--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-03-29

泣けないあたし。

私が書こうと思っている公演レポと言うか感想は、以下の3公演である。

・蘭寿とむ退団公演 ラストタイクーン/宝塚夢眩
・雪組ドラマシティ公演 心中・恋の大和路
・月組公演 蘭寿とむ特別出演日

これから月組のえりこ特出の観劇も控えているので4公演になるけども。

で、どれから書くか考えて、どれも素晴らしかったので、とりあえず、不満のある部分においてのみ先に書いてしまう事にした。

最初に散々持ち上げて後で落とすか、先に落としておいて後で持ち上げるか。

難しい所ではあるが、まあ後でずどんと落とすよりはいいかなと。


さて、心中・恋の大和路。

近松門左衛門の原作で、冥途の飛脚。といえばご存知の方も多いと思う。

飛脚問屋の若旦那、忠兵衛が、梅川という遊女を身請けする為に客の金に手を付けてしまい、逃避行。最後は雪山に埋もれて天に召されていく、という物語。

これは実際にあった事件を基にしたもので、実際には二人は捕まり忠兵衛はさらし首。梅川は店に戻され、晩年は故郷である京都に戻り、80歳くらいまで生きた、とされている。

人形浄瑠璃でも歌舞伎でも二人が捕まるラストになっているが、宝塚版では友人八右衛門によって見逃され、雪山で命を終えると言う、ロマンス色の強いものになっている。

今回の雪組公演では主人公の忠兵衛に、トップスター壮一帆、友人の八右衛門に、宝塚の至宝(だよね!)未涼亜希。忠兵衛と逃亡することになる遊女梅川に、トップ娘役の愛加あゆ。その他、脇から下級生に至るまで、芸達者が揃っているいい公演だった。

公演評はもとより、ブログやツイッターなどでも軒並み高評価で、特に主人公演じるえりたんの美貌と完璧な演技、八右衛門を演じるまっつの、これまた完璧な芝居とラストシーンの熱唱は誰もが賞賛しており、それには私も全く異論は無い。

驚いたのは主要キャストだけでなく、脇である下級生に至るまで、皆が完璧な役作りで挑んでおり、歌も芝居も非常に高レベルだった事である。

なのに何故不満が残ったのか。
いや、正確にいうと違和感、かな。

私はこの公演を3度見たが、一度目。あちこちからすすり泣きの漏れる客席で、「こんなに感動しているのになぜ私は泣けないのかなあ」と思い、2度目、「やっぱり泣けない」3度目「だから泣けない」と、結構冷静に、というか、3回とも感動しつつ、どこかでモヤモヤと引っかかる違和感があって、醒めていた。

これは私個人の感性の問題であるし、ある意味特殊な観点なのかもしれないが。

ヒロインが不細工、あるいは太っているという事。

私はこの一点においては宝塚に限らず、非常にシビアな観客であると思うし、怒りにも似た感情を持ってしまうので、今回、忠兵衛の相手役である梅川が太っていた、という事において酷く興ざめし、100%心中の舞台に入り込むことが出来なかった。

そんな事で? と思われるかもしれない。

あゆっちのどこがデブなの? 普通に可愛いじゃん! そもそもあゆっち、歌も芝居も上手かったよ! 何が問題なの? と言う方もいらっしゃるだろう。

だが私は、四季の「オペラ座の怪人」を観に行ったとき、「物凄くクオリティの高い舞台だけど、クリスティーヌがブスだったし怪人がオッサンだった」という点においてこれ以上は無いくらい落胆し、物語に入り込めなかった実績を持つ女(笑)

顔の大きさも体の幅も、大げさでなく忠兵衛の1.5倍、観る角度によっては2倍はあろうかというあゆっち梅川には、どーしたって「儚さ」を感じ取ることは出来なかったし、スーパーモデル並みのプロポーションで、宝塚でも群を抜いて小顔首長のえりたん忠兵衛が、逃避行のさなか、まん丸顔の梅川に「足が痛そうやな」「おぶったろか」と声をかけるシーンでは「いやいや、足が痛いのはあんたやろ」「そんなんおんぶしたら腰潰れるで!」と思わず突っ込んでしまったし、実際に梅川が背中に飛び乗りおぶわれるシーンではドン! と音がしそうで「ただでさえ重たいのに飛び乗るな!」と心の中で叫び、忠兵衛がよろけて梅川を背負ったまま転ぶシーンでは「そりゃ重たいよなあ」としか思えなかった。

長い逃避行の間に梅川は徐々に弱っていく設定で、咳き込む梅川に「大丈夫か?」と声をかけるシーンでも、どう見たって梅川の方が太っているので、顎が尖り、鬼気迫る美貌のえりたん忠兵衛の方が弱ってるようにしか見えないのである。

後半、二人が新ノ口村に辿り着いて、汝鳥怜さん扮する忠兵衛の父親、孫右衛門と梅川のやり取りのシーンでも同じで、ここはもう一番の泣かせどころなわけであるが、私は全く泣けなかった。

