--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-02-14

えりたんはオトコマエ。Ⅰ

オトコマエ過ぎる会見だった。

雪組トップスター 壮一帆の退団記者会見。

記事としては昨日読んではいたが、やはり、えりたんの生の声を聴きたかった。

聡明で、誠実で、潔くて、超がつくオトコマエな、トップスター壮一帆の会見だった。


番手がどうあれ、タカラジェンヌは退団するとき、その理由や退団後の事について、本当の意味で明らかにはしないのが通例だ。

「ほにゃららの公演をやっている時に決めました」とか相応の理由は皆言うけれど、実際に肩たたきなるものが存在する歌劇団において、それが「本当か」なんて誰にもわからない。

トップお披露目公演が退団公演になると言う、忌むべきワン切りトップ人事の犠牲になったチャーリーやかしちゃんでさえ、「トップのお話をいただいた時、あ、悔いは無いなと退団を決めました」なんてわけのわからない理由を、充血した眼を見開いて言っていた。「劇団の方針に従いました」(要はクビ)なんて「ホントの事」を言ってのけたのは、同じくワン切りの犠牲になったブンちゃんくらいなもんである。

退団後の事についてだって、「結婚の予定はありません」「退団後どうするかはまだ決めておりません」

って言うのが型みたいになってるし、そう言いながら、退団してからさくっと結婚したり、さっさと新しいお仕事を始めたりってのは良くある事。

何故なら彼女たちは、タカラジェンヌというフェアリーだから。


マンガみたいな二次元メイクに華やかな衣装。これ以上ありえない位の夢の世界を、男役を、娘役を(宝塚の舞台上に居るのは男でも女でもなく、男役、娘役、女役、という芸術である)演じておきながら「今婚約中で」「退団したらすぐに舞台のお仕事が決まっています」「もう限界を感じるし、こんな人事アホらしくてやってられるかって気持ちになっちゃったから辞めます」なんて口が裂けても言えやしない。

そんな「現実」を口にしてしまったが最後、自分自身が舞台上で築き上げてきた夢の世界も、タカラヅカスターというフェアリー性も、一瞬にして崩壊してしまうから。

だから特にトップスターの退団記者会見っていうのは、舞台メイクを落としたスターが、トップスターとして自分自身を演出する一世一代の大舞台でもあるんじゃないかと私は捉えている。


えりたんが嘘をついている、なんて思っていない。


本当に爽やかで、誠実で、聡明で、えりたんらしい、正直でまっすぐな会見だった。


だが、宝塚歌劇団の壮一帆としての会見である以上、彼女は全ての言葉をトップスター壮一帆として発するわけで、そこに何十パーセントだか数パーセントだかコンマ一ミリだか知らないが、「キャリアを重ねた一女性としての率直な気持ち」や「本当はこうなんだけど、言ったところで仕方ない事」なんてものが隠されていたとしても誰も知る由もないってのもまた真実なわけだ。


19年も厳しい世界に身を置いていたのだから、墓場まで持っていく話だってあるだろう。


でも会見での言葉が全てだし、それがトップスター壮一帆としての真実であり矜持なのだから、私たちはそれをまっすぐに受け止めるだけだ。


退団会見と言うと白を着る人が多いが、えりたんは、まるで入学式の先生みたいな、シンプルな白いシャツに、これまたシンプルな金ボタンのブラックスーツ。

本当に、すっきりと綺麗な人だなあ。

もうこの出で立ちからして、オトコマエな壮一帆である。


トップ就任時には3作退団を決めていた。自分が目指す最高の舞台を作る上で必要な体力・精神力を冷静に考えた上で、自分の舞台人として燃え尽きることができる時が今だなと考えるに至った。100周年の途中で辞めることについても、100周年だからこそ、次の世代にバトンタッチするのもいいと思った。。。。

にこやかに、爽やかに。えりたんは静かな声で話していた。

同期の蘭とむに報告したら、「早くない?」って言われたそうで。

そりゃそうだろう。まゆちゃんもびっくりしただろうなあと。組子達に至っては無言だったって。。。

またまたそりゃそうだろう。みんな4作はすると思っていただろうし、10年に一度の大運動会は、壮さんトップの雪組で! と思っていたはずだもの。。。。言葉なんて浮かばないよね。



時折にこやかに笑みさえ浮かべながらの会見だったが、途中から、少し瞳が潤んでいたように思う。だが最後まで涙は流さなかった。


スカステではカットされていたが、えりたんは、退団後の事について聞かれると、「これ、答え決まってるんですよね?」と、「いたずらっぽく」笑ったそう。そして、「寿はありません」「退団後も決まってません」「通り一遍で申し訳なく、もう少し捻りも効かせたかった」と「壮らしいサバサバした返して笑いをとっていた」@デイリースポーツ(爆)

ホントこういうときにも公式じゃなくてスポーツ紙の記者さんはいい仕事するな(褒めてる場合か)


3作で退団する、と、お披露目前から決めてたんだ。

だから私は、当時贔屓ではなかった壮一帆演じるフェルゼンに衝撃を受けたのかな。


つづく。。。。。。



にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。