--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-27

さよならマイケルジャクソン。

マイケルジャクソンが亡くなった。
スリラー
スリラーの頃。いいですね。


驚きと同時に、やっぱり…という気持ちになるのは何故だろう。

全盛期の彼は美しかった。しなやかな体躯に、超人的なダンスと歌。


だけどだんだんおかしくなっていった。


私はマイケルの顔、スリラーの頃が一番好きだったな。精悍で、でもちょっと可愛いのね。

なんか外見に違和感を感じ始めたのがBADの頃かな


生のライブに行けたことはないんだけど、昔は普通に民放で来日ライブ放映してたからね。ビデオ撮ったはずなんだけど…どこ行ったんだろ。

BAD
BAD。このPVは面白かった。

世界的スターであり、時代を象徴する人だった。正に伝説。だけど、私生活では動物園まで貸切で行かなくちゃ行けないほど、プライバシーなんてなかったんだろうな。最初だか2番目だか、プレスリーの娘じゃない方の奥さん。マイケルがどうこうと言うより、24時間365日、自宅を望遠カメラでパパラッチに監視され、スーパーに(マイケルでなく自分ひとりで)行くだけで何百人もが付いてきてしまう暮らしに耐えられなかったってインタビューに答えてた。女優さんでもなかったし、普通の人間ならそりゃ耐えられないだろう。

マイケルはまだ50歳。

まだ若い。

でも心のどこかに「やっぱり」という気持ち、これは何だろう。


昔は可愛らしいブラックの少年だった彼は、やがてスーパースターマイケルになり、カリスマになり、外見はすっかり変わってしまった。でも心までは変わらなかったようで、あんなにも特別な存在なのに、気が小さく、繊細な人だったという。

彼はスターになるべくして生まれてきた人で、与えられた運命を生きるしかなかったのだけど、そこいらの芸能人とは比較にならない、正に歴史に残る人で、そういった、一時代を築くスターである事の快感も苦しさも、得た富の大きさも、人知れず失ってきたものの大きさも、凡人には到底わからない。

ただこうして彼が死んだのだな、と言う事実を思うとき、やはり彼も生身の人間であり、しかも遺されたお子さんが居るという現実に、なんともいえない切なさを感じる。

多分これから、CDなんかの関連商品が再販されて、大儲けする人が沢山居るんだろうけど、彼自身は、その冨を天国に持っていくことは出来ない。

しかし寂しいなあ。もうあんなスターは出ないだろう。



時代を駆け抜けたマイケルジャクソン。

天国は苦しみが無いというから、今やっと、ありとあらゆる心配事から解き放たれて、休めているかな。

あなたはいつしか顔を変え、お化粧するようになって、それは皮膚の病気のせいだったりあなた自身の望みでしたことでもあったけれど、私はお化粧していない時代の貴方も大好きでしたよ。


安らかに。

オブザウォール
いい笑顔。天国ではこの笑顔に戻っているかな。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。