--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-10-11

寓話でリセット。

江國香織さんの『間宮兄弟』を読みました。が、疲れました。


眠くて眠くて、何度も放り出しそうになりながら何とか読破。ただひたすら疲れた。江國作品を読んで疲れたのなんて初めてです。

プロの作家が上手いのは当たり前ですが、この人は作家としてはもう天才的巧さと卓越したセンスの持ち主で、この作品も当然ながら巧いです。物凄く巧い。

でも私には、珍しくすとんと落ちなかったです。

イケてない男二人のお話、というと、長嶋有さんの『ジャージの2人』が思い出されたんですが、あれは面白かったです。

多分この『間宮兄弟』は、著者の育ちの良さが裏目に出た気がする。『ジャージの2人』の長嶋有さんは、「トホホ感」を物凄く巧く書ける作家さんの一人なんだけども、江國さんには「トホホ感」をずばり書くのは多分無理なんじゃないかと。それは恐らく、江國さん自身が「トホホな気分」や「トホホな環境」とはほぼ無縁に生きてきた人だからでは、と思う。


書けないものは多分無い人だけど、何書いてもセンス良くなってしまう人だけに。

ヘタレ男2人のお話をセンス良く書かれたところで、なんか、風情ある「食堂」に入ったら、どんぶり鉢に入ったフランス料理アラカルトをどんと出され、割り箸ではなくクリストフルのナイフとフォークが添えられてました、みたいな。

食べることは可能だし味も素晴らしいんだけどどっかヘン、みたいな。

疲れたなあ。

さて、私はこんな気分の時には、頭の中の活字ボックスをリセットします。


方法は、「クラシカルな童話、寓話を読む」。

ということでこちら。



長靴をはいた猫

シャルル・ペロー作、渋澤龍彦訳の童話集『長靴をはいた猫』

なんだお伽噺か、と侮るなかれ、片山健さんの挿絵もなかなか残酷でエロティックでよござんす。

タイトル作品のほか、赤ずきんもおばあさんも食べられておしまいの『赤ずきん』。眠り姫を助けに来た王子様のお母さんは人食い鬼で。。。という『眠れる森の美女』等々、お子ちゃまにはなかなかにショッキングな結末のお話もいくつか。お伽噺の世界は夢物語ばかりではないですよ。。。と、絶対にディズニー映画にはならないであろう素晴らしいお話9編が、美しい日本語で綴られています。

これ、画像は河出文庫の文庫版のものですが、私は小学生のころ、大和書房から出ていた単行本の方を持っていました。

こんな単行本を欲しがる小学生はあんまり居なかったと思いますが(笑)どっかのブックフェア、みたいなのに行った時、欲しいって言って買ってもらった。しっかりしたビニールのカバーがついていて、字も絵も大きくて、「お伽噺を読んでいる気分」を存分に味わえて楽しかったのを覚えています。


他に小学生当時よく読んだのが、トールキンの小品集(これも同じ日に買ってもらった)やゾラの居酒屋(!)とか。「居酒屋」に関しては家に腐るほど本があったので、手当たり次第読んだらそうなった。続編の「ナナ」も良かったです。「居酒屋」の主人公ジェルベーズの娘、ナナ、のお話で。。。。コールガールとか、そういう類のお仕事をしたりする。感想文の宿題で出すと先生困ってたみたいですが、おかまいなしにどんどん読んでました。

本屋に積んである「推薦図書」って数時間で読めてしまう上につまんないのが多くて(爆)図書室にある子供向けの江戸川乱歩とか全部読んじゃって、それ話したら同級生が、お父さんの書斎にあったっていう、乱歩の「屋根裏の散歩者」貸してくれたりしたっけ。「乱歩の分厚いのがあるよ」って。今思えばかなり豪華な装丁の本で、あんなの持ち出して大丈夫だったのかしらん。


読書に関してはかなり早熟な脳みそしてたと思います。

 
同じ本なのに、読む年齢によって全く違った感慨を味わえるのも、読書の愉しみですね。




にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。