--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-01-06

年末年始に泣きました。

大晦日には二回泣いた。

まず朝にこれ。
レミゼラブル。

ミュージカル映画 レ・ミゼラブル。

で、夜はこれ。

ヨイトマケの唄。

紅白初出場 美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」

(紅白は抽選に外れてしまったんだわー。一度生の舞台観たいです。)


で、年明けてから先日、またレミゼ2回目鑑賞。


あー泣けた!!


ミュージカル映画ってどうも白々しくて馴染めなかったんですが、あれは、まず歌を先に録音してしまい、後から俳優に口パクで歌わせて撮影していたせいもあるんでしょうね。なんか嘘くさくて変でしょ。

でもこの映画は違います。

撮影時、俳優にイヤホンをつけさせてピアノ伴奏を聞かせながら演技させ、歌わせてそれをそのまま撮影。後からオーケストラの伴奏をつける手法。

なので、演じる側もその時々の心の揺れをそのまま表現できるし非常に演じやすいと現場の評価も良かったとか。

なるほど~。本当に自然で、殆どが歌なのに違和感は全く感じなかった。

というか、もうオープニングからエンディングまで涙ダダ漏れでした。

キャストも素晴らしかったし、脚本もいい。 

私、今まで見た映画のベストワンはチャップリンの「街の灯」なんですが、これに匹敵する勢い。

ミュージカル映画としては最高峰と言っていいと思います。


街の灯
チャップリン「街の灯」 心が震える名画です。


レミゼもいずれDVDレンタルになるでしょうが、これは是非機会があれば映画館での鑑賞をお勧めします。人生観変わると思う。サントラの完全盤が出ないかなー。ヒュージャックマンの歌う「Who am I」が最高でした。


そして美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」

歌ってこういうことを言うんだなあ、と、心底感動しました。

昔、この歌を書いた当初は周囲に理解されず、仕事も減り、地方でのドサまわりを余儀なくされたという美輪さん。歌詞の中にある「土方」「ヨイトマケ」という言葉は差別用語にあたるとして放送禁止歌に指定され、テレビで歌う事も許されませんでした。

それでも、それまでの派手な衣装を脱ぎ捨て、地味なシャツ姿で歌うことをやめなかった美輪さん。

売れるためならなんでもする、自分の歌も主義主張も平気で捻じ曲げる「自称アーティスト」がわんさかいる芸能界の中で、この人こそ本物の歌手でありアーティストだと言えるでしょう。

今は芸能人や有名人でなくてもブログやなんやらで誰もかれもが何らかの情報発信しているような時代。

だからこそ、本物と偽物を見分ける嗅覚や、一流のものに触れる経験は大切だと思います。




にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。