--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-06-11

無謀な教習1.2時限目。

いよいよ自動2輪MT限定解除の教習が始まりました。私の通うほにゃらら教習所(ほにゃ教)の教習車両はこれ!


インパルスガンダム。

。。。インパルスガンダム。



じゃなくて。

インパルス

スズキインパルス。

教習車両と言えば、どの方のサイト見ても大抵CBCB仰ってるんですが。。。なんかタンクが大きくて、チビには乗りにくそうなバイクですね。


インパルスって、衝撃って意味ですよね。


衝撃の教習車。

教習車の名前が衝撃。


何その戦ってます感。もっと穏やかな雰囲気でいいんですけど(笑)




いや~


衝撃というネーミングに相応しく、重いわデカいわ転んだら痛いのなんのって。 


審査の時はどうにか引き起こせましたが(先生のサポート付き)、いざ教習が始まると取り回して跨るだけでも体力を消耗してしまい、転んじゃったらもう力が入らん! キイ!!


最初は小型からになるんだろうな、と思っていたんですが、いきなり400でのおさらい。跨るなり転落してフェンスのクッションタイヤに激突とか、停止するなり右に重心が移って支えきれず転倒(というか落っこちた)し、両手思い切りついちゃって痛くて痛くて。バイク用のグローブしてたし、サポーターやらコルセットやらでがちがちに固めていたから助かったけど。。こりゃバランス感覚つかむまで前途多難だわ。でもやっと感覚を掴めそうなときに終了時間が来てしまったので、「もう一時間空いてるけど乗りますか?」って聞かれて思わず「がんばります!」って言っちゃったですよ。


1時限目は小型の時にもお世話になったベテランマザーグース指導員。「取り回しだけで体力消耗しちゃうから、取り回しは無しでしてあげてね」との申し送り。2時限目は理論派の王将指導員。

いやー。


もうくたくた(笑) 多分先生もくたくたであったと思う。他に男性教習生が三人居たんだけど、跨るだけで落っこちる人なんて皆無だから、先生も引き起こすの手伝ったりしなくていいし。。私に当たる先生には転落介助と引き起こし介助の特別手当を出してあげて欲しい位だ。小型の時と違ってバイク自体が大きくて重いので、バランス崩した時にすとんと両足で飛び降りて着地出来ないのよね。思い切りすっ転ぶんですよ。手のひらも指も脚も強打してじんじんする。。。そんな状態で引き起こすといってももう全然力が入らない。。 それでまた減速や停止するのが怖くなってしまうんですよね。 


私がバイクから落っこちる理由

1 乗り降りする時に足が届かなくて支えきれない。両足を遠くに出しすぎる。

2 減速して停止する時、ギアのローの位置がすんなり確認できず、バランスが崩れるのが怖くてリアブレーキを強く踏み過ぎる&フロントブレーキを強く握りすぎる。

しかし外周走るのは気持ちよかった! 笑顔が出てしまった! 

何せ基本教習時間は5時間という鬼畜メニュー故、ミッション車は1年ぶりで400の教習車は初めて、足がきちんと届かないにもかかわらず、一時限目から一本橋とスラローム。2時限目からは4輪との合同コース。坂道発進とか下り坂のカーブとかもう生きた心地がしませんでした。(下り坂カーブでは案の定ブレーキ握りすぎて転落)


でも不思議とスラロームでは転ばない。。。って私のはただの蛇行運転だから!

ただの蛇行運転にならないために。。。
バイクから落っこちないために。。。



・計測地点にはなるべく加速して、最初のバイロンの対角線上から一気に入る事。

・その時アクセルと少し回し、すぐに戻す。バイクが自然と蛇行するので、前輪が最初のバイロンの横に着たらすぐまたアクセルを開け、すぐに戻す。その際視線は次のバイロンを見ていること。

・怖くて前傾姿勢になりがち。それだと腕が硬くなりうまくバランスが取れない。心持上半身は反らす位の気持ちで力を抜くと、下半身でしっかりニーグリップできる上に腕に余計な力が入らず操作できる。

・赤ちゃんの体を動かすような気持ちで、ブレーキもアクセルも軽く動かすように。力を入れすぎるのでロックがかかって振り落とされるしうまく操作できない。アクセルは軽く入れたらすぐ戻す感じで。


・停止して足を着く時、なるべくステップの真下に足を下ろす感じで。踏ん張ろうとして車体から足を離しすぎるので、余計バランスが崩れるし怖くなって落っこちる。


なるほど~プロのアドバイスは的確ですね。

まあ、私がすぐにそれを実践できるかですが。

王将先生は教習後、コースに出て事細かに説明してくださり「条件的に色々厳しいですががんばりましょうね」と励ましてくださいました。

チビ。

短足。

40代。

女性。

腰痛持ち。

膝故障持ち。


確かに条件的に厳しいですね(笑)

ここはカードを配車マシンに入れると担当指導員の名前が入った紙が出てくるしくみ。

それみて教習生は「今日の担当は○○先生かあ」とか、「当たり」とか「大凶」なんて思うわけです。

でもこれって先生の方も一緒でしょうねえ。

「ええっ、今日俺あのちっこいオバサン!? 何回引き起こすの手伝わなきゃいけないんだろ。。。」とか。



まあ堪えてもらうしか(oi!)


インパルスガンダムから落っこちた回数。


1時限目…3回。

2時限目…3回。(マザーグース指導員から、3回転んだから次は2回に減らせるよう頑張りましょうって言われたけど無理だった)

ガンダムを放り投げた回数。(乗るときや降りてから等に、支えきれず放り投げました)

1時限目…2回。

2時限目…2回。


ガンダムごめんねええ。。。しかしアナタ、野蛮君より随分大きくて重いわね。


サベージ

早く乗りたいチビ痩せマッチョの野蛮君。

インパルスガンダム。


なのに教習車両はビッグマッチョな衝撃のガンダム。ああ衝撃。


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

Re: タイトルなし

ナーさん。

ご訪問ありがとうございます☆

私の教習。。自分は大変でしたが傍から見てると笑える事がたくさんあったようです(とほほ)。。

「ガンダムを放り投げた」くだりが笑えます!
<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。