--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-04-03

震災天災人災。

日本列島の、海底透視図(というのか。専門用語はなんと言うのでしょうか。ご存知の方教えてください。訂正いたします)。


日本列島図


これを見ると、いかに日本列島が危なっかしい場所に浮かぶ小島であるか、という事がよくわかりますね。地震大国といわれるのも頷けます。


こんな小さなゆらゆら揺れる国に、原発が54基もあります。


福島原発が大変な事になり、多くの作業員の方が劣悪な作業環境の中、命がけでがんばってくださっていますが、決して楽観出来る状況ではありません。

関東方面では未だ余震もとどまることが無く、多くの専門家が日本全域が警戒すべき状況にあると警告しています。


東電も日本政府も、今回の地震が想定を超える規模であったとやたらと主張していますが、想定外だったといえるのは地震の規模、マグニチュードであり、福島原発が地震の被害に遭った場合の危険性については以前から専門家が指摘しており、決して想定外の事ではなく、人災だとの声もあります。


地球科学者の石橋克彦さんは1997年から「原発震災」という言葉を使い、地震が原発に及ぼす危険性等について警鐘を鳴らしておられました。


「直ちに人体に影響を及ぼすものではない」

何度も繰り返される東電や政府からの言葉ですが、こういういい加減な認識。人の命よりも企業利益や政治家の対面を優先してきた結果が。今の日本の窮状を招いたといってもいいでしょう。


石橋克彦さんの「歴史地震研究のページ」を読むと、正直日本に住んでいるのが恐ろしくなります。

原発のある地域で大きな地震が起これば、即座に今の福島のような状態になってしまう。

海辺の街々は、「海がまるごと移動してくる」大津波によって丸飲みにされてしまいます。


「何百年に一度起こるかどうかわからないことで騒ぐな」


「そんな事をいっていたら日々の暮らしが成り立たない」

「きちんと対策を立てていれば大丈夫だ」

警鐘を鳴らす人を馬鹿にし、人の命を軽々しく扱ってきた結果がこれです。被害に遭った原発の処理というのは、きっちりしないと日本全体が危機に晒され、下手をすると地球全体を汚染するというのに、現場に派遣された作業員の方々はろくな装備も食事も与えられず、命を削らされているのです。


誰かの犠牲の上に成り立つ暮らし。


私達は、命あるものを食べ、多くの方の労働の上に日々生活しています。誰かが誰かを支え、支えられています。が、物事には限度というものがあります。


今回の地震とは別に、100年以内に確実に、日本を大地震が襲うといわれています。

しかも、複数の場所で起こる可能性がある。

沿岸の街々を大津波が襲い、54基ある原発それぞれが、甚大な損傷を負う危険性があるといわれています。


人は自然の力の前には無力です。


風や波、太陽をコントロールする事は出来ません。

どんな強靭な防波堤を作っても、地震や津波というのは海底のプレートそのものが移動し、海がまるごと移動してくるのです。どんな事態を想定しても、完全に防ぐ事は不可能です。


でも人には知恵があります。

最悪の中でも、出来る限りの最善をなす事が可能なのです。



しかし日本の総理大臣は、三陸沿岸の再生策についてこんな事を言っていました。

「山を削って高台に住むところを置き、海岸沿いの水産業(会社)、漁港まで通勤する」
「植物やバイオマスを使った地域暖房を完備したエコタウンをつくり、福祉都市としての性格も持たせる」
「世界で一つのモデルになるような新たな街づくりをめざしたい」


アホかーっ!!(お下品でごめんあそばせ)

エコタウン以前に。


今現在も、トイレの水すら流せない避難所があるんですよ。

薬が足りなくて命に関わる状態の人が居るんですよ。

原発で、命を削らされて居る人が居るんですよ。

沢山の人が自宅を捨てて避難所暮らしをし、畑や家畜も見殺しにせざるを得ない状況に追い込まれているんですよ。

1万人を超える方が行方不明なんですよ。

両親を失った子も大勢居るんですよ。


もう一度あの街で暮らし、漁に出たいという人も居る一方で、もう海辺には住みたくないという人、住みたくても、一家の大黒柱を失った人。ご家族全員が行方不明のご家庭も沢山あるんです。被災された方一人一人にささやかな、切ない思いが沢山あるんですよ。


何万人、何十万人という方が、利益重視の企業体質や国策のために、一瞬にして日々の生活を奪われ、未だ立ち直るどころか、生きていくのも精一杯な状況なんですよ。



復興対策の委員会には識者も呼ぶといってますが、石橋さんのような「企業や政府に好都合な事を言ってくれない人」は呼ばれないんでしょうね。


がんばろう日本とか、あなたは1人じゃないとかコマーシャルでは流れていますが、企業や国のトップの意識が変わらない限り、根本的にこの国のあり方を見直し、方向転換することは難しい。


日本人は大人しい。暴動を起こさないと、海外では絶賛されているといいますが。。。暴力では何も解決しないけど。どげんとせんといかんですよね。


日本列島
色々ギリギリ。。。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

Re: v( ̄Д ̄)v

こめんとありがとうございます。

まだまだかなり大きな余震が続きそうですし楽観できないですね。

人事ではありませんね。

これ以上悲しい思いをする方が増えない事を祈ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。