--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-05-10

Mを歌っていいのはあの人だけ。

昔大好きだった、プリンセス・プリンセス。通称プリプリ。数あるヒット曲の中でも名曲と言われるのが「M」だろう。

いつだったか、これの続編なる歌が別のアーティストからリリースされてから悪い予感はしていた。昔貰ったラブレターに落書きされるような、嫌な感じ。

歌番組でも思いがけず目撃(聴く、というより目撃の方がぴったり来るあの衝撃!)してしまったし古着屋さんで服を見ていたら有線で流れましたよ。今流行のおバカキャラの男性タレントがカバーしているのが!

。。。何この罰ゲーム。。。。


これを彼に歌わせようとしたのは一体誰なんだろうか。正直本人も辛いのじゃないかなあ。それともそ心底光栄だと思って歌っているのだろうか。

女言葉の歌詞を男が歌うのは難しい。特にこんなにガーリーなものは、余程の技量が無いと無理。しかし上手けりゃいいってもんでもなく、歌い手のキャラクターや声質もかなり選ぶ難曲だ。想像してみて欲しい、千の風になっての秋川雅史サマが歌う「M」。物凄い声量で朗々と歌い上げられても困るってもんだ。

これを歌っていい男性は、私の中では徳永英明さんだけだ。この人の歌声は本当に素晴らしく、Mだけでなく、オリビアを聴きながら等の名曲も、まるで自分の歌のように染め上げて聞き手の心に響かせる。既に徳永さんのような素晴らしい歌い手がカバーしているものを、何故に何のスキルもテクニックも無い男性タレントが歌わなくちゃならなくて、更にそれを聞かせられなくちゃならないのかしら。これって聴覚テロの一種じゃないのか。

名曲は受け継がれていく。

プリプリが解散してしまった今、名曲故に他のアーティスト達がカバーするのも時代の流れだろうが、プロとしてカバーする以上、企画する人は歌に対する敬意というものを払って欲しいと思う。

切ない歌詞。けれどメロディは明るいコードでゆっくりと進んでいく。そこに圧倒的な歌唱力を持つ奥居香のパンチのあるボーカルが加わる事で、この名曲「M」は完璧なものとなっていた。

そう、この曲ガーリーな曲だけど、ナヨナヨとした下手くそな女のコ声で歌っても、何だか変になってしまうのだ。

ラブレターにらくがきをされた私は、耳直しにプリプリのMと、徳永さんのMを聴き直したのでした。

とりあえず。


公 共 の 電 波 を 使 っ て 「カラオケ」 を す る な!!


。。。。以上!!

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

<%plugin_first_title>カレンダー<%plugin_first_title>
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<%plugin_first_title>最新記事<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新コメント<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>bike<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>art<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。