世界に誇る文化として認知されている舞台芸術なので、それに携わる自分達までが特別なのだと傲慢になっているとしたらとんだ間違いです。


音楽学校側は、自らの潔白を証明しようとしてまだ10代の96期生達を証言台に立たせ、原告のSさん側を散々侮辱しましたが、傍から見れば犯罪者の猿芝居で、結果的には自分達の首を絞める事になりました。

なまじ裁判で証言などさせたために、誰がどんな虐めをしたか、どんな風にこの事件に関わっていたかが世間に晒される事となり、96期生達の顔写真と本名、芸名(ジェンヌ名)、罪状が記載されたサイトまで作られ、名前を入れて検索をかければ、犯罪者だの虐めだのととんでもない検索ワードが一気に表示されるような事態になってしまったのです。こういったサイトは幾ら抗議して潰したところでいたちごっこですし、海外のプロバイダーを経由しているサイトならば手の打ちようがありません。一旦ネット上に出回った情報は、完全に消去することが不可能なのです。


窃盗のねつ造や凄惨な虐めといった犯罪行為を犯して同級生を陥れ、退学に追い込み、タカラジェンヌになる夢を奪ったのですから当然といえば当然ですが、それにしても大きな報いを受ける事となりました。


海老蔵さんも、あのような会見ではより一増ダークなイメージをつけてしまっただけでは、と感じたのは私だけでしょうか。


すぐに被害届を出さなかった事や、相手がかなり危険な人物であった事、目撃者の証言から海老蔵さん自身に事件の原因があったとされる報道が過熱し、このままではまずい、と思ったのでしょうが、そのために慌てて出てきたとしたら、あまりにも判断が甘っちょろいとしか言いようがありません。



海老蔵さんは会見の席で、「金輪際お酒は飲みません」とは言いませんでした。



迷惑をかけた、と頭を下げながらも、結局は自己保身に終始し、こんな状況に追いやられても尚、この人は何が悪い事なのかよくわかっていないのだなあ、と思いました。


陰では今頃マネージャーや弁護士が大忙しで、巨額のお金も動いているのでしょうが、成田屋の継承者であり、もう30過ぎた既婚者で、外に子どもまで作っているいい年したオッサンが、いつまで周囲の後ろ盾に甘え、尻拭いしてもらっているんだろう、と呆れてしまいます。


ここまで報道が過熱し、相手側が逆に診断書やら被害届を出すとまでなってくると、このタイミングでの中途半端な会見などは余計にイメージダウンになる事がなぜわからないのか。会見をしたところで「捜査中」で話せない事も多いのですから、「関係者ならびにファンの皆様へ」と言ったお詫び文をサイトに載せ、マスコミ各社にFAXし、自身は関係各所に直接お詫び回りをすればそれで良かったのです。どのみち記者が張り付いて、そのお詫び回りの姿を写真に撮ってくれるのですから。とにかくまず一区切りけじめをつけないと、との判断もあったでしょうし、松竹側にしてみれば本人に会見で頭を下げてもらわないと示しがつかないという部分もあったでしょうが、それにしては脚本が悪かった気がします。



この人の不幸な所は、悪い事を悪いと注意される事無く大人になってしまったところです。


芸の継承は勿論大切で、そこの部分は厳しく稽古をつけられて来たでしょうが、他の部分に関しては、外に子どもを作るだのお酒を飲むだの横柄な態度を取るだの、そんな「名家の跡取りだから許される事」ばかり学習して、肝心な躾を一切受けていないのです。


自分の子どもでも仕事の後輩でも何でも、人を育てる上で最も大切なことは、「周囲に感謝する気持ちを持つことを教える」事と、「何がいけない事なのか教える」という事です。


「何をすればいいか」という事も大切ですが、「してはいけない事を教える事」はもっと大切なのです。


歌舞伎界において、海老蔵さんの押し出しの強い破天荒な芸風やキャラクターは斬新で、そこを魅力と捉えるファンの方も多いと思いますが、「だから何をしても許される」という意識は甘えでしかありません。

長い休業期間、とりあえず毎日トイレ掃除でもしてみればどうでしょうか。



多分この人、トイレ掃除をした事無いと思いますよ。




にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。