忠兵衛が客の金に手を付けて女と逃げていると聞かされ、とぼとぼと歩いてきた孫右衛門が、鼻緒が切れて転倒してしまい、「親父殿!」と駆け寄る忠兵衛を制止して、思わず駆け寄る梅川。

梅川は自分は旅の者だと話し、忠兵衛の事も言わないのだが、こよりを捩じるその手を見て、孫衛門は全てを悟り、思いのたけを吐き出す秀逸なシーンである。

「糸のように細い指。。煙管より重たいものは持った事の無い手ぇや!!」
「可哀想に。。こんなにやつれて。。。」

汝鳥さんの演技も、父親と梅川のやりとりを遠くから見つめて涙するえりたんの演技も本当に素晴らしく非の打ちどころがないだけに、「糸のように細い指」でもなく「やつれてもいない」白塗りで丸顔の梅川のビジュアルが、全てのセリフの、全ての演技のリアリティをかき消してしまう。


だってさあ、「こんなにやつれて!」と、涙ながらに孫右衛門に頬を撫でられるシーン。
弛んだほっぺたの肉が垂れ下がってるんだよ!?

私、孫右衛門が出て来たときには涙が出かけました。

でも、弛んだほっぺたを見て引っ込みました(爆)

追っ手に追いつかれる直前、親友の八右衛門が梅川に煎り豆と路銀を渡し、「これをかじって寒さに負けるな!」と言うシーンも同じ。雪が深くなってきてね。この雪の中、山に逃げ込む事は死を意味するというのが、もう八右衛門にはわかっているんです。

でも行かせなければ二人は捕まり、忠兵衛は死罪、梅川はまた店に戻されて、二人は結ばれることが出来ない。
だから、行く手には死しかないけれども、彼はあえて行かせるんです。

ですから追手が来て、「どかないと切るぞ!」 と脅されても、「あなた方が捕えなくても、この大雪が自然に裁いてくれる! 恨みを残すより、二人で逝かせてやろう。。。」と、どかないんです。

そんな泣かせるシーンでも、「やつれたように見える演技」をしている「太った梅川」が豆を受け取るもんだから、「それ以上食べ物を与えるな!」となる。

ラストシーンはもう圧巻!!。のはず。

舞台袖で、まっつ扮する八右衛門の、熱唱に次ぐ熱唱。

中央では、一面の雪の中、忠兵衛と梅川が雪山を這いずりながら登って行き、抱き合ってこと切れるんです。

弱り果てた忠兵衛が、それでも二人で前に進もうと、必死に梅川を引きずり上げようとします。

重たそう。。。。

つか、梅川なら2,3日は生き延びられそうです(爆)

はあ。。。。

きっついですよねわれながら。

あんな名作を、あんな素晴らしい舞台を観ておきながら。

それにあゆっち、一般女性としてみるならば、決して太ってはいませんしね。

きっと、この記事に対してお怒りの方、沢山いらっしゃるでしょう。

でも仕方ない(笑)

私はあゆっち、決して嫌いではありません。

彼女は歌やお芝居がきちんとできる娘役なので、そこは評価しています。

人としても、あざとさや不快感は感じませんし。

では何故ここまであゆっち梅川のビジュアルに対して厳しいのか。

それはひとえに「ショーの振り付けや芝居の所作において、男役が女役を持ち上げたりするリフトや、抱き上げたりおんぶしたりするシーンが頻繁に設定されている宝塚において、体重管理の出来ない娘役は、確実に相手役の体を故障させる」というれっきとした事実があるからなんです。


えりたんは退団会見の時、「自分の体力や精神力を冷静に考えて、(トップになってから)大劇場3作での退団を決めました」と話していた。

これは言い換えれば「大劇場3作が限界です」という意味です。

又、彼女は常日頃から「タカラジェンヌはアスリートと同じだと思っています」「トップになる前からもずっと、一公演一公演、これで辞めてもいいという位全力投球でやってきた」と言って居る人で、それが嘘じゃ無い事は、彼女の舞台を観れば一目瞭然。

その話し方やキャラクターから豪快なイメージのあるえりたんですが、実際には物凄く繊細でストイックなアスリートタイプです。

しかもあのビジュアル。

公称身長は170センチと、宝塚の中では長身の部類ではないけれども、何せ物凄い小顔の首長さんで、スーパーモデル並みのビジュアルバランス。
小顔揃いの宝塚の中でも、更に隣にいる人が大きな顔に見えてしまう位の小顔さん。

で、相手役のあゆっち。

この人は下級生の時から太目(宝塚基準)です。

一般女性としては太ってないですが、タカラジェンヌとしては確実に太目な部類で丸顔です。

で、あゆっちはえりたんの事を、もうベタ褒めですね。
尊敬してます。大好きです。教えられることが沢山あります。素晴らしい方です。。。。もうえりたんの事、大絶賛ですし、そこに嘘や媚は感じません。

でもね。じゃあなぜ、そのスーパーモデル並みのえりたんと自分のビジュアルバランスを、客観視できないのかしらん?

