--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-03-10

王子の変容。

ここのところ、とんと、嶽本野ばらと言う作家の小説からは遠ざかっていた。

野ばらちゃん。


新刊が出ると必ずサイン会をする人ではあるが、前回は東京のみ。本自体も、なんというか、萌えの世界の住人となった作者そのものを表すかのような表紙であったりし、わざわざ遠征はしなかった。


ブログなんか読んでみると、明らかお金に困っておられ、お引越ししたとか、数万円の事でも困る困るとの記述が多く、大丈夫なのかな、と思っていたら、文芸誌(といっても、芥川賞や直木賞の本編が載るような大層なものではなく、ワンコインで買える若者向き。。。であろうもの)にインタビューが載るというので買ってみた。

野ばらちゃん2


上の写真と表紙の写真はどちらもご本人である。野ばらちゃんといえば乙女のカリスマであり、着ている服もMILKとか、まあ、そこいらの同世代のオッサンとは似ても似つかぬビジュアルであったのだが、美意識の強い人であるのに、随分疲れた顔になってしまっているなあ、というのが第一印象であった。


読んでみると、カードの支払いが追い付かず300万円近い借金が出来てしまったとか、売れているころに借りた家賃の高いマンションに住むのが苦しくなってきて、でも引っ越し費用にも困ったとか、随分赤裸々な事を話している。

でも私が一番驚いたのは、生活に困窮(といってもリストラされたサラリーマンなんかとは根本が違うわけだが)している事でもビジュアルが変わった事でもなく、私小説と言ってもいい位、「お金に困る、かつての売れっ子作家」を書いた『破産』という作品についてのインタビューにおける受け答えであった。

「破産、を書いたことで~楽になりました。2000年に作家デビューしてからずっと、王子様キャラ、でここまで来てしまったんです」

「もう年齢的にも王子様ではないし、僕の場合、シブい大人の男という年の重ね方は出来そうにない。ここ数年はどうやってシフトチェンジしたらいいのか悩んでいた時期でもありました」

(STORYBOX 42号より抜粋)


脳天直撃でしたわ。


私、野ばらちゃんを乙女でありオトメンであるとは認識してしましたが、王子様キャラだと思った事は一度もないので。

いや、確かにサイン会では、野ばらちゃんにしがみついて泣きだす子なんかもいるし、そういう場合もスタッフが引き離すでもなく、野ばらちゃんも避けるでもなく、肩を黙ってトントンしてあげていて、MILKのジャケットが鼻水やらファンデーションなんかで汚れちゃっても淡々とサイン会は続行されるわけで、ああいう子からすれば、野ばらちゃんは永遠の王子様なんだろうけど、それと、自分自身が王子様キャラだと自分を認識し、シフトチェンジに悩むってのは全く別物ではないのか!? 

。。。っていう、単純な驚き。

まあ、私が野ばらちゃんと同い年(!)ってのもあるんだろうけど。。。

こういうのって、随分前にこの人も言ってたわねえ。

みっちー。

彼の場合、未だに王子って思ってる人が居るみたいだけど、随分前に、ある番組の中で堂本○一さんに王子を譲ってあげてる(笑)ので、元王子なんだけども。

この人も、何かの番組で「いつまでも王子っていうのも」なんて言っていた。悩むんですね、そういうの。ただこの方はビジネスの才や自己プロデュース力に長けたお方なので、今はご自分の事を「美少年ならぬ美中年」と仰っていて、それはそれは素晴らしいパフォーマンスを見せてくれています。


今度のツアータイトルは『ファンタスティック城の怪人』だってさ。いやもう大好き(笑)

まあ、ビジュアルが命の芸能人と、作家の野ばらちゃんとを同じ土俵に上げるのはかわいそうだし、それこそ美容やらトレーニングににかけるお金も手間も努力も桁が違うだろうけども。。。


それでも、乙女であるはずの野ばらちゃんが、なんだか気の抜けた白髪ボーボーのドレッドヘアで表紙を飾るってのは驚いた。

そんなにまでして、王子様キャラ(と見られてしまう事)から解脱したかったのか。

まあ、昔、あるインタビューで、嶽本野ばらと言う作家を売り出すに当たり、スタッフと相当話を練って、こういうキャラで行きましょう、みたいな事になったって話していたから、元々乙女体質ではあっても、どこかで無理をして読者を騙しているような気になって疲れちゃったのか。


つか、あなたは初めから王子様なんてまやかしの肩書を与えられるような人ではなく、乙女のカリスマ、としての絶大なる支持を得、尚且つ実力を持った作家であるのに。


私が残念なのは、ビジュアルの衰えではなく、作品の持つ力やメッセージ性が希薄になってきている事、かな。


元々文章はうまい人であるし、ちょこちょこと出されている本も、大きな破たんはないのだけれども。。。。(プロの作家だから当然なんだけど)

「ミシン」や「流薔園の手品師」、のような、耽美な文章でありながら、頭を強烈な力で殴り倒されるような、正に、嶽本野ばらというカテゴリ、としかいいようのない作品が、最近出ていない事。それが非常に残念。

野ばらちゃん。確かに小説家も、作品そのものだけでなく、その人自身のキャラが立ってる方が売れるご時世だけれども。

あなたはなにももがく事なんかない。

お化粧し、貴族然としたお洋服を身に着けているあなたも、白髪ボーボーのオッサンビジュアルのあなたも、猫耳つけて歩いてるあなたも、全部、嶽本野ばらであることに何ら変わりは無い。


好きな時に好きな格好なさいませ。50になっても60になっても、あなたを王子様と呼びたい子には、呼ばせてあげればいいじゃないの。

それよりも。


また、乙女の脳天直撃するような作品を書いてください。


それこそが、貴方にしかできない仕事です。




にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。