--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-28

めっちゃひくわ。

車でもバイクでも、「めっちゃひく」ドライバーって居ますよね。

ウインカー点けずにいきなり車線変える人とか、無謀追い越し無謀割り込み、信号無視、歩行者無視、威嚇クラクションやたら鳴らすとかやたら低速な癖に何故か延々追い越し車線走ってるとか。

でも私が一番ひくのは、乗ってる人全員ピンシャンしてるのに、駐車場が混んでても入り口近くに停めたいがためにわざわざこの↓車いすマークのステッカー貼ってる人!!

車いすマーク。
買うのも貼るのも規制は一切無いから誰でも貼りたけりゃ貼れます。


あと、偽装ステッカー貼ってなくても、こういう注意書き↓平気で無視して。

車いすマーク。



車いすマーク。2

このスペースに堂々と停める恥知らず!!


先日某店舗の駐車場。車停めて何気なく前見たら、一般スペースに車いすマークの軽が。

あれ? と思って少し離れた車いすスペース見ると、何の表示もないセダンが止まってる。

すると、店舗の方からヨボヨボのお爺さんとお婆さんがえっちらおっちら支えあうように歩いてきて、その軽に乗り込んだ。ドアが全開に出来ないため、不自然な姿勢を取り時間をかけて乗車。

その軽が発進するのを見届けてから店舗に入ろうとすると、元気そうで厚かましそうなオッサンとすれ違う。

もしやと思って姿を追うと、案の定、スタスタ歩いて車いすスペースに停めたセダンに乗り込み、発進。

同乗者ゼロ。体の不自由な人が乗ってるわけじゃないということ。まさかあのオッサン、妊娠してるわけでもあるまい。


車いすマークの駐車スペースが広く取られているのは、車いすはじめ、体の不自由な方が、ドアを全開にし、安全に乗り降り出来るようあれだけのスペースが取られているわけで、狭い一般の駐車スペースだと車いすは下せないし、車いすでなくとも、ドアが全開に出来ないから体の不自由な方は乗り降りにも大変な苦労を強いられるわけで。

元気な奴は、混んでたら遠くに停めて自力で歩けっての!!


こういう悪質な利用者を避けるため、お店によっては専用スペースにスタッフを配置し、正式な許可証を提示してもらうシステムを取ったり対策に苦慮しているようですが、専門スタッフを置いているお店は非常に少なく、利用者のモラルに罹っているのが現状。

許可証。
正規の許可証。


非常識なドライバーに出くわすと、危ないなあってカチンと来たりすることあるけれども、私が一番ひく。。。というか軽蔑するのはこの駐車マナーの最悪なドライバーです。自分がそこに停めるって事は、本当に必要な人が使えないってこと。


ピンシャンしてるのに車いすマークの駐車スペースに停めるって、ドライバーというか人としてどーよ?


万が一同乗者がこんなことやらかしたら、冗談抜きで暴れると思います。



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。