--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-04

つかれたどくしょのじかん。

みさきあき図書館のお正月休み前は、普段より多く借りられるから借りたんですが。ふはー! 失敗したかも~。。。

石田衣良、唯川恵、佐藤江梨子共著の「トロワ」

トロワ。

売れっ子作詞家の響樹と、彼を売れっ子に育て上げた年上の恋人であり、カリスマエステティシャンの季理子。そして、響樹に見いだされ、スターへとのし上がっていく歌手志望の女の子、エリカ。響樹とエリカはやがて愛し合うようになり、季理子は二人の関係に気付きつつ。。。という、大人な恋愛ドラマです。


この三人を、響樹→石田衣良 季理子→唯川恵 エリカ→佐藤江梨子 がそれぞれ担当し、順繰りにそれぞれが語り手となって物語が進んでいく、という手法。響樹(石田)→エリカ(佐藤)→季理子(唯川)の順に、何周かしていきます。

佐藤江梨子ってのはタレントのサトエリです。

この方は読書好きなようで、文芸雑誌でも対談したりしてるし、書きたい書きたいとアピールしていたので、まあ、短編書くとか、そういうのは普通に流れとしてあると思うんですが、よりによって直木賞作家と連作するかってのが、読む前の正直な感想です。

まあ、それを出す側もわかっているから、書く順番も、石田→佐藤→唯川ってなってるんでしょうけど。

石田さんの流れるように洗練された文章で始まり、サトエリがそれを幼稚で下品な文章で台無しにし、唯川さんがそれを力づくで元の洗練された世界へ戻して石田さんにバトンタッチし、またそれをサトエリがぶち壊し。。の繰り返しです。

あまりにエリカの章だけへたくそ過ぎるし何より文章に品が無いので嫌気がさしてしまい、「エリカ」の章は1つ読んだら我慢の限界。2周目からは飛ばして「響樹」「季理子」の章だけ読みました。

結果、何の問題もないどころか、石田、唯川両氏の、ため息の出るような大人で洗練された文章が際立ち、大変いい小説として読むことが出来ました。

私は書き手のキャリアや肩書で小説の内容を判断はしません。

そんな事言って居たら、新人作家のデビュー作なんて読めないじゃん。

山田詠美さん然り、嶽本野ばらちゃん然り、恩田陸さん然り。みんな一作目を発表する前の肩書は「素人」。だから、サトエリがタレントだからといって、偏見持つ理由はありません。

ただ、まがりなりにも小説好きを公言し、文章を書いて、お金を貰う以上、それなりの仕事しろって話です。

登場人物3人がそれぞれ語る手法の小説で、一人だけ異様に下手くそだとか、下品だとか、そういうのって読んでいて非常に不快で気持ちが悪い。最近は文芸誌も本も売れないというし、話題作りの一環もあるんでしょうが、酷過ぎる。

これと同じ不快感を感じた本に、以前にも取り上げた「食堂かたつむり」があります。「エリカ」の章を読んでいて感じる違和感と不快感はあれとそっくりなんですね。下手以前に、下品。どんなに登場人物がビッチでも(エリカは、石田さんの設定ではビッチではないのだけど、サトエリが書くと途端にビッチになるのだ)、書く人に技量と品性と、文章に対する真摯さがあれば下品にはなりません。だって、山田詠美さんや岩井志麻子さんの書く小説は、どんなに設定がヘビーでも下品じゃないでしょ?

これがサトエリ単体での小説なら別にそれはそれでありなんだろうけども、よりによって、石田、唯川、といった大御所と並べるのは酷過ぎると思う。まるまる「エリカ」の章をすっ飛ばして読んでもきちんとストーリーがつながるって(笑)どんだけ力量に差があるんだか。読者に失礼。それこそ、この小説にあるように、銀座の高級クラブで「センセイ~、あたし、小説書きたいんだあ。石田センセイ大好きなのお」「いいよいいよ、書かせてあげよう」なんてやり取りでもあったんかいと勘ぐっちゃうような下品さがあるわー。あー気持ち悪い。

これから読む方には、「響樹」「季理子」の章だけ読むことをお勧めします。「エリカ」の章は読まなくてもなんら問題ありませんし、飛ばしたらすごく素敵な小説として完成しています。

っていうか。

これ、エリカの章は、村山由佳さんに書いてほしかった!!

石田衣良、村山由佳、唯川恵、どうよこの直木賞並び! 村山さんなら、若く美しいエリカの心の揺れや恋愛を、凄く素敵に書いてくれたろうに。。

あー残念。

で、次はこれ、三崎亜記さんの「失われた町」

失われた町。

小説すばる新人賞でデビューされて以来、バンバン書いてる印象の作家さん。

上手いんでしょうね。

ごめんなさい。私には読みにくくて仕方ない(爆)

各章で語り手というか、変わっていくんか? これは。

ある章で、ずっと一人の女性について書かれたところがあるんだけど、描写が「Aさんはこうした」なんですね。(作中ではAではなくちゃんと個人名があります。なんだったか忘れたし読み直すのしんどいからすみません)だけど、別の誰かがAさんについて語ってるんじゃないんですよ。あくまでも主体がAさんなわけ。こんな文章って初めて読んだ。

普通は、例えばリカ、という主人公が居て、その人の主観で書くってのがありますよね? 回想なりなんなりで。
で、リカから見たAさん像として
「Aさんはこうした」「Aさんはこう思ったのだろう」と言う書き方が一つ。この場合、Aという人物に「さん」がつくのはおかしくない。

別のパターンとしては、書き手がそのAさんが主体の物語を書く場合
「Aはこうした」「Aはこう思った、なぜなら」みたいな書き方。この場合、Aは呼び捨てになります。

あとは、A本人が語る場合で、その時は「私はこうした」「俺はこう思う」みたいになりますね。


でもこの作家さんは違うのね。

主人公の語り、でもない。作者がAという人物について書くのに、「Aさんはこうした」「Aさんはこう思った」って、全部、「さん」がついてるんだわ。

まるまる一章分これで、すんごい違和感で脳ミソが疲れた。

あと、一応主人公になるのか、茜っていう女の子の違和感ある他人へのタメ口。

「~だよね」みたいな。

非常識とかそういんじゃなくて、アルミホイル噛んでるような(ギャーッ!!)気持ち悪さ。何故あえてここでその言葉使いするか? みたいな。あー! 今書いていてすとんと落ちた、あれだ、ほら、中年の、つまんない先生が、クラスの子ども達にに受けようとして無理にタメ口したり、略語使ったりするような違和感! それだ!(だから何なんだか)

そんな風で遅々として進まない。まだ半分もいってないけどすんごい疲労感。

設定自体は面白いし、文章はうまいしサトエリの文章みたいな下品さは無いから、決して不快ではないんですけどね。お話の先自体は気になるから最後まで読みたいとは思うんですが。直木賞候補にもなった作品で、文句なしに上手い作家さんなんだろうけど。。好みの問題ですね。完全に。

あーまた頭の中の読書箱の文章設定をリセットしないといけないわあ。

ペロー童話集とか。澁澤訳の。(完全にリセット本としての地位を確立←こういう読み方もどうかと思うが)

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。