--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-02-27

宝塚はどうすればよかったのか その4

突然ですが、宝塚音楽学校の、いじめ万引き捏造退学事件に関して書いてきた記事を再開します。(経緯についてはカテゴリ・宝塚ダークサイド編をお読み下さい)


この件について、いったい学校や劇団はどうすればよかったのか、という事について書いていたものの長く中断しておりましたが、先日、東京宝塚劇場で公演中の雪組、トップスター音月桂さんのお披露目公演『ロミオとジュリエット』に、Wキャストのジュリエット役である夢華あみさんの「体調不良による休演」が発表されたのを期に再開させて頂くことにしました。


やっぱり持たなかったんだな。所詮研一(入団一年目)に大劇場のヒロインなんて無理な事、と思うと同時に、こんな無茶な抜擢をした劇団にも、プロ意識のかけらもない夢華さん本人にも、呆れ果てるばかりです。


既に周知の方が大半かと思いますが、夢華あみさんは、Sさんに対する数々の苛め行為の中でも主犯格とされる生徒の一人で、Sさんが寮の一室に監禁された際の見張り役であり、Sさんが帰省する事になった際、裁判でも証拠採用された、大変陰湿な「注意書き」を書いたメモをSさん本人に手渡した人物です。(内容については過去ログにあります)


この夢華あみさんはじめ96期生は、無実の罪で退学処分になってしまったSさんと、もう一人、苛めの傍観者で、その内容や学校内の乱れきった様子をブログに書いたために退学処分となったWさん(後にブログの件についてSさんに謝罪。同期生や学校側は、当初Wさんを苛めの主犯に仕立て上げようとするも、Sさん自身が、Wさんに苛められた事実は無いと証言)を除いては誰一人、加害者側であるにも関わらず何の処分を受ける事も無く初舞台を踏み、夢華あみさんは次の公演で新人公演のヒロインに大抜擢、今回の公演でも、路線娘役スターの舞羽美海さんとのダブルキャストでジュリエット役に抜擢されました。


カネコネ抜擢だと散々バッシングされながらも舞台に立っていましたが、とうとう「体調不良による休演」という顛末となりました。精神的なものなのか、単なる体調管理の至らなさなのかはわかりませんが、舞台に穴を開けるのはプロとして失格です。Wキャストの舞羽さんの負担も増しますし、何よりせっかくのトップスターお披露目公演にも関わらず、千秋楽で相手役、しかもラインダンスの経験しかない研1生の休演をファンに謝罪しなければならなくなった音月さんも本当にお気の毒です。


でも実は、96期生の休演は、この夢華さんが最初ではありませんし、納得のいかない抜擢も夢華さんだけではありません。

この『ロミオとジュリエット』の宝塚大劇場での公演は今年の1月1日が初日だったのですが、やはり96期の空波 輝さんが、昨年11月の時点で、宝塚と東京公演の全日程の「体調不良」による休演発表をしており、今回の公演には最初から出演していません。

この生徒は音楽学校在学中、日常的にSさんに暴言を吐き、わざとSさんのロッカーの前にお菓子を落としてSさんが拾うよう仕向けたり(わざとSさんのロッカーなどに物を置き、何も知らないSさんがそれに触ると「万引きした」等とと大勢で責め立てる嫌がらせが横行していました)大勢でSさんを取り囲んで罵詈雑言を浴びせかけていた際に、Sさんの頬を平手打ちしたと証言されていた人物です。


又、夢華さんの抜擢は、入団してすぐの新人公演ヒロイン、そして今回の大劇場ヒロインという事でかなり注目されバッシングされましたが、実は96期生の中で、いじめの一番の主犯とされる人物は「優波慧」という、現在花組に配属されている生徒で、音楽学校では一番委員(委員の中でも最も成績がよく、権限を持つとされている)で寮ではSさんと同室でした。

この部屋は入学間もない頃から優波慧さんを始めとする委員達が「話し合い」「反省会」等と称して連日遅くまでDVDを見て騒ぐなどの溜り場として使用するようになり、委員ではないSさんはその場で眠る事も出来ないので別の友達の部屋で眠らざるを得なくなりました。

そしてそれとほぼ同時期から、服がゴミ箱に入れられていたり、Sさんのロッカーやバッグの中等に、次々と身に覚えの無い品々が入れられては、委員達に発見され、「万引きした」と取り囲んで責め立てられるという事が起きるようになり、苛めはどんどんエスカレートしてゆき、洗濯機を使うなと脅されたり、コンビニで万引きした、大劇場で隣の席の人の財布を盗んだ、と窃盗の濡れ衣まで着せられ、連日のようにこの委員らを中心とするグループに吊るし上げをされ、ついにはその証言を鵜呑みにした学校の判断で寮の個室に隔離され、しかも夜になっても電気スタンドしか点けるなと指示される等、自殺してもおかしくないほどに凄惨を極めてゆきました。


裁判でのSさんの証言や、ブログが理由で退学となったWさんの証言をはじめ、裁判で、一つ一つのいじめについて検証されてゆくにつれ、Sさんの物をゴミ箱に捨てたり、Sさんに盗癖があると言いふらしたり、Sさんのロッカーやバッグに色々な物を勝手に入れたりする事が出来たのは、同室だったこの生徒か、もしくはこの生徒が中心になって手引きした可能性が非常に高いという事が明らかにされてゆきました。(本人と学校は全て否定)


この生徒=優波慧さん、は月組で初舞台を踏んだ後花組に配属。先に大抜擢された夢華さんバッシングの陰でちゃっかりと次回の新人公演では本来路線とされる役がつきました。新人公演とはいえ研一で路線の役が付くのはやはり稀な事であり、ご本人のこれまでの経緯を思うと、首をかしげざるを得ない抜擢です。

しかしこの役ですが、「パン泥棒」の役なんですね。


無実の同級生を泥棒扱いしていた人がパン泥棒の役。しかも抜擢で。


これは何か壮大な「ネタ」なんでしょうか。


さて、空波輝さん、夢華あみさんの休演については「ざまあみろ」だの「因果応報」といった言葉が沢山あるようですし、夢華あみさんや優波慧さんの抜擢には「納得いかない」という意見が多いですが、一番非難されるべきは、音楽学校と歌劇団の運営責任者です。


裁判所の仮処分を無視し、苛めの被害者であるSさんを2度も退学処分にし、和解調停の内容すら明らかにしなかった音楽学校の副校長と事務長(当時の校長は既に故人で、実質的な権限はこの二人が握っていました)は、未だ降格にすらならず、そのポジションに居座っています。


又、苛めの被害者であるSさんが入団出来なかったのに加害者達を処分なしで入団させ、裁判中であるにも関わらず月組トップスター霧矢大夢のお披露目公演で初舞台を踏ませ、誰もが首をかしげるような抜擢を行い、結果的に、雪組トップスター音月桂のお披露目公演に、Wキャストのヒロインの一人が体調不良で休演するという最悪の事態を引き起こした歌劇団の運営陣も、その責任を追及されるべきです。




つづく。。。

良かったらクリックして応援してね。更新の励みになります。
にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。