壮さんの事が大好きです! と言うのなら、ダンスやお芝居で、ほっそいほっそいえりたんに、負担をかけたくない! と、痩せる努力をしないのかしらん?

ただでさえ日本物の衣装や鬘は重たいのに、それでもってあの体型。
そんな「重たい自分」を、ほっそい壮さんが毎日2公演もおんぶしたらどれだけ負担になるか考えないのかしらん?

壮さん大好き、お客様には感謝しています、というあゆっちの言葉に嘘は無いけれど、その根底にある、甘えと緩さ。


今回の舞台を観て、私が泣けなかった理由。。違和感の正体ははそこなんだ、と、2回目観劇の一幕目のクライマックスで気が付いたんだわ。

一幕目のクライマックスは、忠兵衛の封印切りです。

梅川の身請けをするには300両必要。

手付の50両は、友人八右衛門のお金を借りパクしてなんとか凌いだものの、残りの250両はどうする、となった時、切羽詰まった忠兵衛は、店で預かったお客のお金。。それも、よりにもよってお武家様から預かったお金に手を付けて、梅川の店で封印を切って小判をばら撒いてしまうんですね。

封印切りは死罪。
手代の与平や友人の八右衛門、そして梅川も必死で止めるのですが、忠兵衛は狂ったように小判をばら撒き続けます。

つまりこれはですね。

梅川が、忠兵衛を狂わせる程の女だ、というところがしっかりとリアリティを持たないと成り立たないお話なんです。

でもぽっちゃりしたあゆっち梅川には、男を狂わせる程の色香も危うさもありません。

あゆっちは壮さんの事がリアルに好きだし、お芝居はきっちり出来る女優さんです。

「お客様」に対する気持ちも嘘や媚は感じません。一生懸命演じていました。

だから彼女の梅川からは、「健気さ」は存分に伝わってきました。
でも。それだけ。

梅川を客観的に表す台詞として「糸のように細い手」「こんなにやつれて」という表現があり、忠兵衛がしきりに「足が痛そうやな」「大丈夫か」と彼女を気遣うシーンがある以上、何が何でも体重と見た目を絞り、本当にやつれて見せなければならないのですが、彼女はそこは努力しなかった。

だから舞台が捩じれてくる。

えりたんはじめ、脇役の下級生に至るまでが、完璧な役作りをしてきているがゆえに、余計にあゆっちの甘えとゆるさが際立って見える。

だから彼女の演じる梅川からは、遊女の悲哀も、運命の壮絶さも、儚さも、男を狂わせる危うさも色気も何も感じない。
そして、そんな梅川がヒロインであるがゆえに、忠兵衛や孫右衛門といった、周りの人たちのセリフや芝居までもが、リアリティを失うという最悪の事態を招いていた。

この相手役が、お花様やまーちゃんみたいな、ほっそい儚げなタイプだったらなあ。。。
忠兵衛がおんぶするシーンも、本当に切なさが滲み出ただろうし、もっともっと、物語に浸ることが出来たのに!!


娘役にもいくつかタイプがある。

相手役に感化されて、更に努力を重ねるタイプ。
尽くすタイプ。
自己完結するタイプ。

そして、あゆっちみたいに、相手役さん大好き! 尊敬してます! と、ひたすら甘えるタイプ。

甘えるのはいいけども。

努力もして欲しい。

お客様に感謝しています、というのなら、夢をぶちこわしにしないよう、ビジュアルコントロールをきちんとして欲しいし、本当に「壮さんの事が大好きで尊敬している」のならば、また来月も青年館で、重たい日本物の衣装を着た重たい娘役を何度もおんぶしなくてはいけない壮さんの腰や膝、肩の負担を考えて、体重を落としてほしい。

じゃなきゃ、冗談抜きにトップスターの体を故障させるし、観客も夢を見られません。

この二人のコンビって、優雅なリフトシーンが皆無なんだわ。

こないだ蘭寿さんがしてたみたいな、相手役をリフトしたままクルクルクルクル高速回転! 拍手喝采! って振付なんて無い。

振付の先生もバカじゃないから、この二人にはそういう振りを付けないんですね。つか、つけられないでしょう。あのビジュアルバランスでは。


こないだのショーでちょこっとリフト、あったけど。。。

ああいうの見ると、ひたすらえりたんの腰が心配になるのよね。。

本来リフトやおんぶのシーンって、萌え、のはずなのに、心配しながら観るリフトやおんぶって一体。。。

まあもうそんな事言ったって、あと大劇場1作で退団。

ラストステージでは、100%夢の世界に浸りたいな。


はー疲れた。

散々毒吐いたので、次回レポからはベタ褒め記事書きます!

大和路。。。よりも先に、蘭寿さん絶賛記事書くかな~。

まゆえり最高!!


にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。